ダイワ「アルファス CT SV」!新作30φCTSVスプールのアルファスが登場!のイメージ

ダイワ「アルファス CT SV」!新作30φCTSVスプールのアルファスが登場!

アルファスCTSVはダイワの2019年新作バスベイトリールです。新型となる30φCTSVスプールの採用が特徴で、内容は同時期に展開される他2機種と同一。ライトソルトでの活躍も期待されています。アルファスCTSVで、ライトバーサタイルタックルを完成させましょう!

2019年06月25日更新

sim0223
sim0223
おかっぱりライトゲームから船深場まで、釣具店勤務経験を活かして様々なレベルの方に楽しんでいただける記事作成を目指しております。メインフィールドは駿河湾。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 「アルファス CT SV」でライトバーサタイル!
  2. 「アルファス CT SV」とは
  3. 「アルファス CT SV」は新30φCTSVスプール搭載!
  4. 「アルファス CT SV」の基本スペックについて
  5. 「アルファス CT SV」の価格と発売日について
  6. 「アルファス CT SV」全2モデルをチェック!
  7. 1.ダイワ「アルファス CT SV:70H/70HL」
  8. 2.ダイワ「アルファス CT SV:70SH/70SHL」
  9. 「アルファス CT SV」を動画でチェック!
  10. 「アルファス CT SV」で陸っぱりを楽しもう!

「アルファス CT SV」でライトバーサタイル!

噂の30φスプール搭載モデルをチェック!

takayuki_koike1123さんの投稿
49933942 2182820355301360 3233159471915997343 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

2019年ダイワバスベイトリールの目玉、「30φCTSVスプール」を搭載した新アイテム「アルファス CT SV」をご紹介!現在展開が予定されている3機種の中では最も手ごろ、ミドルクラスの価格帯で、新しいスプールの性能を楽しめるリールです。新しいスプールで遊んでみたい方はもちろん、バーサタイルな1台をお探しの方も是非チェックしてみてください!

「アルファス CT SV」とは

ダイワの2019年新作ベイトリール

アルファス CT SV

出典: http://www.daiwa.com

アルファス CT SV

「アルファス CT SV」は、ダイワの2019年新作バス向けベイトリールです。ベースは「アルファスSV」ながら、2019年からリリースが始まった新作のスプールを搭載。アルファスシリーズらしい手ごろ感はそのまま、新作スプールの性能を楽しめるアイテムになっています。ライトバーサタイルの入門的なリールとして、タックル調整をお考えの方は要チェックです!

新作上位モデルと同じスプールを搭載!

2019年ダイワバスリールの目玉である「新30φCTSVスプール」を搭載している「アルファス CT SV」。30mmと今までにない規格なので、従来機との互換性は無し。他の選択肢は今のところ「ミリオネア CT SV」、「スティーズ CT SV TW」とハイエンドのみなので、古いボディがベースであっても手ごろ感のある「アルファス CT SV」は非常に魅力的なアイテムと言えます。アルファスシリーズファンの方は、是非検討してみてください!

「アルファス CT SV」は新30φCTSVスプール搭載!

新30φCTSVスプールを3つに分けてご紹介!

ayumuproductさんの投稿
47382565 369590856918926 1380000486215565365 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

「アルファス CT SV」に搭載されている新型スプール、「30φCTSVスプール」を3つに分けてご紹介!ライトに使えたSVスプールを30mmまで小口径化したスプールで、立ち上がりが素早いのが特徴。ベイトフィネスクラスの回転性能で、強度を保ちつつライトリグをキャストできるようなスプールになっています。陸っぱりの1台として活躍間違いナシ!弱点もあるので、そちらも要チェックです!

①G1ジュラルミン製で軽量高剛性!

評価が非常に高いSVコンセプトスプール。回転性能、トラブルレスな使用感はもちろん、G1ジュラルミン製で剛性とのバランスもバッチリ!まさにストレスフリーな使用感で、幅広いウェイトルアーを快適に使用できます。太めのラインを入れてもスプールの変形を心配する必要はナシ!ピーキー過ぎない、ハイスタンダードな使用感を楽しみましょう!

②ライトリグへの適性アップ!

t.okunisiさんの投稿
46569180 120090292348877 7470437348178068585 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ベイトフィネス機である「アルファス エア」よりも更に小口径、ダイワ史上初となる30mmスプールで、ライトリグへの適性が大幅にアップ!トータル3g程度から快適にキャストできそうです。上は1/2oz程度まで、ミドルクラスも遊べる幅広さが魅力!ライトスピニングタックル、ミドルベイトタックルを1タックルにまとめたい方におすすめです!

③巻取り長は要チェック!

30mmとスプールの口径自体が非常に小さいので、1回転あたりの巻き取り長はかなり少なめ。今までのモデルに比べるとワンランク下のギア比程度しか巻き取れません。基本は7.2:1のSHモデルがおすすめ!遠投はせず、近距離戦メインで戦えるシチュエーションを選びましょう!

「アルファス CT SV」の基本スペックについて

基本スペックを3つに分けてご紹介!

jeffhenderson2017さんの投稿
49389859 1442259155905192 5176209459346857208 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

「アルファス CT SV」の基本スペックをチェック!ヘビーな遠投向けではないことを考えれば十分なラインキャパシティ、ボディの剛性と自重を両立したバランスのよい重さ、ソルト対応と非常に使い勝手のよいスペックになっています。バス向け製品として注目を集めていますが、ライトソルトシーンでも「30φCTSVスプール」は活躍間違いナシです!

①ラインキャパシティは14lb60m

ラインキャパシティは最大14lb60m。近距離戦向け、ライトリグの使用を考えると、巻き取り長よりも回転性能を優先したセッティングがメインになりそうです。スペック上の巻き取り長はスプールを最大まで埋めた場合の長さなので、細いライン少なめに巻くセッティングは巻き取りがダウンすることをチェックしておきましょう。近距離戦なら神経質になる必要はナシ!8lb、10lbで巻き量を調整しながら遊んでみてください。カバーが多い場合は16lb、PEでもOKです!

②自重は170g

aichibassさんの投稿
50343640 2505770829449380 4169421579237984592 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

アルファスのボディはメタルフレーム性で、コンパクトながら剛性は十分。自重は170gで、最新型と比べると特別軽いわけではありませんが、ボディ剛性と自重のバランスは非常に高い水準にあります。ライトなロッド、やや強めのロッドどちらとも組み合わせることができるので、好みのスタイル、自重と相談しながら組み合わせを選んでみてください!

③ソルト対応!

「アルファス CT SV」はソルト対応。「30φCTSVスプール」もソルトやPEの使用は問題ナシで、ライトロックゲームやメバリング等で活躍できそうです。0.6号前後のPEを使うソルトゲームにピッタリハマるスプールなので、ソルトベイトフィネスファンの方は要チェック!ボディ剛性、コンパクト感も十分で、バス釣り以外のインプレも非常に楽しみなリールです。

「アルファス CT SV」の価格と発売日について

発売日は2019年2月予定

aichibassさんの投稿
50055949 353109758861929 2675890255220086166 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

「アルファス CT SV」の発売日は2019年2月を予定。現在は各ショップで予約がスタートしている状況です。バス釣り、ソルトライトゲームともシーズンインに十分間に合うタイミング!タックルを一新して新シーズンを迎えたい方、新しいスタイルに挑戦してみたい方は、是非検討してみてください!

価格は定価31,200円

価格は全モデル共通で定価31,200円。実売価格は27,000円程度となっています。「15 アルファス SV」の実売価格が23,000円程度なので、新スプールを考えればコスパも十分!スプール互換は無いので、購入を検討されていた方は19年モデルをゲットしましょう!

「アルファス CT SV」全2モデルをチェック!

ハイギアとスーパーハイギアモデルをチェックしてみよう!

jeffhenderson2017さんの投稿
51232307 2067106833379322 2138125818779246477 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

「アルファス CT SV」のラインナップ全2機種をご紹介!ハンドル左右、HとSHの2モデルが用意されています。ギア比的には従来のH、SHと同じ設定ですが、巻き取り長はノーマル、Hといったスペックになっているので、ライン回収能力が気になる方は要チェック。スローに巻きやすい部分に魅力を感じる方は、ハイギアモデルもチェックです!

1.ダイワ「アルファス CT SV:70H/70HL」

スローに遊べるハイギアモデル!

jeffhenderson2017さんの投稿
50494065 1252953884872508 1221338699863140958 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

巻き取り長は最大で59cm、ギア比6.3:1のハイギアモデルです。アルファスシリーズの持ち味であるコンパクトなボディにメタルフレーム、バックラッシュの少ないSVスプールの魅力はバッチリ継承。スローに巻きやすい特性を活かして、巻く釣りを中心に活躍します。ハイプレッシャーエリアをスローに攻略、ライトリグを跳ねさせない、巻きすぎない釣りに使いたい方にもおすすめです!

70H/70HLはこんな釣りにおすすめ!

【2月入荷予定/予約受付中】ダイワ アルファス CT SV 70H 右ハンドル※入荷次第、順次発送
楽天で詳細を見る

小型からミドルクラスのクランク、スピナーベイトやスイムジグにおすすめ。巻く釣り全般に強いので、ジグヘッド単体やシンペンを使ったメバリングにもおすすめです。ライン調整で更にスローな巻き取りも可能!スタンダードな速度に近づけたい時は、ラインを多めに入れて調整してみましょう!フィネスに使いたい場合はベイトフィネス機同様スプールの自重が重要なファクターになるので、ラインセッティングは柔軟に調整しながら遊ぶのがおすすめです。

2.ダイワ「アルファス CT SV:70SH/70SHL」

バーサタイルなスーパーハイギアモデル!

最大67cmの巻き取り長で、スタンダードに遊べるモデルです。ギア比はSHとなる7.2:1。XHのラインナップが無いので、巻き上げ長が気になる場合はこのモデルをチェックしておきましょう。極端すぎない巻き上げ長で、巻きモノからライトリグまで幅広く対応。近距離戦ならアワセもバッチリ決まります!

70SH/70SHLはこんな釣りにおすすめ!

【2月入荷予定/予約受付中】ダイワ アルファス CT SV 70SH 右ハンドル※入荷次第、順次発送
楽天で詳細を見る

陸っぱり、ボートのライトバーサタイルタックルにおすすめ。ネコリグにスモラバ、ライトルアーとスピニングやベイトフィネスで行っていた釣りとミドルクラスの釣りを1本に集約してくれます。PEセッティングのフロッグゲームまで使用可能で、使い方はアイデア次第!特徴的な機能を備えたリールなので、細めのPEを入れるような使い方など、新メソッドを探しながら遊ぶのもおすすめです!

「アルファス CT SV」を動画でチェック!

フィッシングショーの解説動画をチェック!

フィッシングショーの解説動画です。本機のCTはコンパクトコンセプトではなくコンパクト&タフ、ボディサイズと強さを両立するようなコンセプトです。バーサタイルな小口径スプールで、使い勝手は場バッチリ!TWは搭載されていませんが、アルファスらしいルックスと新スプールのオレンジでデザインもグッドです!

ダイワのインプレッション動画をチェック!

ダイワ公式動画、プロスタッフによる「アルファス CT SV」の解説動画です。5gスモラバのピッチングは非常にスムーズで、立ち上がりを体感できる高い性能を発揮。軽く振ってもしっかり伸びて、テンポよく釣りが楽しめそうです。持ち運ぶ本数をなるべく抑えたい陸っぱりも非常に快適!ルアーウェイトレンジが非常に広いので、釣り場に合った構成、ロッドが見つかれば、1タックルでかなりディープに遊べそうです。

「アルファス CT SV」で陸っぱりを楽しもう!

バーサタイルなキャスト性能が魅力!

「アルファス CT SV」の目玉機能である「30φCTSVスプール」は、ライトクラスからミディアムクラスまでを幅広くフォローするバーサタイルな性能が最大の魅力。強めのスピニングタックル、ベイトフィネスタックルを陸っぱりの1本にしていた方の乗り換え先として、非常に魅力的な選択肢になると思います。重めのルアー、太めのラインも快適に使用可能!「アルファス CT SV」で、何でも使えるライトバーサタイルなバスフィッシングを満喫してください!

ダイワリールが気になる方はこちらもチェック!

ダイワの2019年新作バスベイトリールが気になる方は、下記のリンクをチェック!ご紹介した「30φCTSVスプール」を搭載している「スティーズ CT SV TW」、「ミリオネア CT SV」をご紹介します。「スティーズ CT SV TW」はボディから練り直した新作コンパクトモデル、「ミリオネア CT SV」は復活した丸形の小型ベイトリール!どちらもハイエンドですが、魅力たっぷりのアイテムに仕上がっています。「30φCTSVスプール」搭載機を一通り見ておきたい方は、こちらも合わせてチェックしてみてください!

Thumbダイワ「スティーズ CT SV TW」!新しいスティーズはコンパクト&SVコンセプト! | 暮らし~の[クラシーノ]
「スティーズ CT SV TW」は、ダイワの2019年新作バスベイトリールです。30mmSV...
Thumbダイワ「ミリオネア CT SV」!小型ルアー対応の高剛性丸形リールが復活! | 暮らし~の[クラシーノ]
ミリオネアCTSVは、ダイワの2019年新作バス向けベイトリールです。高剛性の丸形タイプなが...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ