レインウェアは登山必需品!ジャケットやスーツなどの選び方とおすすめ10選!のイメージ

レインウェアは登山必需品!ジャケットやスーツなどの選び方とおすすめ10選!

登山のマストアイテム、レインウェア!レインウェアといっても、素材も価格もさまざまです。なにを選んだらいいか悩んでしまうかも。登山やトレッキング、アウトドアに人気のブランドや素材や、シーンに合わせた選び方やおすすめレインウェア10選をご紹介します。

2019年06月01日更新

白馬ななか(Shirouma)
白馬ななか(Shirouma)
冬は低山登山やウィンタースポーツ、夏はトレッキングやマリンスポーツ、バーベキューやキャンプを。日常生活ではバラやレモンを育て、家庭菜園もしています。「秘密基地が欲しい!」という子ども達のため、DIYで庭に3畳の小屋を作ったり。とにかく外遊びが大好きなアウトドア女子です。 新しいウェアやギアが出るとチェックをしたり、アウトドアショップで情報収集を。「オシャレで楽しく安全に」をモットーに、執筆させていただいています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. レインウェアは登山のマストアイテム
  2. 登山用レインウェアの選び方①
  3. 登山用レインウェアの選び方②
  4. 登山用レインウェアの選び方③
  5. 登山用レインウェアの選び方④
  6. 登山用レインウェアの選び方⑤
  7. 登山用レインウェアの選び方⑥
  8. 登山用レインウェアの選び方⑦
  9. おすすめ登山用レインウェア・ジャケット1
  10. おすすめ登山用レインウェア・ジャケット2
  11. おすすめ登山用レインウェア・ジャケット3
  12. おすすめ登山用レインウェア・ジャケット4
  13. おすすめ登山用レインウェア・ジャケット5
  14. おすすめ登山用レインウェア・ジャケット6
  15. おすすめ登山用レインウェア・ジャケット7
  16. おすすめ登山用レインウェア・ジャケット8
  17. おすすめ登山用レインウェア・ジャケット9
  18. おすすめ登山用レインウェア・ジャケット10
  19. 登山用レインウェア・ジャケット選びのまとめ

レインウェアは登山のマストアイテム

屋外活動に欠かすことのできないアイテム、レインウェア。登山やトレッキングでは忘れてはならないアイテムのひとつです。

レインウェアはなぜマストアイテム⁉

登山では、急な天候の変化は日常茶飯事です。さまざまな気象条件や、もしかしたら…のことを考えて、最大限のリスクを考えて行動することが大切になってきます。急な雨の時に濡れてしまったら、身体が冷えて低体温や命の危険にさらされてしまうことも…。レインウェアは必ず持参してくださいね。

登山用レインウェアの選び方①

せっかくの、トレッキングや登山。おしゃれさは欲しいところですよね!しかしおしゃれは、選び方のポイントとしては、最後の選択肢として選んで。まずは、普段街中で着るようなレインコートのイメージを置いておいて、登山という観点からレインコートの選び方を説明します。

着脱しやすいレインウェアを選ぼう

登山やトレッキングでは、急な天候の変化が多いです。その急な変化に対応でき、パッと着ることができることが大切になってきます。レインジャケット(スーツ)選びとともに、いざザックに入れておくときは、一番取り出しやすい場所に入れておくのもポイントですよ。

時と場合にもよりますが、ゆとりがあるサイズ感のレインスーツだと、ウェアの上から着やすいので初心者の登山やトレッキングにおすすめです。

レインスーツ、ウェア、パンツの選び方は?

パンツもパッと履けることが選び方のポイント!

レインウェアのパンツ、登山靴を履いたままサッとパンツを履くために欠かせないのが、足幅のゆとりです。足首にファスナーがついているものを選ぶと、登山靴を履いたままでも素早く履くことができますよ。

登山用レインウェアの選び方②

登山で求められる軽量性や耐久性、比較してみて!

上級者に比較して、初心者ほど荷物が多くなりがちな、登山。ほんの少しずつでも持ち物を軽くするのは登山者の常識なんです。実際、アウトドア用品の多くには、グラム単位で表示されていますよ。そかし、軽量性を重視しつつ、秋冬の寒い時期にも使用できるレインジャケットとなると、高額に…。

どの時期に、どんな用途(登山やトレッキング、ハイキングやアウトドア)で使いたいのかを明確にして比較すると、選ぶべき一着がみつかりますよ!

徹底比較1:耐久性重視のレインウェア、どんなときに必要?

耐久性を重視したいのは、低山登山と比較すると、高山登山のときです。また、雨や風が強いときや、予想されるときも、耐久性を重視しましょう。特に稜線を歩くときは、雨風が下から舞い上がるように吹き上げるので、耐久性を重視してくださいね。

また、秋冬にジャケットとして利用できる厚手のものは、防風性や断熱性に優れているものも多く販売されていますよ。

徹底比較2:軽量性重視のレインウェア、どんなときに必要?

トレイルランニング(山を走る)など、ストレッチ性や軽さを求める方には、軽量性を重視しているレインウェアがおすすめです。厚みのあるしっかりした素材と比較して、軽くなるほど薄手になるので、トレイルランニングにはピッタリ!

ただ、厚手なウェアと比較すると、引き裂き強度など、強度面で不安な面もあるので、軽量性だけを重視しないで。

徹底比較3:初心者におすすめなレインウェアは、汎用性の高さ

多くの登山ブランドから発売されているレインウェアには、低山登山アウトドアやトレッキングに対応しているものも多いです。わからない場合は、値段で比較したり、透湿防水性で比較するとわかりやすいでしょう。

使うかわからないときや、夏場の日帰り登山などは、スタンダードなレインスーツと、スタンダードなレインパンツモデルでも十分です。

登山用レインウェアの選び方③

快適に楽しむ登山、レインウェアの着心地も試着して確認を!

レインウェアを選ぶとき、気にかけてほしいのは、着心地。登山ブランドによって、また、ブランド内でもそれぞれに型が違うので、試着をして、いろいろなレインウェアを比較してみましょう。レインウェアは、ウェアの一番上に着るもの。登山やトレッキング当日と同じ厚みの服装をして、試着するのを忘れないで。
 

レインウェア試着のポイントは?

レインウェアを試着するとき、登山時の服装や厚みを考慮して選ぶことが大切です。もし、半そで一枚で試着した時と、登山当日に、レイヤリングして何枚か着た上にさらにレインウェアを着ると、いざ着た時の感覚が全く違うからです。
 

レインウェアの試着時に試してみてほしいこと!

レインウェアの試着時に、実際どんなことをしたらいいかというと、肩を動かしたり、パンツは屈伸してみたり。フードをかぶったときに、耳元がカサカサとしていて擦れたりする感覚がないかなど、ちょっとしたことでも長時間着続けることになったとき、気になるものです。

素材感とともに、着心地もしっかり確認してくださいね!

登山用レインウェアの選び方④

登山用と街中使用レインコートの違い「機能性」

レインコートやポンチョなどは、日常生活でも目にする機会が多いですよね。普段使いのレインコートやレインジャケットなどでは気にしないし、目にする機会もないかもしれませんが、登山となると知っておきたい「機能性」。登山用のレインウェアに必要な機能、求められている機能を、見ていきましょう。

登山用レインウェアは機能性の高さが大切!

あえて何度もお伝えしたいのですが、よくある日常使いのレインコートで登山するのはもってのほかです。低体温症などになるリスクが高いだけでなく、死に直結することも。それほど、登山において、レインウェアは重要なんです。
 

機能性の高さってなに?

機能性の高さといわれても、登山やトレッキング初心者にはピンとこないかもしれませんが、ハードな状況下において発揮する機能が、ブランドによりさまざまに展開されており、独自素材も開発されています。選び方や比較の参考にしてみては。

それでは、登山用レインウェアの特徴をみていきましょう。

レインウェアの特徴、シームテープってなに?

シームテープは、レインスーツやジャケットなどのファスナーや、縫い目部分から雨や水が侵入するのを防ぐために貼ってある「テープ」のことです。登山は、アウトドアの中でももっとも過酷な環境下のひとつです。

四方八方から吹き付ける雨風が強いことも多く、シームテープで縫い目が露出しないようにしている、レインスーツやジャケット、コートが多いです。縫い目の内側部分などをチェックしてみると、わかりますよ!

レインウェアの特徴、コーティング加工ってなに?

コーティング加工とは、ウェアの生地に撥水性の素材を塗ることです。いわゆる、撥水加工のことです。このコーティング加工を施してあることで、高い撥水性が維持されます。

また、撥水性が落ちてきてしまったら、ウェアの指示通りの方法で洗濯し、撥水加工スプレーや、ウォッシュイン式の液体撥水加工剤を使い、その後熱処理することで撥水効果が回復します。

登山用レインウェアの選び方⑤

最も重視するポイントのひとつ、「透湿性」「防水性」日本の気候も考慮しよう!

レインウェアは、もちろん雨から体が濡れるのを防ぐ機能をもっているウェアです。ただ、登山用レインウェアに求められる一番の機能は、「透湿性」と「防水性」です。詳しく見ていきましょう。

「透湿性」とは?

「透湿性」とは、ウェアの中から水蒸気を外に出す性能のことです。体は動かすと汗をかきますよね。その汗を外に放出してくれる機能が高いと、快適に登山やトレッキング、アウトドアを楽しめます!逆に、街中でよく見るレインコートはビニール素材。ムシムシしますよね…。

「防水性」とは?

「防水性」とは、その名の通り、ウェアの外から中に水が入るのを防ぐ性能のことです。「防水性」は、レインウェアの基本性能です。しかし防水性といっても、防水性の高さも違うんです。豪雨にさらされることも、風で雨が四方八方からあたることも、多くの登山者が経験しています。使用用途によって、防水性の高さも十分に考慮して選んでくださいね。

日本の夏の気候は、高温多湿!

忘れがちなのが、日本の気候。夏はとくに湿気が多くジメジメしがちですよね。ジワーっとした汗をかくことも。それは山も同じです。「防水性」を重視しがちですが、「透湿性」もとても大事なんです。ムシムシ、ジメジメとした体は、休憩すると一気に冷えます。登山で体の冷えは危険です。透湿性も考慮したレインウェアを、じっくりと選んでくださいね。

透湿防水性の高さ、登山用レインウェア選びで最重要!

登山用のレインジャケットや、レインコート、スーツなど、一番初めに見てほしいのが「透湿防水性」の表示です。販売タグについているのでチェックしましょう。

初めて耳にすると矛盾しているように思いますが、登山やトレッキング、アウトドアにおいて、水分によって体が冷えるということは、命にかかわることとお話ししました。その、水分とは汗が外に放出されずに起こること多いです。よくわからない場合は、価格帯はアップしますが「ゴアテックス」素材を選べば間違いないです!

透湿防水性の高さは、販売タグについている数値を見て!

上記ウェアのタグをみると、耐水圧が10000㎜、透湿度が5000g/㎡/24hとありますが、この数値が、防水透湿性を示しています。

外からの水の侵入を防ぐ防水性と、ウェア内の汗の水分を外に放出することはとても大切です。この二つの機能を持った素材が登山用レインウェアの選び方として、最重要になってくるんです。数値が高ければ高いほど、透湿防水性が高いです。ゴアテックス素材は、透湿防水性が最も高いといわれている素材なので、覚えているといいでしょう。

登山用レインウェアの選び方⑥

登山用レインウェアの「素材」は?

登山やトレッキングなどアウトドアを快適に楽しむためには、レインウェアの素材や機能性、軽さなどなど。選び方が大切です。ここでは、「素材」をポイントにみていきましょう。

レインウェアに使用している素材で選ぶ

選び方②でも「透湿防水性」のあるレインウェア選びが大切とお話ししましたが、登山ブランドでは「素材」の開発にとても力を入れています。各ブランドでオリジナル素材を使用しており、気軽に手に入りやすい価格帯のレインウェアから、ハイクオリティで高価格帯なレインウェアまで、多種多様です。

一度は名前を聞いたことがあるかも?「ゴアテックス」

レインウェアを探しに行くと、目に飛び込むのが「ゴアテックス」かも。「ゴアテックス」は、レインウェア素材のひとつです。レインウェア素材の中でも、最高峰とされている素材のひとつなので、様々な登山ブランドで使用されていますよ。

登山用レインウェアの選び方⑦

ゴアテックス素材ってなにが違うの?

アウトドアや登山用品のショップでレインウェアを探していると、必ずと言っていいほど最高級レベルの素材に「ゴアテックス」を見かけます。何が違うかというと、透湿性と防水性にくわえ、防風性も非常に高いです。よりアクティブに、より過酷な環境下でも体の冷えを防ぎ、悪天候下での防水性が高いです。

ゴアテックス素材を使用し、各アウトドアブランドで着心地を重視したり、素材を厚くしたりなど、様々な用途に応じたレインウェアを開発しています。

ゴアテックス素材の防水透湿性、数値は?

防水透湿性素材の「ゴアテックス ファブリクス」。驚異的な数値ですよ!この数値をみても、ゴアテックス素材が、多くの登山者に人気な理由がわかるはず!

1平方センチメートルに約14億個もの微細な孔(0.2ミクロン)を持つ、世界最高水準の防水透湿性素材(耐水圧50,000㎜以上、透湿性25,000〜98,000g/㎡・24hrs JIS L-1099B-1法・参考値)(※1)です。超耐久撥水性も実現しています。

おすすめ登山用レインウェア・ジャケット1

モンベル ストームクルーザー

[送料無料]モンベル 1128615 ストームクルーザージャケット レインウェア レッド
楽天で詳細を見る

モンベルのレインウェアは、機能性とコスパの良さでも大人気です。ストームクルーザーは、モンベルが誇るレインウェアのひとつ。

「ゴアテックス ニットバッカーテクノロジー」というゴアテックス素材を使用した、防湿透水性にくわえて着心地のよさや軽量さもそなえたジャケットです。

おすすめ登山用レインウェア・ジャケット2

モンベル サンダーパス

モンベル【mont-bell】Women's サンダーパス ジャケット #1128345
楽天で詳細を見る

モンベルが開発した素材の「ドライテック」を使用したレインウェアです。なんと洗濯を20回以上繰り返しても耐久性や撥水性をキープしてくれます。

しかも、コストパフォーマンスも高いので、トレッキング初心者から、ハードな登山にも人気な、強度抜群なレインウェアですよ!

おすすめ登山用レインウェア・ジャケット3

ノースフェイス クライムベリーライトジャケット

THE NORTH FACE ノースフェイス クライムベリーライトジャケット CLIMB VERY LIGHT JACKET ローズレッド NPW11505 レディース
楽天で詳細を見る

おしゃれなアウトドアウェアと言ったら欠かすことができない人気ブランド、ノースフェイス。「クライムベリーライトジャケット」は、ゴアテックス素材を使用したレインウェアです。

レインウェアですが、コートやジャケットがわりの寒さ対策に使用することも可能です。スーツのように、立体的な構造なので、着心地も抜群ですよ。

おすすめ登山用レインウェア・ジャケット4

ノースフェイス レインテックス

THE NORTH FACE ザ ノースフェイス NP11700"RAINTEX PLASMA"レインテックスプラズマ GORE-TEX ゴアテックス トレッキング レインスーツ レインコート 雨具 上下セット マウンテンパーカー レインパンツ カッパ 登山 山岳 通勤 防水 防風 メンズ 4カラー 国内正規
楽天で詳細を見る

「ノースフェイス レインテックス」は、スリーレイヤー構造になっているので、強度も十分です。それでいてコンパクトにまとまり軽量さもキープしているので、邪魔にならないのもうれしいところ。

ノースフェイスならではのおしゃれ感もあり、メリハリの利いたカラーなので、おしゃれ重視なトレッキングやアウトドアのレインコートにもぴったりです。

おすすめ登山用レインウェア・ジャケット5

コロンビア ウッドロードジャケット

コロンビア(Columbia) ウッドロードジャケット PM5362 250 (Men's)
楽天で詳細を見る

コロンビアは、ゆったりしたサイズ展開もあり、大き目な方にも人気なブランド。「ウッドロードジャケット」は、着心地の快適さはもちろん、レインウェアとしての機能も抜群です。

なんといってもブラックカラーは、日常使いもしやすいので、アウトドア使用以外にも、雨の日の通勤時にスーツの上から羽織っても問題なしで、凡庸性の高いレインコートですよ。

おすすめ登山用レインウェア・ジャケット6

マムート Masao Light HS Hooded ジャケット

【クーポン】【ポイント10倍】マムート MAMMUT Masao Light HS Hooded Jacket AF Women / waters品番:1010-27110【送料無料】【2019/05/20 13:00〜06/03 09:59】
楽天で詳細を見る

マムートといえばアルパインブランドの代表格。マンモスのキャラクターも大人気、品質のよさで憧れている方も多いかも。耐水圧、透湿ともに高い3レイヤージャケットです。また、超軽量で、ストレッチ性もバッチリと、さすがマムートといった印象のレインウェアです。

ヘルメットにも対応しているので、ヘルメット使用時にもおすすめのレインスーツです。

おすすめ登山用レインウェア・ジャケット7

パタゴニア クラウドリッジジャケット

パタゴニア patagonia マウンテンジャケット メンズ - オレンジ系 S Cloud Ridge Jacket クラウド リッジ ジャケット【中古】【ブランド古着バズストア】【161018】
楽天で詳細を見る

パタゴニアは、環境に配慮したブランドとしても人気ですよね。「クラウドリッジジャケット」は、100%リサイクルされた表生地を利用しているので、環境にもやさしいスーツです。

快適さを追求した3レイヤーのレインスーツです。腕さばきがいいのも人気のひとつ。サイドのポケットの内側はメッシュ素材なので通気性や軽さも追及していますよ。

おすすめ登山用レインウェア・ジャケット8

パタゴニア ピオレットジャケット

【中古】patagonia◆GORE-TEX/Piolet Jacket/マウンテンパーカ/L/ナイロン/BLU/ピオレット ジャケット 83380/【メンズウェア】
楽天で詳細を見る

パタゴニアの「ピオレットジャケット」は、2レイヤーのレインスーツです。ゴアテックス素材を使用しており、透湿防水性にくわえ、防風性もバッチリです。首回りは、痛くならないようにフリース素材で保護しているのも、人気なヒミツです。

腕の下部分には、余分な熱さを逃がしてくれるピットジッパーがついているので、汗かきな方にもおすすめのレインスーツですよ。

おすすめ登山用レインウェア・ジャケット9

アークテリクス ベータSL ハイブリッドジャケット

[即日配送] ARCTERYX アークテリクス 23705 Beta SL Hybrid Jacket ベータ SL ハイブリット ジャケット ソフトシェルジャケット 撥水 マウンテンパーカー Dark Firoza/ブルー系
楽天で詳細を見る

登山ファンに根強い人気のアークテリクス。「ベータSL ハイブリッドジャケット」は、超軽量で、アウトドアやトレッキング、登山などさまざまな用途で使えるレインウェアです。

ゴアテックス素材を使用しているので、防水透湿性も抜群です!超軽量かつ、持ち運びがしやすいようコンパクトにたためるので、使用しないときもかさばりません。ゴアテックスの中でも柔軟性があり人気な、ニットパッカー素材なので、柔軟性もバッチリ。初めてのレインコートにもぴったりですよ。

おすすめ登山用レインウェア・ジャケット10

ミレー ティフォン50000

【6/1限定 エントリー&楽天カード決済でポイントUP】ミレー MILLET レディース アウター ティフォン 50000 ストレッチ ジャケット LD TYPHON 50000 ST JKT CAPPUCCINO MIV01508
楽天で詳細を見る

ミレーのレインコートといえば、コレ!というほど人気な「ティフォン50000」。3レイヤー構造のレインコートとは思えないような、軽やかな着心地が人気の特徴のひとつです。

商品名でもある「50000」の意味は、透湿性が50000/㎡/24hrsで、とても高い数値です。湿気が多い日本の山に適しているので、快適な登山をすることができますよ。収納袋がなくてもパッキングできるように、レインウェア事態にパッキング機能がついているのも、かさばらないし、いざという時サッと取り出しやすくていいですね。

登山用レインウェア・ジャケット選びのまとめ

Photo byjanrye

登山用レインウェア・ジャケット選びは、調べれば調べるほど奥が深いもの。実際に身に着けて、あれこれ自分で比較してみるのも手ですよ!登山用品の中でも割と高額なものになるので、しっかりとチョイスして、自分にフィットした一着を見つけてくださいね!

レインウェアがもっと気になる方はこちらもチェック!

素材は「ゴアテックス」で!という方や、軽さ重視の方など、選び方もそれぞれ。自分好みの一着をもっとたくさん見たい!という方に、こちらもおすすめという記事をご紹介します。

Thumb【2019最新】レインウェアおすすめ14選!雨具選びで気になる最強モデルは? | 暮らし~の[クラシーノ]
2019年最新版のおすすめレインウェア紹介します。軽量でしなやかな肌触りが魅力的で、優れた防...
Thumb【トレッキング】レインウェアおすすめ9選!悪天候でも安心! | 暮らし~の[クラシーノ]
トレッキングを満喫するためにはいつ天候が崩れても対処できる準備をしておくことが大切です。そこ...
Thumbレインウェア20選|ゴアテックスジャケットなど登山におすすめ! | 暮らし~の[クラシーノ]
レインウェアとは、登山やアウトドアで雨など悪天候の時に着用するウェア。そしてレインウェアの代...

関連するまとめ

あなたへのおすすめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ