プロテインスキマーとは?その効果や仕組み、おすすめの製品をご紹介!のイメージ

プロテインスキマーとは?その効果や仕組み、おすすめの製品をご紹介!

プロテインスキマーとはどのような機材かご存知でしょうか?サンゴやイソギンチャク飼育には欠かせないアイテムとして使われており、もちろん海水魚にも効果が大きい機材です。今回はそんなプロテインスキマーの効果や仕組み、おすすめの製品をご紹介していきます!

2019年07月17日更新

T・S
T・S
元農家で農業検定を持つライターです!植物に関すること、海のこと、DIYについて主に書かせて頂きます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. プロテインスキマーとは?
  2. プロテインスキマーについて
  3. プロテインスキマーのメリット①
  4. プロテインスキマーのメリット②
  5. プロテインスキマーのタイプ
  6. プロテインスキマーを使ったシステム
  7. プロテインスキマーが淡水に使われない理由
  8. プロテインスキマーの使い方①
  9. プロテインスキマーの使い方②
  10. プロテインスキマーの注意点
  11. おすすめのプロテインスキマー①小型水槽用
  12. おすすめのプロテインスキマー②小型水槽用
  13. おすすめのプロテインスキマー③小型水槽用
  14. おすすめのプロテインスキマー④小型水槽用
  15. おすすめのプロテインスキマー⑤大型水槽用
  16. おすすめのプロテインスキマー⑥大型水槽用
  17. プロテインスキマーに関するTwitter
  18. まとめ:プロテインスキマーとは?

プロテインスキマーとは?

サンゴやイソギンチャクを育てている方、これから育てようとしている方であれば、プロテインスキマーが気になっている方も多いのではないでしょうか。フィルター以上に効果があるとして期待されている方も多いアイテムですが、具体的にどのような仕組みで、どうやって使うのか、何を買えばいいのかが分からない方が多いようです。今回はそんなプロテインスキマーの効果や仕組み、おすすめの製品などをご紹介していきます!

プロテインスキマーについて

プロテインスキマーとは?

mahch0407さんの投稿
31326329 366523767168089 5682441298263408640 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

プロテインスキマーとはそもそもどのような物なのかが気になりますよね。水槽内で生き物を育てていると糞や食べ残しといった物が必ず出てきます。そこにはたんぱく質が含まれていますが、たんぱく質はバクテリアによって分解され、危険なアンモニア等へ変わり、最終的には硝酸塩になります。そのようなたんぱく質を、分解される前に除去するアイテムなのです。因みに、プロテインはたんぱく質、スキマーとは除去装置という意味です。

プロテインスキマーが必要なのはサンゴだけじゃない

_zensui_さんの投稿
23507455 144621692752703 8933741625918619648 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

サンゴやイソギンチャク水槽に使うものというイメージがありますよね。確かに、サンゴやイソギンチャクは水質変化に敏感であり、種類によっては本当に欠かせないアイテムです。逆に、海水魚はフィルターだけで育てている方も多いのですが、スキマーはもちろん海水魚にも有効です。硝酸塩はあまり海水魚に影響は無いとされていますが、アンモニア等は影響がありますので、やはり使った方が魚にとって良いですね。

プロテインスキマーで綺麗に出来る理由

mocha11.29さんの投稿
49314471 1967705726616085 7559525491091496525 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

フィルターのようにろ材を使って濾過をしている訳ではありません。小さな泡を発生させて、その泡に有機物などをくっつけて除去するという仕組みになっているのです。つまり、物理濾過をするアイテムということですね。こうした仕組みのスキマーですが、種類がありますので、後述して紹介していきます。

プロテインスキマーのメリット①

水換えの頻度が減る

genji_japan2019さんの投稿
49637386 640942379654208 8682368005919311236 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

大きなメリットの一つが、水換えの頻度が減ることです。単純に水が汚れにくくなりますので、頻繫に水換えをする必要が無くなります。フィルターの場合はどうしても水換えが必要になりますが、スキマーは汚れる前に綺麗にしてしまうので、汚れが溜まらないという仕組みになっているのです。ただし、水槽が大きいのにパワーの低いものを使うと、水換えがやはり定期的に必要になることもあります。

人工海水費の節約

coralfish_322さんの投稿
47155904 303780723806735 262272361572857801 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

水換えが減るということは、人工海水のコストも下がります。コストダウンは誰しも嬉しいですよね。製品自体はある程度の金額がかかりますが、コストダウンが出来ますので相殺される部分があるのです。今まで2週に1度のペースで水換えをしていた水槽が2カ月に1度ペースになったり、またハイパワーな物を使用することでほぼ水換えをしなくていい状態にされる方もいます。

プロテインスキマーのメリット②

水の臭いが減る

海水魚飼育をされている方の中には、水槽の匂いに悩む方もいますよね。この匂いの原因はやはり汚れにあります。そういった汚れの原因を除去して綺麗に保てるアイテムですので、匂いに困っている方にもオススメ出来ます。初期投資としては少し高いのですが、その価値は十分にありますので試してみて下さい。

サンゴやイソギンチャクが飼育しやすくなる

kota9163さんの投稿
43912954 560987347695811 3965234324757551045 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

現在使っている多くの方の目的が、やはりサンゴやイソギンチャクの健全な育成です。種類にもよりますが、かなり水質に敏感な種類を育てる際は、必ず必要と言って良いほどです。後述して色々な製品を紹介していますが、小型水槽であれば小型の、ある程度大きな水槽であれば大きなものを設置して、常に美しい水の状態を保ってあげましょう。

溶存酸素量が増える

泡を使って汚れを除去するアイテムですので、よく金魚水槽で使うようなブクブク、エアレーションの効果もあります。水中の酸素量が増えると、やはり生き物にとって過ごしやすい環境となりますので、これも大きなメリットですね。特に、濾過能力が高いことでよく使われている外部フィルターなどは酸欠になる可能性がありますので、そうした心配もカバー出来るのが嬉しいところです。

病気になる確率が減る

4nderspnさんの投稿
44433831 703278606709756 3424640280989514651 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

これは結果的にですが、生き物が病気にかかる確率が減ります。生き物が病気にかかる原因は、水槽内に原因となる菌がいたりすることはもちろんですが、生き物の体力が下がっていることが理由の一つなのです。様々なストレスによって体力が下がりますが、中でも水質悪化は大きなストレスとなり、病気の元となりますので、これまで病気で失敗が続いてきた経験のある方にも試して頂きたいアイテムですね。

プロテインスキマーのタイプ

プロテインスキマーの大まかな仕組み

takashi.696さんの投稿
49372088 129628448074332 1733195807815137819 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

仕組みですが、上には汚れが溜まる汚水カップがあり、その下にも汚れが付着する首の部分が、下には泡を発生させて持ち上げる部分があります。この下半分あたりまで水位が来るように沈めて、大量の泡を発生させます。泡がどんどんスキマー内を登っていき、最終的には汚水カップに汚れとして溜まっていくという仕組みになっています。仕組みとしてシンプルですが、効果は非常に高いアイテムです。

エアーリフト式

二つの種類があり、一つ目の種類がエアーリフト式です。こちらはウッドストーンという木製部品から細かい泡を発生させる仕組みとなっており、非常にシンプルな構造ですので初心者に向いています。また、価格も安く、小型水槽にも合います。後述するベンチュリー式に比べると汚れの除去能力が低く、またウッドストーンの交換を定期的にしなければいけないというデメリットがあります。

ベンチュリー式

もう一つの種類がベンチュリー式です。こちらはポンプによって大量の泡を作りますので、エアーリフト式よりも除去能力が遥かに高く、より本格的な種類となっています。また、ウッドストーンの交換も必要ありませんので、一度買ってしまえば、そのままずっと使っていけるのもメリットです。ただし、スペースをとってしまうアイテムですので、基本的にはオーバーフロー水槽に設置することになり、初心者には少し敷居の高い種類です。

プロテインスキマーを使ったシステム

ken.mat.911さんの投稿
12716736 1702480526656832 1968031104 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

通常、フィルターと合わせて設置されることが多いのですが、ベルリンシステムというほぼスキマーだけで水質を保つ方式もあります。これはベルリンで発展した方法で、フィルターを設置しないのでろ材交換などの必要は無いのですが、その分、スキマーのパワーが必要となります。また、魚が沢山入っていると危険ですので、基本的には魚は少なく、サンゴやイソギンチャク水槽に使用するシステムです。

プロテインスキマーが淡水に使われない理由

sid_oncelifeさんの投稿
49839750 374256936684545 6814467572026314851 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

様々なメリットがあることを紹介させて頂きましたが、なぜ淡水水槽に使われないか不思議に思う方もいるかもしれません。淡水水槽でももちろん、たんぱく質を除去出来れば効果があります。しかし、実は淡水水槽では使えません。淡水は海水と違って水に粘土が無く、海水なら細かい泡が出来るのですが、淡水では大きな泡となってしまい、上手く除去出来ないのです。その為、淡水水槽では効果が得られず、使われていません。

プロテインスキマーの使い方①

使い方ですが、購入したセットを組み立てて、水槽、またはオーバーフロー水槽へ設置して泡を作ってみましょう。ここで大切なのが、水位の調整です。水位調整が高いと溢れてしまい、水位調整が低すぎると泡戻りが起きてしまいますので、調度良い水位に調整する必要があります。この丁度良い水位に調整するのが少し大変ですが、最初にじっくり、水位調整をしましょう。なるべく低めに調整するのがポイントです。水位が変えられない場合はエアー量で調整しましょう。

プロテインスキマーの使い方②

エアリフト式のメンテナンス

izm12ryuさんの投稿
13643072 1758226871119484 184610736 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

水位の調整が上手くでき、しばらく使っているとスキマーが汚れていきます。あまりにも汚れが溜まると除去能力が下がりますので、定期的にメンテナンスをしましょう。エアーリフト式の場合は、まずはカップ等をスポンジなどで綺麗にし、ウッドストーンの具合が悪そうであれば交換をします。次第に腐ってもいきますので、一ヶ月に一回の頻度で交換すると良いでしょう。

ベンチュリー式のメンテナンス

centropyge.argi1さんの投稿
26865255 164059464222281 751696916923809792 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ベンチュリー式もエアーリフト式と同様に、カップ等に溜まった汚れを綺麗にしていきます。また、こちらは泡を発生する部分を交換しませんので、そういった部分もしっかり掃除、泡が問題無く出るようにしておきましょう。ポンプを使用しますので、ポンプの具合もチェックして下さい。

プロテインスキマーの注意点

必要なものまで取り除いてしまう

設置する上で知っておきたいのが、汚れの除去だけではなく、必要な要素の除去も行われてしまうということです。たんぱく質や排泄物と共に、必要な微量元素も無くなっていくのです。これらは人工的に添加することも出来ますので、そういった商品の説明をよく読んで、定期的に添加するようにしましょう。

音がうるさい場合

ninasanppさんの投稿
39582224 229414234393171 1602841297620566016 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

設置したところ、音がうるさくて困ってしまったという場合があります。これは種類・製品によって差がありますので、購入前にしっかり検討したいところですね。ポンプにはDCポンプとACポンプがありますが、DCポンプの方が音が静かで、パワーも調整出来ます。しかし、ACポンプの方が耐久性がありますので、どちらにするか、よく考えて選びたいですね。

おすすめのプロテインスキマー①小型水槽用

マメスキマー3

出典: https://www.amazon.co.jp

こちらは可愛いサイズ、見た目の製品です。小型水槽に使うのに適しており、スタイリッシュな水槽を作りたい方に非常にオススメですね。ただし、小型水槽に使えるサイズですので、汚れの除去能力もサイズ並です。もしある程度大きな水槽に使いたい場合は、メインの汚れ除去装置として使うのではなく、補助アイテムとして使うと良いでしょう。大型水槽の除去能力を少し上げたいという際にも良いですね。

利用者の評価は?

マメデザイン マメスキマー3
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

下記の口コミでは、30㎝水槽に設置して、非常に良く使えていることが書かれています。やはり見た目のスタイリッシュさを高評価されていますね。30㎝程度の小さい水槽であれば十分な除去能力です。また、最後に調整も難しくなかったことが書かれています。他の製品で水位調整に苦労される方もいますので、こういった面も初心者にオススメ出来る理由です。

30センチキューブ水槽にセットしました。
まず、そのデザインが大変気に入りました。すっきりしていて美しいです。
ガラス製なので取扱いには若干注意が必要ですが、清潔感があって良いです。
耐久性もいいんだと思います。
機能面では、汚れがよくとれます。エアーの調整はそれほど難しくないです。

おすすめのプロテインスキマー②小型水槽用

海道達磨

出典: https://www.amazon.co.jp

こちらはベンチュリー式の本格的なスキマーで、外掛け式ですので簡単に設置することが出来るのが嬉しいポイント。画像の飛び出ているところを、水槽の端にひっかけて使用します。ベンチュリー式は除去能力が高いので、60㎝程度の水槽であれば問題無く使用出来ます。エアーリフト式ではちょっと不安、だけど本格ベンチュリー式は難しいという場合に選択したい商品です。

利用者の評価は?

カミハタ 海道達磨 プロテインスキマー
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

下記の口コミでは、全面的に良かったことが書かれています。ベンチュリー式はポンプの音がうるさくて困る方もいますが、静かだったのが評価されていますね。また、除去能力は高いのに価格が抑えられているのも評価されているポイントとなっています。

静かで設置場所にも困らなくて。
いい買い物でした安くて軽くて品質は最高かな。
ありがとうございます。

おすすめのプロテインスキマー③小型水槽用

海道河童

出典: https://www.amazon.co.jp

こちらは非常にユニークな種類で、なんとフィルター兼プロテインスキマーという両立した製品となっています。スキマーはエアーリフト式で、フィルター機能も併せ持つことで濾過能力を高めているアイテムですね。また、外掛け式ですので設置も簡単。初心者の方でも安心して使えます。ただし、ベンチュリー式と比べると劣るところはありますので、あまり大きな水槽には使わず、60㎝以内の水槽に使用したいですね。

利用者の評価は?

カミハタ 海道河童 フィルター(小) 水槽用外掛式フィルター 関東当日便
楽天で詳細を見る

下記の口コミでは、スキマーとフィルターを両立していることが評価されています。非常に便利なので、複数の水槽を持っている方であれば複数台あっても良いですよね。フィルター機能がありますので淡水に使えないことはありませんが、その場合はスキマー機能が発揮されませんので、淡水よりも海水に使用しましょう。

プロテインスキマーとろ過を同時に行えるというので購入。両方ともいい感じでこなしているし、音も静か。もう1台ほしいくらい。

おすすめのプロテインスキマー④小型水槽用

エターナルナノスキマー QQ1

出典: https://www.amazon.co.jp

こちらも外掛け式の製品ですが、こちらはベンチュリー式で、除去能力の高い製品です。ポイントはポンプがDCポンプであること。DCポンプは音が静かですので、音が心配な方にオススメです。また、省電力なのもポイントとなっていますので、静かで省電力なものが良いと考える方は是非チェックして頂きたいですね。

利用者の評価は?

ゼンスイ エターナルナノスキマー QQ1 外掛式プロテインスキマー 沖縄別途送料 関東当日便
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

下記口コミでは、大型スキマーと比べると劣る部分はあるものの、静かで使いやすいことが評価されています。確かに、高額な大型スキマーと比べると能力は劣ってしまいますが、あまり大きくない水槽であれば能力は十分で、扱いやすい製品となっています。

マメスキマーより効果がありますが、ショップの大型スキマーでみるような非常に濃いデトリは無理の様です(若干薄めでとれるため、海水が少し無駄になるだけです)。とても静かで、ウッドの交換も不要、エアレーション能力も高そうで、気に入っています。

おすすめのプロテインスキマー⑤大型水槽用

バブルラッシュ BR-02

Bubble Rush BR-02バブルラッシュ(100〜400L対応)60Hz西日本用
楽天で詳細を見る

大型のプロテインスキマーとして多くの方が使用しているのがこちらのバブルラッシュです。ベンチュリー式の大きな製品で、価格は先述したものよりも上がってしまいますが、その分、機能は強力です。数ある大型製品の中でも初心者に使いやすい製品でもあり、入門機種として扱われていますね。また、更に強力なものもあり、最大で120㎝水槽に対応出来ます。

利用者の評価は?

下記口コミでは、見た目のスタイリッシュさと、能力も問題無いことが書かれています。他の製品よりも優しい雰囲気があるので、機材特有の物々しさがありませんよね。組み立ても簡単で、初心者にとって有難い製品となっています。

プロテインスキマーも以前に比べてスタイリッシュになりましたね!これだけのパーツだけで組み立ても簡単です‼︎
もちろん能力もバッチリです!

おすすめのプロテインスキマー⑥大型水槽用

バレット XL-1

【取り寄せ】プレッションマリンシステムズ プロテインスキマー BulletXL−1(バレットXL−1) 海水用品 スキマー・リアクター
楽天で詳細を見る

最後に紹介するのは、プロフェッショナル用として扱われる最高級品のプロテインスキマーです。こちらは価格が非常に高いので中々買いにくい製品ですが、他を圧倒する除去能力があり、まさしくプロフェッショナル用です。能力の高さに合わせて製品も大きいので気軽に購入は出来ませんが、いずれ本格的にサンゴ・イソギンチャク飼育をされる際は検討したいアイテムですね。

プロテインスキマーに関するTwitter

淡水用プロテインスキマー

こちらのツイートでは、淡水用のプロテインスキマーが紹介されています。プロテインスキマーは基本的に海水使用ですが、泡を小さくするのが難しいから淡水で使用されていないという状況ですので、ツイートのような製品は販売されています。

プロテインスキマーの複数設置

こちらのツイートでは、プロテインスキマーが複数設置されている様子が紹介されています。水槽容量に対して能力が足りない時は、このように複数設置することで補えますので、小型一つで足りない時は試してみましょう。もちろん、違う種類のものを増やしても大丈夫です。

水位不足に注意

こちらのツイートでは、水位不足で止まっていないか心配する様子が書かれています。フィルターも動かしているならまだしも、ベルリンシステム等でプロテインスキマー頼りになっている場合は、止まっていると危険です。水位は低めにすることが多いのですが、決して不足することのないよう調整しておきましょう。

小型水槽におすすめのスキマー

こちらのツイートでは、今回ご紹介させて頂いたQQ1が、おすすめの小型スキマーとして紹介されています。小型スキマーは数々あり、それぞれに良さがあっておすすめなのですが、こちらのQQ1はベンチュリー式でパワーが強いのが良いですよね。

まとめ:プロテインスキマーとは?

j.nami0101さんの投稿
39238611 746480692410959 2019235963196145664 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

今回の「プロテインスキマーとは?その効果や仕組み、おすすめの製品をご紹介!」はいかがでしたでしょうか?プロテインスキマーとはどういったアイテムなのかから、その効果や仕組み、使い方、おすすめ製品をご紹介させて頂きましたが、今すぐにでも取り入れたくなった方が多いのではないでしょうか。製品によって能力に差がありますので、予算に合わせてピッタリのものを選んでみて下さい。

プロテインスキマーが気になる方はこちらもチェック!

今回はプロテインスキマーについて解説させて頂きましたが、他にも海水魚に関する記事が沢山あります。気になる方は是非見てみて下さい。

Thumb海水魚人気ランキング15!初心者でも飼えるおすすめの種類はどれ? | 暮らし~の[クラシーノ]
海水魚の人気ランキングが気になりますよね!海水魚は沢山の種類がいて、自宅の水槽でよく育てられ...
Thumb海水魚の餌のおすすめは?魚の種類に合わせた餌の形状、種類も紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
海水魚の餌のおすすめ品をお探しでしょうか?これから海水魚飼育を始めるのであれば、水槽やフィル...
Thumbミドリフグはどんな海水魚?毒はある?特徴や飼育方法を詳しく解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
ミドリフグはどんな海水魚かご存知でしょうか?可愛らしい顔つきに、人間味のある動き、価格が安い...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ