ダイワ「バス X」!デザイン抜群の2019年新作入門ベイトリールをご紹介!のイメージ

ダイワ「バス X」!デザイン抜群の2019年新作入門ベイトリールをご紹介!

バスXは、2019年ダイワの新作バス向けベイトリールです。同名のバスロッド同様手ごろな価格が魅力の製品で、これからベイトの釣りを始めたい方にピッタリ。入門には十分な基本性能も魅力の1台です。バスXで、太いラインを使ったバス釣りに挑戦してみましょう!

2019年06月24日更新

sim0223
sim0223
おかっぱりライトゲームから船深場まで、釣具店勤務経験を活かして様々なレベルの方に楽しんでいただける記事作成を目指しております。メインフィールドは駿河湾。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 「バス X」でバス釣り入門!
  2. 「バス X」とは
  3. 「バス X」は価格が魅力!
  4. 「バス X」はマグネットブレーキ搭載!
  5. 「バス X」のスプールは32mm!
  6. 「バス X」の基本スペックについて
  7. 「バス X」を動画でチェック!
  8. 「バス X」におすすめのロッドはこちら!
  9. 「バス X」におすすめのルアーはこちら!
  10. 「バス X」でバスをゲット!

「バス X」でバス釣り入門!

ダイワの初心者向けベイトリールをチェック!

david_cox711さんの投稿
50262150 381733702589909 3546832368899452941 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

2019年のダイワ新作ベイトリール「バス X」をご紹介!実売価格7,000円前後の初心者向け製品で、安っぽさを感じさせないデザインと入門に十分な基本性能が魅力。今年からベイトのバス釣りに挑戦する方は、是非チェックしてみてください!

「バス X」とは

ダイワの2019年新作入門向けリール!

バス X

出典: http://www.daiwa.com

バス X

「バス X」は、ダイワの2019年新作バス向けベイトリールです。ロッドジャンルでも人気の高いXシリーズのアイテムで、2019年新作から初心者向け、入門向けを選ぶならこの1台。抑えた価格と十分な性能で、バス釣り入門をサポートしてくれます。合わせて揃えたいロッド、ルアーの情報も合わせて紹介しているので、ベイトリール初挑戦の方はそちらも要チェックです!

発売日は2019年2月!

発売日は2019年2月中を予定、本格的なバス釣りシーズンの開幕を前に、全国の釣具店で販売がスタートします。欲しい時に入手できるタイプの製品なので、インプレが気になる方にはシーズンイン直前の購入がおすすめ!3月、4月の遊びやすい季節から、ベイトのバスフィッシングに挑戦してみましょう!

「バス X」は価格が魅力!

定価は9,000円

bill_eagleman_bassさんの投稿
51238258 256080071957259 2751221024702602475 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

「バス X」の定価は9,000円。大手メーカー製の釣り具は10%から30%値引きされた状態で販売されるケースが多く、「バス X」も実売価格は7,000円程度となっています。ロッドやライン、ルアーを合わせて揃えたい方にもおすすめ!20,000円程度の予算、1から道具を揃えていく方は是非検討してみてください!

ショップで予約受付中!

【予約受付中!!】ダイワ バス X 80SH /ベイトリール 右巻き 2019年2月発売予定
楽天で詳細を見る

安価な入門向けの製品ですが、ネットショップを中心に実店舗でも予約の受付がスタートしています。発売日当日、すぐに欲しい場合は、ショップでの予約を検討しておきましょう。ネットでの購入は非常に手軽ですが、初心者の方には釣具店で地域、釣り場に合ったアドバイスを貰いながら道具を揃えていく方法をおすすめします。

「バス X」はマグネットブレーキ搭載!

搭載ブレーキを3つに分けてご紹介!

marcclaytonさんの投稿
50938215 2413542078720494 5584507779299174009 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

「バス X」についているブレーキについてです。ベイトリールには遠心、マグネットと2タイプのブレーキがありますが、ダイワのリールはマグネットオンリー。定番のMAGFORCEブレーキが採用されています。ダイヤルでの設定のみで楽しめるので、ベイトリールが初めてでも操作は簡単!強め、弱めを試しながら、キャストの練習をしてみましょう!

①MAGFORCEブレーキを採用!

「バス X」はダイワ定番のMAGFORCEブレーキを採用。特別新しい技術が使われたブレーキではありませんが、実績は十分で初心者の方でも十分使いこなせるブレーキです。マグネットの磁力を使ってブレーキを掛けるので、特別な操作は必要ナシ!加速とリリースタイミング、着水前のサミングを練習して、ベイトキャスティングの釣りを始めましょう!

②セッティングはダイヤル式

ブレーキの強弱はダイヤル式。ハンドル逆側のノブを回して、強弱を設定します。サイドプレートを開けることなくセッティングの変更が可能!ルアーに合わせて微調整を行うことで飛距離を伸ばせますが、まずはバックラッシュ低減を優先してブレーキ強めからがおすすめです。

③初心者の方には大手メーカー製がおすすめ!

大手メーカー製以外のベイトリールはマグネットの効きが弱く、慣れるまではバックラッシュが多め。初めてのベイトリールをマグネットブレーキモデルから選ぶなら、ダイワかアブガルシア製の製品をおすすめします。ダイワ製品は使用者が多いので、情報やインプレを集めやすい部分もおすすめしやすいポイント!安定感のあるアイテム選びで、堅実なタックルを準備しましょう!

「バス X」のスプールは32mm!

ライバル機に比べて少し小さめ

xcitebaitsさんの投稿
51128843 2260109314257055 8409321360826962303 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

「バス X」のスプールは32mm、ライバル機であるシマノ「バスワン XT」よりも2mm小さいスプールを装備しています。スプール幅だけを見た場合は小さいほど立ち上がりがよく、軽量ルアーを投げやすいセッティングと言われているので、入門機の中でもややライトな機種をイメージしておきましょう。糸を巻ける量も「バスワン XT」より若干少なくなっていますが、手軽に遊ぶ釣りには十分、近年のスタンダードとも言えるスペックになっています。

小型ルアーが投げやすい!

ヘビーなルアー、リグを遠投する釣りよりも、小型ルアーを気持ちよく投げられるセッティングの32mmスプール。釣れるバスのアベレージが小さい野池、小規模河川で遊ぶ機会が多い場合は、このタイプのリールが活躍します。入門機なので32mm機、34mm機に極端な違いはありませんが、モデル選びの参考にしてみてください!

「バス X」の基本スペックについて

基本スペックを3つに分けてご紹介!

awhitefootphotographyさんの投稿
49933872 111699199934744 1450505612391335442 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

「バス X」の基本スペックもチェックしておきましょう。入門機ながら極端な重さは無く、ラインキャパシティも近年のライト傾向を反映した14lb90mの設定。ギア比は巻取りの早いスーパーハイギアモデルのみとなっているので、飛距離を意識しながら狙うスタイルで始めたい方におすすめのスペックになっています。まずはナイロン3号から、ベイトリールの釣りに挑戦してみましょう!

①ラインキャパシティは12lb100m

デュエル(DUEL) カーボナイロン 500m 3号/13lb CL(クリアー) H3453CL
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

ラインキャパシティは12lb100m、14lbは90m。必要なラインの太さは釣り場やスタイルによってさまざまですが、気軽に遊べる釣り場であれば14lb程度で十分な強度が確保できます。最大で100m、90mと巻けますが、常にMAXとする必要はナシ!まずは扱いやすいナイロンラインを70mほど入れて釣りに出かけましょう。ストック量の多いボビンタイプの製品を釣り場にもっていくと、複数回のバックラッシュにも対応できます。

②モデルはスーパーハイギアのハンドル左右のみ

cantcatch_shtさんの投稿
49641298 564069417336836 3942389098078231128 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ラインナップはギア比の高いスーパーハイギアのみの構成。ハンドルの左右で全2機種となっています。ハンドル位置に迷ってしまう場合は、利き手側のモデルを選ぶのがおすすめ。高いギア比を活かして、飛距離が出る釣りやカバー周りの釣りから始めてみましょう!

③自重は195g

自重は195gで、バスリールとしての重さは標準的。入門向けなので特別剛性に優れているわけではありませんが、極端に重さを感じるような構成でもありません。特別軽いロッドと組み合わせる場合以外は、自重を気にする必要はナシ!入門向けのロッドから、好きなモデルを選んでバス釣りをスタートしましょう!

「バス X」を動画でチェック!

フィッシングショーの動画をチェック!

2019年のフィッシングショーダイワブース、「バス X」の実機を紹介している動画です。質感はやや樹脂感があるものの、カラーリングやデザインは入門機とは思えない仕上がり。標準的なボディサイズで、しっかり手のひらに収まってくれそうです。見た目も気に入る道具で始めるのが、釣り具選びのポイント!デザインのよいリールをゲットして、飽きずに長く使えるタックルを目指しましょう!

「バス X」におすすめのロッドはこちら!

おすすめロッドを合わせてゲットしよう!

pee_dee_anglersさんの投稿
50670648 523270834831345 7900166904549298034 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

「バス X」と合わせたいおすすめのロッドをご紹介!近い価格帯で展開されているロッドの「バス X」も、2019年バージョンがリリースされています。野池、小規模河川を1本で遊ぶならMかMHがおすすめ。若干ライトなリールに合わせて、Mを選ぶと釣りやすい小型ルアーの操作性もバッチリです。カラーやデザインの相性も非常によい組み合わせなので、スタート向けのロッドをお探しの方は是非こちらもチェックしてみてください!

ダイワ「バス X 662MB・Y」

【2月入荷予定/予約受付中】ダイワ バス X 662MB・Y※入荷次第、順次発送
楽天で詳細を見る

8lbから16lbのラインに適合するモデルで、14lb前後を巻いた「バス X」にピッタリのスペック。ルアーは5gから21gの対応となっており、スタンダードなサイズのルアーを幅広く遊べる設定です。まずは投げやすい10g前後から!手ごろな価格もあって、初心者の方にピッタリのロッドに仕上がっています。

「バス X」におすすめのルアーはこちら!

おすすめルアーを3つご紹介!

yougontakethatfishさんの投稿
49487633 239498543649639 5919183799488386604 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

「バス X」におすすめのルアーもチェック!同メーカーのダイワから、「バス X」タックルで使いやすいものをピックアップしてご紹介します。野池や小規模河川の釣りにおすすめ!スタート向けのルアーもチェックして、ダイワアイテムでバス釣りを始めましょう!

①ダイワ「スティーズ スピナーベイト」

ダイワ スティーズ スピナーベイト 3/8oz TW ホワイトチャート
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

アピール力の高いスピナーベイトは、広範囲を手早く探れるおすすめルアー。初めての釣り場で釣れそうなポイントを探しながら、やる気のある魚を探すスタイルにマッチするルアーです。比較的根掛かりに強いタイプで、岸際や障害物付近を通るコースで巻いてくるのが基本的な使い方。一定速度を意識しながらただ巻きで使いましょう。まずはこのルアーを結んで、釣り場の障害物を見つけていくのがおすすめです。

②ダイワ「スティーズ ホグ」

ダイワ スティーズ ホグ3 グリーンパンプキン
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

直リグ、ライトテキサスといった仕掛けにマッチするクローワームもご紹介。こちらも根掛かりに強いタイプで、ルアーよりもゆっくり探りたい釣りにおすすめ。釣り場を歩きながら見つけた障害物の近くに落として使います。水中に沈む障害物が見つかれば大チャンス!釣りのテンポはゆっくりですが、ハードルアーの動きに反応が悪いバスを攻略できます。ギア比の高さを活かした素早いライン回収で、強いアワセを決めましょう!

③ダイワ×ゲーリーヤマモト「ネコファット」

【Daiwa × Gary Yamamoto】 ネコ ファット / Neko Fat
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

海外で先行して販売されていた、人気ルアーメーカーのコラボアイテムです。ワームジャンルでは圧倒的な人気を誇るゲーリーヤマモト製のマテリアルを使ったワームで、ノーシンカーやネコリグに対応。高比重で投げやすいです。4インチで10本入り定価1,100円とちょっと高めの価格設定ですが、ワーム選びに迷ったら是非チェックしてみてください!

「バス X」でバスをゲット!

初心者向けアイテムでベイトの釣りを始めよう!

dylanshouldersfishingさんの投稿
51370221 2412402002104845 145697363093672977 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

手ごろな価格と十分な基本性能で、初心者にピッタリの「バス X」。リニューアルされたロッドの存在もあり、今年のバス初心者向け定番アイテムになりそうです。スピニングから始めた方はもちろん、ベイトで始めたい方にもおすすめ!ハイコスパなアイテムで道具を揃えて、新しい釣りに挑戦してみましょう!

バスリールが気になる方はこちらもチェック!

バス釣り向けの新作ベイトリールが気になる方は、下記のリンクをチェック!ワンランク上の価格帯で注目度の高いシマノ「19 SLX MGL」とアブガルシア「レボ ビースト&ロケット」を紹介しています。「19 SLX MGL」は万能タイプ、「レボ ビースト」「レボ ロケット」はラインキャパシティやギア比が特徴的な特化タイプ!ミドルクラスのベイトリールも検討してみたい方は、是非チェックしてみてください!

Thumbシマノ「19 SLX MGL」!19年のハイコスパバスリールはこれで決まり! | 暮らし~の[クラシーノ]
19SLXMGLは、シマノの2019年新作バス向けベイトリールです。コスパが求められるローミ...
Thumbアブガルシア「レボ ビースト&ロケット」!2019年の新作バスベイトリールをチェック! | 暮らし~の[クラシーノ]
レボビースト、レボロケットは、2019年発売となるアブガルシアの新作ベイトリールです。ビース...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ