ユニフレームのタープ10選!おすすめポイントと気になる評判や使い方をご紹介!のイメージ

ユニフレームのタープ10選!おすすめポイントと気になる評判や使い方をご紹介!

焚き火用のテーブルや焚き火台、グリルやバーナーなど炎に関するギアが有名なユニフレームには、ユニフレームらしいユニークなタープもあります。オプションと合わせてさまざまな使い方ができるためタープとオプションを合わせれ紹介します。

2019年06月24日更新

桜餅
桜餅
キャンプに関する記事が多いですが植物を育てることも好きです。ベーコン作ってみたり、スーパーで市販されているポップコーンを発芽させて栽培したりといろいろな事をしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. ユニフレームとは
  2. ユニフレームの特徴
  3. ユニフレームのタープのラインナップ
  4. ユニフレームのタープに関する評判
  5. ユニフレームの人気おすすめタープやオプション1
  6. ユニフレームの人気おすすめタープやオプション2
  7. ユニフレームの人気おすすめタープやオプション3
  8. ユニフレームの人気おすすめタープやオプション4
  9. ユニフレームの人気おすすめタープやオプション5
  10. ユニフレームの人気おすすめタープやオプション6
  11. ユニフレームの人気おすすめタープやオプション7
  12. ユニフレームの人気おすすめタープやオプション8
  13. ユニフレームの人気おすすめタープやオプション9
  14. ユニフレームの人気おすすめタープやオプション10
  15. ユニフレームのタープのまとめ

ユニフレームとは

新潟発の人気のアウトドア用品製造会社

hutenkitaruさんの投稿
49612922 295819267785418 1704352980524342170 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

新潟には、スノーピークやキャプテンスタッグなどいろいろなキャンプ用品を作っている人気のメーカーがたくさんあります。ユニフレームも新潟発のキャンプ用品を手がけているメーカーですが、スノーピークと比べるとタープやテントでは知る人ぞ知るしるメーカーです。理由はテントやタープも発売していますが、それ以上に焚き火台やグリル、バーナーと炎に関するギアが非常に評判がよくラインナップも多いためです。

社名が特徴を表している

ユニフレームの社名はユニークなフレーム(炎)から由来しているため炎関係に強い製造会社となっています。ここまでの紹介と社名で判断するとバーナーなど炎を使うキャンプ用品以外は大したことないと思ってしまいますが、実はラインナップが少ないだけで他のギアもいろいろ組み合わせて使えたりと高品質で人気です。メーカーとしては毎年新作のタープを出しているわけではないですが、根強い人気があります。

ユニフレームの特徴

バランスの取れた価格設定

oka_d_artさんの投稿
33473467 213571062775962 8592240663020437504 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

豊富な使い方ができ、誰でも使いやすいギアで、さらに品質やデザインなども高い水準でいて、キャンプを始めたばかりの人でも手を出しやすい価格設定です。決して低価格で初心者がすぐに手を出せるほどコストパフォーマンスがいいというわけではなりません。しかし、品質に見合ったバランスの取れた価格で、重たいダッチオーブンさえも使えるのに、本体は女性でも持ち運びすやすい軽量なファイヤーグリルは特に評判のいい人気製品です。

使い方やコンセプトがユニークな製品

moju.mugigohanさんの投稿
33139748 2057845641099745 8188455901166829568 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ユニフレームのもう一つの特徴が使い方やコンセプトがユニークな製品が多いことになります。ユニフレームのタープは他のメーカーと比べると種類が少なく多いとは言えませんが、複数のオプションを組み合わせることでスクリーンタープのように使えたり、タープの面積を増やすことで荷物置き場となる専用のスペースを増設したり少ないラインナップでいろいろな使い方ができるように工夫されています。

ユニフレームのタープのラインナップ

幕体の種類1

p.don7981さんの投稿
47692613 505261133215764 3168110510306811037 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

幕体にはいろいろな種類があります。コンパクトで持ち運びがしやすく、設営に使うポールが2本と少ないため初心者でも簡単に扱え、ほとんどのキャンプ用品を手がけるているメーカーから発売されている幕体がヘキサタープです。メーカーによって左右対称や非対称など多少異なりますが6角形で設営した時の姿も美しいため、持ち運びの良さを重視するバイクツーリングだけではなく、おしゃれなキャンプでも人好評です。

幕体の種類2

fuzz.cozy0327さんの投稿
42835470 188064898735957 9052617221453214601 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

四角や長方形の比較的サイズの大きい大型の幕体がレクタタープです。四角いことからスクエアとも呼ばれヘキサタープと比べると角以外にもグロメットがたくさんあるため、ポールを2本以上使ってシチュエーションごとに多彩なアレンジを楽しめる人気の幕体です。中にはステルス張り呼ばれる特殊な張り方もできる幕体もあり、テントを使わず幕体だけ使って寝泊まりする方の間で評判のいい張り方ができます。

幕体の種類3

hokuro_さんの投稿
47690032 610033679454542 1036249453191362524 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

スクリーンタープは大きなメッシュ窓でテントのように四方と天井が覆われるので他の幕体のように開放感はないのですが、虫を気にせず快適に過ごせるため好評です。メーカーや製品によってはポールを生地に通してテントのように組み立てていく必要がありますが、窓を完全に閉めることがで、スノースカートがあるスクリーンタープは冬でも使えるので便利です。

ユニフレームには1種類だけ

s4r996monsterさんの投稿
42003115 180238566211623 2287957310843702460 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

スノーピークやコールマンなどキャンプ用品を広く扱っているアウトドア用品製造会社では数種類の製品を発売していますが、ユニフレームの場合は先程紹介したようにオプションを組み合わせることでいろいろな使い方ができるようになっているため発売している製品はヘキサタープのみになります。サイズのラインナップも3種類と少なめです。その分テントやオプションを組み合わせて有効的に使うことができます。

ユニフレームのタープに関する評判

評判のいいテントと幕体

takeatsuyaさんの投稿
13398503 246695679043401 862945175 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

2019年1月現在ユニフレームから発売されている幕体やテントはREVOシリーズとなっています。レボリューションから名前が決まったのか定かではありませんが、前述したように一種しかない幕体に斬新なオプションを用意し、他のキャンプ用品を作っているメーカーにもユニフレームにも無かった革命的な使い方ができる幕体のシリーズです。オプションにはテントも含まれていて、限定商品を除きテントのラインナップは一種類だけです。

ユニフレームの幕体の口コミや評判

ユニフレームらしい他のキャンプ用品では見られない独特の形状をしているためキャンプに慣れている人でもポール長さや位置、ロープの使い方など慣れないと設営が難しいようですが、手間がかかることがキャンプの醍醐味として楽しんでいる方も多いです。またシワができにくいように生地に工夫があるのでコツがわかると綺麗に張れるみたいですよ。

機能は申し分ない

ユニークな使い方ができるだけではあまり意味がありません。ちゃんと幕体としての基本的な機能である影をつくること、雨が降っても濡れずに済む雨除けとしての機能などが充実していないと使いづらいだけですが、ユニフレームは高品質なギアを作っている人気メーカーですので性能も問題ありません。

ユニフレームの人気おすすめタープやオプション1

ユニフレームの小さい幕体:REVOタープM

出典: https://www.amazon.co.jp

ユニフレームの幕体はREVOタープだけになりますが、サイズ違いで3種類あるので順に紹介していきますね。まず一番小さなMサイズは2019年1月20日現在では人気のためほとんどの通販サイトでは品切れになっていてすぐに入手するのが困難です。逆に言えば売り切れるほど信頼性があり評判のいい製品という証拠とも言えるかもしれません。気になるスペックは耐水圧が1800ミリ以上、UVカットコーティングとなっていて使い勝手抜群です。

雨を通さないメッシュ

tekko88さんの投稿
43914339 249903169032112 4981643137911281950 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

他のメーカーと比べるとユニフレームの製品には大きな違いがあります。それは一部の角がメッシュ素材になっていてシワがよらないようにする効果と生地の負担を軽減する効果があります。メッシュだとそこから雨が入ってきそうですが、しっかり通らなくなっているので雨除けとしても評判通りの使いやすい製品です。雨にが染み込んで入ってくる前にちゃんと流れるメッシュがタープにあるという変わった作りがユニフレームらしいですね。

ユニフレームの幕体のおすすめポイント1

yasuppe.0214さんの投稿
41126370 329194037833728 4346613939189330550 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

普段はあまり気にしないことですが、ユニフレームのタープで一番のおすすめポイント、セールスポイントとなり得るのは付属するポールが合計4本もあることです。メインポールが2本、メインポールより60センチ短く、少し経の細いサブポールが2本付属しているので、わざわざ他のメーカーのサブポールを組み合わせて使用しなくても多彩な使い方ができるのでおすすめです。ポールの材質も4本全てが丈夫なスチール製となっていています。

ユニフレームの幕体のおすすめポイント2

i_am_haruhideさんの投稿
35616894 137491837058274 8294577194361946112 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ユニフレームらしいユニークな形状がおすすめのポイントです。一平行四辺形のように少し斜めにずれている特殊な6角形が今までに無かったレクタタープのように自由なレイアウトを可能にしています。多彩な張り方を可能にしながらMサイズで最大4名まで利用できるためソロキャンプから少人数のファミリーキャンプまで対応します。ロープ、ペグ、ハンマーもセットになっているので他の製品を組み合わせる必要がないため評判いいです。

ユニフレームの人気おすすめタープやオプション2

ユニフレームの中型の幕体:REVOタープL

ユニフレーム UNIFLAME キャンプ ヘキサタープ REVOタープ L 681190 ベージュ ナチュラル Lサイズ 4人 6人向け
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

2019年1月の時点では買うことが難しい同社のMサイズと比べると在庫がまだあるため欲しい方はすぐに手に入るユニフレームの製品です。Mサイズとの違いは長辺が約520センチとMサイズより70センチほど大きなっているため5人でも使用できるようになり、少人数だと余裕のあるゆったりサイズとなっています。サイズ以外の主な使用に変更点はなく付属品もそろっているため他社の製品を組み合わせて使わなくてもレイアウトを変えれます。

おすすめのポイント

幕体のサイズが大きくなことでより、アレンジしやすくなったのがLサイズです。長辺だけではなくそれぞれの角までの長さもあるので片方を下げて風除けと日除けにしたりサイドポールを使わなければ生地が長いためよりプライバシーを確保した状態での設営などできるのでMサイズよりLサイズがおすすめです。また一部の角だけにあるメッシュのおかげで下げていても風通しはメッシュがないタープよりあります。

ユニフレームの人気おすすめタープやオプション3

ユニフレームの大型の幕体:REVOタープ600 

UNIFLAME ユニフレーム REVOタープ 600
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

一番大きい製品がREVO600です。長辺が600センチと大きいため最大で10名まで使うことができます。基本的な作りや性能は変わりませんが、幕体だけで約3キロと少し重たくなっています。また、ポールの長さや太さ、付属品などにも変化はなくユニフレームのタープの選び方は使用人に合わせた大きさを選ぶといいでしょう。

サイズにあったオプションを選ぼう

後ほど紹介するメッシュウォールは、細部にも使いやすい工夫がたくさんありスクリーンタープのように使えるため虫嫌いな方、小さなお子さんとのキャンプなどにおすすめのアイテムです。それぞれ対応するサイズが決まっているのでサイズにあったアイテムを買いましょう。

ユニフレームの人気おすすめタープやオプション4

ユニフレーム×テンマクデザインの幕体

tent-Mark DESIGNS テンマクデザイン レボ タープ 【L】 コットン
Amazonで詳細を見る

アウトドア用品店の「WILD-1」のプライベートブランドがテンマクデザインです。アウトドア用品店のプライベートブランド、オリジナルブランドでありながら、女子キャンプで人気のワンポールテントや多彩な使い方ができるタープなど評判のいいギアがたくさんあるテンマクデザインとコラボしたユニフレームのタープがREVOタープコットンとなります。発売はテンマクデザインですが、形状はユニフレームのタープそのものです。

テンマクデザインの得意な素材

出典: https://webshop.wild1.co.jp

テンマクデザインがタープなどに使用することが多いコットンを素材に使っているので、ユニフレームのタープには無かった火に強いタープです。コットンは燃えにくい素材のため焚き火をタープの近くで行ったとしても火の粉で簡単に穴は開きません。また、防水加工ではなくコットンが水を吸い込むことで生地が膨張して結果的に水が染み込みにくくなったり、遮光性も化学繊維より高く濃い影ができたりと違いがたくさんあります。

おすすめポイント

出典: https://webshop.wild1.co.jp

ユニフレームと評判のいいテンマクデザインとのコラボレーションにより誕生したタープです。ライバル会社同士の意外な組み合わせかもしれませんが、ユニフレームの良いところもテンマクデザインの良いところもあるタープです。火の粉に強いことから焚き火用のユニフレームのタープが欲しい方にはおすすめの逸品です。サイズなど基本的な仕様はLサイズと同じですがポールは付属しない無いので注意しましょう。

注意

コットンは火に強い素材ですが燃えないというわけではないので注意して焚き火をしましょう。また、PU加工(防水加工)は自然に劣化し、コットンもゆっくり自然に劣化していきます。

ユニフレームの人気おすすめタープやオプション5

ユニフレームのバーベキューにおすすめの幕体

ユニフレーム REVOベース300 UF681787 タープ
楽天で詳細を見る

キャンプで使うよりバーベキューやデイキャンプ、さらにはスポーツ観戦やフリーマーケットなどの各種イベントでよく使われる幕体です。足の高さを2段階に調整でき最大250センチにもなるため圧迫感なく使用できるほか、オプションでサイドパネルもあるので間仕切りとして使ったり目隠し、風除けと使い方は豊富です。サイズは3×3メートルと少人数から複数で使う時にちょうどいい大きさとなっています。

おすすめポイント

UNIFLAME ユニフレーム UFテントウェイト10kg 681596ブラック
楽天で詳細を見る

サイドパネルと組み合わせて使うとデイキャンプからイベントまで豊富な使い方ができます。また、耐水圧も1500ミリと雨除けとしても十分使える性能です。風が強く不安なときもオプションのウェイトを使うことで安定します。ウェイトは1つだけ使ったり複数まとめて使ったりと重さを調整できます。ウェイトの重さは1つで10キロです。

ユニフレームの人気おすすめタープやオプション6

Mサイズに組み合わせて使うメッシュウォール

UNIFLAME ユニフレーム REVOメッシュウォール M <2018 春夏>
楽天で詳細を見る

Mサイズの幕体に合わせて使うオプションです。フルクローズできませんが四方と天井がメッシュになっているので、通気性がよくフィールドでも虫を気にせずのびのび快適に過ごせます。一般的なスクリーンタープと比べるとわざわざ組み立てていく必要なく、Mサイズと組み合わせて使うだけの簡単な設営で済むのも魅力です。裾部分は風や虫の侵入を軽減できるスカートも付いていて、使う時にあると便利なLEDランタン用のフックもあります。

設営簡単

最初にタープを設営するだけあとは非常に簡単です。それぞれのポールに接続用のベルトベルトを通していき最終的にはペグダウンするだけで完成です。簡単に使え、オプションで使い方が豊富になるところがユニフレームの製品の真骨頂とも言えるでしょう。

ユニフレームの人気おすすめタープやオプション7

Lサイズに組み合わせて使うメッシュウォール

UNIFLAME ユニフレーム REVO メッシュウォール L 681664
楽天で詳細を見る

Lサイズ用のメッシュウォールです。大きくなっても設営方法は簡単で、幕体が設営できたら初心者でも扱えます。使用するポールの長さが変わらないためMもLも後述する600用も最大約205センチの高さがあり背の高い人でも快適に過ごせます。入り口は200センチあるので荷物の搬入がしやすいです。L用なので使用できる幕体はLのみになるので注意して選びましょう。

ユニフレームの人気おすすめタープやオプション8

600に組み合わせて使うメッシュウォール

UNIFLAME(ユニフレーム) REVOメッシュウォール 600 681770テントアクセサリー タープ テント テントオプション サイドウォール アウトドアギア
楽天で詳細を見る

一番大きい幕体と組み合わせて使うメッシュウォールです。大きくなったことで入り口が250センチと幅広いため荷物の搬入やすれ違いなども簡単になっています。大きいですが、使い方や設営方法に変化はなく前述したように幕体が設営できたら初心者でも簡単に設営できることからおすすめです。大きさや重さ以外の仕様などは各種共通で縄やペグ、ケース、補修用のメッシュなどが付属しています。

ユニフレームの人気おすすめタープやオプション9

各種幕体を拡張する便利なアイテム

【送料無料】ユニフレーム(UNIFLAME) REVOフラップ 681374【あす楽対応】
楽天で詳細を見る

サイズ問わずどの幕体にも装着し、幕体の外に専用の荷物置き場を作れるオプションです。外側に拡張しますが、ロープの内側に設営できるので狭い区画サイトでもはみ出さず使えます。さらに装着しても幕体はメッシュになっているので、風通しはよく開放感もあります。雨が降ってきた場合や隣のキャンパーからプライバシーを確保したい時、日差しが強いときはフルクローズできる優れものなのでセットで使いたいオプションです。

ユニフレームの人気おすすめタープやオプション10

便利なラック

UNIFLAME ユニフレーム REVOラック <2018 春夏>
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

メイン、サブどのポールにも取り付ける事ができる便利なラックです。効率よく荷物を整理することができるだけではなく、カラビナを使って軽いものを吊るせたり、ガス缶などが転げ落ちないように縁が立ち上がっていたりと細かな所に工夫がいっぱいの使い勝手の良いラックとなっています。先程紹介したフラップと同じポールで併用できるのですっきりとしたレイアウトをしながら効率よく荷物を置けますよ。

ユニフレームのタープのまとめ

ユニフレームのタープはオプションでさらに万能に

出典: https://item.rakuten.co.jp

ユニフレームのタープは独自の形状をしていて張り姿が美しいことから評判ですが、多彩なオプションを使うことでさらに使い方が増えます。テントと組み合わせて使ったり、ラックや専用の荷物置き場を拡張し広く使ったりできるため好評です。テントは専用の「REVOルーム4プラス」があります。

タープが気になる方はこちらもチェック!

暮らし~のにはタープに関する記事がたくさんあります。良かったらチェックしてみてくださいね。

Thumbogawa(オガワ)の人気タープおすすめ10選!キャンプでの使い方もご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
今回はogawaの人気タープのおすすめを紹介します。ogawaのタープがあれば、キャンプをし...
ThumbDODのタープおすすめ13選!豊富な種類から便利で使いやすい人気製品をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
アウトドアギアで人気のDOD。沢山の種類タープの中から、あなたにぴったりなタープがきっと見つ...
Thumb2018年の新作タープまとめ!人気ブランドの注目タープおすすめ13選をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
評価の高いおすすめの2018年新作タープを様々な人気ブランドからご紹介します。強い日差しや風...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ