電動アシストロードバイク最新情報!日本&海外製の人気e-bikeを徹底比較!のイメージ

電動アシストロードバイク最新情報!日本&海外製の人気e-bikeを徹底比較!

電動アシスト自転車は、体力に自信がない方でも楽しめる新しい乗り物です。最近はロードバイクタイプの電動アシスト自転車も人気が高まっています。ここでは最新の電動アシストロードバイク情報や、日本製と海外製のe-bikeの比較やおすすめポイントをご紹介します。

2019年01月08日更新

山口 徳成
山口 徳成
キャンプや登山、自転車にフィッシングなどのアウトドアギア・ファッション関連が得意分野。実践経験と最新情報の調査によって商品の比較やリアルな口コミまで、商品の魅力を読者にわかりやすく届けられるようにライティングを行なっています。少しでもアウトドアライフの役に立つ情報を発信できれば嬉しいです!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. ロードバイクに電動アシスト?
  2. 電動アシストロードバイクの選び方
  3. 最新!日本製電動アシストロードバイク:1
  4. 最新!日本製電動アシストロードバイク:2
  5. 最新!日本製電動アシストロードバイク:3
  6. 最新!海外製電動アシストロードバイク:1
  7. 最新!海外製電動アシストロードバイク:2
  8. 最新!海外製電動アシストロードバイク:3
  9. 最新!海外製電動アシストロードバイク:4
  10. 最新!海外製電動アシストロードバイク:5
  11. ロード以外も!日本製電動アシストクロスバイク:1
  12. ロード以外も!日本製電動アシストクロスバイク:2
  13. ロード以外も!日本製電動アシストクロスバイク:3
  14. ロード以外も!海外製電動アシストクロスバイク:1
  15. ロード以外も!海外製電動アシストクロスバイク:2
  16. 最後に

ロードバイクに電動アシスト?

電動アシストとは

boschebikesystemsさんの投稿
43913199 256858728351159 2405690669749595421 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

電動アシスト自転車とは文字通り電動機(モーター)によりペダルをこぐ力をサポートする自転車のことです。モーターのみで自転車が進むわけでなくあくまで人力を補助する自転車に乗ります。1993年にヤマハが世界に向けて販売した電動ハイブリット自転車が世界初と言われています。最高速度が制限されており、日本では時速24キロ以上ではアシスト機能が発生しないようになっています。

海外から人気に火がついた電動アシストロードバイク

出典: https://www.bottecchia.com

電動アシストバイクは日本が世界に向けて発信したのですが、人気が出たのは海外特に欧州でした。海外ではe-bikeと呼ばれ、クロスバイクやマウンテンバイクなどのスポーツタイプのe-bikeが人気となりました。ドイツのメーカーが次々と良いドライブモーターユニット、アシストモーターユニットを開発したのも人気が出た理由です。まだまだロードバイクタイプのe-bikeは少ないですが、これからどんどん有名自転車メーカーから、ラインナップされるでしょう。

ロードバイクに電動アシストは邪道か?

ロードバイク乗り達にとって電動アシストはじゃあどうかと言う議論がされています。電動アシスト自転車が出た当時は、主にシティーサイクルや小径車ばかりだったのですが、徐々にスポーツバイクにも電動アシストの波が押し寄せ、今ではロードバイクにも電動アシスト機能がついているモデルが少なからず存在します。きつい思いをしてロードバイクで坂道を登るよりも、電動アシストロードバイクで気分よく上る方が楽しいと評判です。

assist_yokohamaさんの投稿
38097398 463043170843764 7776773265686528000 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

しかしながら、今までロードバイクをきつい思いをして乗っている方からは冷ややかな目で見られています。私は、自らの力で漕ぐ自転車も、電動アシストを利用して乗る自転車も楽しみ方の違いのみで、どちらでも好きな方を選ぶと良いと考えています。電動アシスト自転車は時速24kmを超えるとアシストがなくなるため、ロードバイクよりも車体重量が重たい分、ひどく乗りにくくなります。そういった長所短所も含め、普通のロードバイクか電動アシストロードバイクかを選べば良いのではないでしょうか。
 

電動アシストロードバイクの選び方

アシスト可能距離で選ぶ

fazua_officialさんの投稿
43984728 1943417322410427 8529923907723595858 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

海外製のe-bikeのカタログではほとんど記載がないのですが1回の充電での走行可能距離をもとに、あなたにピッタリなe-bikeを選びましょう。バッテリーやアシストモーターの性能が良いと、1回の充電での走行可能距離もずいぶんと長くなります。もちろん価格も高くなりますが、ロングツーリングをする際には、この走行可能距離がかなり重要になります。
 

モーター、アシストユニットで選ぶ

fazua_officialさんの投稿
40813921 194254878166655 2212517539003366988 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

e-bikeの走行性能を左右すると言っても過言では無いモーターアシストユニット。各メーカーでオリジナルのモーターアシストユニットを制作していますが、特に高性能のモーターアシストユニットとして有名なのは、日本製で言えばシマノSTEPS、海外製で言えばFAZUA EVATIONやBOSCH Active Line Plusになります。高性能なモーターアシストユニットを搭載したe-bikeは高額になりますが、走行距離やスムーズな走行性能など、大きな違いがあります。
 

ブランド/メーカーで選ぶ

fazua_officialさんの投稿
29417870 2022143038040314 4596427571582730240 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ロードタイプのe-bikeの登場は、それまでロードバイクを作ったことがないメーカーや、それほどロードバイクで有名ではないブランドの参入を可能にしました。そのため日本や海外で人気のロードバイクメーカーでは、まだe-bikeをラインナップしておらず、知らないメーカーのe-bikeになると思います。なのでメーカーやブランドで選ぶe-bike選びはまだまだ先になりそうです。
 

価格(コスパ)で選ぶ

fazua_officialさんの投稿
36578321 526169314466534 354708008808218624 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ロードタイプのe-bikeの価格帯は、日本円で約10万円〜40万円の幅のものが多いです。普通のロードバイクの価格帯とそれほど変わりはありません。予算に合わせて自分にぴったりな電動アシストロードバイクを選ぶと良いでしょう。しかしながら海外製のe-bikeはアシスト機能の速度制限が異なるので、海外製をそのまま購入した場合、日本では道路交通法違反になる場合があります。しかし、海外製のe-bikeでも日本で販売されているものは、日本の規格になっているので安心です。
 

最新!日本製電動アシストロードバイク:1

YPJ-ER

rscycleさんの投稿
44460186 325835411333911 8978397381160187774 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

大容量バッテリーを搭載した2018年の最新モデルであるヤマハのe-bike、YPJ-ER。電動アシストのドライブユニットである「PW-X」「PWseries SE」は、スポーツ自転車に合ったパワフルで快適なアシスト走行性能を実現しています。新しく生まれ変わったヤマハのYPJシリーズの最強モデルです。走行可能距離も飛躍的に伸び、スポーツバイクの楽しさが存分に味わえ、コスパの良い1台となっています。今までの電動アシスト自転車に物足りなさを感じているあなたにおすすめです。
 

比較ポイント

ブランド/メーカー YAMAHA
充電時間 約3.5時間
バッテリー容量 36V-13.3Ah
モーター/アシストユニット PWseries SE
1回の充電での走行可能距離 93/242km
価格(2018年12月29日現在) 345,600円

最新!日本製電動アシストロードバイク:2

YPJ-EC

bicyclehubawajiさんの投稿
42348961 180164802858967 4376825533505211896 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

通勤通学等の街乗りから、長距離のロングライディングなどあらゆるシーンで活躍できるフラットバーロードバイクタイプのe-bike、YPJ-ECは、機能的にはほとんどYPJ-ERと変わらないスペックを持っています。価格を比較するとかなりコスパが良いため、初めてのスポーツタイプの電動アシスト自転車にもおすすめです。
 

比較ポイント

ブランド/メーカー YAMAHA
充電時間 約3.5時間
バッテリー容量 36V-13.3Ah
モーター/アシストユニット PWseries SE
1回の充電での走行可能距離 89/222km
価格(2018年12月29日現在) 280,800円

最新!日本製電動アシストロードバイク:3

YPJ-R

fillet_sakulaさんの投稿
14026532 166924313716646 846215646 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

電動アシスト自転車の先駆けであるヤマハが最も最初に開発した電動アシストロードバイクです。発売されてからかなりの年数が経ちますが、まだまだ人気が高く、おすすめのe-bikeです。コスパにも優れており、スタイリッシュなデザインも人気の秘密です。最も多く販売された、最強の電動アシストロードバイクです。
 

比較ポイント

ブランド/メーカー YAMAHA
充電時間 約1時間
バッテリー容量 2.4Ahバッテリー
モーター/アシストユニット PWドライヴユニット
1回の充電での走行可能距離 14km/48km
価格(2018年12月29日現在) 248,400円

最新!海外製電動アシストロードバイク:1

BESV JR1

出典: http://besv.jp

自転車王国である台湾の電動アシスト自転車メーカーのベスビー。同じ台湾の自転車メーカーであるジャイアントなどから技術者を招き入れるなどして、作られた2018年最新モデルの電動アシストロードバイクJR1。人気の秘密はそのデザイン性の高さ。バッテリーが目立たずぱっと見は、電動アシストとは気づかないスタイリッシュなデザインになっています。またコスパも良く、さすが最強の自転車王国台湾が生み出した電動アシストロードバイクと感心します。コスパが良く、スタイリッシュな電動アシストロードバイクをお探しの方におすすめです。
 

比較ポイント

ブランド/メーカー BESV
充電時間 約3.5時間
バッテリー容量 36V/7.0Ah リチウムイオンバッテリー
モーター/アシストユニット オリジナル
1回の充電での走行可能距離 138km / 64km
価格(2018年12月29日現在) 298,080円(税込)

最新!海外製電動アシストロードバイク:2

ORBEA GAIN D30

出典: https://www.orbea.com

スペインの自転車メーカーであるオルベアから2019年、スタイリッシュな最強電動アシストロードバイクがラインナップされました。最新モデルのGAINは、フレーム内にバッテリーを収納することにより、見た目には電動アシストとは気づきません。小型でパワフルなドライブシステムもリアホイールの部分のギアの裏に配置されているため全く気づきません。日本ではまだ未入荷のようですが、コスパも良好、販売が実現したらおすすめの1台になることは間違いありません。

比較ポイント

ブランド/メーカー ORBEA
バッテリー容量 Ebikemotion 36V / 6.9A
モーター/アシストユニット Ebikemotion X35
1回の充電での走行可能距離 50km/128km
価格(2018年12月29日現在) 3,299ドル

最新!海外製電動アシストロードバイク:3

BOTTECCHIA BE 90 PULSAR E-ROAD

出典: https://www.bottecchia.com



ボッテキアはイタリアにある自転車メーカー。最新モデルのパルサーは、最強のロードバイクが電動アシストを装備したと言う表現がぴったりな高性能電動アシストロードバイクです。カーボンフレームに、シマノUltegra Disk 11、ファズアの高性能アシストユニットを搭載。電動アシスト自転車でありながら車体重量は約14kgと最軽量クラスで、価格も最強クラスです。日本ではまだ未発売のようですが、販売が実現したらおすすめの1台になることは間違いありません。
 

比較ポイント

ブランド/メーカー BOTTECCHIA
バッテリー容量 Centrale FAZUA 1.0 Drive system 36V 250W / Middle motor FAZUA 1.0 Drive system 36V 250W
モーター/アシストユニット Centrale FAZUA 1.0 Drive system 36V 250W / Middle motor FAZUA 1.0 Drive system 36V 250W
1回の充電での走行可能距離 60km/120km
価格(2018年12月29日現在) 5,449ユーロ

最新!海外製電動アシストロードバイク:4

R8335 E-SCUD

出典: https://www.montanabike.com

R8335 E-SCUDは、イタリアの自転車メーカーモンタナの2019年最新モデルです。カーボンフレームに身を包み車体重量もクラス最強の12.3kg。小型でパワフルなアシストドライブユニットであるEbikemotion X35は、ロードバイクのスタイリッシュなデザインを崩すことなく、かっこいい見た目のe-bikeです。このスペックでこの価格はコスパも最強なのですが、日本ではまだ未発売のようです。販売が実現したらおすすめの1台になることは間違いありません。
 

比較ポイント

ブランド/メーカー Montana
バッテリー容量 Ebikemotion X35 248Wh
モーター/アシストユニット Ebikemotion X35
価格(2018年12月29日現在) 3,074ユーロ

最新!海外製電動アシストロードバイク:5

Corratec E-Allroad Expert

出典: https://www.corratec.com

ドイツの自転車メーカーであるコラテックからは、オンロードでもオフロードでも走れるオールラウンドな最強の電動アシストロードバイクをラインナップしています。車体重量もわずか14.5kg。フレーム部分にバッテリーを内蔵させることにより見た目もスタイリッシュに仕上がっています。小型でパワフルなファズアのアシストユニットもペダル部分にうまく収納され目立ちません。スペックの割りにコスパも良く、あらゆる道を走りたいといった方におすすめの1台ですが、残念ながら日本での販売はされていないようです。
 

比較ポイント

ブランド/メーカー Corratec
バッテリー容量 Fazua evation 1.0 250 wh
モーター/アシストユニット Fazua evation 1.0
価格(2018年12月29日現在) 3,799ユーロ

ロード以外も!日本製電動アシストクロスバイク:1

CRUISE

出典: https://item.rakuten.co.jp

スポーツタイプの電動アシスト自転車で最も種類が多く競合しているのがクロスバイクになります。ここからはロードバイクだけでなく様々なタイプのおすすめ電動アシスト自転車を紹介します。日本の自転車メーカーであるミヤタ自転車のクルーズは、ユニットに最強のシマノSTEPSを装備した、コスパにも優れたおすすめの電動アシスト自転車です。
 

比較ポイント

ブランド/メーカー MIYATA
バッテリー容量 Shimano STEPS BT-E6010 36V/11.6Ah
モーター/アシストユニット Shimano STEPS DU-E8080 250W
1回の充電での走行可能距離 78km/115km
価格(2018年12月29日現在) 269,000円

ロード以外も!日本製電動アシストクロスバイク:2

ジェッター

az926621dmvさんの投稿
29093542 179759189317789 7837022482799263744 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

パナソニックの電動アシスト自転車ジェッターは、お求めやすい価格で人気のコスパ最強クロスバイクです。やや太めのタイヤを履いているため乗り心地も快適。走行距離も普段遣いや休日のポタリングでも使えるほど。これからスポーツタイプの電動アシスト自転車を購入しようと言う方にもおすすめの1台です。
 

比較ポイント

ブランド/メーカー Panasonic
バッテリー容量 NKY580B02 25.2V-16Ah(28cells)
モーター/アシストユニット 直流ブラシレスモーター
1回の充電での走行可能距離 58km/85km
価格(2018年12月29日現在) 162,000円

ロード以外も!日本製電動アシストクロスバイク:3

ダボスE-600

出典: http://www.fukaya-nagoya.co.jp

アルミフレームやカーボンフレームの電動アシストスポーツバイクが多い中、クロモリフレームのスポーツタイプの電動アシスト自転車、ダボスはツーリング自転車を制作する日本の自転車メーカー、フカヤが制作しています。ランドナーをイメージした電動アシスト自転車で、1度の充電で走行できる距離も約130km。最強のシマノSTEPSを搭載しパワフルな走行も可能です。
 

比較ポイント

ブランド/メーカー Fk FUKAYA
バッテリー容量 シマノ STePS BT-E8010
モーター/アシストユニット シマノ STePS DU-E8080
1回の充電での走行可能距離 95km/140km
価格(2018年12月29日現在) 464,400円

ロード以外も!海外製電動アシストクロスバイク:1

San Rafael DS-E

出典: https://www.marinbikes.com

マリンの2018年最新モデルの電動アシスト自転車。おしゃれでクラシカルなスポーツタイプの電動アシスト自転車で普段遣いや、ちょっとしたサイクリングにぴったりです。アシストユニットはシマノのE6000ドライブシステムを搭載。長距離走行も可能なおすすめの電動アシスト自転車ですが、日本での販売はまだ未定のようです。
 

比較ポイント

ブランド/メーカー MARIN
バッテリー容量 Shimano Steps, 36V, 418 Wh
モーター/アシストユニット SHIMANO E6000 DRIVE SYSTEM
1回の充電での走行可能距離 125km
価格(2018年12月29日現在) 3,199ドル

ロード以外も!海外製電動アシストクロスバイク:2

Dual Sport+

出典: https://www.trekbikes.com

トレックの2019年最新モデルのDual Sport+は、街乗りからちょっとしたトレイルなど、様々なシチュエーションが楽しめる電動アシスト自転車です。マウンテンバイクよりのクロスバイクといった趣で、デザインもかっこいいトレック最強の電動アシスト自転車です。コスパも良好で、アシストシステムはBOSCHのアクティブライン+を装備し、パワフルな操作が楽しめるおすすめの1台に仕上がっています。
 

比較ポイント

ブランド/メーカー TREK
バッテリー容量 PowerTube 500
モーター/アシストユニット BOSCH Active Line Plus
1回の充電での走行可能距離 80km/165km
価格(2018年12月29日現在) 352,000円

最後に

fazua_officialさんの投稿
26185013 1524017574302036 5544506082795192320 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

いかがでしたでしょうか。ロードタイプの電動アシスト自転車はまだまだラインナップ数としては少なく、日本と海外ではアシストの規格が若干異なるため、海外では販売されていても日本では未販売と言うものが多数あります。しかしながら電動アシスト自転車も、市民権を得て認知する人が多くなっているため、いずれは規格が揃い日本製、海外製問わずどこでも使えるようになるでしょう。自転車で風を切る喜びを感じることが簡単にできる電動アシスト自転車で、今日はちょっとツーリングと言う楽しみ方がもっと一般的になるといいですね。
 

boschebikesystemsさんの投稿
40288759 472756589794616 1308874037902363025 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

電動アシスト自転車が気になる方はコチラもチェック

電動アシスト自転車はロードバイクタイプやマウンテンバイクタイプ、クロスバイクタイプなどのスポーツバイクだけでなく、シティーバイクや小径車などたくさんの種類があります。ぜひコチラの記事もチェックしてくださいね。

Thumb【2018】折りたたみ式電動アシスト自転車ランキング12!人気メーカーから厳選! | 暮らし~の[クラシーノ]
人気メーカーから厳選して折りたたみ式電動アシスト自転車をランキング形式でご紹介します。コンパ...
Thumb電動アシスト付き自転車おすすめランキング12選!評判の人気モデルから厳選紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
現在は子供のいる女性とか坂の多い地区に住む方の間では電動アシスト付き自転車が注目されており、...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ