Twitter
Facebook
LINE

石岡市つくばねオートキャンプ場ってどんな所?レビューや口コミをご紹介!

揚げ餅

石岡市つくばねオートキャンプ場ってどんな所?レビューや口コミをご紹介!

揚げ餅

茨城県にある石岡市つくばねオートキャンプ場は都心からすぐに行ける自然豊かなキャンプ場として人気です。石岡市つくばねオートキャンプ場にあるケビン、オートサイト、フリーサイトや設備の特徴とともに魅力や口コミなどを合わせて紹介ます。



石岡市つくばねオートキャンプ場とは

筑波山に近い自然豊かなキャンプ場

茨城県の西部にある筑波山の麓、標高約300メートルにあるやや標高の高いキャンプ場です。筑波山は冬は雪が積もることもありますが標高自体は日本百名山としては1000メートル以下の低い山になるため他の名山にあるキャンプ場と比べるとアクセスも比較的簡単です。サイトの種類や設備は後ほど紹介しますが、オートキャンプ場以外にもどこにでも好きな場所でテントを設営することができるフリーサイトもあります。

周囲の観光施設も充実

石岡市つくばねオートキャンプ場は石岡市の公営キャンプ場で周りの施設も充実しています。例えば石岡市つくばねオートキャンプ場から来るまで5分で行ける温泉、観光果汁園、茨城県フラワーパークなどもありファミリー層に人気です。

走りやすい道路状況

出典: http://www.tsukubane-camp.com/modules/contents/index.php?id=5

石岡市つくばねオートキャンプ場は前述したように筑波山にあるキャンプ場ですが、狭い道を登っていくのではなく片側一車線の走りやすい道路で登っていくだけです。山道によくある狭い一車線や曲がりくねった道も無いのでオートキャンプが初めての方や車の運転にあまり自信が無い方でもアクセスしやすくなっています。また石岡市つくばねオートキャンプ場前の細い道に曲がる所でも案内表示があるので非常に分かりやすいです。

石岡市つくばねオートキャンプ場の基本情報



口コミサイトでも人気のキャンプ場

名前 石岡市つくばねオートキャンプ場
住所 茨城県石岡市小幡2132-14
電話 0299-42-2922
営業日 通年営業、冬季定休日あり(12~3月、水曜日が定休日)
予約方法 電話、予約フォーム(メール)での予約が可能です。
詳しくは後述します。
アクセス 都心からもアクセスしやすく車で簡単に行けます。
詳しくは後述します。
レンタル品 テントやタープなど充実しています。
備考 この記事の情報は2018年12月19日のものです。

公式のHP

石岡市つくばねオートキャンプ場
石岡市つくばねオートキャンプ場の公式HP


石岡市つくばねオートキャンプ場のアクセス

高速道路で簡単アクセス

前述したように石岡市つくばねオートキャンプ場までの道は走りやすく、キャンプ場自体も各高速道路と距離が近いので一般道へ下りてから約30分程度、都心からでも高速道路を使えば一時間でいくことができるアクセスが非常にいいキャンプ場です。車以外でも常磐線石岡駅からバスやタクシーを使うことで簡単にアクセスできるキャンプ場です。通行止めの情報や各ICからのアクセス方法は公式のHPをご確認ください。

東京からの詳しいアクセス方法

高速道路を使い場合は常磐自動車道を土浦北ICの場合は新治、つくば方面出口でおよそ1時間30分前後で行く事ができます。土浦北ICから一般道へ下りてから県道199号線を北上し138号線に入りそのまま北上し県道150号線へ左折して進み小幡郵便局を通過し再び県道150号に入り道なりに進むと案内表示があります。

石岡市つくばねオートキャンプ場の設備紹介

設備の整ったケビン(キャビン)

出典: http://www.tsukubane-camp.com/modules/contents1/index.php?id=2

キャンプ以外の宿泊施設としてはお風呂やトイレ、こたつなどの設備が充実したケビンが4棟あります。ケビンは石岡市つくばねオートキャンプ場の一番奥にあるためフリーサイトや区画サイトから離れていて木が茂っている少し高い場所にありテラスからあたりを一望できるのが売りです。充実した設備があるのでアウトドアで一泊するのが初めての方でも安心です。利用料は一泊15750円~になります。(2018/12/20現在)

バーベキュー棟

日帰りでバーベキューも楽しめるバーベキュー専用の設備で利用料は3時間で1050円です。(2018/12/20現在)

野外施設(広場)

石岡市つくばねオートキャンプ場には広大な林間広場があります。特に大きな設備はない単なる広場ですが、思いっきり走ったり、遊んだり、星空を眺める時に便利な場所です。広場の設備として少ないですが木製の遊具もありダンボールを使うそりも人気です。利用料は4時間1050円となります。(2018/12/20現在)

イベント

つくばねオートキャンプ場にはイベントとして音楽フェスや常にキーホルダーつくり、万華鏡作り、ミニティピーライトつくりなどの体験教室が毎週土曜日の週末に開催されています。参加費などはかかりますが価格が安いのが特徴です。木工教室などだけではなく料理教室も人気です。各種別途料金が必要になるので注意しましょう。

管理棟

出典: http://www.tsukubane-camp.com/modules/contents1/index.php?id=8

管理棟の設備として売店、コインシャワーもあります。シャワーは夏におすすめですが数もなくお風呂にゆっくり浸かりたいという場合は石岡市つくばねオートキャンプ場から徒歩数分で行ける「国民宿舎つくばね」か車で5分の「やさと温泉ゆりの郷」がおすすめです。各施設の設備や利用料につきましてはHPをご確認ください。

国民宿舎つくばね – 石岡市国民宿舎つくばね
石岡市国民宿舎つくばね
やさと温泉 ゆりの郷 | 茨城県石岡市筑波山を望む露天風呂
茨城県石岡市の温泉『ゆりの郷』。筑波山を望む絶景の露天風呂で至福のひとときを。地元農家から届く新鮮な農畜産物のお買物や食事もお楽しみ頂けます。

石岡市つくばねオートキャンプ場のサイト紹介

サイト数が少ないので予約しよう

つくばねオートキャンプ場にはフリーサイトと区画のオートサイトがありますがどちらのサイトも広さはあまりなく一般的なキャンプ場と比べると少なめになるので必ず予約しましょう。予約方法は電話、公式のHPの予約フォームからできます。予約フォーム送信後キャンプ場側から折返しの連絡を受けた時点で予約成立になるの注意しましょう。トイレは便座が自動で開閉する最新式でお湯が使える設備もサイトの魅力です。

オートキャンプサイトの紹介

出典: http://www.tsukubane-camp.com/modules/contents1/index.php?id=3

車で乗り上げることができるオートキャンプサイトは全20区画です。地面の環境は主に芝生となっていますが、土の所もおおいとの口コミも多数あります。オートサイトは管理棟などからは少し離れていますが、炊事棟とトイレは同じエリア内にありオートキャンプサイトの全て電源付きで冬キャンプにも対応できるので冬キャンプが好きな方におすすめです。区画の広さは基本的には10×10メートルで大きなテントでも設営することができます。

フリーサイトの紹介

出典: http://www.tsukubane-camp.com/modules/contents1/index.php?id=4

フリーサイトは車で乗り入れができないテントサイトです。特徴としては管理棟に一番近いのですがデイキャンプでも使う場所で、最大10区画となっているのでオートキャンプサイトよりも予約が必要になります。地面の環境はフリーサイトのため自由に選ぶことができる芝生か土です。土の上にテントを設営する時にグランドシートがないとかなり汚れるので注意しましょう。

テントサイトの利用料

ペットの同伴に付いては事前に相談が必要になります。日帰りでの利用は1人50円加算されます。
(2018/12/20現在)

フリーサイト(デイキャンプ)一泊 2100円
区画オートサイト一泊 5250円

石岡市つくばねオートキャンプ場の魅力と口コミ1

アクセスがしやすく環境(自然)がいい

都心からでもアクセスがしやすく標高は高すぎず低すぎない300メートルで筑波山の麓に位置するので自然が豊かです。道は通りやすいですが光源や騒音になるような大きな道でもないので、最高の環境で広場から星空を眺める事ができます。また夏には広場で昆虫採集もできますし、売店ではおもちゃなども売っているので、思いついたらすぐに家族と来れるキャンプ場です。広場とフリーサイトは違うのでテントを気にせず思いっきり遊べます。

つくばねオートキャンプ場の自然に対する口コミ

簡単に行くことができるのと、筑波山の自然に対する口コミがたくさんあります。設備も整っているのでテントで泊まるのが初めての方や初心者でも安心して過ごせるキャンプ場です。

筑波山の麓にあり自然環境はまあまあ良いと思いました。 区画サイトに泊まりましたが高台のフリーサイトなら更に景観は良いと思います。 ナビの指示通りでインターを降りてからも迷わず到着できました。

思ったより、広くて、自然と触れ合え、楽しい時間を過ごすことができました。 キャンプは初めてだったのでいい思い出になりました。

石岡市つくばねオートキャンプ場の魅力と口コミ2

イベント内容が豊富

設備について紹介したときにも触れましたがつくばねオートキャンプ場は季節問わずさまざまなイベントを開いています。紹介したイベント以外では船の温度計つくり、ホチキス紙飛行機つくりなどがあり料理教室にはキャンプ場でよくあるピザだけではなく手作りジャム教室やキーマーカレーとナンの教室があります。料理教室だけは予約する必要があるのでキャンプをする3日前までに必ず予約しましょう。詳しくは公式のHPをご確認ください。

つくばねオートキャンプ場のイベントに対する口コミ

各種イベントは大好評で管理人に対する評判もよく人気です。重ね重ね注意になりますが木工教室と比べると料理教室だけは事前に必ず予約が必要になるのでその点だけ注意しましょう。

設備は清潔でした。ナン、ピザ体験をしました。子供たちにもスタッフの方が丁寧に教えてくれておいしくできました。

料理教室から工作教室、ダイエット講師までこなすマルチ人間で、子どもから大人までファンがたくさんいます。 何も持たないで手ぶらで行ってもバーベキューが楽しめるコースもあり、めんどくさがりやさんにも人気です。

石岡市つくばねオートキャンプ場の魅力と口コミ3

設備とサービス

出典: http://www.tsukubane-camp.com/modules/contents1/index.php?id=5

一般的なキャンプと比べると設備が良いため利用料が安く感じれます。まずつくばねオートキャンプ場内の設備として口コミでも評判なのがお湯が使える点、トイレが清潔で最新式ということです。お湯が使えることで汚れを落としやすくなりますし、寒い季節はかなり助かります。便座が暖かい最新式のトイレは女性に嬉しいポイントで各種設備も人気です。

人気のサービス

管理棟で国民宿舎つくばねの割引券を貰える所も口コミで話題になっていてコインシャワーを使わない季節にありがたいサービスです。また自分で分別しなければなりませんが、ゴミを捨てれるようになっているのも魅力的です。

つくばねオートキャンプ場の設備などに関する口コミ

前述したようにお湯が使えることが特に好評ですがそれ以外にも炊事場の細やかなところまで行き届いたサービスがファミリー層に支持されているキャンプ場です。炊事場だけではなく前述したようにトイレも好評です。

炊事場の水道からはお湯が出て、助かりました。スポンジや洗剤、ハンドソープなども備え付けてありました。小さい子どもがいる身としては、特にハンドソープが嬉しかったです。泥汚れを落とすための水道が炊事場の外に設けられていたのも良かったです。

炊事場もちゃんとしているし、写真の通り、ロケーションも良い。 でも何よりすごいと思ったのは、トイレが温便座付きウォシュレットだったこと。

石岡市つくばねオートキャンプ場の注意点

石岡市つくばねオートキャンプ場の注意点

遊んだり観光できる施設は周囲にたくさんありますが自然豊かな場所にあるキャンプ場なのでスーパーなどは近くないため忘れ物に気をつけましょう。管理棟にある売店でもある程度の品物はありますがキャンプ場の売店ですので品揃えはスーパーに敵いません。ただしバーベキューの食材に関しては3日前までに予約することでクラーボックスや下準備しなくても気軽にバーベキューができるようになっています。

キャンプ場に近いスーパー

出典: http://www.eco-s.co.jp/ecos.html

車で20分程度で買い物に行けるキャンプ場から近いスーパーは下記の店舗になります。またスーパーではありませんが車で5分で行ける温泉施設にも物産館があります。

エコス明野店 茨城県筑西市海老ヶ島748
ヨークベニマル八郷店 茨城県石岡市下林282
スーパーではないが買い物ができる最寄りのお店
ゆりの郷物産館(温泉施設の土産物売り場) 茨城県石岡市小幡1416

テントサイトのチェックイン時間が遅い

もう一つ気をつけないといけないのがテントサイトのチェックイン時間です。チェックイン時間は14時、チェックインアウトは10時と遅めです。そのため早く着いてもキャンプできず滞在時間が短めとなっています。ただし早めにチェックインしたい場合は別料金で可能です。

アーリーインは午前10から可能です(事前TEL要)。 追加料金は1時間につき420円、レイトアウトも同様。

山を降りて、コンビニ、スーパーまで五キロほどになります。事前購入が、いいかと思われます。

石岡市つくばねオートキャンプ場のまとめ

茨城県の初心者にもおすすめの人気キャンプ場

出典: http://www.tsukubane-camp.com/modules/contents1/index.php?id=4

石岡市つくばねオートキャンプ場には魅力がたくさんあります。まとめると「都心から近く自然が豊かで家族連れで安心できる高規格の小さなキャンプ場」です。広場は約1万平方メートルと広々していますが2つのテントサイトを合わせて30張りまでとなりフリーサイトはデイキャンプと共通のサイトになるため予約は大切です。冬キャンプも可能なので冬のキャンプ場選びの参考にしてくださいね。

茨城県周辺のキャンプ場が気になる方はこちらもチェック!

暮らし~のにはキャンプ場に関する記事がたくさんあります。よかったらチェックしてみてくださいね。

SNS SHARE

Twitter
Facebook
LINE

Movie動画記事

【花数字の刺繍】おしゃれな「数字の1」の刺し方を解説します✨

今回は「数字の1の刺繍」についてご紹介します。少しでもいいなと思って頂けましたら、是非チャンネル登録をお願いします! 数字をかわいくお花のデザインで仕上げます。 ここでは1についてご紹介しています。...

【ショアジギング】根がかりのはずし方完全攻略!

★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK57JSkYSvMVUpxHyrD2nswN ★チャンネル登録よ...

【ショアジギング】初心者でも安心!ボトムの取り方!

★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK57JSkYSvMVUpxHyrD2nswN ★チャンネル登録よ...

親子で手作り・ハンドメイドしたい方へおすすめ!オーガンジーリボンのヘアゴムの作り方✨【ゆめかわポニー】

今回は親子で手作り・ハンドメイドしたい方へおすすめの内容です!100均セリアで購入した材料を使って「オーガンジーリボンのヘアゴムの作り方」をご紹介しました!お子様がお好きな、ゆめかわなポニーとなってい...

【Halloween🎃】セリアのガラスドームで作るハーバリウム風ピアスの作り方✨

今回は100均セリアで購入した材料を使って「セリアのガラスドームで作るハーバリウム風ピアスの作り方」をご紹介しました!ハロウィンデザインでゆめかわな雰囲気にしています♪ 用意するものは下記です。 ...