冬釣り&バイクにイージスオーシャン!ワークマン防水防寒スーツをご紹介!のイメージ

冬釣り&バイクにイージスオーシャン!ワークマン防水防寒スーツをご紹介!

現場作業や工場作業のための作業服を供給していた「ワークマン」が防水防寒ウェア「イージスオーシャン」シリーズを発売すると、釣り人やバイク乗りがこぞって購入しました。今回は現在売り切れ続出中のワークマン「イージスオーシャン」の防水防寒スーツの魅力を紹介いたします。

2020年06月08日更新

kuma10
kuma10
神奈川県の三浦市で漁師の家に産まれ、その後生鮮魚介類問屋として魚に関わる仕事を続けてきたおかげで魚に関しては誰にも負けない知識があります。アウトドア好きが高じて離島に移住して20数年。釣りとカヌーとバイクが好きな不良オヤジです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 大躍進のワークマン!
  2. イージス?オーシャン?
  3. イージスオーシャン2017年版
  4. イージスオーシャン2018年版
  5. イージスオーシャンの長所
  6. イージスオーシャンの短所
  7. イージスオーシャン以外のイージス
  8. イージスオーシャンは釣り人御用達!
  9. バイク乗りに大人気のイージスオーシャン
  10. イージスオーシャンのメンテナンス
  11. コスパ最高のイージスオーシャン!

大躍進のワークマン!

群馬県の伊勢崎市を拠点に全国に約800店舗もの小売店を展開している「ワークマン」は、カインズなどと同じ「ベイシアグループ」の一員です。作業服やその関連用品全般のチェーンストアですが、最近ではそのノウハウを活かしアウトドア関連の製品も世に送り出しています。そしてそれが大当たり。特に冬季の釣りやバイクツーリング用の防水防寒スーツは売り切れ続出するヒット商品になりました。購入の参考になればと思います。

イージス?オーシャン?

イージスとは

ワークマン快進撃の火付け役が防水防寒着「イージス」シリーズの発売でした。2015年あたりからバイク乗りが冬場の防寒着として「ワークマンいいぞ」とワークマン製防寒着を買いあさりはじめ、2016年(2017年版)には売り切れ店が続出する事態が起こりました。防寒性能、防水性能の高さに加え、現場仕事に耐える耐久性の高さと動き易さ、そして何より安さが引き金になりました。

イージスのことがもっと気になる方はこちらもチェック!

ワークマンのイージスについて詳しい記事が「暮らし~の」内にありますので併載しておきますね。興味のある方はこちらもチェック!

Thumbバイクの最強防寒ウェアはワークマン「イージス」?!新作含めて魅力を解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
バイクが好きだと冬でもバイクに乗りたくなるものです。しかし防寒対策をしていないと寒さに負けて...

イージスオーシャンとは

何種類もあるイージスシリーズの中で「釣り」に特化したモデルだと言われているのが「イージスオーシャン」です。防水能力の高さを示す数値(耐水圧)が静止状態で10000mmH2O、動いている状態で5000mmH2Oと、いわゆる「カッパ」と同等の能力を持ち、ストレッチ素材のため動きやすく細身のシルエットのためロッドを振るのにも違和感がありません。

イージスオーシャン使用感

H-100B イージスオーシャン防水防寒スーツ上下組 | 2018年モデル

イージスオーシャン2018年版

楽天で詳細を見る

いわゆる「防寒スーツ」となると中綿の量の多さと空気を含む素材のためムクムクしてしまうものが多く、常にどこかを可動させている場合とても使いにくいものです。その点イージスオーシャンは肩や背中まわりなど約130%伸縮し、ロッドアクションの邪魔にもなりません。またフィット感のあるシルエットですからロッドの「尻手」が引っかかったりバイクや自転車の運転にも支障がありません。

イージスオーシャン2017年版

細身のシルエット

2016年後半に売り出された2017年モデルが「イージスオーシャン」の代表作になります。サイズはM・L・LL・3L・5Lの5サイズで、おすすめは通常使用サイズより1サイズ上のものになります。いろいろな方の口コミやブログなどで「これ1枚で大丈夫」みたいなことが書かれていることがありますが、厳冬での自転車やバイクのツーリングなどではやはり厚手のインナーが必要です。細身のサイズだけに、1サイズ大きい物がおすすめです。

イージスオーシャンのことがもっと気になる方はこちらもチェック!

2017年版のイージスオーシャンの記事が「暮らし~の」にあります。こちらも興味のある方はこちらもチェック!

Thumbイージスオーシャンの魅力!冬釣りにおすすめ防水防寒スーツ【ワークマン】 | 暮らし~の[クラシーノ]
作業服の販売先としても知られているワークマンからイージスオーシャンという新たな商品が発売され...

イージスオーシャン2018年版

ちょっとスタイリッシュになりました

2018年バージョンも基本性能は2017年版とほとんど変更はありません。相変わらずジャケット部は赤と黒の2色ですし、パンツの色も(これは追加カラーがあると思いましたが)黒一色のままです。「内ポケット」が追加されるなど細かい変更点は幾つかありますが、2017年版との大きな変更点は反射テープの様相くらいでしょうか。大人気にもかかわらずお値段も据え置きなのがありがたいですね。

イージスオーシャンの長所

防水機能

イージスオーシャンの長所をあげたらキリがありませんが、幾つかご紹介しておきます。まずはその「防水性能」からです。耐水圧を数字で表す時にmmH2Oという単位を使いますが、ちなみに「傘」が約250mmH2Oといわれています。イージスオーシャンはその20倍、5000mmH2Oの耐水圧を持ちますから防水機能は合格と言えるでしょう。

防寒機能

ではイージスオーシャンの防寒機能はどうでしょう。防水処理がされている表面に中綿のおかげでかなり暖かくはできていますが、イージスオーシャンの良さはそれだけではありません。自転車やバイクなどに乗った時冷気が入って来るのは「ソデぐり」です。そのソデぐりに「リストガード」が採用されているため冷気が入りにくくなっています。しかもフードの耳当て部分にはフリース素材が使用されており、暖かさには定評があります。

動き易さ

イージスオーシャンはストレッチ素材をたっぷりと使い、同社のイージスシリーズの中でも抜群の動き易さを持っています。ジャケットの胸から上、肩、上腕部などのストレッチ部は伸縮率130%となっていますが、伸びきった状態でも5000mmH2Oの防水性能があるのがすごいですね。また見落としがちですが、パンツのひざ部分が立体裁断(3D)になっているのも動き易さの秘密ですね。

圧倒的お値段

イージスシリーズには自転車やバイク乗りに特化したタイプのスーツや、雪山登山などに特化したスーツなどさまざまなタイプのスーツがあります。しかしイージスオーシャンをおすすめする一番の理由が「お値段の安さ」です。2017年モデルも2018年モデルもお値段はスーツ上下で定価6800円で固定されています。自転車やバイクのツーリングスーツをまともに購入するとこの10倍くらいしますものね。

イージスオーシャンの短所

リストガードのサイズ

ほとんどマイナスポイントの無いイージスオーシャンですが、幾つか短所をあげておきたいと思います。まず前項で長所としてご紹介させていただいた「リストガード」ですが、ちょっと親指を抜く穴が小さい。手の大きさは人それぞれですが、大きめ・厚めの手をお持ちの方にはちょっときついです。

パンツにポケットが無い

防水性能の低下や余計な引っかかりを排除するためだろうとは推察されますが、パンツにポケットがありません。大したことではないとは思いますが、あれば便利なのになあと思います。

ジップがむき出し

これに関してはもともとのターゲットが「釣り人」であるため指摘されてもワークマンさんもどうしようもないでしょうが、防水ジッパーのため「前立て」がありません。バイクに乗るとタンクにジッパーの金属部分がカチカチと当たります。タンク傷を気にする方はタンクの方に透明テープなどを貼って養生しましょう。

イージスオーシャン以外のイージス

イージスシールドスーツ(限定のため画像無し)

イージスシリーズで一番高価なのがイージス「シールド透湿防水防寒スーツ(上下セット)」です。これはもともと北日本限定で出されていた商品で、厳冬の防寒着として開発されました。とにかく暖かい。防水性能も耐水圧が10000mmH2Oと充分であるうえ中の湿気を逃がす「透湿」処理がされています。自転車やバイク、釣りなどのアクティブな動きには向きません。

イージスPRO

30641 イージスPRO防水防寒コート (限定生産)| 2018年モデル | コート 防水 防寒 レインコート ワークマン メンズ 作業着 レインウェア 作業服 イージス 上着 バイク 登山 ジャンパー 釣り カッパ 上 ウェア 仕事着 ワークウェアユニフォーム メンズ作業着 防寒ジャンパー

コートのみ。パンツは別売り。

楽天で詳細を見る

こちらは防水性能抜群のコートタイプのものです。上下で揃えるとなるとイージスシリーズ最高値になってしまいますが、セットでは無いので単品買いができます。逆にパンツのみの買い替えができてコスパ的には良いかも知れません。サイズは通常のものより1サイズ大きめに作られているので、インナーによっては1サイズ下のものを購入した方が良いかも知れません。冬の自転車やバイクに最適です。

RIDEONイージス

30620 RIDE ONイージス防寒ブルゾン 【お取寄せ商品】|防寒ウエア ワークマン メンズ 防寒ジャケット 防寒ジャンバー 防寒着 防寒服 秋冬 バイク ライダージャケット イージス アウター 作業着 作業服 ワークウェア 防寒 登山 釣り バイク 冬 メンズ作業着

ブルゾンのみ。パンツは別売り。

楽天で詳細を見る

「RIDEONイージス」の名の通り自転車やバイクでの使用に限定しようとするとちょっとがっかりします。ジップの金属部分がむき出しなのと、そのジップが防水タイプではないことがその理由です。ただしタイプが「防寒ブルゾン」となっていますので、その意味では自転車や「スクーター」などでのちょい乗り用にはベストです。ストレッチ素材で動きも楽です。

イージスつなぎ

30640 イージス防水防寒ツナギ服 | 2018年モデル | つなぎ ツナギ つなぎ服 ツナギ服 防寒 ワークマン メンズ 作業着 作業服 防水 大きいサイズ イージス ワークマン作業服 作業着ワークマン 仕事着 バイク 防寒着 冬 暖かい 防寒つなぎ 防寒服 防水防寒着 作業つなぎ 釣り

完全防水なのに蒸れない。

楽天で詳細を見る

冬場に自転車やバイクに乗ることだけに特化するのであればイージスシリーズの中では「イージス防寒つなぎ」が一番おすすめです。ゆったりとしたつくりで自転車やバイクでのライディングを邪魔しません。しかも耐水圧が10000mmH2Oと驚異的な防水能力を持っていますから、ロングのツーリングなどにも耐えられます。不満はジッパーが上からしか開かないことです。冬場はトイレが近いので。

イージス透湿スーツ

イージスシリーズの旗艦とも言うべき防水防寒スーツが「イージス透湿防水防寒スーツ」です。2015年の発売以来お値段据え置きのままどんどん改良も加えられています。実は発売当時はアウトドアメーカー「LOGOS」に製造委託していました。品質が高いのは当然ですよね。透湿性能も高いので、冬の内部蒸れも抑えられています。

イージスオーシャンは釣り人御用達!

基本はすべて押さえている

冬の釣りでファッションに求められるものは何でしょうか。それは「暖かさ」と「動き易さ」です。イージスオーシャンが釣り人に愛されている理由はその押さえておくべき基本性能がきちんと押さえられているからです。それに加えてスタイリッシュで安価なのですから言うこと無しですね。

バイク乗りに大人気のイージスオーシャン

コスパ最高!

自転車やバイクに乗るライダーが冬のツーリングファッションに求めるものは何でしょう。当然「暖かさ」と「動き易さ」ですね。2017年版から改良されたイージスオーシャンは左右の内胸ポケットを加え、使い捨てカイロ入れとして使えば冬季のツーリングなどで最強のパフォーマンスが得られます。それに加えライダースのシルエットもあり、安価なのですから言うこと無しですね。

イージスオーシャンのメンテナンス

釣りは汚れます

出典: https://www.photo-ac.com

中綿の入っている防水防寒着のメンテナンスは結構面倒です。洗濯器を使ってしまうと中綿が寄ってしまうことがあります。また防水加工の能力が落ちてしまうこともあります。しかしイージスオーシャンのように「釣り」に特化した防水防寒スーツは汚れる頻度も高く、当然洗濯の頻度も上がります。魚の血液やウロコなどすぐに落としたいですものね。

メンテ(推奨)

ワークマンの推奨としてはやはり「No洗濯機」です。基本手洗いをしましょう。手順は①釣りなどで汚れた表のひどい汚れを流水で優しく流す。②生地を裏返します。③ぬるま湯で中性洗剤を使い優しくもみ洗い。④陰干しします。⑤表生地に撥水スプレーをまんべんなく吹き付ける。ざっとこんな感じです。パンツも同じ扱いで洗いましょう。

コスパ最高のイージスオーシャン!

イージスシリーズの中でも2017年に登場した「イージスオーシャン」は釣り用防寒スーツの傑作です。そのスタイルの良さと性能の高さはバイク乗りの目に留まりました。お手頃なお値段のため1シーズンで着つぶすつもりで購入しても何シーズンも持つ強度も持ち合わせています。この冬はぜひコスパ最高のイージスオーシャンを手に入れましょう!

イージスオーシャンのことがもっと気になる方はこちらもチェック!

「暮らし~の」のサイトの中に「イージスオーシャン」の記事をもう一つ見付けましたので併載しておきますね。興味のある方はこちらもチェック!

Thumbワークマン「イージスオーシャン」をおすすめしたい3つの魅力!サイズ感は? | 暮らし~の[クラシーノ]
作業着を販売していることでお馴染みのワークマンは、釣りで使える防水防寒スーツのイージスオーシ...
関連するまとめ

おすすめの記事