スノーボード板の長さ目安は?身長に合わせた適正サイズの選び方を解説!のイメージ

スノーボード板の長さ目安は?身長に合わせた適正サイズの選び方を解説!

スノーボードをやる人なら一度は悩む板の長さ。自分の身長に合わせた場合の適正サイズと言われるのは色々ありますが、それが自分に本当に合っているサイズなのか滑ってもわかりません。今回は様々な滑り方に対してスノーボードの適切な板の長さの見つけかたを解説します!

2019年06月24日更新

ホランド
ホランド
春夏秋はサバイバルゲームやソロキャンプ、冬はスノーボードで人生を楽しみたい!DIYなども楽しんでいます!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. スノーボードの板の長さ
  2. スノーボードの板の長さの悩み
  3. 身長に合わせた板の適正サイズの選び方
  4. スノーボードの板の種類による長さの違い
  5. スノーボードの板の幅
  6. 板の長さの違いによるメリット・デメリット
  7. スノーボードの板が長い場合のメリット
  8. スノーボードの板が長い場合のデメリット
  9. スノーボードの板が短い場合のメリット
  10. スノーボードの板が短い場合のデメリット
  11. 遊び方によるスノーボードの板の長さの選び方
  12. フリーライディングで遊ぶ人の板の長さの選び方
  13. ジブで遊ぶ人の板の長さの選び方
  14. グラトリで遊ぶ人の板の長さの選び方
  15. キッカーで遊ぶ人の板の長さの選び方
  16. ハーフパイプで遊ぶ人の板の長さの選び方
  17. パウダーランで遊ぶ人の板の長さの選び方
  18. スノーボード板の長さ目安は?まとめ

スノーボードの板の長さ

誰もが一度は悩む板の長さ

spotbus_ruさんの投稿
44307571 196201304589272 6699616449365682904 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

スノーボードを買おうと思ったとき必ず悩む板の長さは初心者はもちろん経験者でも購入を考えるたびに悩みます。今回は誰しもが悩むスノーボードの板の長さについて色々な側面から自分に合った適切なサイズの見つけかたを解説します。

スノーボードの板の長さの悩み

板が本当に自分に合っているのか?

kyh8462さんの投稿
44672743 478992659277647 6552290211024384777 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

スノーボードを買った後、必ず「この板の長さは自分に本当に合っているのか?」と悩みます。また適正サイズと言われる板を購入したのになんか「滑りづらいな」と感じる場合は多々あります。後者は特に初心者に多い悩みです。

使っている板が遊び方に向いているのか?

stonesnowboardsさんの投稿
44749877 2409718395737461 1149658878359124076 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

スノーボードには様々な種類の遊び方があり、人によってその遊び方が変わるので適切な板のサイズというのも変わります。例を挙げると「グラトリで遊ぶ場合、板の長さは適正サイズの目安より短めのほうがやりやすい」などです。

身長に合わせた板の適正サイズの選び方

板の目安は伸長-15cmと言われている

bsrabbitさんの投稿
43425319 511172919385899 4441629317016970867 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

スノーボードの板の長さの目安は自身の身長-15cmと言われています。どのような理由でこの目安ができたかは不明ですが、一説によればスノーボードの先人達が数多のテストを重ねた結果導き出された目安だと言われています。まだ滑り方が分かっていない初心者などはこの適正サイズの板を購入するのをおすすめします。

板の適正サイズの簡単な目安

cherrygustafsonさんの投稿
44186646 1575841115895378 7184573050407536942 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

板の適正サイズの簡単な目安は「直立した自身の前に板のバインディング側を向けて立て、下唇のすぐした辺りに板の端が付く」のが適正サイズと言われています。もちろん人により顔や頭のサイズは変わるのであくまで目安です。初心者はこの方法は使わないほうが良いでしょう。

人によって合う合わないはある

artbylonfeldtさんの投稿
44466970 331000564379176 1132873380877522328 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

上で説明した適性サイズの目安は人により合う合わないはあります。人間は骨格や体の動かし方、癖など微妙な違いがあり、適正サイズの目安と言われているものを使用しても延々と違和感を感じながら滑る人もいます。どうしても合わないと感じたら別の板を使用するかスタンスやバインディングアングルなどを調整して少しでも違和感を無くすようにしなければいけません。

板の適正サイズは経験を積まないとわからない

travtrav_12さんの投稿
45932763 649884318739621 8429318732278398976 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

自分に本当に合っている適性サイズの長さというのは結局のところある程度スノーボードの経験を積まないとわかりません。なので初心者などは最初身長-15cmという目安で板を購入し、ある程度滑り込んで自分が楽しいと感じる滑り方を見つけ、それに合わせて適正サイズを考えるというのが理想的な板の長さの見つけ方でしょう。

スノーボードの板の種類による長さの違い

スノーボードの板の種類とは

luckyboardさんの投稿
45314229 777273715947398 8034617349287980897 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

スノーボードには様々な種類の板が存在します。それらはスノーボードの遊び方によって板の選び方も変わるので身長に対する板の長さの目安も変わってきます。下に代表的なスノーボードの板を3種類挙げました。これらを例に長さの目安を解説します。

フリースタイルボードの長さの目安

スノーボードの一番基本的な板ともいえるフリースタイルボードは基本的に身長に対して適正サイズの長さの板を選択します。特に初心者はできる限り適正サイズと呼ばれる長さの板を選び、スノーボードに慣れるほうが良いと言われています。

アルペンボードの長さの目安

sora_yura_saraさんの投稿
43553456 886195928236029 8768920856056873403 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

アルペンボードは滑り方の種類によって板の長さも大きく変わります。滑り方の種類とはスラロームと呼ばれる小刻みにターンを繰り出す滑り方と、ジャイアントスラロームと呼ばれるロングターンを繰り返す滑り方です。スキー場のコースで見る人は基本的にスラロームで使うショートボードと呼ばれる板を使用している人がほとんどです。ショートボードであれば適正サイズから少し長め程度ですがジャイアントスラロームで使うロングボードですと170cm以上の場合もあります。

パウダーボードの長さの目安

kawa.kazさんの投稿
39968078 233835920630630 1683379244454903808 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

パウダーボードはその状況により長さの選び方が変わります。広い一枚バーンのパウダーを滑る場合は身長に対しての適正サイズから長めの板を選びます。木の間に残っているパウダーを滑るツリーランでは逆に短めの板に太いウェスト幅を持つ板を選びます。どちらも雪から浮く力を得るために面積をより広く取るためにこのような板の長さの選び方をします。

スノーボードの板の幅

スノーボードの板の幅”ウェスト幅”とは

johnathanbuckhouseさんの投稿
43985582 129309058057372 6444573172567762978 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

スノーボードの幅のことを”ウェスト幅”と言います。ウェスト幅は基本的に板が一番細くなっている場所のことを指します。

スノーボードのウェスト幅は滑りに関係ない

tvoyastihiaさんの投稿
44840625 258419258180243 9152993276984350684 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

スノーボードの板の長い短いはよく問題にあがりますが、板のウェスト幅はあまり話題になりません。実はウェスト幅は滑りにそれほど影響がなく、特に初心者は適正サイズの板の長さにさえ気を使っていればウェスト幅は見なくても大丈夫です。ただし注視すべき人が一部存在します。それは自分の身長に対して足のサイズが大きい人とパウダーランをする人です。

ウェスト幅はブーツが雪面に着く場合考える

annefredgさんの投稿
43984819 350862025462992 8652678884017078823 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

身長に対して足のサイズが大きい人はターンの最中にブーツのトゥ(つま先)とヒール(かかと)が雪面に着く可能性があります。初心者のうちはそれほどターン中に角度を付けることはありませんが、経験を積むにしたがって角度が少しずつ鋭くなり、トゥやヒールが雪面に着いてしまいます。

パウダーランを楽しむ人は板の長さによって変わる

kirschen_schuleさんの投稿
43114370 1134355190055364 8468091334837044677 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

パウダーランを楽しむ人はウェスト幅が極端に広いパウダーボードを使う場合があります。所謂ツリーランというもので、木の間のパウダースノーを滑ることを指します。このツリーランでは小回りが効きやすいように板の長さは短めですが、浮く力をより強く得るためにウェスト幅は広いという独特の形状を持つ板が好まれます。

スノーボードのウェスト幅の目安

cestbeau.lajeunesseさんの投稿
44322658 1963655600604394 1778084161841023634 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

スノーボードのウェスト幅の適正サイズの目安は「ブーツをバインディングに固定した際、トゥとヒールが板から1cm以上出ていないこと」です。これ以上出てしまうと滑走中に雪面に着いてしまい転倒の恐れも出てきますので注意してください。パウダーボードの場合は特に注意する点はありません。

板の長さの違いによるメリット・デメリット

societyofmindzさんの投稿
44322669 512099562605417 7612574587612436014 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

スノーボードの板は適正サイズじゃなきゃ駄目というわけではなく、適正サイズより長い場合と短い場合にもメリット・デメリットが存在します。何故あえて適性サイズ以外のスノーボードの板を選ぶかというと遊び方により向き不向きがあるからです。下からはそれらを詳しく説明していきます。

スノーボードの板が長い場合のメリット

適正サイズより板が長い場合のメリット

orakixさんの投稿
45302568 338828003549789 741837519020261994 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

スノーボードの板が適正サイズよりも長い場合は滑走中の安定感がより増します。板が長い分有効エッジというものが伸び、その有効エッジが伸びるとターン中などで板がバタつかず安定して滑ることができます。また新雪の上を滑走する場合、板が長い分面積が大きくなるので浮こうとする力が適正サイズの板よりも強くなるメリットがあります。

適正サイズより長い板を使うとメリットがある遊び方

its_snikssさんの投稿
45809228 336794790448723 1447215995920117346 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

スノーボードの板が適正サイズより長めの板を使ってメリットがある遊び方はハーフパイプやパウダーラン、またカービングターンをおこなう際もメリットがあります。

何故カービングターンで長い板が良いのか?

mountainvibezさんの投稿
43338324 122299025431441 2211208183844170200 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

カービングターンで何故長い板が良いかというと有効エッジが長くなる分ターンが安定するからです。有効エッジとはスノーボードで遊ぶ際に実際に使われるエッジの長さのことを指し、ここが長い分多少の凹凸ではぶれない安定したターンがしやすいから有利になります。

スノーボードの板が長い場合のデメリット

適正サイズより板が長い場合のデメリット

nicklyonsさんの投稿
44555780 337163583499875 4282466665262837035 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

スノーボードの板が長い場合のデメリットは細かい滑りなどがしづらくなることです。穴や雪の塊などのギャップにぎりぎりまで気付かず、急に避けようとしても長い板の場合反応できずに突っ込むことがあります。また人の後ろを滑っている最中、前の人がいきなり転倒した場合なども回避が間に合わず衝突するなどの危険性があります。

細かい動きを多用する遊び方には向いていない

細かい動きを多用する遊び方には適正サイズより長い板は向いていません。具体的にはグラトリにはあまり向いておらず、慣れるまで時間がかかります。またジブアイテムを攻略する際にも向いているとは言えず、攻略の仕方によってはかなり転倒の可能性が高くなるので危険です。

スノーボードの板が短い場合のメリット

適正サイズより板が短い場合のメリット

tatsuki_9.27さんの投稿
43020817 2317952301820362 5211228415114761627 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

スノーボードの板が適正サイズより短い場合のメリットは細かい動きや小回りが効きやすく、激しい動きでも対応しやすくなります。ちょっとしたギャップやコースの端の地形などを利用して飛んだり板を回したりすることも簡単にできます。

適正サイズより短い板はジブやグラトリに向いている

10kazuya10さんの投稿
43087693 333148937503250 573602559285757202 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

スノーボードの板の長さが適正サイズより短い板を使うとメリットがある遊び方はグラトリやジブなどが挙げられます。グラトリは滑走中に細かいトリックを連続的に出す遊び方なので小回りの効く短めの板が向いています。ジブは攻略の仕方にもよりますが、ジブアイテムの上で板を横にしたりする場合は短い板のほうが簡単にできるので有利になります。

スノーボードの板が短い場合のデメリット

適正サイズより板が短い場合のデメリット

therealcryptkeeperさんの投稿
45891318 143757123265147 8890251153528957959 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

スノーボードの板で適正サイズより短い板は、どれくらい短いかの程度にもよりますが安定感がありません。ちょっとしたギャップですぐ転倒しますし、小回りが効く分予想以上に大きく動いてしまい、逆エッジにもなりやすいと言われています。

高速滑走する遊び方では危険

takedachさんの投稿
44718717 580791485696216 5145679285705287248 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

スノーボードの板が短い場合は高速滑走する遊び方が特に危険です。上でも述べましたが逆エッジによる転倒を起こしやすいと言われているので高速滑走中は怪我の危険性がとても高くなります。初心者は短いほうが滑りやすいと勘違いして購入する人もいますが以上の点から見てもわかるとおりおすすめはできません。初心者であれば必ず適性サイズの板を購入しましょう。

遊び方によるスノーボードの板の長さの選び方

freeride_extremeさんの投稿
45358928 308319149769421 3491643180201141026 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

上でも書きましたが遊び方の種類によってスノーボードの向き不向きがあります。下からは代表的な遊び方の種類別で細かく板の長さの選び方を解説していきます。

フリーライディングで遊ぶ人の板の長さの選び方

フリーライディングで遊ぶ場合は適正サイズの板で

veggie_mountain_さんの投稿
43913127 285812628737332 976528620595199634 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

スノーボードの基礎ともいえる滑り方のフリーライディングで遊ぶ人の板は身長に合わせた適正サイズの板を選びましょう。フリーライディングは誰もが一度は通るスタイルで、初心者はこの滑り方に慣れてから様々な種類の遊び方に手を出していきます。フリーライディングはその名前のとおりコース上を自由に滑るスタイルで、他にもコース内にあるギャップで少し跳ねたりコース上で回ったりして遊びます。

ジブで遊ぶ人の板の長さの選び方

ジブで遊ぶなら適正サイズより短い板が良い

thesnowboardbumsさんの投稿
44448155 2131754833808719 664027773577330742 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

スノーボードのジブで遊ぶのであれば身長に対する適正サイズの板よりも短めの板を選びましょう。ジブは雪の上からジブアイテムに乗る際に板を横にしたりする行為であるシフトという技を多用します。このシフトは板が短ければ短いほうがしやすい技です。とはいえ必要以上に板を短くしすぎるとアプローチの段階で不安定になりやすいので適度に短い板を選びましょう。

グラトリで遊ぶ人の板の長さの選び方

グラトリで遊ぶ場合も適正サイズより短い板が良い

enjoy_bluedaysさんの投稿
46061174 505456849967504 6298963296444959723 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ジブで遊ぶ場合と同様に短めの板のほうがグラトリはやりやすいです。グラトリは連続して技を繰り出し、いくつかを組み合わせることによって完成する技もあるので短いほうがかなり有利です。以前は板の長さがほとんどない板がグラトリする人達中心に流行っていましたが、あまりの安定感の無さに現在はスキー場でもほとんど目にしません。またグラトリは板の反動を利用して高く飛ぶ技術もあるのでジブ同様に適度な長さは必要です。

キッカーで遊ぶ人の板の長さの選び方

キッカーで遊ぶなら適正サイズの板~長めの板が調子良い

leoareok1さんの投稿
43241124 2183033228407932 1263167203245645753 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

スノーボードでキッカーを飛ぶ際は適正サイズの長さの板から少し長めの板までの間で選ぶと良いでしょう。キッカーは飛んだ際スピンしたりグラブしたりするトリックを繰り出します。トリック自体は短い板のほうが軽くスピンやグラブがやりやすいのですが、アプローチでの安定感などを考えると適正サイズから少し長めのサイズまでの板を選択すると調子が良いです。

ハーフパイプで遊ぶ人の板の長さの選び方

ハーフパイプで遊ぶ場合は適正サイズより少し長めの板が良い

zzezzeneさんの投稿
44566584 778664029152172 1107169398973861518 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ハーフパイプで何故長い板がメリットがあるかというとボトムで安定して加速することができるからです。ハーフパイプの一番下の部分のことをボトムと言いますが、ここで加速をかけることで次のエアでどれだけ高さが出せるか変わります。ハーフパイプはたくさんの人が滑るためボトムはとても荒れやすく、荒れたボトムだと加速をかける技術であるパンピングが安定しておこなえなくなります。またかなりの速度が出るハーフパイプで高く飛ぶには少し長いほうが飛びやすいという意見もあります。

パウダーランで遊ぶ人の板の長さの選び方

パウダーランを遊ぶなら状況により長さが変わる

パウダーランは滑る場所により長いほうが良いか短い方が良いか変わります。木が一切生えていない一枚バーンのパウダースノーを滑る場合は適正サイズから長めの板が好まれます。逆に木の間を滑る場合は小回りが効きやすい短い板が好まれます。パウダースノーを滑る場合フリースタイルボードを使用しても問題ありませんが、雪から板を浮かせる力をより強く得るためにパウダーボードというものが存在し、パウダーラン好きな人は上記のようにパウダースノーの場所により板を使い分けている人が多いです。

スノーボード板の長さ目安は?まとめ

遊び方によって長さの目安は変わる

出典: https://unsplash.com

スノーボードの長さの目安は遊び方によって様々です。それなりにスノーボードの経験がある人の板の選び方は様々ですが、初心者など最初はみんな適正サイズと呼ばれる長さの板を選び、自分がもっとも楽しいと感じる遊びに合わせた板を選択するようになります。また目安は参考程度と考え、自分に適した板の長さは一体どれくらいなのだろうかというのはスノーボードの経験を積んで始めて見つけられるので急いで見つけようとはせず、楽しみながら自分の長さを探しましょう。

この記事が気になったかたはこちらもおすすめ!

Thumbスノーボードのビンディング選びは?種類や相性などセッティングの基本を解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
どれでも一緒と思われがちなスノーボードのビンディング。ですがスノボのビンディングは種類や選び...
Thumb【メンズ】スノーボードウェアおすすめ19選!最新の着こなし方もご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
スノーボードのウェアはメンズ・レディース共に毎年新しいものが出てきます。それらは服装や着こな...
Thumbスノーボード用ゴーグル選びは?種類や機能など選び方のポイントを解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
スノーボードで軽視されがちな装備であるゴーグルですが実際は非常に重要で、視界確保のためという...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ