花が咲くサボテンの種類選!咲きやすい人気品種の花言葉や育て方もご紹介!のイメージ

花が咲くサボテンの種類選!咲きやすい人気品種の花言葉や育て方もご紹介!

サボテンと聞くとあのトゲトゲした感じで、花も咲かずにいびつな形の植物と思っている人も多いですね。しかしそんなサボテンでもきれいな花を咲かせる種類が数多くあります。ここではそんな花を咲かせるサボテンの種類と、その育て方や花言葉をご紹介します。

2020年06月08日更新

sarabande
sarabande
小さなお庭でのガーデニングも10年以上が経ちました。ガーデニングの基本的なノウハウから読者の方が知りたいと思う細かな情報までを提供できるような執筆を心がけています。また生活の豆知識、旅行の最新情報などもお届けできたらと思っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. サボテンってどんな植物?
  2. サボテンって花は咲くの?
  3. 花が咲くサボテンの種類
  4. 花サボテン①シュルンベルゲラ属
  5. 花サボテン②マミラリア属
  6. 花サボテン③コリファンタ属
  7. 花サボテン④エキノプシス属
  8. 花サボテン⑤レブチア属
  9. 花が咲くサボテンの花言葉
  10. サボテンの花言葉①
  11. サボテンの花言葉②
  12. サボテンの花言葉③
  13. サボテンの花言葉④
  14. サボテンの花言葉⑤
  15. 花が咲くサボテンの育て方
  16. 花が咲くサボテンの育て方①鉢植えで
  17. 花が咲くサボテンの育て方②土
  18. 花が咲くサボテンの育て方③水やり
  19. 花が咲くサボテンの育て方④管理場所
  20. 花が咲くサボテンの育て方⑤日当たり
  21. サボテンの花を咲きやすいようにするためには?
  22. サボテンの害虫
  23. 最後に

サボテンってどんな植物?

サボテン科の植物の総称

出典: https://store.shopping.yahoo.co.jp

サボテン科の植物の総称で、主に熱帯地方などの乾燥地帯に生まれ、その種類は多くて2000種以上にもなります。品種改良などされたのも含めると5000種以上と言われています。このサボテンというグループ分けの決め手は「サボテン科」という事。見た目がサボテンのようでもサボテン科でないのは、別の種類という事になりますね。

サボテンは多肉植物が多い

水やりの頻度も少なく室内で育てられる多肉植物は、1人暮らしの男性やOL、若い女性や主婦などにも人気ですね。サボテンのほとんどが多肉植物です。しかし記述したように多肉植物だからと言ってもサボテンではないのでお間違いのないように。サボテン科である事、刺の根元にあるアレオーレという綿毛がある事がサボテンの決め手となります。

サボテンって花は咲くの?

花咲くのは珍しくない

サボテンでもきれいな花を咲かせる種類は数多くあります。ただ咲かせるための環境だったり、花をさかせるまでの期間が長かったり、また毎年咲くのは難しい、数年に1回開花する種類であったりと様々です。そんなサボテンだからこそ、花が咲いた時は嬉しさもひとしおですね。さらに育て方によってより咲きやすいようにする事ができるので、奥が深くはまる人も多いんです。

花が咲くサボテンの種類

特に咲きやすい品種がある

開花が難しいと言われているサボテン。しかし普通の植物のように子孫を増やすために、花を咲かせます。そんな花が咲くサボテンの事を「花サボテン」と言いますが、ここでは特に咲きやすい種類をいくつかご紹介します。

花サボテン①シュルンベルゲラ属

シャコバサボテン

シャコバサボテン「蝦蛄葉サボテン」サイバーダンサー 4号苗
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

これがサボテン?というくらいにきれいな花を咲かせてくれます。名前の由来は葉の形がシャコエビに似ているところからシャコバサボテンと呼ばれていますが、別の名前をクリスマスカクタスと言われているように、クリスマスの時期に開花します。冬に開花する植物は少ないので、重宝されますね。花が咲きやすい品種です。

花サボテン②マミラリア属

金松玉(キンショウギョク)

正式な名前はマミラリア・プロリフェラ・ムルティケプスと覚えるのには難しい名前。簡単に金松玉(キンショウギョク)という名前で呼ばれ、球状をしていて可愛いクリーム色の花が咲きます。開花時期は冬から春にかけてダリアに似たような花が咲きます。コンパクトさが育てやすく初心者でも人気で百均にも売られているほど、お手頃で手に入りやすいのも嬉しいですね。

白玉殿(ハクギョクデン)

名前のように白い綿のような棘に濃いピンクの花冠をかぶったように花が咲く白玉殿。最初は球状をしていますが年月が経つと柱状になっていきます。開花時期は最も活発になる時期の初春。水やりを控え目にする事が大事です。強い日差しは日焼けを起こすのでカーテン越しくらいの日光で育てる方が花が咲きやすいでしょう。

花サボテン③コリファンタ属

象牙丸(ゾウゲマル)

花が咲きやすいサボテンとして人気なのは「象牙丸」。見た目の特徴はその名前のように、象の牙のような棘ですね。深緑色のツヤツヤした肌で、鮮やかなピンクの大きな花が咲きます。開花時期は夏の終わりで、高温多湿、寒さにも強くて育てやすいサボテンだと言えるでしょう。写真のように2つ同時に咲くとよりインパクトがありますね。

天司丸(テンシマル)

象牙丸に似ていて大輪の花が咲く天司丸。花色は象牙丸と違って黄色の花が咲きます。体の部分は丸い形でこれも名前の由来でしょう。開花時期は春から秋と長目の開花。多湿を嫌う性質があるので、風通しの良い場所を選び、土も排水の良い土を選ぶとより花が咲きやすいでしょう。なので水やりも控え目に、乾燥気味に育てるのが理想です。

花サボテン④エキノプシス属

短毛丸(タンゲマル)

その名前のように刺の長さが短い短毛丸、別の名前をエイリエシー。強い芳香性のある白いきれいな花を咲かせます。花がピンクの物は「モモハナタンゲマル」と言っていますが、タンゲマルとは別の種類であり交配種と言われています。開花時期は5月から10月と長く、咲きやすい種類のサボテンと言えるでしょう。また成長が早くて、寒さにも強いのも人気のサボテンです。

花盛丸(カセイマル)

アルゼンチンで生まれた花盛丸。最初は球形で成長とともに柱状になっていきます。長い茎をのばしてまるでマーガレットのような花が咲きます。しかも多花性で、5~7センチくらい白い花が房状に咲いている様子を見たら、とてもサボテンとは思えないですね。室内でなくても育てられ、短毛丸と同様に育てやすく成長も早いので、人気のサボテンですね。

花サボテン⑤レブチア属

紫影丸(シエイマル)

名前からは紫色の花を想像しそうですが、何といってもこのきれいなオレンジ色の花が魅力的です。中輪の沢山の花が輪っか状に咲き最初は、花冠のように、伸びてくると花束のようでとてもかわいいサボテンです。さらに沢山ある刺は硬くないので扱いやすく育てやすいのも魅力ですね。高温多湿を嫌う性質があり、特に乾燥を好みますので、湿気には十分に注意して育てましょう。

パークレクサ

何といってもこのぎっしりと咲く様は、圧巻とも言えますね。しかし花が咲く前も土の中で枝分かれして出た物が、沢山の卵がうまっているように見えて何ともかわいい姿なんです。そこから沢山の蕾をつけ満開になると、もう本体が見えなくなるくらいに咲きます。挿し木で増やせるのも嬉しいですね。

花が咲くサボテンの花言葉

刺の印象とは裏腹な花言葉

見た目がトゲトゲしくていびつな形のサボテン。しかし長い年月を経てやがてきれいな花が咲きます。そこにどんな意味が含まれているのか、意味が分かるとよりサボテンに興味がわいてきますね。ただ何となく育てるよりも、1段と愛着をもって育てる事ができます。ここからはそんなサボテンの花言葉をご紹介します。

サボテンの花言葉①

秘めた情熱

花を咲かせる前の姿からは想像ができないきれいな花が咲く、そんなサボテンの様子をそのまま意味した言葉です。しかも開花までの期間が長ければ長いほど、鮮やかな色で大きな花が咲いた時、より情熱的に感じられますね。そんな花言葉の意味を考えながら育てると、花が咲いていないサボテンもなんだかとてもけなげに生きているように見えて、勇気づけられる事でしょう。

サボテンの花言葉②

暖かい心

16世紀ごろには、男性から女性に贈り物としてサボテンが用いられていた事から、相手を思いやる心という意味での花言葉が生まれたのでしょう。これこそ、今の時代においてもこの花言葉の意味をそえてサボテンを贈り物にするといいですね。トゲトゲしい刺もそんな暖かい心がこもっていると思って見てみると、愛着を感じてきますね。

サボテンの花言葉③

枯れない愛情

砂漠地帯でも育つサボテンは、水が少ないという植物にとって難しい条件の中でも中々枯れません。そういう意味でこの花言葉が生まれたのでしょう。日照りの毎日の中でも耐え忍んで、長い年月枯れずにやっと咲かせた花を愛情の意味としてとらえている様子がうかがえますね。いつまでも冷めない愛を求める相手に贈ってみては?

サボテンの花言葉④

偉大

サボテンの花言葉の1つに「偉大」があります。これは荒れ果てて乾燥した土地でもたくましく育つ様子を意味しているのですね。自分にとって尊敬する偉大なる人、例えば先生や上司または先輩などにこの花言葉の意味をそえてプレゼントするといいですね。また母親というものは誰にとってもはてしなく偉大な人、だから母の日に贈ってみるのもいかがでしょうか?

サボテンの花言葉⑤

忍耐

「忍耐」、これはまさに過酷な条件の土地での様子をそのまま意味していますね。太陽の照り付ける中、水も少ない、植物が育つのは難しい環境で耐え忍ぶ様子はまさに忍耐です。しかしその結果、最後にはきれいな花を咲かせるので、努力しているときっといつか成功するという意味を込めて、がんばっている人に贈るといいでしょう。

花が咲くサボテンの育て方

開花させる育て方

サボテンってどんな風に育てればいいの?水やりが少なくても済むけれど、どのくらいの頻度で与えればいいのか分からない。などここからはサボテンの基本的な育て方について、どんな事に気を付ければよいかポイントをおさえて述べていきます。

花が咲くサボテンの育て方①鉢植えで

100均でも変える苗

まずサボテンを育てるには気温の変化などが影響しますので、鉢植えで移動できる方が長く育てられます。幾種類もあるサボテンですが、それぞれ性質や好む環境など様々なので、単体の方が育てやすいと言えるでしょう。買ってきた時はミニサイズでも大きく育つタイプは途中で植え替えをお勧めします。今は100均でもかわいい種類がたくさんあるのでぜひのぞいてみましょう。

花が咲くサボテンの育て方②土

水はけのよい土

サボテンは湿気が多いと根腐れを起こしやすくなるので、土も水はけがよく通気性に優れている物を使います。また通気性をよくするには土の粒の大きさも影響しますね。3mmくらいの大きさの小粒が均等な大きさである方が、通気性が良くなります。赤玉土:鹿沼土:培養土=2:1:0.5にマグアンプなどの肥料を少し混ぜるといいですね。

花が咲くサボテンの育て方③水やり

水分控え目に

サボテンを育てるのに1番重要なカギとなるのが水やりでしょう。サボテンの枯れる1番の原因は水のやり過ぎです。元々砂漠地帯などの乾燥した環境で生まれたサボテン。なので普段の水やりも少な目にするようにしましょう。水をやり過ぎると根腐れしてしまいます。寒い冬は特に数週間に1度、また1月に1度くらいの頻度でいいでしょう。

花が咲くサボテンの育て方④管理場所

湿気

砂漠地帯でのサボテンは当然乾燥を好みます。雨水にどんどん当たるような場所では元気に育つのは難しいと言えるでしょう。できれば雨が当たらないようなベランダや、室内の窓辺、軒下や玄関ポーチの下などが適していますね。また土も水はけの良い物にして根腐れしないようにしましょう。そうならないためにも、数年に1度は植え替えや土の入れ替えをおすすめします。

気温

比較的、暑い地方が産地であるサボテンなので高温には強いですが、0℃以下になるような所での発育は難しいです。雪が降るような時期は室内に移動させるといいでしょう。しかしエアコンが当たり過ぎるのは、逆に乾燥し過ぎてしまう事と、あまり温めると休眠できないので、室内でもエアコンの風が当たらないような場所が理想ですね。

花が咲くサボテンの育て方⑤日当たり

日焼けに注意

日当たりの良い場所での管理が必要ですが、夏の時期は暑い日差しに長時間当たり過ぎると、サボテンが日焼けしてしまう事がありますので充分に注意しましょう。夏の時期は昼の時間は日陰に移動するといいですね。室内でも安心してそのまま窓辺などに置きっぱなしにしていると日焼けを起こす事がありますので充分に注意する事が大事です。

サボテンの花を咲きやすいようにするためには?

開花が難しい

サボテンの開花は難しいと言いますが、咲きやすいポイントをおさえていれば開花時期にちゃんと咲く事ができ難しい事はありません。ここからは、その咲きやすいようにするためにはどんな事に気を付ければよいかをご紹介します。

休眠時期にしっかりと休眠させる

サボテンの種類によってその開花時期や花が咲く時間、またどのくらいの周期で咲くのかなどの違いがありますので、それぞれを把握する事が大事ですね。それによって休眠時期というのが分かります。この休眠時期には水やりを控えるなどしっかりと休眠させる事が大切です。また開花時期が春や夏の場合は冬が休眠期になります。この寒い冬をしっかりと温めてしまうと休眠できなくなるので気を付けましょう。

夜開花するサボテン

種類によって夜開花するサボテンがあります。これは砂漠地帯などではあまり生物が活動していない昼は受粉が難しいという事、活発になる夜の方が受粉しやすいからだと言えるでしょう。夜咲くサボテンであればしっかりと闇を作ってあげる事ですね。電灯がともり続けたりすると開花が難しいでしょう。月下美人などは一夜限りなので貴重な闇と言う事になりますね。

サボテンの害虫

ネジラミ

その名前の通り根っこにつく害虫です。土の中なので外からは中々分かりにくいのが厄介ですね。サボテンがなんだかしぼんできたなあ、でも外から見ても害虫はついていないという時は、思い切り堀り上げて根っこをチェックしましょう。すでに根っこの一部分が白く変色していたら、ネジラミにやられたと思って間違いないでしょう。オルトランなどの薬剤が効果的です。

カイガラムシ

カイガラムシは乾燥し過ぎた土などにいるので、サボテンや多肉植物によくつく害虫です。大きさや色なども様々で食害とともに、その他の病気の原因にもなりますのでいたらすぐに駆除しましょう。駆除方法は薬剤などでは効かないような固い殻などを持つ物もいますので、根気強くピンセットなどで取り除く事をおすすめします。

最後に

幾種類もある中から自分に合った物を

幾種類もあるサボテン。名前を覚えるのも難しいほどですね。だから自分に合ったサボテンがきっと見つかるはず!花言葉の意味も一緒に覚えれば日々の生活に役に立つ事があるでしょう。庭が無くても室内で、水やりもすくなくても育つサボテンは誰でも育てられます。自分の日々の生活にお部屋に1つ、また大切な人にぜひ花言葉をそえて贈り物にいかがでしょうか。

花が咲くサボテンが気になる方はこちらもチェック!

Thumbクジャクサボテンの上手に開花させる育て方!植え替えや剪定方法も解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
交配によって誕生したクジャクサボテンを上手に育て、美しく華麗な花を咲かせるためにはどうすれば...
関連するまとめ

おすすめの記事