コールマンの人気スクリーンタープ5選!秋・冬キャンプにもおすすめ!のイメージ

コールマンの人気スクリーンタープ5選!秋・冬キャンプにもおすすめ!

ランタンのロゴでお馴染みのコールマンはタープだけでもいろいろな種類のタープを発売しています。今回はその中でも秋冬のキャンプに使えるスクリーンタープを中心に他のタープと比較しながらなぜ秋冬のキャンプにコールマンのスクリーンタープがおすすめなのかも紹介します。

2020年06月08日更新

桜餅
桜餅
キャンプに関する記事が多いですが植物を育てることも好きです。ベーコン作ってみたり、スーパーで市販されているポップコーンを発芽させて栽培したりといろいろな事をしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. スクリーンタープとは
  2. スクリーンタープの特徴1
  3. スクリーンタープの特徴2
  4. スクリーンタープと他のタープの比較
  5. スクリーンタープの比較まとめ
  6. 秋冬にスクリーンタープがおすすめの理由1
  7. 秋冬にスクリーンタープがおすすめの理由2
  8. 秋冬にスクリーンタープがおすすめの理由3
  9. コールマンの秋冬におすすめタープ1
  10. コールマンの秋冬におすすめタープ2
  11. コールマンの秋冬におすすめタープ3
  12. コールマンの秋冬におすすめタープ4
  13. コールマンの秋冬におすすめタープ5
  14. コールマンの秋冬におすすめツールームテント
  15. コールマンのスクリーンタープのまとめ

スクリーンタープとは

ドームテントのような不思議なタープ

コールマンのスクリーンタープに限らずスクリーンタープはドームテントとよく似た作りになっていて、四方がメッシュ素材になっているため風は通りますが虫などは入ってこれないタープです。メッシュになっているため開放感は他のタープと比較するとありませんが、夏は蚊やハエなどが入ってこないので他のタープよりも過ごしやすくなります。四方がメッシュになっているため2ポールで設営しないところもスクリーンタープの特徴です。

スクリーンタープの特徴1

大型のようで意外と小さく感じる

他のタープと比較すると形状が大きいので中のスペースも大型に見えますが、メッシュの壁などがあるため机や椅子を使うと見た目よりかはコンパクトになるのでスクリーンタープを選ぶときはサイズの確認が必要です。またスクリーンタープは設営するだけで四方が囲めれている部屋になりますが、簡単にテントと連結できるようになっていることも多くコールマンのスクリーンタープも例外ではなく簡単に連結できるようになっているのでおすすめです。

スクリーンタープの特徴2

設営方法はまるでドームテント

設営が簡単なワンポールテントに対して昔からキャンプで使われてきたベーシックドーム型のテントをドームテントと言います。スクリーンタープの設営方法はそのドームテントとよく似ていてフライシートを広げペグで固定してからスリーブにポールを通して設営していきます。他のタープと比較すると設営の仕方や形、機能などもテントとよく似ていて四方のメッシュもフルクローズできるタイプも多くあり季節を問わず使えるため人気です。

スクリーンタープと他のタープの比較

大型のレクタタープとの比較

コールマンに限らずレクタタープはいろいろな張り方ができるので風よけと同時に屋根を作ることもできますが、スクリーンタープのように4面をカバーすることはできません。またタープは一枚の生地なのでカバーしたところは風を通さないですが、スクリーンタープはメッシュなので風通しがよく風が強いときはクローズすることで風よけとしても機能しドームテントのように設営するので強度があります。同じ大型のタープと比較しても違いはたくさんあります。

張り姿が綺麗なヘキサタープとの比較

ヘキサタープは張り姿が綺麗なため愛用している人が多く人気ですがレクタタープのように張り方はあまり自由に変えれないので設営も単純です。一方スクリーンタープはポールを通したりと少し大変です。また開放感は一番ないのでヘキサタープと比較するとタープというよりやはり大きなテントに見えます。綺麗にテントと連結できるのもスクリーンタープだけなので他のタープは設営を工夫したりベルトなどを自作する必要があります。

スクリーンタープの比較まとめ

3つのそれぞれ違いがあるので好きなタープを使おう

  スクリーンタープ レクタタープ ヘキサタープ
開放感 なし ある 抜群
風よけ 4面と屋根で完璧 張り方によって可能 あまりできない
虫の侵入 防げる 不可 不可
連結 可能 張り方次第 張り方次第
価格 高い 比較的安い 安い

秋冬にスクリーンタープがおすすめの理由1

フルクローズできる

出典: https://www.amazon.co.jp

他のタープと比較すると構造が全く違うためテントのようにフルクローズできるのが秋冬のキャンプに使える理由です。秋は天気が不安定で風が気持ちのいい晴れから雨に変わることもあるのでスクリーンタープでリビングを作っておくと風や雨でもキャンプを楽しむことできます。また大型のドームテントでも小型のドームテントでも簡単に連結できるので出入りのたびに少し濡れるということもなく過ごすことができます。

秋冬にスクリーンタープがおすすめの理由2

晩秋、冬のキャンプに使えるテクニック

晩秋や冬の寒さが強くなったキャンプに使えるテントの設営方法としてスクリーンタープの中に小さなテントを設営する方法もあります。この方法だとスクリーンタープが大きなドームテントのようになるため寒さを軽減でき、雨や雪からも守ってもらえるので耐水圧が低いドームテントでも有効活用することができます。この設営方法をカンガルースタイルといい専用のテントが発売されているほど人気のスタイルです。

秋冬にスクリーンタープがおすすめの理由3

スクリーンタープはスカート付き

晩秋や冬のキャンプでも過ごしやすいようにコールマンのスクリーンタープは全てではありませんが、スクリーンタープにはスカートが付いいます。スカートがあるとフライシートの裾から風がタープ内にあまり入りこないので寒い季節のキャンプに有効です。スカートがあってもドームテントとの連結は簡単にできるようになっています。

コールマンの秋冬におすすめタープ1

コールマン タフスクリーンタープ

【送料無料】 COLEMAN (コールマン) キャンプ用品 ファミリータープ タフスクリーンタープ/400 2000031577
楽天で詳細を見る

コールマンの中でも人気のある大型のスクリーンタープでフルクローズできるので秋冬のキャンプにも使いやすく家族4人で椅子やテーブルと一緒に使用してもかなり余裕があります。耐水圧は2000ミリと高くカンガルースタイルにしても十分雨をしのぐことができますが、テントのフライシートのように一枚の生地でできているわけではないので注意しましょう。大型のスクリーンタープですが、一人でも簡単に設営できるようにアシスト機能があります。

特徴

ジョイントフラップが備え付けられているのでテントと連結も簡単にでき、使わないときはジョイントフラップを取り外す事ができます。大きさは綺麗な正方形ではなく400×360センチなので机や椅子の置き方には注意しましょう。高さは210センチと高いので背が高い方でも圧迫感なく使えます。耐水圧は2000ミリですが、クローズしている状態と比較するとメッシュの状態では雨がメッシュ部分から中に染み込みやすいので注意が必要です。

おすすめの理由

価格が他の大型のスクリーンタープと比べると比較的安く使い勝手がいいのでおすすめです。レビューでも低価格を評価する書き込みもあります。スクリーンタープは太陽光で傷みやすいのである程度の色落ちなどは割り切ることも大切ですが、それ以上に大型なのに一人で簡単に設営ができる仕様や秋冬のキャンプでも使えるフルクローズできる仕様などおすすめできる特徴がたくさんあります。

タフスクリーンの連結方法

取り外し可能なジョイントフラップを取り付けた後、ジョイント用のポールを伸ばして取り付けテントの出入り口をスクリーンタープの中まで移動させてからジョイントフラップにあるドローコードなどを使ってしっかり固定していくだけで簡単に連結することができます。綺麗に連結するポイントはスクリーンタープに対して斜めに差し込まないようにちゃんと位置を決めてから連結するようにしないと雨が溜まる原因になります。

詳しくはこちらをチェック

より詳しい連結方法はコールマンの動画をご確認ください。コールマンに限らずスクリーンタープとテントには相性もあるので必ず綺麗に連結できるとは限りません。またワンポールテントのようにドームテント以外のテントは綺麗に接続できないことが多いです。

テント&タープ連結

コールマンの秋冬におすすめタープ2

コールマン ドームスクリーンタープ/380

【送料無料】Coleman(コールマン) ドームスクリーンタープ/380 バーガンディ 2000027291【あす楽対応】
楽天で詳細を見る

タフスクリーンタープ400を少し小さくした使いやすくしたスクリーンタープになります。現在は発売されていない古い製品ですが、オークションを使わなくてもまだ在庫があるので楽天やAmazonでも普通に購入することができます。タフスクリーン400と比べると大きく変わったのはサイズとポールの素材がアルミ合金からグラスファイバー製(FRP)になっているので強度が多少落ちてサイズの割に重たくなっていますが人気のあるタープです。

特徴

大きさが380×340と少しだけ小さくなっているので現行のタープより少しだけ小さいタープがほしい方におすすめできます。耐水圧などはタフスクリーン400と同じ2000ミリなので大雨で凌ぐことができ秋冬のキャンプ場でも夏場のキャンプ場でも使える4面のメッシュ窓とフルクローズできる仕様です。タフスクリーンと同じように上部にベンチレーションもあるのでフルクローズした時に熱がこもり過ぎても排出できるようにもなっています。

フルオープンも可能

出典: https://www.amazon.co.jp

他のスクリーンタープ比較しても珍しいフルオープンが可能な仕様なので一番開放感があります。フルオープンとはメッシュ窓あるところがすべてオープンすることができ地面にあるのはスタンディングテープだけになります。

おすすめの理由

まず型は古いですがオークションを利用しなくてもまだ新品が簡単に買えるので長編が400センチは大きいけど360センチより長いスクリーンタープが欲しい人にはおすすめです。そしてフルオープンもできるのでキャンプだけではなく海辺でも使うことができ耐水圧も高いので使い勝手のいい製品です。秋冬のキャンプ場でもフルクローズして風を防ぐ事もできるので便利ですが設営方法だけ注意しましょう。

ドームスクリーンタープの連結方法

コールマンのスクリーンタープは簡単に接続できるように他のスクリーンタープと同じようにジョイントフラップを取り付けてからテントと一緒にペグやドローコードで固定していくだけなのでキャンプ初心者でも簡単です。詳しくはコールマンの動画をご確認ください。

設営方法

設営方法に関しては少し古い製品のため少し難しいとのレビューや口コミがたくさんありタフスクリーン400のように一人で設営ができるような仕組みもないので注意しましょう。二人で設営するようになっています。

コールマンの秋冬におすすめタープ3

コールマン スクリーンキャノピージョイントタープIII

【送料無料】 コールマン タープ スクリーンキャノピージョイントタープIII 2000027986
楽天で詳細を見る

先程紹介した「 ドームスクリーンタープ 380」より一回りほど小さなスクリーンタープですが、家族3~4人で使うにはちょうどいいぐらいのサイズになります。タープ自体は大型ではありませんがしっかりした作りで簡単にテントと連結できるため人気があり、4面とも大きなメッシュ窓ですが秋冬のキャンプでも使えるようにフルクローズにも対応し価格も求めやすいので初心者から上級者問わず選ばれています。設営の仕方も難しくはなく慣れると簡単です。

特徴

ジョイントフラップを使って簡単にテント連結でき、使わないときはタフスクリーン同様に取り外す事ができます。大きさは 320×340センチとタフスクリーンと比較すると小さくなりましたが、椅子、机を入れて3~4人ぐらいで使うのにちょうどいいサイズです。高さは215センチとかなり高いので圧迫感がありません。耐水圧は公式サイトでも書かれていないため詳しくは不明です。

耐水圧は高めの印象

前述したように詳しい数値は不明ですが、台風の時の暴風雨でも雨が滲むことはあっても内部まで漏れることはなかったとの口コミももあるので耐水圧は高い印象があります。

台風時に初使用しました。
後日、気象庁のHPで10分毎の発表より、その地域の最大瞬間風速17.6m/sにも耐えてくれました。
(天井は「かなり」揺れてましたけど、あくまで参考です。)
時折の激しい土砂降りでは、シートに雨がにじんでましたが、雨漏りは無かったです。

おすすめの理由

4人ぐらいで使う時に大きすぎずちょうどいいサイズでなおかつ一人でも設営できるのでおすすめです。1人で設営できるというのがポイントで秋冬のソロキャンプでカンガルースタイルをしようとする時に自分だけで設営できないと使えません。詳しい耐水圧が書かれていないので不安もありますが耐水圧が高めという印象のあるレビューもあるので特別低いというわけではなく1500ミリ~2000ミリ相当として扱っても大丈夫でしょう。

ジョイントタープIIIの連結方法

コールマンのスクリーンタープはジョイントフラップを使用するので簡単に繋がります。基本的にジョイントフラップの使い方や取り付けは方は他のスクリーンタープと大きな違いはないので一度覚えるとコールマンの他のスクリーンタープでも簡単に接続できるようになります。他のスクリーンタープと同じようにテントの相性もあるので必ず綺麗にテントと接続できるとは限りません。タープより大型のテントは難しいでしょう。

詳しくはこちらをチェック

よりくわしい接続方法はコールマンの動画などをご確認ください。しっかり接続することで水がたまらないように連結できるので外見も綺麗にまとまります。

コールマンの秋冬におすすめタープ4

コールマン ウェザーマスター(R)スクリーンタープ/400

ウェザーマスター(R)スクリーンタープ/400
詳細はこちら

コールマンの上位モデルのテント「ウェザーマスターシリーズ」から発売されたスクリーンタープでワイドな作りになっています。耐水圧は3000ミリと非常に高くスカートもあるので秋冬のキャンプでも風を防いでくれます。夏には大型のメッシュ窓で風通しがよく一部フルオープンできる仕様なので全面オープンできるタープほどではありませんが、開放感もありキャノピーポールも付属しているので買い足さなくてもいい快適なスクリーンタープです。

特徴

400x360センチと長方形になっているのが特徴てきで高さが218センチとかなり高くなっているので圧迫感はありません。耐水圧も高いので秋冬のキャンプにおすすめなのですが1点だけ秋冬のキャンプで使う時に心配な点があります。ウェザーマスターは他のタープと比べると遮光率が高くなっているため太陽光でタープ内の温度が上がりにくいので寒く感じるかもしれません。秋冬のキャンプをするときはうまく暖房器具を使って暖かくしましょう。

おすすめの理由

単にコールマンの中で最上級のスクリーンタープだからおすすめです。他のタープより耐水圧も高く秋冬以外でも大型のメッシュ窓で風通しがいいので一年中使えるタープなので買っておいても損しないうえ他のタープと同じように簡単に連結できるできます。2018年11月1日現在通販での正規取引店はコールマン公式HPのオンラインストアだけになるのでAmazonや楽天など他のサイトで見かけた場合は購入しないほうがいいでしょう。

ウェザーマスターの連結方法

他のコールマンのスクリーンタープがジョイントフラップをタープに取り付けてからテントを接続をしていましたがウェザーマスタースクリーンタープは少しだけ違います。まずタープ背面のキャノピー部分を綺麗にまくりあげてからまっすぐテントを差し込こみジョイントフラップをテントにかぶせるようにしてから固定していきます。固定する時に綺麗にできていないと水が溜まってしまう原因になるので慎重に作業しましょう。詳しくは動画をご確認ください。

コールマンの秋冬におすすめタープ5

コールマン タフスクリーンタープ/400+

タフスクリーンタープ/400+
詳細はこちら

2018年の新商品で通常のタフスクリーンと比較すると遮光率がアップし温度の上昇を抑えたスクリーンタープなのであまり秋冬のキャンプには向かないかもしれませんが、もしタープ新調するなら春夏でも使えるように遮光率の高いタープもおすすめです。日差しが遮られて寒いのは暖房器具をうまく活用することで乗り切ることができますが夏の暑さは扇風機を使っても大変なため風通しもよく涼しいほうがオールシーズン使えるのでおすすめです。

特徴

基本的にはタフスクリーンと同じですが遮光率が大きく違うため中は暗くなります。したがって冬では寒く感じるので暖房器具などをうまく使って暖まりましょう。その他仕様はタフスクリーンと同じです。

おすすめの理由

秋冬のキャンプ以外のシーズンも使うとしたら本来タープは屋根の役割し、影を作るためのキャンプ用品なのでより濃い影が作れる遮光率のいいスクリーンタープのほうが使い勝手がよくなります。秋冬に特化したタープというのはありませんが、夏に特化することでより便利になっているためおすすめです。なお連結方法についてはタフスクリーンタープと同じ方法になります。

コールマンの秋冬におすすめツールームテント

コールマン タフスクリーン2ルームハウス

タフスクリーン2ルームハウス
楽天で詳細を見る

おまけになりますが、簡単に連結できるとはいえやっぱり初心者や力があまりない方はテントを動かすの大変だと思うので最初からテントとスクリーンタープ連結れているようなツールームテントがおすすめです。インナー(テント)を外して大型のシェルターとしても使えて便利ですがさらにフルクローズ、フルオープンも可能なテントです。タープとテントを揃えなくてもこれ一つでキャンプ可能です。

おすすめの理由

テントとスクリーンタープが一緒になった形状のツールームテントでインナーは吊り下げ式なので非常に簡単に設営することができます。またテント、タープがセットになっているため初めてキャンプをするという方にもおすすめです。大きさは約540×340センチで高さが215センチと大型ですがスクリーンタープと同じように一人でも設営できる使用になっているのも評価が高くポイントで耐水圧は2000ミリあるので安心です。

コールマンのスクリーンタープのまとめ

コールマンはタープが豊富

今回紹介したのはコールマン中でも比較的新しいスクリーンタープばかりです。一部生産が終わった製品も紹介しましたが過去発売されたスクリーンタープはまだあります。そしてコールマンにはスクリーンタープだけではなくはじめからスクリーンタープとテントが一緒になったツールームテントやレクタタープなどのさまざまなタープがあるので初めてタープを買うという方は秋冬を中心に選ばず年間を通して使いやすいタープを選ぶのも大切です。

秋冬のキャンプが気になる方はこちらもチェック!

暮らし~のにはコールマンに限らず秋冬のキャンプに関する記事がたくさんあるので良かったらチェックしてみてくださいね。

Thumb秋冬キャンプで使いたい人気石油ストーブ15選!小型で持ち運び楽々! | 暮らし~の[クラシーノ]
秋冬キャンプとなれば石油ストーブがおすすめです。夜の冷気は半端ではなく、十分な暖房の対策が取...
Thumb冬キャンプに必要な装備は?冬での必需品や揃える持ち物リスト11をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
一般的にキャンプといえば夏ですが、冬ならではの魅力を求めて冬キャンプをする人は増えています。...
Thumb秋キャンプのおすすめ!おすすめな服装・寒さ対策を一挙にご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
キャンプ=夏というイメージはありせんか。しかし秋も景色が大変綺麗でおすすめです!ではどんな服...

あなたへのおすすめ