スキーのコツって?初心者向けに基本の滑り方と上達するためのコツを解説!のイメージ

スキーのコツって?初心者向けに基本の滑り方と上達するためのコツを解説!

初心者だけどかっこよくスキーを滑りたい!上手く滑るコツが知りたい!スキーには基本の滑り方と上達するためのちょっとしたコツがあります。曲がり方のステップアップ方法や、止まり方、転んだ時のやり方など初めての方にもわかりやすくご紹介!

2019年10月30日更新

mamacamper
mamacamper
アウトドアが趣味のママキャンパーです。息子とテントを車に積んで日本中を駆け回っています。面白い情報やアイデアを見つけて、随時発信したいと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. スキーとは
  2. スキー初心者の準備:身に着けるもの
  3. スキー初心者の準備:必要な道具
  4. 初めてのゲレンデ
  5. スキー初心者の基本とコツ①
  6. スキー初心者の基本とコツ②
  7. スキー初心者の基本とコツ➂
  8. スキー初心者の基本とコツ④
  9. スキー初心者の基本とコツ⑤
  10. スキー初心者の基本とコツ⑥
  11. スキー初心者の基本とコツ⑦
  12. スキー初心者の基本とコツ⑧
  13. スキー初心者の基本とコツ⑨
  14. かっこいいウエア
  15. まとめ

スキーとは

スキーとは二本の板に足を固定して、雪の上をすべるウインタースポーツです。簡単そうに見えし、やってみたい。でもゲレンデに行って転んでばかりだったら恥ずかしい…と思ってる方もいるでしょう。そんな初めての方にもわかりやすくスキーの基本と上達するためのちょっとしたコツをご紹介します。

出典: https://pixabay.com

スキー初心者の準備:身に着けるもの

ウェアとグローブ

まずはウエア上下。スキーウエアでもいいしスノーウエア(スノーボード用や冬山登山用の上下など)でも大丈夫です。防寒性、防水機能がついているものならさらにいいでしょう。次にグローブ。指先の保護のために必ず着用してください。ストックを握ったりブーツの留め具を触ったりするので、指先の感じを試して選びましょう。

egxtechさんの投稿
42950040 501013917045568 535392763622987193 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

帽子とゴーグル

それと帽子も必須アイテムです。転んだ時の保護、頭と耳の防寒の役割があります。気温に応じてネックウオーマーも防寒には効果的です。あとはゴーグル。初心者でも身に着けたほうがいいです。冷たい風から目を保護して、日光や紫外線のまぶしさを和らげてくれます。

オシャレも楽しんで!

荷物を持たないスキーで、自分を主張できるのは「ウエア」です。地味になりすぎず好きな色、好きな柄で思う存分おしゃれを楽しんでください。帽子やゴーグルもセンスの光るオシャレアイテムです。「ちょっと派手かな…」ぐらいが、ゲレンデでは普通です。

phenix_1952さんの投稿
44513609 349774162261957 2849012941724844032 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

スキー初心者の準備:必要な道具

スキー板、ブーツ、ストック

スキーとブーツ、ストックが必要です。初心者ならスキー場に隣接しているレンタルスキーを利用することをおすすめします。スキーとブーツ、それをつなぐバインディング(金具)には、使用者の身長、体格、スキー経験のレベルが関係してきます。レンタルスキーのスタッフがきちんと調節してくれるので安心です。初心者のスキーは転んだ時に金具が外れやすい調整にしてくれます。ケガ防止のためです。スキージョップで購入しても専門のスタッフがきちんと調節してくれます。ネットや通信販売で購入した人は、スキーショップなどに持ち込んで、調節をしてもらった方が安全です。

初心者は気軽にスタート

「スキー板もブーツもダサいのは嫌!レンタルなんてかっこ悪い!」と思う人もいますか?実は上級者でもない限り、スキー板のレベルはあまり人にはわかりません。ゲレンデで滑ると、板にはたいてい雪が乗ってしまいます。ブーツなんてほとんどパンツの裾で隠れています。板やブーツにお金をかけるのは、中級レベルくらいに上達してから、上手く滑るようになってからでも充分です。まずは気軽に始めましょう。

fuka.nmさんの投稿
30592176 418271885300939 2376908311187423232 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

初めてのゲレンデ

身軽な状態にします

ゲレンデについたら、リフト券を買いましょう。そしてコインロッカーやクロークがあれば荷物を預けましょう。スキー場には余計なものは持ち込まないのがルールです。肌身離さず持ちたいものはウエアのチャック付きポケットか、ウエストポーチなどを利用して落とさないように持ち歩いてください。その時必ず両手が使える状態、ポーチの紐がぶらぶらしない状態にしましょう。リフトやゴンドラでひっかかってしまったら危険です。リュックや斜め掛けバッグはおすすめしません。

marrorin_photosさんの投稿
44270080 770221739981509 2250307954162410528 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

スキー初心者の基本とコツ①

ブーツを履いて、まわりをチェック!

ロッジでブーツを履きます。ブーツの金具を締めすぎないように注意してください。ほどよく足にフィットしている感じで十分です。スキーとストックを持ちゲレンデに出ます。スキーをはく場所はまわりの人達のやり方を見て下さい。ロッジを出てすぐはいてしまえば、通行の邪魔になるスキー場もあるでしょう。多くのスキー場ではリフト乗り口の近くまで歩いていく人が多いと思います。まわりの安全に気をつけて、広い場所で履きましょう。

tokku82さんの投稿
16585719 104246853430004 6928536096812826624 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ブーツをしっかりバインディングにはめる

雪面にスキーを並べます。その場所が斜面なら、スキーの前後を斜面の下の方に向けないように注意してください。必ず坂の下を横に見る形でスキーを置きます。そして谷側のスキーからはいてください。まずブーツのつま先をバインディングのトゥピースにはめて、かかとを合わせます。ピッタリなら体重をかけて「カチッ」とするまで押し下げます。かかとの位置が合わないのなら、つま先がしっかりトゥピースに入っていない状態です。

aoi_full1211さんの投稿
28428089 561619444196497 8090660449319649280 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ストックの基本 ストラップのやり方

ストックを持ちます。ストックには落下防止のストラップがついています。ストラップの輪の下から手を通して、ストックのグリップを握ります。最近はワンタッチ式のストラップもあるので使用方法を確認してください。基本的にストラップは必ず装着します。

natsuukooさんの投稿
10632525 960307367357665 1922466453 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

スキー初心者の基本とコツ②

まずは感触!歩いてみる

準備ができたらまずは歩いてみましょう。膝から前に出すように、すり足のようなやり方です。長いスキー板と重いブーツで、足の自由が利かない中での動きに慣れていきましょう。歩けたら、次は登ります。スキーを斜面に対して横向きにして、カニ歩きのように山方向へ登ります。一歩づつ登るので気が遠くなりそうですが、初めてのスキーはまず足の動き方に慣れるため、歩いて登ってみてください。

tomo98tさんの投稿
17596535 194052351096745 7311506029810810880 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

スキー板を「ハ」の字に横に滑らせる練習

緩やかな場所で、立ち位置はそのままに、スキーの板を横に滑らせる練習をしましょう。上から見て「ハ」の字になるように、スキー板の後方を開きます。前方の板の先部分は重ならないようにしてください。何度か練習して、横方向に板を滑らせる(ずらして開く)練習をしておきます。

seonxvさんの投稿
25006195 193627734520748 8245156401551245312 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

スキー初心者の基本とコツ➂

初めての滑り方

初めてのスキーの滑り方は「直滑降」です。緩やかな斜面で挑戦しましょう。スキーを斜面の谷方向に向けて真っすぐに滑ります。スキー板は平行に並べる形です。ここでの姿勢は腰が引けないように注意してください。軽く両手を開き、少し膝を曲げると安定した姿勢になります。足の裏全体に体重が乗るようなやり方が望ましいです。

emi_half58さんの投稿
16123866 1843561525926023 8638742140790243328 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

スキー初心者の基本とコツ④

初めての止まり方

初めての止まり方を説明します。緩やかな直滑降からブレーキを掛けます。練習した「ハ」の字になるようにスキー板後方を横に押し広げます。両手は軽く開いていると姿勢のバランスが安定します。この姿勢が「プルークポジション」という形です。ハの字の状態から両膝を軽く内側に曲げると、スキーのエッジが立ち、雪面に抵抗を感じます。そうするとスピードが落ちていきます。だんだんとブレーキがかかり、基本の止まり方になります。

kiichan327さんの投稿
28157596 566570773722690 4112259030745874432 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

初めての止まり方のコツ

ハの字でスキー板のエッジを立たせることができたら、基本のブレーキが完成です。その姿勢から、体の重心を後ろにずらすと、さらにブレーキがかかります。体の前後の動きでのブレーキの調節が、実はスキー上達のコツになります。緩やかな斜面での直滑降、ハの字でスピードを落とす、重心を後ろに倒しブレーキをかける、という一連の動きを練習してください。コツをつかむと数回でマスターできます。また、このブレーキの一連の動きが、のちに曲がり方、止まり方の練習の基本ともなります。

スキー初心者の基本とコツ⑤

滑り方のコツ

mmoさんの投稿
28156987 179454946112617 3908042960842784768 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

初心者の滑り方

初めての滑り方のコツはハの字で滑ることです。ブレーキ練習のやり方と似ていますが、スキー板をハの字の形にしたまま、エッジの角度を緩め、滑り出します。スピードが出てきたら膝を内側に入れ、エッジを効かせてスピードを落とします。この時スキーの後方が閉じるとスピードアップ、開くとスピードダウン、のように「開く・閉じる」という動きを交互に行いながら滑るれると、上手く滑ることにつながります。

ハの字で上手く滑るコツ

ハの字でスピードをコントロールできてくると、自然と体のポジションが上下します。膝も曲げ伸ばしの動きが出てきます。この時もできるだけ後傾姿勢にならないように気をつけてください。体重がかかとではなく、つま先の方に乗るような滑り方でも大丈夫です。ハの字で上手く滑ることができます。

yukie_taketoshiさんの投稿
11251072 581699585319440 985285186 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

スキー初心者の基本とコツ⑥

曲がり方のコツ・プルークターンに挑戦!

曲がり方の基本です。斜面に対して斜めに向かい、ハの字の姿勢で滑り出します。曲がりたいほうの内側の足に体重を乗せてキープします。そうすると自然に外側の板に角度が付き、雪面にエッジが立つ形になり曲がり始めます。片方のエッジを使って曲がるという仕組みです。初めは1回ターンしたら止まりましょう。少しずつ両方の曲がり方のバランスに慣れていきます。上達まであと少しです!

プルークターンに慣れてきたら

慣れてきたら、左右のプルークターンを止まらずにやってみましょう。ハの字で曲がるときに、やや腰を落とし膝を曲げて、内側の足に重心を置きます。外側の足はエッジで雪面を削るような感覚になるでしょう。そして曲がり終えたら、姿勢を楽な形に戻します。また反対に曲がるときは、ぐっと腰を落とすような膝を曲げる動きになります。テンポよく体の上下の動きができるようになれば、スキー上達の基礎になります。

j.i.naoyaさんの投稿
16906808 180640885764799 3082712291372695552 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

スキー初心者の基本とコツ⑦

パラレルターンに向けた滑り方

ハの字からパラレルターンに移行するやり方です。斜面を斜め方向にハの字で滑り出します。プルークターンで姿勢と体の動きを確認したら、次はスキーを平行にして、両足の間隔は広めにとり(ワイドスタンス)滑り出します。曲がるときには外側で雪を削るような動きの足に、内側の足を添えるような気持でスキーのテール部分を引き寄せます。ピッタリ引き寄せなくても、ワイドスタンスでかまいません。パラレルターンの曲がり方、初歩的なやり方になります。上手く滑る形まであと一歩です。

スキー初心者の基本とコツ⑧

初心者は転ぶことも止まり方の1つの手

初心者は「転び方」も知っておく必要があります。スピードが出すぎて、曲がれそうにない…。コントロールできずにコース外へ出てしまいそう、人にぶつかりそう…。そんなときは緊急の止まり方の手段として、転んでストップをしてください。初心者の転び方は、ハの字からスキー板の間に座り込むようにしておしりをついてしまう人が多いです。でもできれば山側の方に膝から倒れこむ形が理想です。ケガに注意をしながら手をついてもいいですが、膝から体全体で倒れ、ブレーキをかけるような止まり方がベストです。

snowcookiejapanさんの投稿
44392027 252247212129400 5933637589048972459 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

転んでも慌てない!転ぶ止まり方のコツ

転んでも慌てないでください。「恥ずかしい」と思うかもしれませんが、誰しも初心者の時は必ず転んでいます。転んでバランス感覚をつかむものです。転んだ時にバインディングに負荷がかかると外れる仕組みになっていますが、スキー板にはストッパーがついているので、板だけが滑り落ちていくことはないので安心してください。スキー板が長いので、できるだけ足がもつれないで転ぶためにも、山側へ、スキーの横へ肘をつくような体制で体を伏せてください。転ぶことも必要な止まり方の一つです。

tomajyutusi.1292さんの投稿
43913199 554881624956954 3027907504913639326 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

転んだあとの起き方

転んでしまったら立ち上がらなければいけません。まずスキーを斜面の谷側へ底を向けるように横にします。足は揃えてください。そしてストックを支えにおしりを板に乗せてから頭を上げます。それが無理なら、片方のスキーを外します。片足の自由が利くだけで起きることが容易になるやり方です。

スキー初心者の基本とコツ⑨

曲がり方の上達!パラレルターン

シュテムターンでの曲がり方 

パラレルターンの曲がり方を練習しましょう。上手く滑る基本になります。ワイドスタンスで滑り出します。外側の足を一歩踏み出すように開いて、ハの字の始まりのようにターンし始め、すぐ内側の足を引き寄せます。これをシュテムターンと言います。また滑り出し、一歩外に踏み出すようにハの字を作り、ターンを始めてすぐに足を引き寄せます。この時ヒザをぐっと近づけるように、軽く足を持ち上げるイメージで引き寄せるやり方をおすすめします。

パラレルターンでの曲がり方

ワイドスタンスで練習したシュテムターンから、だんだんと足の間隔をせばめてください。スキーを平行にして滑り出します。この時両方の足に均等に体重を乗せ、ニュートラルな姿勢を作ります。膝は柔らかく保ちやや曲げて、背筋は伸ばします。ターンの直前でジャンプするような動きをします。実際に足は浮きませんが、体の重心をフっと上へ持ち上げます。持ち上げて軽くなった時に両足でエッジを立てターンをします。ターンをし終わったら着地するような感覚で、再びニュートラルな姿勢に戻ります。上達まであと一歩です。

滑り方・曲がり方の上達

これをある程度のテンポと間隔で連続してできるようになれば、パラレルターンが上達し完成です。ターンの時は体は谷側をむき、腰を回すようなやり方になります。短い間隔でパラレルターンができるようになれば、それはショートターンになります。その頃にはもう上達し初心者とは言われません。中級者ほどのレベルになれるでしょう。上手く滑る形が完成しています。

skishopjiroさんの投稿
46083158 336435127152345 4914811092895470396 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

かっこいいウエア

PHENIXフェニックス2019新作ウェア

2019フェニックスの新作ウエアは、スキー時はもちろん、普段のダウンジャケットとしても活用できるスタイル性があります。シルクのような心地いい肌触りの裏地、しっかりと包まれるようなキルトダウンで保温性と快適性が高まっています。

PHENIX〔フェニックス スキーウェア ジャケット メンズ〕<2019>Davos Down Jacket〔ダボスダウンジャケット〕ES872OT15【送料無料】
楽天で詳細を見る

SALOMONサロモン2019新作ウェア

2019サロモンの新作はスキーでの滑走時の動きについて研究され、抜群の動きやすさを誇るウェアです。4WAYのストレッチ機能があり、快適なスキーを楽しめます。

【ポイント10倍!エントリー不要! 11/18 20:00〜23:59】 サロモン salomon スキーウェア ジャケット メンズ BRILLIANT JKT M ブリリアントジャケット BRILLIANT JK M
楽天で詳細を見る

DESCENTEデサント2019新作ウェア

2019デサントの新作ウェアの特徴は、胸から上を大きく魅せ、なおかつスマートなシルエットです。上手く滑る姿をさらにかっこよく魅せるウェアになります。また光を吸収して熱に変える機能性もあり、スキー時の防寒機能を高めます

DESCENTE〔デサント スキーウェア ジャケット〕<2019>S.I.O JACKET 60 MOVE SPORT/DWMMJK71
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

まとめ

初めてのスキーでも滑り方、曲がり方、止まり方のコツを掴めば、どんどん上手く滑ることができます。ぜひチャレンジして、白銀の世界でシュプールを描く爽快感を味わってください。

skishopjiroさんの投稿
43219986 1975079666123097 4889471226904391024 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

初めてのスキー、上手く滑る方法が気になる方はこちらもチェック!

初めてのスキーのやり方や姿勢、上手く滑るコツの情報はまだまだあります。参考にどうぞ。

Thumbスキーセットおすすめ8選!通販でも買える初心者向け道具セットをご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
初心者でも使いやすいスキーセットが何が良いかわからない。そんな方の為に5歳からスキー経験があ...
Thumbスキーのパラレルターンを習得しよう!滑り方のコツと練習の仕方をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
スキーもそろそろ初心者を卒業したので、パラレルターンをしたいなと思っている方。スキーでのパラ...
Thumb【スキー初心者必見】リフトの攻略ガイド!乗り方や降り方のコツを解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
スキー初心者の一番最初の関門であるリフトの乗り方、リフトの降り方についてです。誰でも最初のス...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ