検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

スキー用靴下おすすめ13選!寒い中でも暖かくて高機能なソックスをご紹介!

スキー用のおすすめ靴下をお探しでしょうか?スキー用の靴下は普段使いの靴下と違いがあり、高機能で保温性が高い製品ですが、その存在を知らずに普段使いの靴下でスキーをされている方が沢山います。今回はそんなスキー用のおすすめ靴下の紹介と、選び方を解説します!
更新: 2022年9月22日
T・S

スキー用靴下おすすめ13選!

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

スキー用の靴下をお持ちの方はあまり多くないかもしれません。気軽にスキー、ボードを楽しまれる分には、普段使いの、暖かい厚手靴下でも問題ありませんが、本格的にウィンタースポーツを楽しむとなれば、是非持っておきたいアイテムです。今回はそんなスキー用のおすすめ靴下と、選び方のポイントを解説していきます!

スキー用靴下の選び方


スキー用靴下の選び方①保温性と速乾性

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

まずチェックすべき選び方のポイントは、保温性と速乾性です。ウィンタースポーツに使用するものですので、保温性が第一ですよね。しかし、ただ保温性が高いだけでは、汗をかいた後に汗冷えしてしまいます。そこで大切なのが速乾性です。速乾性があれば汗をかいても乾きが早く、汗冷え防止になり、また防臭効果も期待出来ます。

スキー用靴下の選び方②厚手か薄手か

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

選び方のポイント2つ目は、素材の厚みです。靴下には厚手のものや薄手のものがありますが、スキーに使う場合は厚手のものを選ぶ方が多いですよね。厚手の方が保温性は高く、またクッション性もありますので足が痛くなりにくいメリットがあります。

その反面、厚くなるほど足裏感覚が鈍ってしまいますので、上級者の方は薄手を好みます。これは現在の力量なども含めて検討したいポイントですね。

スキー用靴下の選び方③長さ

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

選び方のポイント3つ目は、長さです。靴下は短いものも長いものも色々とありますが、基本的には長めの製品を選びましょう。短いものですと、ブーツと足が摩耗して痛くなることがあり、また、汗を吸ってくれないので乾きが悪くなってしまいます。今回ご紹介したものは、いずれも長さのある製品ですので、是非チェックしてみて下さい。

スキー用靴下の選び方④指先の形状


クリックすると楽天商品ページへ飛びます

選び方のポイント4つ目は、指先の形状です。普段使いで見かける普通のものから、タビ型のタイプ、5本指タイプがあります。5本指タイプは上級者の方がよく使っており、汗を吸いやすく、また指に力を入れやすいのがポイント。

ただし、見た目が好きじゃない方もいたり、また横幅が広がってしまいますので窮屈に感じる場合もあります。履いたことが無い方は一度試してみて下さい。

スキー用靴下の選び方⑤その他の効果

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

選び方のポイント5つ目は、その他の効果・機能です。ここまでポイントを紹介させて頂きましたが、製品によってさまざまな機能を持っており、それも選ぶ材料になりますよね。段階着圧設計や、抗菌機能、クッションパッドが入っているものなどいろいろあります。

スキー用靴下おすすめ①

「Berkner Socks」ってどんなの?

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

暖かいスキー用靴下・ソックスおすすめ1個目は「Berkner Socks」です。こちらは暖かいのですが厚手ではなく、重ねばき出来る程度の薄さの靴下です。抗菌・防臭にも優れており、ムレが気になる方には嬉しいポイントですよね。

長さは長めで、ブーツを履いた時のスレも気になりません。また、コットン素材を使用していますので、肌に優しく、またシワになりにくい形状記憶機能も持っています。

このスキー用靴下はどんな人におすすめ?

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

こちらは快適なフィット感があり、高機能でおすすめなのですが、他社製品と比べて価格が高いので、ある程度価格が張ってでも良いものが欲しい方におすすめです。耐久力も低価格製品と比べて高いので長く使えますが、他のソックスに比較して数倍はする商品ですので、よく検討して購入したいですね。

スキー用靴下の詳細

素材:ポリアミド96%, ポリプロピレン1%, エラステン3%
タイプ:薄手
長さ:ブーツ丈・ひざ下
サイズ展開:20~28㎝

スキー用靴下おすすめ②

「FITS スキー マウンテントップ」ってどんなの?

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

暖かいスキー用靴下・ソックスおすすめ2個目は「Fits」です。こちらは中厚タイプの高機能ソックスで、重ねばきも出来て使いやすい製品です。長さはひざ下までありますので、足をしっかりカバーしてくれます。

素材にはウールを使用しており、厚手じゃないのにとても暖かいのが特徴。クッション性も高く、またデザインも可愛らしいのが嬉しいですね。足の血流も考えて作られた製品です。

このスキー用靴下はどんな人におすすめ?

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

こちらも高価格帯の靴下ですので、間違いなく良いものが欲しいという方におすすめです。低価格製品と比べて数倍の価格ですが、人体のことをよく考えて作られており、耐久性・デザイン性も高く、履き心地も良い製品です。また、ウールは抗菌性も高いので、ムレでの臭いが気になる方も安心ですね。

スキー用靴下の詳細

FITS ミディアムスキー マウンテントップ

出典:Amazon

素材:ウール68%、ナイロン24%、ポリエステル6%、ライクラスパンデックス2%
タイプ:中厚
長さ:ブーツ丈・ひざ下
サイズ展開:S~L

スキー用靴下おすすめ③

「smartwool」ってどんなの?

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

暖かいスキー用靴下・ソックスおすすめ3個目は「smartwool」です。こちらは暖かくて高品質なことで知られているスマートウール製品です。クッションが戦略的に配置されていますので、スキーに伴う足の負担を抑えてくれます。

また、素材はウールを使用しており、抗菌性も高く、高品質な製品ですね。また、ストレッチ・フィット感も体をよく考えて作られているのがポイントです。

このスキー用靴下はどんな人におすすめ?

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

こちらも安価な製品と比べますと価格が高い製品ですので、ちょっと良いものを選びたい方におすすめです。価格が高い分、履き心地が非常に良く、また透湿性にも優れていますので、汗をかいても足はサラサラ状態をキープしてくれます。なかなか納得のいくスキー用ソックスが見つからないという方は、ぜひ検討してみて下さい。

スキー用靴下の詳細

スマートウール PhD スキーライトエリート

出典:Amazon

素材:ウール59%、ナイロン38%、ポリウレタン3%
長さ:ブーツ丈・ひざ下
サイズ展開:S~XL
その他:クッションは、すね・つまさき・かかと部分にあります。

スキー用靴下おすすめ④

「ノースピーク」ってどんなの?

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

暖かいスキー用靴下・ソックスおすすめ4個目は「ノースピーク」です。ノースピークはスキー用靴下を沢山販売していて、幅広く人気を集めている商品です。素材はクッション性が高めの厚手仕様。重ねばきには向きませんが、暖かさがありますので安心ですね。

また、着圧タイプとなっており、ひざ付近はロープレッシャー、足首に近づくにつれてハイプレッシャーとなっています。

このスキー用靴下はどんな人におすすめ?

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

こちらは厚手の製品ですので、保温性を重視される方におすすめです。また、着圧タイプが欲しい方もぜひチェックしたいですね。スキー以外のスポーツでも使用でき、寒い秋冬時期に活躍します。価格も高価格製品と比べて安価ですので、手に取りやすいのが嬉しいですね。

スキー用靴下の詳細

素材:ポリエステル、綿、ポリウレタン、サーモライトファブリック
タイプ:厚手
長さ:ブーツ丈・ひざ下
サイズ展開:23~27㎝

スキー用靴下おすすめ⑤

「FIRN(フィルン)」ってどんなの?

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

暖かいスキー用靴下・ソックスおすすめ5個目は「FIRN(フィルン)」です。こちらは大手ネットショップ「Amazon」でとてもよく売れているウインタースポーツ用ソックスで、とくにスノーボーダ―に人気がある、高性能のコストパフォーマンスが良い製品です。

上質のメリノウールを素材に使い、暖かくて通気性がよくソフトな履き心地は、長時間の使用でも快適な商品となっています。

このスキー用靴下はどんな人におすすめ?

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

肌にも優しく伸縮性のある靴下は、プロボーダーたちからも好評を得ています。ほどよい厚みのソックスは、吸湿性・放湿性の両方に優れ、消臭機能も備えたメリノウール素材を使い、肌触りのよい贅沢な履き心地を継続します。

疲労の蓄積を軽減する、段階着圧設計や足首サポートなど、いくつもの工夫が凝らされており、スキーやスノーボードに最適なソックスです。ビギナーから、激しい練習を繰り返す上級スキーヤーまでにおすすめの逸品です。

スキー用靴下の詳細

素材:メリノウール、アクリル、ナイロン、ポリエステル、ポリウレタン
タイプ:中厚(ほどよい厚み)
長さ:ブーツ丈・ひざ下
サイズ展開:Mサイズ(22〜25cm)、Lサイズ(25〜28cm)

スキー用靴下おすすめ⑥

「MICO ソックス」ってどんなの?

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

暖かいスキー用靴下・ソックスおすすめ6個目は「MICO」です。こちらは薄手タイプのコンプレッションソックスで、重ねばきも可能。特殊な織り方で作られた段階的テンション構造が特徴で、足のあらゆる部位に合わせた着圧がかけられます。

加重を分散し、足底を安定させ、しっかりサポートしてくれる靴下です。伸縮性も高く、伸ばしてもすぐに原型を取り戻すのもポイントですね。

このスキー用靴下はどんな人におすすめ?

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

こちらは適切な着圧で、血行を適度に刺激してくれるソックスですので、血流やリンパが気になっている方におすすめ。また、温かさや通気性に優れているのも特徴的です。価格は安価なタイプと比べると高いのですが、非常に安心感のある作りですので、ぜひチェックしてみて下さい。

スキー用靴下の詳細

素材:ポリプロピレン70%・ナイロン21%・ライクラ6%・X-Static6%
タイプ:薄手
長さ:ブーツ丈・ひざ下
サイズ展開:23~28.5㎝

スキー用靴下おすすめ⑦

「X-SOCKS」ってどんなの?

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

暖かいスキー用靴下・ソックスおすすめ7個目は「X-SOCKS」です。こちらはタイトなフィット感が特徴のソックスで、ハイテク素材が使用されており、上級モデルとして愛されている製品です。

クッションパッドが必要な箇所にだけ配置されていますので、足裏の感覚を損なわず、スキーヤーには大変嬉しい仕様となっています。また、各所のプロテクションにより、足の負担が軽減される作りとなっています。

このスキー用靴下はどんな人におすすめ?

こちらはデザインも本格的な、イタリア性の高価格帯商品ですので、本格的なものを使用してみたい方におすすめです。特に、足裏感覚をしっかり掴みたい方はぜひチェックしてみて下さい。薄手ですので重ねばきも出来ますが、足裏感覚が損なわれてしまいますので、まずはそのまま履いてみましょう。

スキー用靴下の詳細

素材:ナイロン メリノウール ポリプロピレン スパンデックス
長さ:ブーツ丈・ひざ下
サイズ展開:20.5~28㎝

スキー用靴下おすすめ⑧

「Burton EMBLEM SOCK」ってどんなの?

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

暖かいスキー用靴下・ソックスおすすめ8個目は「バートン」です。バートンはウィンタースポーツで有名なブランド。ボード・スキー用のソックスで、速乾性・保温性・透湿性が高く、高品質な製品です。

 

このスキー用靴下はどんな人におすすめ?

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

こちらは中間価格帯の製品、かつ高品質な製品ですので、コストパフォーマンスの高い製品を探している方におすすめです。また、バートンというブランドは誰しもが知っている有名ブランドですので、バートンが好きな方も選びたいですね。厚手の暖かな靴下で、摩耗対策も施されており、普段使いでも使っていきたい製品です。

スキー用靴下の詳細

バートン EMBLEM MIDWEIGHT ソックス

出典:Amazon

素材:アクリル61%、ナイロン28%、ポリプロピレン9%、ポリウレタン2%
タイプ:厚手
長さ:ブーツ丈・ひざ下
サイズ展開:S~L

スキー用靴下おすすめ⑨

「デサント」ってどんなの?

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

暖かいスキー用靴下・ソックスおすすめ9個目は「デサント」です。スポーツブランドとして有名なデサントから出ている製品で、薄手ですが、遠赤外線を放射する特殊セラミックが練り込まれていますので保温性が高く、重ねばきの必要がありません。

また、アンモニアなどの臭気を中和・吸収する素材となっており、臭いが広がらないのも嬉しいポイントです。安定性もあり、安心して使用出来る製品です。

このスキー用靴下はどんな人におすすめ?

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

このデサントのスキーソックスは、素材から製法までこだわりぬいた商品です。素材には遠赤外線繊維を使うなど暖かさを追求し、独自の立体形状製法により、運動中のフィット感を高めた秀逸な商品となっています。

指先にも力が入りやすく、スキーの上級者にも役立つソックスです。価格も安くはありませんので、過酷な状況下でのスキーや、真冬にスキーを長時間楽しむ人になどにおすすめです。

スキー用靴下の詳細

素材:ポリエステル、アクリル、ナイロン、ポリウレタン、毛
長さ:ブーツ丈・ひざ下
サイズ展開:22-24、24-26、26-28の3サイズ

スキー用靴下おすすめ⑩

「COCOON CLUB」ってどんなの?

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

暖かいスキー用靴下・ソックスおすすめ10個目は「COCOON CLUB」です。こちらは足の形にフィットするよう考えて作られた、薄手の靴下です。薄手ですので重ねばきも出来ますが、保温性は確保されており安心です。

また、5本指ではありませんが、足の形にフィットする「オブリーク形状」で踏ん張りが効くのも嬉しく、5本指ソックスと同等の効果を持ちながら、脱ぎ履きが楽なのが魅力となっています。素材はアクリルとウールですので、ムレにくいのも嬉しいですね。

このスキー用靴下はどんな人におすすめ?

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

こちらは中間価格帯の5本指タイプのソックスですので、お手頃で高品質な5本指ソックスを探している方にもおすすめです。カラーは3色あり、シンプルなデザインが人気を集めています。

スキー用靴下の詳細

COCOON CLUB オブリークスキー ソックス

出典:Amazon

素材:アクリル・ウール
タイプ:薄手
長さ:ブーツ丈・ひざ下
サイズ展開:S、M、L

スキー用靴下おすすめ⑪

「ノースピーク MP-685」ってどんなの?

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

暖かいスキー用靴下・ソックスおすすめ11個目は「ノースピーク MP-685」です。こちらは保温性・耐摩耗性・吸湿速乾性の高いメリノウール素材のソックスで、スキーだけじゃなく、あらゆるスポーツに適した靴下です。

暖かいのですがチクチク感は無く、とても快適に履ける商品です。価格も少し抑え目設定となっており、買いやすいのが嬉しいですね。

このスキー用靴下はどんな人におすすめ?

こちらは少し抑え目の価格のメリノウール製品ですので、安価なメリノウール製品を探している方におすすめです。また、スキーだけじゃなく、秋冬の色々なスポーツに使えますので、多趣味な方にもおすすめ出来ます。速乾性がありますので、運動後に汗冷えすることが無いのが嬉しいですね。

スキー用靴下の詳細

素材:メリノウール、ポリエステル、ポリウレタン、アクリル
タイプ:薄手
長さ:ブーツ丈・ひざ下
サイズ展開:23~29㎝

スキー用靴下おすすめ⑫

「ノースピーク MP-687」ってどんなの?

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

暖かいスキー用靴下・ソックスおすすめ12個目は「ノースピーク MP-687」です。こちらは先述して紹介した685製品の5本指バージョンで、機能性は変わらず良く、5本指のメリットだけが追加されています。5本指製品はスポーツ時に活躍しますので、一つは持っておきたいですよね。

このスキー用靴下はどんな人におすすめ?

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

コストパフォーマンスの良いメリノウール5本指靴下をお探しの方におすすめです。段階着圧設計となっていますので、疲れにくいのもポイントで、快適に履き続けられる靴下をお探しの方はチェックしてみて下さい。

スキー用靴下の詳細

素材:メリノウール、ポリウレタン、アクリル、ポリエステル
タイプ:薄手
長さ:ブーツ丈・ひざ下
サイズ展開:23~27㎝
その他:3色展開となっています。

スキー用靴下おすすめ⑬

「CEP スキーサーモソックス」ってどんなの?

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

暖かいスキー用靴下・ソックスおすすめ13個目は「CEP スキーサーモソックス」です。こちらは高価格帯・高品質な製品で、医療現場で培われた技術を使ったメディ・コンプレッションが特徴。最適に足を包み込み、筋肉をサポートし、疲労を軽減してくれます。

サーマル素材を使用しており、保温性が高く、フィット感も良好な厚手靴下となっています。重ねばきは出来ませんが、一枚で十分暖かいですね。

このスキー用靴下はどんな人におすすめ?

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

こちらは高価格帯ですが、機能性が高くて暖かい靴下ですので、これから本格的にスキーを楽しんでいきたい方におすすめです。デザインもスポーティーであり、本格的な雰囲気があります。

スキー用靴下の詳細

素材:ナイロン85%、ポリウレタン15%
タイプ:厚手
長さ:ブーツ丈・ひざ下
サイズ展開:M~XL
その他:3色展開となっています。

まとめ:スキー用のおすすめ靴下

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

今回の「スキー用靴下おすすめ13選!寒い中でも暖かくて高機能なソックスをご紹介!」はいかがでしたでしょうか?重ねばき出来る薄手のもの、暖かい厚手のもの、高機能なもの、コストパフォーマンスの良いものなど色々紹介させて頂きましたが、それぞれに良さがありましたよね!

現在のレベルや、これからどのくらいの頻度で楽しむかによっても選ぶ基準が変わってきます。目的に合わせ、最適なものを選んでみましょう!

スキー用靴下が気になる方はこちらもチェック?

今回はスキー用靴下を紹介させて頂きましたが、他にもウィンタースポーツに関する記事が沢山あります。気になる方は是非チェックしてみて下さい。