Twitter
Facebook
LINE

ハタハタとは?旬な時期に食べたい美味しい魚の正体と食べ方をご紹介!

蛙屋

ハタハタとは?旬な時期に食べたい美味しい魚の正体と食べ方をご紹介!

蛙屋

秋田名物~で始まる歌でも有名な魚ハタハタ。そのため、秋田近辺でしか獲れないローカルフードと思われがちですが、意外と広い範囲にいる魚なのです。ハタハタは調理法も多く、いろいろな食べ方ができます。この記事ではハタハタの生態とレシピ付きの料理をお教えします。



ハタハタについて

覚えやすい名前のハタハタ。最近はやや高価ですが、もともとはいくらでも獲れる大衆魚でした。

ハタハタの分布は広かった

ハタハタはスズキ目カジカ亜目ハタハタ科の魚です。しゃくれて上を向いた口で、胸びれが特に大きく、調理にも手頃な20cm程度の大きさです。山口県より北の日本海から、北海道の太平洋側・オホーツク海で獲れ、岩手から茨城の太平洋にもわずかに生息しています。普段は100~400mの深度にいる深海魚になります。

激減から今では数が回復

ハタハタはとにかく漁獲量が多く、昔から安い大衆魚でした。家庭でも箱買いして、調理したり加工されたりするのが当たり前だったのです。しかし、乱獲で数を減らし、一時は保護されていました。現在では漁獲量も戻りつつあります。今でもハタハタが普通に食べられるのは、産地のこうした努力の賜物といえるかもしれませんね。

荒れた海が呼ぶ魚



ハタハタは別名カミナリウオ。雷が鳴るような海が大荒れのときに、大軍が岸近くまで寄せてきてたくさん獲れるからなのだとか。雷は古い言葉で霹靂神(はたはたがみ)と呼ばれていて、ハタハタの名はここからきています。波多波多という説もあります。漢字でも「鰰」ですから、どこか縁起のいい魚として日本では愛されてきたのでしょう。

ハタハタの旬は?

刺身などは旬の時期に食べたいものですね。ところが、ハタハタの旬は産地で変わるといいます。



北国では冬が旬

名産地の秋田では冬がハタハタ漁の時期です。この頃のハタハタは産卵を控え、脂が乗っています。つまり、ハタハタの旬は秋から冬なのです。漁は秋の沖合で獲る場合と、産卵で浅瀬に来たものを摂るのがあります。この旬期には卵(ぶり子)や白子を味わえます。本場の秋田でハタハタを食べるなら、この旬期は覚えておきましょう。

山陰のシロハタも美味しい

実は鳥取県もハタハタがよく獲れます。これは産卵前に餌を求めて回遊してきたハタハタで、こちらは旬が3月~5月となっています。旬といっても産卵前は魚も痩せて、美味しくないのではと思いますが、そんなことはありません。この時期のハタハタは山陰では「シロハタ」と呼ばれ、産卵前でも脂が乗って美味しいのです。

獲れる地域により旬も変わる

ハタハタは北海道全域や、東日本の太平洋でも獲れます。漁場によって漁期はかなり変わり、それぞれで旬の時期も変わってくるのです。一般的に秋田は冬、山陰は春が旬とされていますが、北海道などはハタハタは年中獲れる魚で、旬も年中ということができます。どこのハタハタを食べるかで、旬を調べてみるといいですね。

ハタハタの釣り

冬の旬はハタハタ釣りも楽しめます。釣りたての新鮮な魚は、どんな食べ方でもいけますよ。

冬はハタハタ釣りでも旬だった

12月になると北国の日本海では、ハタハタが産卵のために岸近くにやってきます。それを堤防などからサビキで狙うのがハタハタ釣りです。群れに当たれば入れ食いも期待できます。ハタハタは釣りの旬が短く、釣れるのは12月~1月上旬のひと月ほど(場所によってじゃっかんのズレがある)ですから、期間限定の釣りになります。

ハタハタ釣りの竿と仕掛け

ハタハタ釣りで使う竿は、中型スピニングリール付きの3~4mのもの。竿の長さは釣りをする場所によって、ちょうどいいものにします。ミチイトは6号くらいでいいでしょう。ハタハタ用のサビキ仕掛けに、10~20号のオモリをつけます。夜釣りの場合は、仕掛けの上に発光玉などをつけて、ハタハタにアピールしましょう。

ハタハタ釣りの注意

ハタハタは荒れた海のほうがよく釣れる魚です。ハタハタ釣りのシーズンは寒いうえに、爆釣りを狙って風が強い日にすることも多いのです。当然、防寒と安全には注意しなければなりません。釣果よりも命のほうが大切ですからね。雷の日もハタハタはよく釣れますが、無理をせずに竿を仕舞うという判断も必要ですよ。

ハタハタの料理:刺身

ハタハタは刺身も美味しい魚です。捌き方と一緒に食べ方を紹介します。

ハタハタの捌き方

ハタハタはウロコがないので、いきなり捌いても大丈夫です。頭を切り落として、腹に切り込みを入れ内臓を取りだし、水でよく洗うだけです。あとは水気を切って、調理用に切り分けるのです。エラから割りばしを入れて、割りばしをグリッと回して内臓を取る方法もあります。こちらの方法は慣れが必要ですが、卵を傷つけずに捌けます。

刺身の食べ方

ハタハタの刺身はクセがなく、淡白な味わいです。大葉などの薬味と一緒に食べると美味しいですよ。もちろん刺身はお寿司や飯寿司、海鮮丼にしてもいいです。また、そのまま酢で〆たり、コブ〆にもできます。刺身はハタハタの食べ方としては、決してメジャーなほうではなく、旬の時期にいただけるもので、産地の外食店でも食べられます。

刺身に寄生虫がいることも

刺身の調理で心配なのは寄生虫ですね。ハタハタは寄生虫がつきやすい魚というわけではないのですが、時々はアニサキスやシュードテラノーバに寄生されていることもあります。刺身にするときはよく観察して調理するようにしましょう。アニサキスもシュードテラノーバもミミズのような姿で、よく見れば見つけやすい寄生虫です。

ハタハタの料理:焼き料理

魚料理といえば焼き魚は外せません。調理も手間がかからないので、時間に余裕のないときでもいいですね。

調理は簡単、焼きハタハタ

ハタハタを焼く場合、頭と内臓を取り除いたものを使うのであれば、レシピは塩をふってグリルなどで焼くだけです。大根おろしを添えると、立派なおかずにも酒肴にもなりますよ。それでも面倒なら、ハタハタの干物がいいでしょう。レシピは干物はそのまま焼けばいいだけですが、美味しく焼くにはちょっとしたコツがあります。

ハタハタの干物の焼き方

・開きの干物は身のほうから中火で焼きます。
 身が焼けたら弱めの中火にして皮を焼く。
・丸干しは中火で片面ずつ焼きます。
・フライパンで焼く場合はクッキングシートを引くと焦げ付きません。
 中火~弱火でお好みの焼き加減で焼きます。
 

ハタハタの料理:揚げ料理

骨まで食べられるハタハタの揚げ料理。いくつかレシピを載せておきましょう。

ハタハタの唐揚げ

小ぶりなハタハタなら、唐揚げにしてみるといいですね。カラッと揚げれば骨まで食べられ、カルシウムの補給にもなります。揚げ料理の中では調理が簡単なのも助かります。

ハタハタの唐揚げのレシピ

・内臓を取り除いたハタハタを準備します。
・魚の水気を取り、塩・コショウしておきます。
・ハタハタに小麦粉、片栗粉をまぶします。
・180℃の油で3分ほど揚げれば完成です。
・レモンがあればお好みで添えましょう。
 

ハタハタの竜田揚げ

唐揚げもいいですが、少し手間をかけて竜田揚げでもハタハタは美味しいのです。しっかりとした味で、ごはんも進みますね。難しい料理ではないので、男性でも簡単に作れます。

ハタハタの竜田揚げのレシピ

・捌いたハタハタを使います。(丸ごとでも三枚おろしでも可)
・醤油、酒、みりんを3:3:1で合わせ、おろしたショウガを適量混ぜる。
・ハタハタを10分ほど漬けておく。
・漬けたハタハタに小麦粉をまぶし、180℃で揚げます。
 

ハタハタの料理:煮つけと鍋

ハタハタの有名な食べ方のひとつが煮つけです。鍋料理と一緒に紹介しますよ。

ハタハタの煮つけ

ハタハタは大量に手に入りやすいので、煮つけでたくさん使ってしまいたいのではないでしょうか。ホクホクしたハタハタの白身は、煮つけにすると味が染みて、味わいが深くなりますよ。

ハタハタの煮つけのレシピ

ここではハタハタを5尾煮つけるレシピを紹介します。
・頭と内臓を取ったハタハタを準備します。
・煮汁を作ります。
 水、酒……100㏄ずつ
 醤油大さじ3
 砂糖大さじ2
・ハタハタを鍋に入れ、スライスしたショウガ適量を加える。
・時々汁をかけながら、8分ほどとろみがつくまで煮ます。
・火を止めて、しばらく置くと味が染み込みます。
・煮汁の分量はお好みで加減してください。
 

ハタハタの鍋料理

ハタハタ料理ですぐにイメージされるのは鍋料理ではないでしょうか。名産地の秋田で、囲炉裏にハタハタ鍋を下げ、きりたんぽを焼いている観光用のショットはお馴染ですね。ハタハタ鍋のレシピは水とだし汁に、ハタハタの魚醤しょっつるを加え、好きな野菜と煮るだけ。ハタハタの旬・冬にはなんとか賞味したいものですね。

ハタハタの料理:洋風な食べ方

どこか和風の印象が強いハタハタですが、スズキのように洋風の食べ方もできるんです。

ハタハタのバター焼き

白身のハタハタはバター焼きも合います。バター焼きは自分で捌いたものでも、干物でも、切り身でも問題ありません。塩焼きとは違う、香り高いハタハタがいただけるでしょう。

ハタハタのバター焼きのレシピ

・ハタハタに酒をふってなじませ10分置きます。
・フライパンにオリーブオイルを引きます。
・水気を切ったハタハタを中火で焼きます。
・焼けたら裏返し、すりおろしたニンニクを適量乗せます。
・焼けたら火を止め、バターを入れてからめます。

ハタハタのオイル漬け

秋田県のお土産に「ハタハタのオイル漬け」というのがあります。ガーリックの風味がして、辛みのアクセントでトウガラシが入っています。これをそのままパスタにからめると、ハタハタのペペロンチーノになるというわけです。通販でも取り寄せられますが、好評なので品薄も覚悟です。秋田土産によさそうですね。

出典: https://www.amazon.co.jp/%E9%88%B4%E6%9C%A8%E6%B0%B4%E7%94%A3-%E7%A7%8B%E7%94%B0-%E5%B1%B1%E6%9C%AC-%E3%83%8F%E3%82%BF%E3%83%8F%E3%82%BF%E3%82%AA%E3%82%A4%E3%83%AB%E6%BC%AC%E3%81%91-%E3%82%AC%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF%E9%A2%A8%E5%91%B3/dp/B01N0R0Y19

ハタハタのしょっつるとは?

ハタハタといえばしょっつるも知られています。でも、使い道がよくわからない方も多いのではないでしょうか?。

食べ方は鍋だけではない

日本のナンプラーともいえる「しょっつる」。魚から作られる醤油で、日本にいくつかある魚醤の中ではもっとも有名です。しょっつるは鍋に入れるのが一般的です。しょっつる鍋でなくても、少量加えるだけでコクが増し、ふわりと潮の香りが立ちます。それだけかと思いきや、しょっつるはいろいろな食べ方に活用できるようです。

しょっつるの使い方

香りが強く、苦手な人もいるかもしれませんが、しょっつるは少し足すだけで旨味が出る魔法のような醤油です。チャーハンや焼きそばにひと垂らしするだけで、味がシーフードっぽく変わります。下味にも使え、レシピは無限なのです。ただし、しょっつるは味が強いので、ちょっとずつ味を見ながら加えるようにしてください。

ハタハタのまとめ

ハタハタはいつでもどこでも味わえる

ハタハタについて、食べ方を中心に紹介してきました。料理の幅が広く、なかなか重宝する魚のようです。もちろん、ハタハタ料理はまだまだあります。釣りで大量に手に入れることも可能ですから、いろいろな調理法を試してみてください。産地で獲れる時期も変わりますから、食べられる機会は少なくないはずですよ。

ハタハタ釣りに興味のある方はこちらもチェック!

SNS SHARE

Twitter
Facebook
LINE

Movie動画記事

【ラグゼ】2022年のフィッシングギアも激アツ!便利グッズが目白押しだ!

★がまかつラグゼ アパレル・ギア一覧★ https://luxxe.jp/products?fishing=&p_category=apparel&s=&submit=SEARCH ※画像出典元 ★...

【最高】22イグジストがシマノリールだった件・・・

★2022年釣り具新製品シリーズはコチラから★ https://youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK5y3cIw06rp8Q0M02AlW2jY ★チャンネル...

22カルディアSW触ってきたけど・・・コレってSW?

★2022年釣り具新製品シリーズはコチラから★ https://youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK5y3cIw06rp8Q0M02AlW2jY ★チャンネル...

【シマノ2022新製品】21ナスキーと22サハラのスペック比較!

★シマノ22サハラ 公式HPはコチラ★ https://fish.shimano.com/ja-JP/product/reel/hanyouspinning/a075f00003iili7qam.ht...

【10万円】ダイワ2022新製品22イグジスト登場!デザインが奇抜すぎる件

★2022年釣り具新製品シリーズはコチラから★ https://youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK5y3cIw06rp8Q0M02AlW2jY ★チャンネル...