寝袋選びのポイントは?人気メーカーのおすすめモデルを比較しながら解説!のイメージ

寝袋選びのポイントは?人気メーカーのおすすめモデルを比較しながら解説!

キャンプをあったかい環境で過ごすことのできる人気の寝袋を選び方をご紹介します。様々な人気アウトドアメーカーがありますが、実はメーカーによって寝袋の良さが当然異なってきます。そのため、しっかりとした選び方をチェックしておきましょう。

2020年06月07日更新

kawakawaken5
kawakawaken5
アウトドア情報をみていただいた方に興味が湧いてくるような執筆を心がけています。また、長年の調理経験から、料理やアウトドアで使えるレシピも執筆しています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 寝袋のおすすめの選び方をチェック
  2. 夏用寝袋に必要なこと
  3. おすすめの夏用寝袋
  4. 冬用寝袋に必要な最低温度
  5. おすすめの冬用寝袋
  6. ポイント①「形状を比較する」
  7. ポイント②「寝心地を比較」
  8. ポイント③「お値段で比較」
  9. ポイント④「重量で比較」
  10. ポイント⑤「素材で比較」
  11. ポイント⑥「機能を比較」
  12. ポイント⑦「持ち運びで比較」
  13. ポイント⑧「デザインを比較」
  14. 人気寝袋にプラスする用品
  15. 人気寝袋のおすすめの選び方をチェック:まとめ

寝袋のおすすめの選び方をチェック

意外と難しい人気寝袋の選び方

キャンプで必須になってくる寝袋ですが、人気メーカーも多数あります。その他にも、様々な形や性能があって選び方が意外に難しいです。今回はそんな、コスパや寝心地といった寝袋の選び方のポイントとともにメーカーごとの比較やおすすめのポイントをご紹介していきます。

まずは、シーズンを考慮する

寝袋の選び方でまず、考えなければならないのが寝袋を使うシーズンになります。寝袋はシーズンによって人気のメーカーでも押してくる商品が変化してくるうえに、冬のキャンプに夏用の寝袋を使ってしまうと最悪命を落とすこともありますので、あったかい寝袋を選ばなければなります。そこでまずは、主なシーズンごとの寝袋の特徴を比較していきながら、おすすめの人気寝袋をご紹介していきます。

夏用寝袋に必要なこと

夏でも寝袋は必須

夏は暑いので寝袋ではなく、毛布だけでも大丈夫と考える方もいるでしょうが夏のキャンプでも寝袋は必須になります。キャンプの主な場所になる山や川付近では、昼間は暑くても夜に急激に冷え込むことがあります。そのため、いくら真夏のキャンプと言っても寝袋は必須になります。

人気なのは温度調節ができる寝袋

夏場に寝袋が必須といっても寝苦しい夜もありますので、寝袋は温度調節がしやすい形状が人気があります。寝心地もいいものが多いですし、夏用の寝袋は軽量のものが多いので荷物にもなりにくいものが多いので、荷物が多くなりがちのキャンプでも安心して使うことができます。コンパクトサイズのもの選ぶのも快適にキャンプを行ううえで大切です。

限界使用可能温度は10℃以上のものを

寝袋には限界使用温度というものが設定されています。この温度ならば、使用が可能の温度として設定されているものであります。しかし、この温度ギリギリの使用はあまり推奨されていませんので+5℃くらいは考えておいたほうが使用するうえでは、快適になります。他にも快適使用温度などもありますので、自分のキャンプにあったあったかい寝袋を選びましょう。

おすすめの夏用寝袋

「コールマン」のおすすめ人気夏用シュラフ

Coleman(コールマン) パフォーマーIII/C10 イエロー 2000034775
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

夏用の寝袋でまずおすすめなのが、キャンプの老舗人気メーカーのコールマン性の「パホーマーⅢ」になります。この寝袋は、温度調節のしやすいデザインになっているのはもちろんのこと注目すべきは、そのコスパの良さになります。キャンプを十分あったかい気持ちで過ごせて、お値段がAmazonでは2000円程度で購入できるというコスパの良さが人気です。

「モンベル」のおすすめ人気夏用シュラフ

モンベル(mont-bell) 寝袋 ダウンハガー650 #5 ブルーリッジ [最低使用温度6度] R/ZIP BLRI 1121258
Amazonで詳細を見る

少々コスパ面では、難色を示す方が多いですがしっかりとした伸縮性や各シーズンの寝袋の種類の豊富さで人気を集める「モンベル」というメーカーでおすすめなのがこの寝袋になります。こちらの寝袋は伸縮性に優れた素材を使用しており、夏ならではの登山キャンプなどでも軽量で小さく持ち運びが便利というところで人気を集めている寝袋になります。

「スノーピーク」のおすすめ人気夏用シュラフ

スノーピーク(snow peak) セパレートシュラフオフトン [最低使用温度5度] BD101
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

アウトドアが趣味の方には非常に人気のスノーピークのおすすめの寝袋になります。スノーピークの寝袋のシリーズで人気が高いのが「オフトン」シリーズです。ほかのメーカーと比較すると特徴的なのが、日本の布団を参考にして敷布団と掛け布団という発想になっており、すっぽりと寝袋に入るのではなく布団のように分離することもできるので、夏場の体温調節といった面で優秀です。

冬用寝袋に必要な最低温度

冬の危険キャンプに注意

冬キャンプの寝袋で一番重要なのが、寝心地よりもあったかい保温力になります。保温力の低い寝袋を使ってしまうと最悪、低体温症になってしまいますのでしっかりとした冬シーズン用の寝袋を使用しましょう。

寝袋以外にもしっかりと防寒具を

冬のキャンプでは、寝袋以外にも防寒具が必要になってきます。テントの中にブランケットや防寒シートなどのしっかりとした備えが必要になってきます。また、防寒のためテント暖房器具を使う際には、一酸化炭素中毒などの予期せぬ事故に気をつけるようにしなければならないので、寝袋さえしっかりとしていれば大丈夫といったわけではありません。

おすすめの冬用寝袋

「White Seek」のおすすめ人気冬用シュラフ

出典: https://www.amazon.co.jp

冬用の寝袋でコスパ面におすすめなのがこちらの寝袋になります。お値段はなんと3500円と1万円を大きく下回ります。機能も最低使用温度が-15℃と様々な場面で使うことのできる種類の寝袋になります。しかし、その文軽量化が難しく1000g以上になてしまうので、軽量型を探している方は重さを確かめてみてください。

White Seek 最低使用温度 0℃ 封筒型 寝袋
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

「モンベル」のおすすめ人気冬用シュラフ

出典: http://webshop.montbell.jp

頑丈なマミー型の寝袋でおすすめなのがこちらのモンベルのバロウバッグがおすすめです。モンベルのマミー型の種類の寝袋には総じて、伸縮性に優れた素材を使っているのでマミー型でも寝苦しくなりにくい工夫が解かされています。しかし、コスパ面では2万円超と少し高くなってしまいますが、機能は充実しています。

ポイント①「形状を比較する」

寝袋にも形状と言われるものがあります。広く知られ人気のすっぽりと身体を入れることのできる種類以外にも変わった形状がありますので、まずは寝袋の選び方でポイントなる形状をチェックしましょう。

封筒型

封筒型は、まるいみのむし型の寝袋とは異なり封筒のように長方形の形になっており、コンパクトな布団のような寝袋のことです。この形状の寝袋の特徴としては夏用の寝袋として用いるメーカーが多いです。足の部分だけ出すことができるものや、布団のようにめくることができるようになるものもあるので体温調節がしやすいと行ったのが理由になります。デメリットとしてはあまりコンパクトなサイズにならず、持ち運びに難色を示す場合もある種類になります。

マミー型

マミー型は、よく知られている寝袋をイメージして見てください。まるでみのむしのような型の寝袋になります。こちらの種類の寝袋は主に冬用の保温性に優れたものが多く全身をくまなく覆えます。メーカーとしても様々な工夫をしている寝袋です。冬用のものが多いので寝心地や軽量感そして、キャンプの雰囲気が出ると人気の種類になります。その分コスパ的に、難色を示しやすく高いものでは5万円を超えてくるものもあるので、封筒型とマミー型を比較してコスパ面や機能性を吟味してみましょう。

ポイント②「寝心地を比較」

寝袋の選び方で重要になってくるのが寝心地です。キャンプは不自由な環境を楽しむものという考えもありますが、夜くらいはしっかりと寝ないと体力が持ちません。そこで、メーカーを比較して、寝心地で人気を集める寝袋をチェックしておきましょう。

普段の感覚に近いのは封筒型

出典: https://ec.snowpeak.co.jp

寝心地についての比較ですが、やはりベットや布団になれている方が多く寝心地としては封筒型の寝袋が人気を集めています。特にスノーピークが発売している「オフトン」シリーズは普段の寝心地を再現するために開発されていますので、人気メーカーを比較しても頭1つ飛び出た人気を誇ります。そのため、お値段は少し張りますが寝心地を重視するならば、スノーピークの「オフトン」シリーズをはじめに見てから、ほかのメーカーのものと比較すると良い選び方になります。

キャンプの雰囲気が出るマミー型

出典: http://webshop.montbell.jp

マミー型は、やはりすっぽりと身体を覆ってしまうので寝心地の点では少し窮屈に感じる方が多くいますが、冬のキャンプではあったかい寝袋の寝心地は格別なものがあります。そこで、メーカーとを比較すると雪山でも対応可能な保温性を誇るモンベルの「バウロバック」がおすすめになります。マミー型の難点としての、動きにくさをスーパースパイラルストレッチシステムという新たな伸縮技術を使うことで改善している寝袋になりますので、マミー型の寝袋を選ぶ際にはチェックしておきましょう。

ポイント③「お値段で比較」

寝袋の選び方でどうしても気になってくるのがコスパ、価格面です。いいものをお安く購入することができれば最高ですが、高くても性能が十分な寝袋もありますので、お値段とともになぜコスパ面に負担がかかるかの理由をご紹介します。

お値段が高い商品が多い「スノーピーク」

出典: https://ec.snowpeak.co.jp

スノーピークは、アウトドア用品で有名なメーカーですが、寝袋の種類は意外と多くなく「オフトン」と呼ばれる快適さを重視し、敷布団と掛け布団を寝袋に与えたシリーズのみがオンラインショップで販売されています。最低価格でも39,800円とお高くなっていますが、コンセプトになっているキャンプの寝袋の劇的あったかい環境改善には答えてくれる商品ラインナップになっています。

アウトドア用品の通販 | スノーピーク(Snow Peak)

コスパならば「ホワイトシーク」white seek

出典: https://www.amazon.co.jp

安さ重視で寝袋を選ぶなら、white seekは外せません。こちらの寝袋は、安いものでは3000円を切ってきます。洗濯も丸洗いできるなどしっかりとした機能がついている反面、オンラインショップでの販売が主になっているのでどうしてもお試しでといったことができないので、寒さ対策のアイテムの購入を考えてします。

ポイント④「重量で比較」

寝袋の1つの選び方の大きなポイントとなるのが重量になります。コンパクトなもののほうが持ち運びにも便利な上ほかにもキャンプ道具を持っていくことが容易になるので、寝袋の重量を比較していきます。

540gのモンベル「アルパインダウン」

出典: https://www.amazon.co.jp

重量ポイントで言うならば、ほかのメーカーと比較して圧倒的に軽量なのが、モンベルの寝袋です。その重さは、540gと鶏もも肉2枚分という圧倒的なものがあります。もちろん、機能面でも優れており、使用可能最低温度は0℃、持ち運ぶにも便利なコンパクトサイズにまで収納が可能なため、キャンプ以外にも登山などにも使えるものになっています。難点というと少々お値段がはるところでしょうか。

ポイント⑤「素材で比較」

近年、寝袋に天然素材を使用したり、化学繊維を使用して頑丈さと軽量を実現している寝袋が増えてきています。そこで、ここでは様々な種類の素材の中でもおすすめの素材を使用した寝袋をご紹介していきます。新たな寝袋の種類をチェックです。

軽量化を図るならダウンを

出典: https://ec.snowpeak.co.jp

素材で寝袋を選ぶならば、ダウン素材を使っている寝袋の種類がおすすめになります。軽量なのはダウンジャケットなど身近な衣類を持っている方にはわかると思いますが、保温性にも優れており、なによりも素材同士の間に空気の層が多く含まれているので収納時も圧倒的にコンパクトにできるのが嬉しい素材です。しかし、化学繊維などに比べてお手入れが大変なのが難点です。

面倒な手間もスノーピークならば悩まない

出典: https://ec.snowpeak.co.jp

ダウン素材の欠点である手入れの難しさですが、スノーピークの寝袋ならばその手間が少なくて済みます。ウォッシャブルダウンという特別なものを使用しているのですが、それにより撥水加工が効いているので汚れにくくなっていますのであったかい寝袋を長い期間使用することができます。また、スノーピークのメーカーの特徴として、寝袋のクリーニングサービスを行っているので自分では細かくできない寝袋の手入れをしっかりと行うことができます。

シュラフクリーニングサービス|スノーピーク(Snow Peak)

ポイント⑥「機能を比較」

寝袋の選び方でポイントになるのが機能面での違いです。寝袋は寝るためのアイテムですが、様々な機能がついた珍しい寝袋もありますので、機能面でも寝袋を選んでみましょう。

丸洗いできる寝袋

出典: https://www.amazon.co.jp

寝袋で意外と面倒なのが、手入れです。寝袋をテント内で使ったとしても泥汚れを防げるますが、寝汗などの生理的汚れはどうしても溜まっていってしまいます。また、頻繁にキャンプ訪れない方も多いと思いますので、シーズンを越して保管していた寝袋の状態が気になります。そのうえで、簡単に手入れができるコールマンのストレッチケイマンは洗濯機で丸洗いができるのでこういったちょっとした悩みを解決してくれます。

ポイント⑦「持ち運びで比較」

キャンプアイテムである寝袋には、どうしてもコンパクトさ持ち運びに便利ではないといけません。どんなに有用な機能や保温性を持っていても、家の布団のように持ち運びにくいものはキャンプには向きません。そのため、ここでは、持ち運びに便利なコンパクトな寝袋をご紹介します。

コンパクトで持ち運び便利な人気寝袋

出典: https://www.amazon.co.jp

コンパクトさで選択するならば、片手で運ぶことのできるロゴスのウルトラコンパクトシュラフがおすすめです。このコンパクトさを実現しているのが、ダイナファインファイバー と呼ばれる新しい素材を使っています。ダウンのような軽量化が計れるとともに、濡れても温度が下がりにくいというものです。この開発された素材を使うこと開発された寝袋になります。適正温度が-2℃となっていますが、少々寒さを感じることもありますので、ブランケットなどの防寒道具を同時に購入するのがおすすめです。

ポイント⑧「デザインを比較」

寝袋もキャンプ道具の1つです。そこで、インパクトがあるデザインの寝袋というものも販売されてきています。そこで、販売されているインパクトがあるデザインの寝袋と玄人の知恵が生んだ変わった寝袋の使い方そすることができるアイテムをご紹介します。

ソロキャンプに使える人気ハンモック型寝袋

キャンプでの寝袋で底冷えを体感した方も多いかと思われます。それに対する対策としておすすめできるのが、ハンモックと合わせて寝袋を使う方法です。こうすることによって、底冷えの原因となる地面と離れることができるので、下手なマミー型の寝袋よりもあったかい寝心地を加えてくれます。ソロ用のハンモックを使えばコスパ面でも3万円をきるので安心できます。この方法で冬山に挑戦する上級キャンパーもいるので、少し上級者向けのキャンプをしたい方におすすめな寝袋の選び方になります。

着ながら動ける人気人型寝袋

変わったデザインの寝袋を選びたい方におすすめなのが人型寝袋と言われるまるで宇宙服のような寝袋になります。この寝袋は、全身をくまなく覆う寝袋で着ながら着ながら歩くこともできます。実はコスパ面でも優秀で5000円で購入できるものもあります。また、薄くコンパクトのものでは寝袋と別に用意することで暖かさを強くすることができますので、寝袋にプラスして購入することもおすすめです。

人気寝袋にプラスする用品

コスパや、軽量化を計った寝袋は多数ありますが、なかなか手が出しにくく古い寝袋をそのまま使っている方も多いかと思います。古い寝袋だけでは、あったかいキャンプを過ごすことは難しいですが、キャンプの寝心地を改善するちょっとしたアイテムをご紹介していきます。

底冷えに注意

寝袋の最大の敵が、地面からくる底冷えです。それは、テントの内部に寝袋を敷いても襲ってきます。そのため、底冷えを防げるかどうかであったかい環境になるかどうかが決まります。そのため、テントの下に引く銀マットやクッションマットを用意しておくといいでしょう。少々かさばりますがこれによってキャンプの快適さが段違いに変わります。

バックを枕にする必要なし

出典: https://www.amazon.co.jp

寝袋で少し心配になるのが枕がないことです。キャンプでは、軽量化やコンパクトさを求めるために大きな枕は持っていくことがはばかれますが、実は新しい枕が開発されています。それがキャンプ用の枕です。持ち運びの際には、りんご1個分の重さしかありませんが、使うときは空気を入れることで新感覚な空気枕を作ることができます。キャンプが快適になりすぎてしまうのも少し悲しいですが、こういった珍しいちょっとした便利アイテムは使いたくなってしまいます。

人気寝袋のおすすめの選び方をチェック:まとめ

いかがでしょうか?今回はキャンプで大切な寝袋の選び方や選ぶ上でのポイント、人気メーカーの寝袋の比較を行ってきました。あったかい快適な環境を作るうえで大切なものですが、どうしても寝るだけといった意識が強く、テントやほかのキャンプアイテムと比べて選ぶのがぞんざいになってしまいますが、命にも関わる道具ですので、しっかりとした種類を選びましょう。そして、安全で楽しいキャンプを寝袋が活躍する夜にもしっかりと楽しんで休日を彩りましょう。

ウッドストーブの作り方が気になる方はコチラをチェック

Thumbウッドストーブを自作しよう!おすすめの作り方や仕組みまでをご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
今回は、簡単なウッドストーブの作り方をご紹介していきます。現在では簡単なヘキサゴン型のウッド...

あなたへのおすすめ