扇風機につける保冷剤?!気になる効果や簡単で涼しくなる自作方法まで解説!のイメージ

扇風機につける保冷剤?!気になる効果や簡単で涼しくなる自作方法まで解説!

扇風機につける保冷剤があるのをご存知ですか?扇風機に保冷剤をつけるととっても涼しくなるんです。市販のものもありますが、工夫すれば自宅にある保冷剤でお部屋の中を涼しくすることもできます。今回はそんな涼しくなる扇風機の保冷剤の効果や自作方法もご紹介します。

2020年06月07日更新

ゆー
ゆー
DIYをメインに記事を書かせていただいています!誰にでも分かりやすく、DIY作品の作り方をお伝えしていきます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 扇風機に保冷剤?
  2. エアコンがない部屋は危険な季節
  3. 扇風機に保冷剤を取り付けた場合の効果とは
  4. 市販されている扇風機用保冷剤4選
  5. 市販されている扇風機用保冷剤①
  6. 市販されている扇風機用保冷剤②
  7. 市販されている扇風機用保冷剤③
  8. 市販されている扇風機用保冷剤④
  9. 扇風機につける保冷剤・自作方法をご紹介
  10. 扇風機につける保冷剤・自作方法①
  11. 扇風機につける保冷剤・自作方法②
  12. 扇風機につける保冷剤・自作方法③
  13. 扇風機につける保冷剤・自作方法④
  14. 扇風機につける保冷剤・自作方法⑤
  15. 扇風機につける保冷剤・自作方法⑥
  16. 扇風機につける保冷剤・自作方法⑦
  17. 扇風機につける保冷剤・自作方法⑧
  18. まとめ

扇風機に保冷剤?

出典: https://www.photo-ac.com

暑い夏には扇風機が必需品ですね。エアコンの冷房を使うのはもちろんですが、エアコンがない屋外でも使える扇風機は、やはりまだまだ便利な家電として活躍しています。そんな扇風機ですが、ある工夫をすることでより涼しい風を送り出すことができるのをご存知でしたか?

ある工夫とは、扇風機に保冷剤をつけること。扇風機用保冷剤が市販されていて、それを取り付けることもできますし、扇風機に自作した保冷剤を付けることも可能。保冷剤を扇風機に付けるだけで簡単にお部屋の温度を下げてくれるんです。今回はそんな、扇風機につける保冷剤の効果や自作方法、付け方などをご紹介。ぜひ参考にして暑い夏を乗り切りましょう。

エアコンがない部屋は危険な季節

暑い夏は熱中症が危険

暑い夏。エアコンがないと過ごすことが難しい季節です。最近では熱中症の症状で救急車に運ばれる方も多く、自宅でいてもエアコンを付けないままで熱中症になるケースも増えています。部屋にエアコンがあれば安心ですが、どうしてもエアコンを設置できない屋外や、さらにエアコンのない部屋の掃除の最中などはどうしても扇風機が必要になるかと思います。

扇風機は屋外でも使える

熱中症が気になる夏ですが、扇風機は外でもコンセントさえつなげれば使える便利な家電です。エアコンは設置が大変ですが、扇風機は持ち運びも便利で電源さえあればどこでも使えます。夏は熱中症の症状を訴える人が増えているので、そう言った場合に扇風機は活躍してくれます。

扇風機をさらに強力に

扇風機を使っていても、外だと特に熱風が飛んでくるだけであまり涼しくないという場合もあるかもしれません。でも、その扇風機をさらに強力にするのが保冷剤を使うという、今回ご紹介する方法です。扇風機に保冷剤を付けることで流れてくる風が簡単に涼しくなります。

屋外での作業もそうですし、エアコンのない部屋で掃除などの作業をしたり、キッチンで料理をしたりしているとどうしても暑くなってしまいます。でも、持ち運びの便利な扇風機を使って、さらにそれを保冷剤で強力にすれば熱中症の危険がかなり下がります。

扇風機に保冷剤を取り付けた場合の効果とは

保冷剤はどこに取り付ける?

扇風機に保冷剤といっても、本当に効果があるのかと思われるかもしれません。でも扇風機に保冷剤を取り付けるだけでとても簡単にお部屋を涼しくすることができるんです。まず、保冷剤の取り付ける場所ですが、それは扇風機の後ろ側。扇風機の後ろ側に保冷剤を付けることで、送られてくる風が涼しい風に変わります。

保冷剤を取り付けた効果とは

扇風機の後ろに保冷剤を取り付けることで、涼しい風が送られてきます。付け方も簡単で便利な方法ですが、効果はどうなのでしょうか。実際に試したところ、通常の状態よりも保冷剤を取り付けることでとても涼しい風に変化しました。

さらに、エアコンを付けて扇風機を回すと、涼しい風が部屋全体周り、体感的にもすぐに涼しくなったと感じられました。(感じ方には個人差があります。)簡単にできる方法ですが、部屋の温度をすぐに下げる効果があるので暑い夏には試してみる価値はありますね。

市販されている扇風機用保冷剤4選

それではまずは、市販されている扇風機用保冷剤をご紹介していきます。アマゾンや楽天などのサイトでも多くの商品を取り扱っていました。ここでは市販されている商品をご紹介。自作で取り付けるのもいいですが、扇風機用保冷剤があると便利ですね。市販されている商品と、付け方もご紹介しますので、購入を考えているというかたはぜひこの記事を参考してみてください。

市販されている扇風機用保冷剤①

ホノベ電機 リビング扇風機用 クールウィンド 冷え冷えくん

ホノベ電機|リビング扇風機用 クールウィンド 冷え冷えくん HNB-ZF01
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

まず一つ目にご紹介するのは、扇風機の後ろの出っ張り部分に取り付けるタイプの扇風機用保冷剤です。取り付け方も簡単で、扇風機の後ろに置くだけでOK。付け方も簡単に、扇風機の涼しい風を送り出してくれます。

出典: https://www.amazon.co.jp

価格は1、500円以下。お手頃価格で部屋の温度が下げられるのでいいですね。この商品は体感温度を1~2度下げてくれる効果があるそうです。使う前に冷凍庫で冷やしておいて取り出して使えるので便利ですね。

口コミ情報

口コミの情報を見ると、エアコンが使えない場合に便利だという言葉やお風呂掃除の暑さ対策になったという声がありました。ただ、保冷剤を凍らせる際に組み立てずに冷凍庫に入れてしまうと取り出した時に組垂れられなくなったという声がありましたので、購入して使用する際は、組み立ててから冷凍庫に入れて凍らせるのがいいようです。

冷風の効果には想定レベルながら満足しています。
一方、所定の水量で凍らせたにもかかわらず、膨張してジョイント部が狭くなり、ジョイントを挟み込むのに都度苦労しています。
この点が改善されれば星五つと思います。

暑い夏が続いているけど、冷え冷えくん以外と説明通り良かったです。

市販されている扇風機用保冷剤②

ヤマノクリエイツ つめたいよう3

ヤマノクリエイツ|つめたいよう3 冷たいよう3
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

こちらは扇風機の前面に取り付けるタイプの扇風機用保冷剤です。付け方は、商品についている4つのフックを扇風機に引っ掛けるだけ。青の入れ物の中に小さい保冷剤が入っているので、そこから涼しい風が出てきます。また、保冷剤を使うと水が垂れてきてしまいますが、こちらの商品は水滴飛散防止のトレイも付いているので安心。お部屋を涼しくしたいときに便利な商品です。

出典: https://www.amazon.co.jp

こちらの商品はアマゾンで2,000円ほどで購入できます。一つ目にご紹介したものより少し高いですが、保冷剤の入っている容器自体にファンが付いているので、1つめの商品よりも外からの風を送り出しやすい構造になっています。

口コミ情報

口コミ情報を見ると、エアコンがない部屋に便利だという声や、室内の温度が2度下がったという声もありました。ですが反対にあまり利かなかったというこえや、もう一つ保冷剤があった方が効果的だと思うという声も。水受けのトレイからの水滴がうまくトレイに入らないという声も…。この商品を使う場合は下にタオルを敷いておいた方が安心のようです。

室内温湿度計を置いて温度の変化を見ていましたが、
約2℃下がりました。
買って良かったと思います。
有り難うございました。

市販されている扇風機用保冷剤③

ヤマノクリエイツ クールウインドジェル 「冷たいよう2」 雪の結晶 水滴トレー付

ヤマノクリエイツ|クールウインドジェル 「冷たいよう2」
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

次の商品も、2つ目のものと同じような商品です。容器が雪の結晶の形になっていて、それが涼しさを感じさせる商品です。付け方は扇風機の前面に、商品についているフックで取り付けて使用します。この中にも保冷剤が入っているのでその保冷剤を出して凍らせてから商品に取り付けて使用します。

出典: https://www.amazon.co.jp

こちらの商品は2,000円程度で購入できます。この商品を使用すると、部屋の温度が1~3度下がることが実証されているようですので、お部屋を冷やしたいときにも便利な商品です。保冷剤は120分間冷凍庫で冷やし、使用時間は約50~60分程度だそうです。寝る前の短時間や、掃除をする時間、短時間の作業で使用するといいかもしれません。水滴飛散防止のトレイが付いていますが、タオルを下に敷いておくことをおすすめします。

口コミ情報

口コミ情報によると、やはり60分という短時間なので掃除や寝る前などで使える商品のようです。水滴飛散トレイが付いているので安心ですが、やはり少し水がしたたり落ちるようです。購入した際は、下にタオルを置くと安心です。

風量が少なくなるのが難点。
冷たい風か、風量か。
どちらを取るかってとこですね。

使い捨て、でなく何回も、使えます。カートリッチ買えば、交換も出来ちゃいますよ!

市販されている扇風機用保冷剤④

冷蔵庫で冷やして扇風機に付けるだけでさらに涼風!冷たいよう

出典: https://item.rakuten.co.jp

最後にご紹介するのは、扇風機の前面に取り付けるタイプの扇風機用保冷剤です。付け方も簡単。前面についている6つのフックを扇風機にひっかけて使うだけです。ただ、使っていると水滴がしたたり落ちるので下にはタオルを敷いていた方が安心です。

出典: https://item.rakuten.co.jp

価格は4、000円程と少し高額な商品ですが、2個セット価格です。冷やす時間の目安は120分で、約60分使用可能。夜、寝る前までの短時間に扇風機を使う場合や、1時間程度の作業を外でする場合など、短時間の場合に便利な商品ですが、高価なので考えてしまいますね。その場合は自作の方法をご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

口コミ情報

この商品の口コミ情報によると、保冷剤が溶けて水滴が落ちるという声が。この商品を使用する際も、タオルを下に敷いておいた方が安心のようです。また、この保冷剤はジェルタイプなので少し溶けるのが早いよう。購入する際はそういった点を考慮して購入することをおすすめします。

風邪は涼しくなりましたが、水滴が下に結構落ちます。タオルかなにか置いとかないといけません。思ったより、早く溶けてしまいます。 

扇風機につける保冷剤・自作方法をご紹介

それでは次に、自作した扇風機用保冷剤についてご紹介します。簡単にお部屋を涼しくできる方法なので、ぜひ試してみてください。簡単にお部屋が涼しくなったと効果を感じることができるはずです。

扇風機につける保冷剤・自作方法①

まず一つ目にご紹介する方法は、扇風機の後ろの部分に保冷剤を乗せるだけの方法です。付け方というほどもなく、置くだけなのでとても簡単です。この場合使う保冷剤は柔らかいタイプのものがいいです。また、水滴が付くことがあるので、タオルなどを下に敷いておくと安心です。お家にある保冷剤で簡単にお部屋の温度を下げてくれるのですぐに冷やしたい場合におすすめです。

扇風機につける保冷剤・自作方法②

次にご紹介するのも1番目にご紹介した付け方とほぼ同じですが、固い保冷剤を付ける際の付け方です。ガムテープで保冷剤を取り付けるだけ。原始的な方法ですが、扇風機用保冷剤をわざわざ購入する必要もないですし、お家にある保冷剤で簡単にお部屋の音頭を下げることができるのでおすすめですよ。

扇風機につける保冷剤・自作方法③

次にご紹介するのはペットボトルに入れた水を凍らせて作ったペットボトルの氷を扇風機の前に置きます。このペットボトル氷は大きく、より多くのペットボトル氷を使った方が温度が下がりやすくなり、効果が高まります。東京電力では実際にペットボトルを5本置いて実験していて、ペットボトルを通した風は最大1.5度も下がったそう。効果も高い方法ですので、暑い夏、特に屋外などで使えそうです。

出典: http://www.tepco.co.jp

実際に酷暑環境で、扇風機の前に凍ったペットボトルを5本置く実験をしたところ、ペットボトルを通過直後の空気は最大1.5℃下がり、胸部体表面温度も15分で1℃下がりました。

扇風機につける保冷剤・自作方法④

次も氷を使う方法です。ペットボトル氷は作るのに時間がかかりますが、この方法ならすぐにできます。その方法とは、洗面器に氷を入れて扇風機の前に置くという方法です。これならば時間と手間をかけずにすぐできるのでいいですね。この氷水を使う場合は、扇風機の風を、直接氷水に当てるようにして風を流します。そうすることで涼しい風が部屋の温度を下げてくれます。

扇風機につける保冷剤・自作方法⑤

洗面器の氷水では、暑い夏はすぐに氷が溶けてしまいます。それが気になる方は、クーラーボックスを使うことをおすすめします。クーラーボックスに氷水を入れることで、洗面器よりは長い時間涼しい風を部屋全体に送ることができます。クーラーボックスは部屋の温度を長い間下げておきたい場合に便利な道具です。

さらに、クーラーボックスに氷水ではなく水をはって保冷剤を入れることでより長い間涼しい風を送り続けることができます。保冷剤なので氷よりも溶けにくく、長い間部屋の温度を下げてくれますよ。

扇風機につける保冷剤・自作方法⑥

次にご紹介するのは濡れタオルを使う方法です。付け方も簡単。濡らしたタオルを扇風機の後ろの部分にかけるだけ。後ろ全体をタオルで覆うことで涼しい風が部屋の温度を下げてくれます。また、より涼しくしたいという場合は濡らしたタオルを凍らせ、そのタオルを扇風機の後ろに置くといいですよ。こちらも、扇風機用保冷剤を購入しなくてもお家にあるものですぐにできますね。

扇風機につける保冷剤・自作方法⑦

次にご紹介するのはとても原始的な方法です。その方法は、自分の身体に水を吹きかけてから扇風機に当たること。この方法は扇風機の風の温度を下げるのではなく、自分の体感温度を下げる方法です。百均などでも購入できるスプレーボトルに水を入れればすぐにできます。

また、より涼しくしたいという場合はスプレーボトルごと冷蔵庫で冷やしたり、氷水を入れてスプレーすると体感温度がより下がり、涼しい風を感じることができます。

さらにひんやりしたいという場合は、ハッカを使う方法です。ハッカを使えば扇風機に当たらなくても涼しくなりますし、扇風機に当たればより涼しく感じることができます。暑い夏、外で作業する場合には特に、扇風機があるだけでは涼しさを感じられないという場合もありますが、ハッカをスプレーすることで体感的にも涼しさを感じることができるのでおすすめです。

扇風機につける保冷剤・自作方法⑧

最後にご紹介するのは、百均などでも購入できるワイヤーボックスを使う方法です。このワイヤーボックスはフックが付いているタイプを購入し、そのボックスに冷やした保冷剤を入れて扇風機のワイヤーに設置するという方法です。この方法であればボックスに保冷剤を入れるだけなので落ちる心配もないですし、保冷剤の下・ボックスの下にハンカチなどを置いておけば水が垂れる心配もありません。

まとめ

今回は、扇風機に取り付ける扇風機用保冷剤の商品や自作でできる扇風機の保冷剤の取り付け方、さらにその効果もご紹介してきましたがいかがだったでしょうか。扇風機に保冷剤を付けるだけで通常よりも涼しい風が出てくるので、とても簡単に部屋を涼しくすることができることが分かっていただけたかと思います。

暑い夏は熱中症も気になる季節。扇風機はもちろんですが、塩分や水分を取るなど、しっかりと対策をすることも重要です。身体の対策ができたら、あとは身体を冷やすこと。エアコンがない場合に大活躍してくれる扇風機。エアコンのない部屋や屋外作業では扇風機に保冷剤を取り付けて、暑い夏を乗り切っていきましょう。

室内を涼しくするスポットクーラーが気になる方はこちら

Thumbスポットクーラーで室内を涼しく!室外機がいらないエアコンの性能とは? | 暮らし~の[クラシーノ]
エアコンを設置できない環境だと夏はツラいですよね。少しでも涼しい室内にしたいはず。簡易な移動...
関連するまとめ

おすすめの記事