検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

公園向けなワンタッチ・ポップアップテントおすすめ10選!持ち運びも楽々!

公園や運動会などでテントを使う時は、本格的なものより簡易テントのほうがおすすめです。理由は設営にペグ打ちなどの知識が無くても簡単に設営でき、紫外線などを防いでくれます。簡易テントの中から公園などで使いやすいおすすめのテントを紹介します。
2020年8月27日
揚げ餅

簡易テントとは

簡単設営なテント

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

キャンプや登山で使うテントはフレームを組み立ててから設営するので、目的地についてすぐに設営ができないのが大変です。泊まることがない公園だと設営に時間がかかるよりも、簡単に設営できるワンタッチやポップアップテントだと便利です。

これらのテントは、キャンプやアウトドアでも使用できるように、簡易とは言え比較的丈夫に作られているものもあり、人気ブランドもワンタッチテントやポップアップテントなどの簡易テントを販売しています。


ワンポールテントよりも簡単

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

キャンプやアウトドアで使われているワンポールテントは設営が簡単ですが、ワンタッチテントやポップアップテントは更に設営が簡単です。紐を引っ張るだけの簡単設営のワンタッチテント、放り投げるだけでの設営ができる簡単設営のポップアップテントがあります。

どちらも一般的なテントと比べると、ポールを組み立ててスリーブや穴に通していく必要がないので、アウトドアで日陰が欲しいときなどに素早く設営することができます。

簡易テントの選び方

使い方にあった選び方が大切


クリックすると楽天商品ページへ飛びます

人気ブランドだったりおしゃれな外見で選ぶの悪いことではありませんが、簡易テントは使い方に合わせて選ぶようにしましょう。詳しくは後述しますが、紐を引いて設営するワンタッチテントは、アウトドアで影が欲しい時だけではなく、キャンプでも使えるような本格的で丈夫なテントが多くなっています。

放り投げたり、出すだけで設営できるものは本当に簡易なテントで、キャンプでは快適に使えなかったりするので目的にあったテントを選ばないと大変です。

UVカット、防水加工の有無

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

アウトドアで使う本格的なテントには、UVカット加工の施されているテントがたくさんあります。防水に関してはアウトドアで使う本格的なテントは、ほぼ100%施されていますが、簡易テントにはどちらも施されていないものが多くあります。

影を作るだけならば必要性を感じないかもしれませんが、UVカットがあるだけでテント内が暖かくなりにくかったり、防水加工がないと夕立でテント内が濡れてしまう可能性もあるので選ぶ時に注意しましょう。


大きさも大切

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

何人で使うのかによってテントの大きさが変わってきます。また荷物をテントの中に入れる場合は荷物の量によってもテントの大きさが変わってくるので、あらかじめ利用する人数より一人分余裕のある大きさのテントを選ぶようにしましょう。

使う目的、加工の有無、大きさの後は人気ブランドやおしゃれな見た目などは好みで大丈夫です。簡易テントはどれも設営が簡単なので、設営方法は人気ブランドごとにあまり変化はありません。

簡易テントの種類:ワンタッチ式

公園以外でも使えるわりと本格的なテント

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

近年では通常のキャンプなどアウトドアでも使えるほどワンタッチテントが発売されています。ワンタッチテントの人気ブランドにはDOD(ドッペルギャンガー)、ロゴス、キャプテンスタッグなどはキャンプでも見かけるブランドです。

設営方法はブランドやワンタッチテントの大きさによりますが、概ね紐引いたりするだけで1分ほどで設営できます。テントの大きさによりますが、収納時は携帯もできます。

ワンタッチテントの折りたたみ方

ワンタッチテントは、折りたたみ傘のような仕組みになっているため簡単に設営できます。そのため、折りたたみ方も折りたたみ傘が普通の傘と折りたたみ方が違うように、ワンタッチテントも一般的なテント違いがあります。

ブランドごとに折りたたみ方は決まっていますが、たいていの場合フレームの関節部分が折れ曲がるようになっているので折りたたみ、そして折りたたんだフレームを本体の中心にまとめて折りたたんでいきます。

簡易テントの種類:ポップアップ式

公園や海辺でしか使えないテント

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

ワンタッチテントはキャンプなどのアウトドアもできるテントですがポップアップテントは基本的にはかなり簡易な作りになっていてキャンプもできるような本格的なものは少なめです。

収納状態は厚みはあまりなく携帯しやすいですが、形は大きいので長時間の持ち運びは邪魔になりやすいです。放り投げるようにするだけで自動的に飛び出すようにしてテントの形なるため、ポップアップと呼ばれています。かなり簡単に設営できるテントです。

ポップアップテントの折りたたみ方

収納状態からポップアップするようにできているため、折りたたみ方が大切です。折りたたみ方自体は難しくはないのですが、癖がありブランドによって多少変わってきます。

人気の1番簡易なポップアップテントはフレームを半分に折り曲げていくタイプがほとんどで、このタイプの折りたたみ方はフレームを半分に折り曲げ、床部分の生地を中に仕舞い込み、徐々に折りたたんでいきます。ポップアップテントは折りたたみ方が慣れるまで難しい商品です。

公園向けのおすすめ簡易テント1

シャイニーリゾートポップアップテントデュオUV

CAPTAIN STAG シャイニーリゾート デュオ

出典:楽天

人気アウトドアブランドのキャプテンスタッグのポップアップテントです。簡易なテントですがシルバーコーティングが施されているので、有害な紫外線をカットしてテント内が熱くならないようになっています。

価格も安く使いやすいテントで、折りたたみ方もオーソドックスなタイプでフレームを半分にしていきながらたたむタイプになります。少人数用なので、収納サイズも外径が45センチと小さいため携帯しやすいテントです。

おすすめの理由

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

大きさは小さいですが、携帯しやすく低価格なので公園だけで使うならおすすめです。海水浴など、他のアウトドアでも使う場合はワンランク上のフルクローズできるタイプがあります。

しかし、こちらは大きさが2.7畳分になるので収納サイズも外径が60センチとなり、大きくなるので携帯しやすい小型をおすすめしました。使い方に合わせてフルクローズできるタイプか通常のタイプか選びましょう。どちらも簡単設営でUVカット、背面メッシュです。

公園向けのおすすめ簡易テント2

ポップアップシェード

人気アウトドアブランド、コールマンのおしゃれなポップアップテントです。テントが横に長いタイプなので、中で昼寝をすることもできます。ワンタッチテントではないのでこれでキャンプはできません。

配色だったり模様がおしゃれですが、現在は公式オンラインショップに商品がないため、Amazonや楽天など在庫がある限りの販売になっていて、色違いに青もありますがこちらも同様です。横長のため折りたたみ方が少し違うので気をつけてください。

おすすめの理由

テントに高さはありませんが、フルクローズできるので小さなお子さんが服を汚しても、中で着替えることができます。また、おしゃれな外見だけではなく、耐水圧が少しだけあるので、小雨程度なら中まで染み込まないので便利です。

大きさは二人で寝転ぶことができるぐらいなので、小さなお子さんだとかなり奥行きがあるのでおすすめです。ただし、収納サイズは直径80センチと大きいので背負えるように工夫されていますが、携帯性はあまりありません。

公園向けのおすすめ簡易テント3

ワンタッチサンシェード カーテン付

山善キャンパーズコレクションは、低価格のアウトドアブランドです。キャンプ用品も発売していますがコールマンなどと比べると知名度はあまりないのですが、無名のブランドではないので安心してください。

使いやすいオーソドックスな形をしているポップアップテントで、収納状態から飛び出すように簡単に設営できます。色が4種類あり、それぞれ模様が異なるので好きな柄を選んでみてください。どれもおしゃれになっています。

おすすめの理由

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

商品名はワンタッチテントになっていますが、設営方法はポップアップテント式です。ボーダー柄がおしゃれで、大人二人が使っても余裕がある大きさなので家族で使うのにもおすすめです。

フルクローズすることができるので、着替える時に便利で遮熱効果のあるシルバーコーティングが施されているため、テント内が熱くならないようになっています。価格帯も安いのでたまにしか使わない人にもおすすめです。

公園向けのおすすめ簡易テント4

ディズニー ワンタッチテント

ディズニー ワンタッチテント デュオUV

出典:Amazon

人気アウトドアブランドのポップアップテントです。収納サイズが48センチと携帯しやすい大きさで、自転車の前カゴでも簡単に持ち運びできます。柄はミッキーマウスをモチーフにしていて、おしゃれで可愛いテントです。ポップアップテントとしてはスタンダードな形をしているため、折りたたみ方も一度覚えると簡単に収納することができます。

おすすめの理由

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

人気のミッキーマウスをモチーフなので小さな子どもと使うのに最適です。簡単に広げられるので、テントを組み立てたことがないという人も安心。収納時も説明書通りに行えば問題ありません。ミッキーマウスだけでなく、くまのぷーさんバージョンも売られているので、好きな方のデザインを選んでみてください。子供が喜ぶこと間違いなしです。

公園向けのおすすめ簡易テント5

フルクローズ ポップアップテント

FIELDOOR ポップアップテント フルクローズ 200

出典:Amazon

フィールドアは近年人気のあるアウトドアブランドです。他のポップアップテントと比べると通気性がよく、背面にも出入り口があります。また出入り口は全面メッシュにすることが可能なため、中でくつろいでる状態でも風通しを確保しながら蚊がテント内に入らないので便利です。

着替えなどに使えるようにフルクローズすることもでき、左右の上部にあるメッシュ窓も開閉式となっています。色も豊富でおしゃれで人気のカモフラージュ柄もあります。

おすすめの理由

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

設営が簡単で、使いやすいように風通しがかなり考えられているポップアップテントです。入り口は開けたままでメッシュにできるので、蚊対策をしつつ風通しを確保したり、入り口は閉じてメッシュ窓を開けておくという方法もできます。

テント自体もUVカット、遮熱効果があったりと夏の暑さ対策もよく考えられています。夕立でもある程度は耐えられるようになっていますが、収納サイズが直径63センチと携帯性はあまりよくないのは残念です。

公園向けのおすすめ簡易テント6

フォータッチ プライベートテント

TENT FACTORY フォータッチプライベートテント

出典:Amazon

テントファクトリーは、近年人気が出てきた比較的新しいアウトドア用品の会社です。フレームが従来のポップアップテントと比べると1面分多い4面になっているので、強い風が吹き込んでも比較的安定しています。

そのため少しだけ折りたたみ方が違いますが、風通しがよいように外から開閉できるメッシュ窓が左右と出入り口にあるので、熱がこもりにくくなっていて、横幅が約170センチしかないので横になる場合は斜めになると寝ることができます。

おすすめの理由

テントファクトリーはリーズナブルで使いやすい製品が多く、シルバーコーティングされていてUVカットも施されているので公園でも使いやすくなっています。

テント内には物を干すのに便利なフックなどもあり使いやすく、耐水性も1000ミリとキャンプで使うようなテントと比べると少し低いですがある程度の雨も防げるようになっています。収納サイズは直径が60センチと少し大きいですが、収納バッグには小物を入れもあるので携帯しやすい商品です。

公園向けのおすすめ簡易テント7

わがやのシェード みんなで入れる大型サンシェード

DOD(旧ドッペルギャンガー)はワンタッチテントで人気のあるブランドです。もともとキャンプで使う本格的なテントを発売している会社なため、耐水性などは本格的なテントと同じ1500ミリと雨が降っても浸水しないので便利です。

大きさも広く、最大で5人くつろぐことができ、テント内に熱がこもらないように大きなベンチレーションが三箇所もあります。ペグが付属するのでよりしっかりと固定することもできるで風に対しても強くなっています。

おすすめの理由

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

おしゃれな外見ではないのですがフレームがしっかりしていてワンタッチテントは収納状態が通常のテントと変わらないので携帯しやすい形状になっています。

そのため歩くことが多い公園でも持ち運びしやすく、キャンプ用品を主に作っているブランドであるため、通常のテントに負けないような耐水圧、通気性、など性能もいいのでおすすめです。生地は耐水圧が高いだけではなくUVカットがしっかりと施されています。

公園向けのおすすめ簡易テント8

ザ・テントM

DODのワンタッチテントです。本来はキャンプ用品ですが、キャンプだけではなく公園などでも簡単に設営できます。キャンプで使うテントなので性能はしっかりしており、耐水圧はフロアだけなら5000ミリもあり、Mサイズであれば最大で3人まで中に入ることができます。と少し重量はあるものの、使いやすいと評判です。

おすすめの理由

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

収納しやすい専用のキャリーバッグがついており、片手で持てる仕様です。キャノピードアは日陰の部分を広げてくれるため、ゆったりと過ごしながらUVカット効果を期待する人におすすめ。ビートルタープと連結することで、ピクニック気分を味わえるのも特徴的です。いろいろな使い方があるテントなので、自分のスタイルを探してみてください。

公園向けのおすすめ簡易テント9

クイックキャンプ ワンタッチテント

クイックキャンプは、スポーツ用品店のプライベートブランドです。おしゃれでユニークな外見の星空模様のワンタッチテントは左右にあり、中から開閉できるメッシュ窓があり、通気性もよくフルクローズできるので着替えもできます。

ワンタッチ式で、収納サイズは細長くなるので、比較的携帯しやすく重さは約2.8キロほどです。シルバーコーティングがしっかりと施されているので熱くなりにくく、紫外線もしっかりとカットしてくれる簡易テントです。

おすすめの理由

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

ユニークなおしゃれな外見はひと目で自分のテントがどこにあるのか分かりやすく、混んでいる時に目立ちます。簡易テントですので耐水性はありませんが、UVカットやシルバーコーティングがきちんと施されていて設営はワンタッチ式なので非常に簡単です。

収納するときも、折りたたみ方に苦労することはなく、コツを覚えると簡単にできます。バッグに説明書が縫い付けられているので、見ながらの設営もしやすくなっていておすすめです。

公園向けのおすすめ簡易テント10

FIELDOOR ワンタッチテント

フィールドアのワンタッチテントはフライシートが付属していないため、公園で使うのにはちょうどいいテントです。シングルウォールテントですが耐水性はちゃんとあるので、突然の夕立でもある程度は凌ぐことができます。

おしゃれなカモフラージュ柄などもありますし、生地そのものにもUVカットがしっかりと施されているので使い勝手がよく、本来はキャンプ用品なので通気性など居住性もちゃんと考えられているのではじめての方でも安心です。

おすすめの理由

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

そのままでも十分使用できるのですが、キャンプも行ってみたい場合には、より耐水性や結露の発生を防ぐフライシートだけを後から買うことができるので便利です。

フライシートにもいろいろな色やカモフラージュ柄があり、シルバーコーティングも施されているので、より日差しに強くなっています。本来はキャンプ用品なのでペグやロープも付属しているので、風が強いときなどに有効活用してください。キャンプや公園でも使い方におすすめです。

公園向けの簡易テントのまとめ

これからアウトドアの季節ですが注意も必要です

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

簡易テントがあれば涼むこともでき、どこでもくつろぐことができます。耐水性のテントでは雨が降ってもある程度はしのげますが、雷が鳴っているような状態では逆に危険です。このような場合は撤収することも大切になってきます。

地面が凹んでいる場所などに設営すると地面に水が溜まってしまう可能性もあり、簡易テントの場合は基本的に晴れた時に使って、天気が悪くなってきたら撤収も考えて安全に使っててください。

夏のアウトドアが気になる方はこちらもチェック!

暮らし~のにはアウトドアやマリンスポーツに関する記事がたくさんあります。夏のアウトドアが気になる方はよかったらチェックしてみてくださいね。