日焼けした時の対処法は?痛みやヒリヒリなどの炎症に効果的な治し方を解説!

日焼けした時の対処法は?痛みやヒリヒリなどの炎症に効果的な治し方を解説!

日焼けした時の対処法についてまとめました。基本の対処法から、ひどい症状の時におすすめの塗り薬などについても、症状別にご紹介しています。正しい日焼けした時の対処法を行い、一刻も早く肌の炎症を鎮め、きれいな肌に戻りましょう!

記事の目次

  1. 1.日焼けのメカニズムは2パターンある
  2. 2.ヒリヒリ痛い日焼けのサンバーン
  3. 3.肌が黒くなる日焼けはサンタン
  4. 4.日焼けした時の対処はスピードが大切
  5. 5.日焼けした時の対処1.クールダウン
  6. 6.日焼けした時の対処2.保湿
  7. 7.日焼けした時の対処3.着替え
  8. 8.日焼けした時の対処4.頭皮ケア
  9. 9.日焼けした時の対処5.良質な睡眠を心がける
  10. 10.日焼けした時の対処6.ビタミンを摂る
  11. 11.日焼けした時の対処7.日焼け止めを塗る
  12. 12.日焼けした時の対処8.薬を塗る
  13. 13.日焼けした時の対処9.病院へ行く
  14. 14.日焼けした時の対処用に持っておきたいアイテム
  15. 15.日焼けした時の対処法を正しく行おう!

日焼けのメカニズムは2パターンある

「日焼け」と一口に言っても、肌が赤い状態になったりヒリヒリ痛い…という日焼けもあれば、きれいに肌が焼ける健康的な日焼けもあります。いずれも、日焼けは紫外線によるものですが、やはりヒリヒリ痛いのは嫌ですよね。そこで、まずは日焼けのメカニズムから見ていきましょう。

ヒリヒリ痛い日焼けのサンバーン

ヒリヒリ痛い日焼けの原因

肌が赤い状態になったり、ヒリヒリ痛い状態で、ひどくなると水膨れもできる日焼けを「サンバーン」と呼びます。サンバーンは、紫外線の中でも、B波と呼ばれる中くらいの波長の紫外線が原因で起こる日焼けで、地上に降り注ぐ紫外線の中で、最も肌に悪影響があることで知られています。

太陽からは、いろいろな光線が放出されていますが、その中でも影響力が強い「ガンマ線」「X線」「紫外線C波」は、地上まで届かないようオゾン層によって守られています。その、紫外線C波の次に影響力が強いのが「紫外線B波」なのです。

ヒリヒリ痛いサンバーンの肌への影響

サンバーンは、とにかくエネルギーが強い光線を浴びてしまっているので、肌細胞を傷つけ、炎症をまねきます。そのため、赤い肌になったり、ヒリヒリ痛い状態になり、まるでやけどのような症状が起こるのです。サンバーンは、炎症が進行するとシミや皮膚がんになってしまうこともあると言われています。そのため、普段から紫外線対策をすることも大切ですし、日焼け後はこまめにスキンケアをすることも大切です。

肌が黒くなる日焼けはサンタン

肌が黒くなる日焼けの原因

肌がにほてりを感じることはあっても、赤い状態やヒリヒリ痛いと感じること時間が短い日焼けが、「サンタン」です。サンタンは、紫外線A波による日焼けで、人によっては全く炎症を起こさずに肌が黒くなっていくため、悪影響はないと思われがちです。しかし、紫外線A波は波長が長いので、肌の奥までじわじわと時間をかけて到達してしまいます。そして、目視できない皮膚の下でしずかに悪影響を及ぼしているのです。

肌が黒くなるサンタンの肌への影響

サンタンは、炎症や皮膚がんの原因になることは少ない物の、日焼け後のシミやしわの原因に関与していると言われています。紫外線A波は、肌の奥まで到達するので、コラーゲンなどを徐々に変性させていき、その結果しわやシミとなって日焼け後数日~数週間後に影響が出てしまいます。

日焼けした時の対処はスピードが大切

プールや海、アウトドアで日焼けした後は、体もどっと疲れていることもありますよね。そのため、日焼け後のケアを後回しにしてしまう人も多いのではないでしょうか。しかし、それはおすすめできません。日焼け後の手入れはスピードが勝負です!特に、赤い、痛い、ヒリヒリする、ほてりがあるといった症状がある場合は、できるだけ早く効果的なケアを行いましょう。

そこで、日焼け後炎症になっていることに気づいたら、どうしたらいいか、どうすれば早く治すことができるか、その対処法をまとめました。炎症の進行を抑えたり治す方法は意外と簡単なので、アウトドアの前には一通り頭に入れてケアのための準備をしておくといいですね。

日焼けした時の対処1.クールダウン

日焼けした時の対処はまずクールダウン

日焼けは言い換えれば軽いやけどです。赤い、痛い、ヒリヒリする、ほてりがある、炎症になっていると感じた場合は、応急処置も兼ねて、まずはクールダウンによるケアを行いましょう。日焼け後も炎症はどんどん進行しています。少しでも炎症を起こしているかも?と思ったら、早めにケアしましょう。

クールダウンの方法

ほてりを何となく感じる…といった場合など、炎症が比較的軽い場合は、冷たいシャワーを浴びたり、塗れタオルを当てて、炎症が出ている場所を冷やしましょう。日焼け後の炎症が軽い場合は、これだけでもかなり肌が落ち着きますよ。肌のほてりが完全に消えるまでクールダウンできれば、その後のヒリヒリも防げる可能性がアップします。

肌が赤い、痛い、ヒリヒリするという状態まで炎症が進んでいたら、保冷剤などを当てるのが効果的です。保冷剤は、直接当てたくなりますが、急激に冷やすとさらに肌の負担が増してしまうので、軽く濡らしたタオルやハンカチに保冷剤を包み、炎症が起きている場所に優しく当てましょう。

日焼けした時の対処2.保湿

日焼け後クールダウンできたら保湿

しっかりと肌の炎症が起きた部分が冷え、ほてりがなくなったら、次は保湿です。日焼け後は、肌の表面がカサカサしていることがありますよね。それは、日焼けによって肌の水分が奪われてしまった、まさにやけどの症状です。日焼け後の肌をしっかり保湿しケアすることで、日焼けによるダメージも早く落ち着くので、アウトドアの際は保湿アイテムも持ち歩くのがおすすめです。

保湿の方法

日焼け後のケアに、美白化粧品を使用しているという人も多いですが、実はそれは間違いです。日焼け後の肌はとてもデリケートになっているので、美白化粧品は刺激が強すぎ、更なる炎症を招くこともあるので、注意しましょう。美白化粧品は、炎症がなくなってから使用する方が効果的です。日焼け後、赤い、痛い、ヒリヒリする…という症状が出ていたら、赤ちゃんにも使えるワセリンでのケアがおすすめです。

ワセリンを多めに手のひらにとり、しっかり温めて柔らかくしたら、肌に乗せるような感覚で伸ばしていきましょう。このとき、強くこすると炎症が悪化することもあります。厚塗りになる部分があってもかまわないので、優しく塗るのが効果的です。

水分補給で内側からの保湿も

日焼けによる炎症が起きているときは、体の中の水分も減ってしまっていることも多いです。経口補水液など熱中症対策に良いとされている飲み物をたっぷり飲んで、肌の内側から水分量を上げるのも効果的ですよ。

日焼けした時の対処3.着替え

衣類の摩擦で炎症が悪化する

日焼けをして赤い、痛い、ヒリヒリする…などの症状が出ていたら、水着のようなピタッとした服は脱ぎ、ゆったりとした服装に着替えるのがおすすめです。夏の衣料は、化学繊維を使っているものも多く、摩擦によって肌のダメージが進行することもあるので、症状の悪化につながることもあります。

おすすめなのはワンピース

日焼け後は、ゆったりとした服装に着替え、できるだけ日焼けした部分の肌にストレスがかからないようにしましょう。日焼けした部分にもよりますが、女性の場合はゆるっとしたワンピースがおすすめです。ビキニで日焼けした場合は特に腰回りの皮膚の摩擦に気を付けたいですね。ワンピース以外でも、締め付けの弱い、通気性のよい服を選びましょう。

日焼けした時の対処4.頭皮ケア

日焼け後は抜け毛が増える

肌は、ひやけすると赤い、痛いなどの症状やほてりにより、やけど状態にあることがわかりやすいのですが、意外と盲点になっているのが頭皮です。頭皮は、肌の2~3倍もの紫外線を浴びているとも言われています。髪が短い男性の場合は、頭皮にほてりが現れたりヒリヒリしてしまうこともあり、抜け毛が急激に増えてしまうことも多いです。日焼け後は、しっかり頭皮のアフターケアも行ってあげましょう。

頭皮ケアの方法

頭皮も赤い、痛い、ヒリヒリする…と感じた場合は、まずはクールダウンさせましょう。頭皮の場合は、シャワーは逆効果になってしまうこともあるので、より効果的に冷やすことを考えると、冷たいタオルや、氷水をビニール袋に入れたものを頭に載せるのがいいですね。

頭皮の炎症がひどい場合は、シャンプーを避け、湯シャン(お湯だけでシャンプーする方法)で済ませましょう。シャンプーは、頭皮の皮脂を奪うので、炎症が悪化してフケが増えるなどの症状が現れることもあります。その後、低刺激の化粧水を頭皮に優しくなじませると、日焼けによる炎症をより効果的に治すことができますよ。

日焼けした時の対処5.良質な睡眠を心がける

しっかり眠って肌のターンオーバーを促す

日焼けをして、応急処置やケアをした後は、しっかり眠ることも日焼けの炎症を落ち着かせるのに効果的です。しっかり良質な睡眠をとることで、肌のターンオーバーが促されるので、日焼けでやけど状態に陥った肌が生まれ変わるスピードアップさせることができますよ。

良質な睡眠とは

肌のターンオーバーを促すために、22時には寝ましょう!という説もありましたが、最近は眠りについて3~4時間後が肌のゴールデンタイムという説が一般化しました。そのため、日焼けした後は、寝る前の3時間くらいにお風呂に入り、部屋を暗くして、4時間以上の睡眠をとるようにしましょう。日焼けは体へのダメージもあります。できれば、6時間以上しっかり眠れるといいですね。

日焼けした時の対処6.ビタミンを摂る

肌の回復を応援するビタミン類

日焼けをしたら、やけどのような症状やほてりなど、表面的な治し方の方が先に浮かんでしまいますが、内側からのケアも効果的なので、ぜひ試してみてくださいね。

ビタミン類の摂り方

日焼け後の肌のケアに効果的だと言われているビタミンは、ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンB群です。これらのビタミンは、緑黄色野菜に多く含まれていますが、野菜をたくさん食べるのも大変ですよね。そんなときは、サプリメントを使用するのもおすすめですよ。ただ、ビタミンCは肌が紫外線を吸収する力を促すとも言われているので、ビタミンCを含んでいるサプリメントは日焼け後に飲むようにしましょう。

日焼けした時の対処7.日焼け止めを塗る

日焼け止めで更なるダメージを防ぐ

日焼け後、日焼けの効果的な治し方を実践していても、さらに日焼けをしてしまってはどうしようもありません。日焼けでほてりなど、やけどのような症状が続いている間は、特にこまめに日焼け止めを塗りましょう。日焼け止めが沁みてしまうほどのやけど症状がある場合は、UVカット機能のある長袖などを着るのもいいですね。

日焼け後に塗る日焼け止めの選び方

肌が赤い、ほてりが残っているなど、日焼けによるやけど症状が続いている間の肌は、非常にデリケートです。そこに塗る日焼け止めは、できるだけ刺激が少ない物を選びましょう。紫外線のブロック効果が高い日焼け止めは、やはり肌にとっては負担になります。赤ちゃん用の日焼け止めなどを、こまめに塗りなおす方がいいですね。また、日焼け止めを塗る前に、ワセリンなどで保湿をしておくと、肌への負担がかなり軽くなりますよ。

ノエビア レイセラ ミルキーベビー UV 45g アウトレット

出典: Amazon
Amazon
楽天

小児科医が監修した、生後6か月から使えるように開発された日焼け止めです。適度に潤いもあるので、日焼けでダメージを受けた肌にも安心して使えますよ。

日焼けした時の対処8.薬を塗る

日焼け後のやけど症状がひどいときは薬を塗ろう

日焼け後のケアを行っても、ほてりやヒリヒリする痛みなどのやけど症状が続く場合は、薬を塗って対処しましょう。ここでは日焼けの症状にあわせた市販薬をご紹介しています。ただ、市販薬は肌に合わないことがあるので、購入の際は薬剤師に相談し、症状が悪化した場合はすぐに使用をやめ、他の治し方に切り替えるか、医療機関を受診しましょう。

ヒリヒリする痛みが続くとき

日焼け後、ヒリヒリと痛みが続く場合は、「オロナインH軟膏」が効果的です。オロナインH軟膏は、効能にも「軽いやけど」という表記があり、まさに日焼け後のケアにぴったりな塗り薬です。ただ、水ぶくれができるほどの日焼けには効果がありませんので、その際は別の治し方に切り替えてくださいね。

【第2類医薬品】オロナインH軟膏 100g

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天

かゆみがある時

日焼け後の肌にかゆみが残る場合は、「コーチゾン雪の元S」がおすすめです。コーチゾン雪の元Sは、抗ヒスタミン系成分が含まれているので、かゆみがひどいときに塗る薬として有名です。その上、効能にはやけどの文字もあるため、日焼けによるかゆみの治し方にぴったりな塗り薬です。

【指定第2類医薬品】コーチゾン雪の元 6g

Amazon
楽天

赤みがとれないとき

日焼けによる赤みがとれないときは、「プロペトホーム」がおすすめです。ワセリンの中でも上質な白色ワセリンを使用しているので、赤ちゃんの肌トラブルの治療薬や、口の周りなどデリケートな場所の治療薬としてもよく用いられます。日焼けでダメージを受けた肌を保護することもできるので、日焼けによる乾燥なども一気に治す治し方にも有効です。

【第3類医薬品】プロペトホーム 100g

出典: Amazon
Amazon
楽天

湿疹ができたとき

日焼け後に、まれに湿疹が出ることがあります。湿疹が出ると、医療機関を受診して適切な治し方を教えてもらうのが一番ですが、休日や連休など、医療機関が開いていないこともありますよね。そんなときは、応急処置として、「ハイオロベリン軟膏」を塗るのがおすすめです。ステイロイドは無配合なので、気軽に使えるのもうれしい点です。

【第3類医薬品】ハイオロベリン軟膏 20g

楽天

皮むけがひどいとき

日焼けによる皮むけがひどいときも、有効な薬はあります。皮むけはとにかくむく!という治し方をする人もいますが、正常な肌を傷つける可能性が高いので、無理にむくのはやめましょう。「クラシエ紫雲膏」のような、抗炎症作用がある薬を使用すると、肌のダメージを早く治し、きれいなハダニ導いてくれますよ。

【第2類医薬品】クラシエ紫雲膏 14g

出典: Amazon
Amazon
楽天

違和感が残ったとき

ひどい日焼けをして、あとが残ったり、つっぱりが残ったりした場合は、「アットノンEXジェル」などの薬を塗る治し方があります。日焼け後の炎症が落ち着いたら、できるだけ早めに塗ることで、効き目も早くなりますよ。

【第2類医薬品】アットノンEX ジェル 15g

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天

日焼けした時の対処9.病院へ行く

日焼け後の症状がひどい場合は、病院に行くことをおすすめします。受診する科は、皮膚科で構いません。元々肌の色が白い人などは、少しの日焼けで重度のやけど症状が出ることがあり、日焼けした部分から浸出液が出るなど、救急車を呼ぶレベルの症状が出る人もいます。

「日焼けくらいで病院に行くのは恥ずかしい」と思う人も多いようですが、日焼けは立派なやけどです。日焼けしてから時間が経っていても構いません。いろいろな治し方を試しても症状がよくならない場合は、きちんと病院に行き、適切な治療を受けましょう。

日焼けした時の対処用に持っておきたいアイテム

海やプールに出掛ける時、山などでアウトドアを楽しむ時、スポーツ観戦をする時など、日焼けすることが想定される場所に出掛ける際は、すぐに適切な治し方ができるよう、日焼けした際の応急処置アイテムを持ち歩くのがおすすめです。出かける場所で、どのくらい紫外線を浴びるかは、気候や太陽の向きなどでも変わってきます。普段車で出かける人は、常に車に日焼けした時の対処アイテムを載せておくのもいいですね。

ビニール袋とタオル

ビニール袋とタオルは、アウトドアなどの際も持ち歩く人が多いですよね。ビニール袋は、水を入れて日焼けした部分を冷やすのに役立ちます。また、タオルも同様に、患部を冷やしたり、紫外線から肌を守るのに役立ちます。

経口補水液

アウトドアの際は、飲み物を準備しますよね。その際、経口補水液も準備しておくと、日焼けした際もスムーズに体の内側から潤うことができます。また、日焼けする時期は、熱中症患者もぐっと増える時期です。できれば1人1本ずつ以上経口補水液を用意しておきたいですね。

塗り薬

ここでご紹介したものをはじめ、日焼けによるやけどのほか、アウトドア時に遭遇しうるトラブルに対処できる塗り薬がたくさんあります。塗り薬は、持ち運びしやすいサイズの物も多く出回っているので、1つバッグに入れておくだけで助かるシーンがあると思います。紫外線の強い時期は、やけどに効果がある塗り薬を1つ持ち歩いておくと安心ですね。

日焼けした時の対処法を正しく行おう!

アウトドアの時だけでなく、屋内でも日焼けをしてしまうことはあります。日焼けをした時の症状は、肌のタイプによってさまざまなため、自分に最適な日焼け後の対処法を知っているかどうかで、炎症の治りも変わってきますよ。紫外線は毎年強くなってきています。適切な対処法をマスターし、思わぬ日焼けをしてしまったときも、冷静に対処できるようにしておきましょう。

日焼けが気になる人はこちらもチェック

日焼消した時の対処法について、さらに詳しく知りたいという方は、以下の記事もぜひチェックしてみてくださいね。日焼け後は、正しいケアができるかどうかで、その後の肌が大きく変わってきます。ただしい対処法をマスターして、日焼けしても美しい肌を保ちましょう。

日焼け後の冷えピタには注意?その理由や効果、正しい治し方まで解説! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
日焼け後の冷えピタには注意?その理由や効果、正しい治し方まで解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
夏になると、どうしても日焼けはつきものですよね。日焼け後の治し方として冷やすことは有名ですが、冷えピタは使用していいのでしょうか?今回は日焼け後の冷えピタの危険性から、日焼け後の正しい治し方、日焼けの予防策などをまとめました。
日焼け後のアフターケアにおすすめな商品ランキング20&お手入れ方法を徹底紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
日焼け後のアフターケアにおすすめな商品ランキング20&お手入れ方法を徹底紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
日焼け後のアフターケアにおすすめな商品ランキングのご紹介です。日焼け後のアフターケアのお手入れはとても大切です。肌の炎症を抑え乾燥を防ぎ、シミやシワの対策にもなります。日焼け後のアフターケアのお手入れにおすすめの商品ランキングとお手入れ方法をご紹介します。
吉岡てんぱ
ライター

吉岡てんぱ

ガーデニング、アウトドアが得意で、プライベートでも初心者の悩みや相談を受けています。知って得するウンチクを交えながら、子供でもわかるように、かみ砕いて説明するのが得意です(*☌ᴗ☌)。*゚


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking