コールマンツーバーナーのガソリン式・ガス式を比較!使い方はどっちが簡単?のイメージ

コールマンツーバーナーのガソリン式・ガス式を比較!使い方はどっちが簡単?

コールマンのツーバーナーにはガソリン式とガス式があります。使用する燃料以外に使い方や使い勝手はどちらのツーバーナーが良いのか、メンテナンスの必要性やコールマンでの修理依頼の方法や修理にかかる費用などの違いを比べながら紹介します。

2018年06月24日更新

桜餅
桜餅
キャンプに関する記事が多いですが植物を育てることも好きです。ベーコン作ってみたり、スーパーで市販されているポップコーンを発芽させて栽培したりといろいろな事をしています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. ツーバーナーとは
  2. コールマンのツーバーナーの種類
  3. コールマンのガス式ツーバーナーの使い方1
  4. コールマンのガス式ツーバーナーの使い方2
  5. コールマンのガソリン式ツーバーナーの使い方1
  6. コールマンのガソリン式ツーバーナーの使い方2
  7. コールマンのガソリン式ツーバーナーの使い方3
  8. 2種類のツーバーナー使い方の比較
  9. コールマンのガス式ツーバーナーのメンテナンス
  10. コールマンのガソリン式ツーバーナーのメンテナンス1
  11. コールマンのガソリン式ツーバーナーのメンテナンス2
  12. 2種類のツーバーナーメンテナンス比較
  13. コールマンのツーバーナーの修理
  14. 2種類のツーバーナー修理の比較
  15. コールマンのツーバーナーのまとめ

ツーバーナーとは

ガスコンロの種類

nekosensei0221さんの投稿
23164460 348637352266386 6223614358744727552 n

ソロでキャンプをする人はあまりツーバーナーを使いませんがファミリー層や友人同士など大人数になるとシングルバーナーでは料理しきれなくなります。ツーバーナーはシングルバーナーと比較すると家庭用のガステーブルコンロのようにアウトドアでも使えるので料理をスムーズに作ることができ大人数ではおすすめです。使い方は燃料の種類によって少し変わってきて、手間がかかりますが寒さに強いガソリン式とシングルバーナーと同じ手軽に使えるガス式があります。

2種類の燃料

asayan_fukuiさんの投稿
29090435 170070723714145 3041204799711215616 n

ガス式とガソリン式があり使い方や燃焼効率やメンテナンス有無など細かい違いがあります。どちらもメリットもデメリットもあるので一概にどちらがおすすめは言えませんが使い方が簡単のは慣れているガス式になり、ガソリン式は慣れると火力もあるのでアウトドアでも家庭用ガステーブルのように使えます。ガス式はカセットコンロにつかうカセットガスとアウトドア専用ガス缶(OD缶)のものがありますがコールマンのツーバーナーはOD缶だけです。

コールマンのツーバーナーの種類

コールマン:パワーハウスLPツーバーナーストーブⅡ

送料無料 コールマン Coleman パワーハウスLPツーバーナーストーブII ガスコンロ 折りたたみ コンパクト ゴトク キャンプ アウトドア バーベキュー BBQ 国内正規代理店品 【あす楽対応】
楽天で詳細を見る

ガス式のツーバーナーですがガス缶の種類に注意が必要でケースも付属していません。カセットコンロで使うガス缶ではなくアウトドア専用のガス缶しか使えませんが、左右バーナーそれぞれに火力調節のつまみがあり普段使っているガスコンロとよく似ているためガソリン式と比較すると直感的に操作することができます。ガス缶の種類が特殊なのでガソリン式と比較するとコストが高くなりますがすぐに使えたり、使い慣れている形状などのメリットがあります。

コールマン:413Hパワーハウスツーバーナー

■送料無料■ Coleman コールマン 413Hパワーハウス(R)ツーバーナー(3000000391)
楽天で詳細を見る

ホワイトガソリンを使うためタンクが付属して少し重さが増しますがガス式と同じくケースが無くても持ち運べるようになっています。ガス式と比較すると使う前に一手間必要だったり見慣れない形状のため使う時に直感的に操作はできません。使うたびではないですがメンテナンスも大変で時にはさまざまな種類のパーツの交換修理などが必要です。コストが掛らず寒さにも強いので冬キャンプにおすすめですがキャンプ初心者にはおすすめできないツーバーナーになります。

コールマン純正のケースについて

★エントリーでポイント5倍!Coleman(コールマン) グリルキャリーケースプロ 2000010533バーベキューコンロ クッキング用品 バーべキュー バーベキューツール バーベキューツール アウトドアギア
楽天で詳細を見る

コールマンのツーバーナーにはケースが付属していません。ケースが無くても小さく折りたたみめるのでそのまま持ち運びできるようになっています。純正のケースもオプションとして過去には発売されていましたが2018年6月現在コールマンのツーバーナーのケースは廃番になっているのでオークションでケースを探すかコールマン以外の会社のツーバーナー用ケースを使うか、コールマンのグリル用ケースを代用する方法があります。

コールマンのガス式ツーバーナーの使い方1

コールマンガス式ツーバーナーの組み立て方

kamokamo.kさんの投稿
22278301 1495473440507917 9057049973778022400 n

本体の裏側にある左右のスタンドを起こし、蓋をつまみを押しながら上に引き上げて開き蓋部分に収納されている風防を左右に開きクリップを本体に差し込み固定します。五徳となるプレートをひっくり返してバーナーより高い位置になるようにして次にガス缶の取り付け作業にかかります。メンテナンスの時には蓋が外れるようになっているので後述します。

ガス缶の取り付け方

コールマン Coleman 純正イソブタンガス燃料 Tタイプ 470g 5103A450T [ガス OD缶]
楽天で詳細を見る

本体下部のガスカートリッジを接続する部分にあるOリングが壊れていないことを確認して火力調節用のツマミを右に回して(回らなければ大丈夫)からガス缶を取り付けます。OD缶の種類はコールマン純正がおすすめです。取り付け方は接合部分に右に回しながらねじ込むだけです。この時斜めになっているのに無理にねじ込もうとするとカートリッジとの接合部分が壊れたりガス漏れする危険性があるので気をつけましょう。

コールマンのガス式ツーバーナーの使い方2

ガスコンロと比較しても遜色ない

itsukiakuzawaさんの投稿
22158123 120981091915189 3246735803916746752 n

使い方はガスコンロと比較しても殆ど変わりません。家庭用の場合はワンタッチで火を付けてツマミで火力を調節しますがコールマンのガス式ツーバーナーもほぼ同じでまず最初にツマミを左に回して少しガスが出る状態にしてから点火スイッチを数回押すだけです。これでつかない場合は一旦ツマミを右に回してガスを止めてからしばらく時間を置いてから再びツマミを回して少しガスを出してから点火スイッチを押します。

使い方が簡単ので初心者におすすめ

shiro929さんの投稿
19933070 674126849459197 2631188186339999744 n

火力の調節はツマミを左右に回すことで調節できるので家庭用のガスコンロと同じ感覚で大丈夫です。消火する方法は家庭用のガスコンロの場合は点火スイッチを再び押すと思いますがコールマンのガス式ツーバーナーはツマミを右の方向へガスが止まるまで回すだけです。少し違いますが家庭用のガスコンロと使い方がよく似ているためガソリン式と比較すると初心者でも使いやすくなっています。

コールマンのガソリン式ツーバーナーの使い方1

ガソリン式のため最初は使いにくい

rudie2001さんの投稿
20214656 174978703044645 119442611005030400 n

ガス式と比較すると点火まで一手間かかるので初心者やめんどくさがりな人は使いにくい種類のツーバーナーになります。組み立て方は本体の蓋を開け、プレートを持ち上げ収納している燃料タンクを取り出します。次にプレートをおろしてから風防を左右に広げクリップを本体の穴に差し込み本体の準備は完了です。収納する時は逆の手順でケースに入れなくても持ち手があるので大丈夫です。

ガソリン式だから必要な作業

コールマンホワイトガソリン
楽天で詳細を見る

燃料タンクにガソリンを入れていきます。使うガソリンはコールマン純正のホワイトガソリンがおすすめでコールマン以外のホワイトガソリンを使用した場合は保証が受けれないことがあります。まず燃料バルブを右に回してオフになっているか確認し、ポンプノブも同じように右に止まるまで回してから燃料タンクにガソリンを入れていきます。ガソリンを入れる時はコールマンのフェールファンネル(ろうと)などを使ってこぼさないように入れないと危険です。

おすすめの入れ方

コールマン(Coleman) ガソリンフィラーII 170-7099 キャンプ用品 燃料ボトル アクセサリ (Men's、Lady's)
楽天で詳細を見る

ろうとを使うとこぼれませんがガソリンを入れすぎてもわかりにくく気がついたら溢れそうなぐらいになったりする時もあります。コールマンの純正パーツのガソリンフィラーを使うと入れやすく燃料タンクにガソリンが満タンになると自動で止まってくれるので便利で安全です。ろうとを使うのもいいですがコールマンに限らずガソリン式の製品を初めて使うような初心者の方にはおすすめです。

コールマンのガソリン式ツーバーナーの使い方2

ガソリン式ならではのポンピング

kazuhidajpさんの投稿
19120242 426600981040044 7127936838362202112 n

ガソリン式は点火の前にポンピングが必要になります。ポンピングのしかたはまず燃料バルブがオフになっているか確認しポンプノブを左に二回転させてからノブの表面にある穴を塞ぐように親指で抑え人差し指と中指でノブを挟むようにして持ちます。次にそのまま優しく手前へ引き、奥まで押し込んでいきます。この手前へ引くのと奥に押し込む動作を何回かして押し込めないほど固くなってきたら穴から親指を離してからノブを押し込み止まるまで右に回します。

燃料タンクのセット

ポンピングが終わると燃料タンクを装着していきます。本体正面に付いている穴に燃料タンクのジェネレーターを差し込みミキシング部分の穴にも差し込みタンクのフックを本体に正面にある穴にセットして取り付け完了です。使い終わった時はタンクを外してガソリンを抜かなければならず手間もアウトドアとして楽しめる人にはおすすめです。

コールマンのガソリン式ツーバーナーの使い方3

ガスコンロと比較すると少し特殊

m_asako3さんの投稿
19051550 138742926694037 1456637080401608704 n

点火のしかたはまず本体左に側に付いているサブバーナーのツマミがオフになっている確認し、次に点火レバーを上向きにしてから柄の長いライターなどをバーナー部分に近づけてから火を付け燃料バルブを開いていき点火します。点火直後は赤い火なので再びポンピングして青い炎に安定させて点火レバーを下向きに戻してから使うようにします。サブバーナーだけでは使用できずサブバーナーの使い方はメインバーナーの火が安定したら柄の長いライターを近づけてからサブバーナーのツマミを回して点火させます。

消火方法

erectors_beeさんの投稿
14583409 705199782968762 4970872432584818688 n

メイン、サブ共に火力調節はツマミを回して調整しますがサブは火力が弱めです。消火する時はサブバーナーのツマミを回してオフにしてからメインバーナーも同じようにオフにします。オフにしてもしばらく着火していますが時間が経つと自然に消えます。あとはバーナーが完全に冷えてから収納していくだけです。

2種類のツーバーナー使い方の比較

初心者はやはりガス式がおすすめ

k_topazさんの投稿
19534706 1604097009623818 7888178253418987520 n

簡単にまとめると使い方で比較すると以下の違いがあります。
 

  ガス式 ガソリン式
着火までの手間 ガス缶のセットが必要 ポンピングや燃料注入が必要
着火にライターなどが必要
操作性 家庭用と遜色なし 家庭用と比較すると少し慣れが必要
撤収までの手間 すぐに消化できる 若干燃え続ける事がある
メリット 使いやすい、セッティングも簡単
タンクが無いので軽い
コストが安い、寒さに強い
火力が安定している
ランタンと燃料を共通にできる
デメリット コストが高い、ガス缶のゴミが出る
低温に弱い
メンテナンスが大変
高地はタンクの気圧に注意

コールマンのガス式ツーバーナーのメンテナンス

基本的には交換修理、メンテナンスは不要

akiyoshi.taniさんの投稿
20347004 195226467680497 3878269848114954240 n

ガス式は部品を交換して修理したり、壊れていないメンテナンスする必要性はありません。メンテナンスといえば吹きこぼれなどの汚れを拭くぐらいになります。拭き方は水で濡らしたふきんと中性洗剤などを使用して家庭用のガスコンロと同じようにメンテナンスするだけです。ガス式はメンテナンスを自分でできる場所が少ないのでコールマンも交換部品などは市販していません。そのためツーバーナーば不調な時はコールマンに修理に出すほうが手っ取り早いです。

コールマンのガソリン式ツーバーナーのメンテナンス1

メンテナンスが豊富

Coleman(コールマン) リュブリカント 149A5361【あす楽対応】
楽天で詳細を見る

ガソリン式はメンテナンスをしなければいけないため自力で交換修理できるようにパーツは市販されているのがガス式との大きな違いになります。そのためDIYをしない人であれば工具から揃えなければなりません。パーツを交換しないメンテナンスとしてはポンプカップ専用潤滑油である「リュブリカント」を定期的使用するとポンプカップの寿命が長くなります。リュブリカントはコールマン純正のオイルなのでツーバーナーだけではなくガソリン式のランタンでも使用できます。

コールマンのガソリン式ツーバーナーのメンテナンス2

交換修理できるものが多い

ryoji7584さんの投稿
17817570 190827224758116 7155046504430829568 n

ガソリン式は一部部品なら壊れても交換修理できるように市販されていてメンテナンスの方法としてコールマンのHPでも記載されています。交換できる部品はポンプカップ、ジェネレーターがありメンテナンスとしてできるものはバーナー部分の掃除、ジェネレーター先端の増し締め、バルブシステムの増し締めがあります。これ以外の破損や不調はメンテナンスや交換では修理できないのでコールマンへ修理に出しましょう。

バーナーの掃除

メインバーナーとサブバーナーでパーツの種類が違いますがドライバーで簡単に外せるようになっているので外してからバーナーリングなどについた煤や吹きこぼしによる汚れをワイヤーブラシで磨いて落としていきます。

ジェネレーター先端の増し締め

先端部から炎がバーナー側へ漏れている時には増し締めが必要です。ジェネレーターの先端は真鍮部品で柔らかいので適切な工具を使って締めないと潰れてしまうので注意してください。

バルブシステムの増し締め

バルブの根本から燃料が漏れる場合はナットを締めることで軽減、漏れないようにできます。締めすぎると火力を調節できないなくなるのでツマミを回しながら様子をみつつ締めます。

2種類のツーバーナーメンテナンス比較

機械いじりが好きな方はガソリン式がおすすめ

daistumさんの投稿
22858318 322691634806326 8551381754370326528 n

ガス式を自分で分解してメンテナンス、修理する人もなかには居ますが基本的はガソリン式ほどメンテナンスは必要ありません。
 

  ガス式 ガソリン式
メンテナンスの有無 基本的に交換などのメンテナンスは不要 潤滑油をさしたり交換や増し締めなど必要
交換パーツ 未販売 ジェネレーターなど
メンテナンスの方法 汚れを拭くぐらいしかできない、自己責任での分解清掃 工具を使って締めたり分解しての掃除

コールマンのツーバーナーの修理

メーカーで修理できる

takyardlifeさんの投稿
17882767 271527129924769 7814893445490671616 n

コールマンの製品は直営店、販売店で受け付けているほか直送で修理センターへ送ることができます。ツーバーナーも例外ではなく修理でき直送での修理のしかたはまず修理センターへ電話をしHPからダウンロードできる修理申込書を修理品に同封してコールマンの修理センターへ元払いで送るだけです。修理にかかる日数や料金など詳しくは公式HPよりカスタマーサポートを参考にしてください。販売店での修理の依頼は製品を持ち込むだけになります。
 

コールマン|Coleman

2種類のツーバーナー修理の比較

修理に大差はない

gonzotochanさんの投稿
12346030 1505618149766728 2136944668 n

どちらも修理にかかる費用は大差ありませんがガソリン式のほうが内部が少し複雑なのでガス式よりかは細かくなっています。詳しくはHPを参考にしてみてください。

  ガス式 ガソリン式
火力不足 3000円~ 4100円~
カートリッジ接続の不具合 3000円~  
ガスが止まらない 3000円~  
イグナイター破損 2500円~  
加圧不足   1700円~
ガソリン漏れ   3200円~
※価格は全て2018年6月18日現在です。

オンライン修理代金の参考価格|キャンプ用品やアウトドアならコールマンオンラインショップ

コールマンのツーバーナーのまとめ

ツーバーナーは自分の好みに合わせよう

kenbowie0723さんの投稿
22429931 281680332324188 984579904957841408 n

ガソリン式はメンテナンスもしなくてはなりませんし使用の度に毎回給油してからポンピングして点火したりと作業が多くあります。そのためこの一手間をかけることを楽しめる方はにはガソリン式がおすすめです。一方ガス式は使用も簡単ななので初心者でも直感的に使え、ガス式は寒くなると不安定になるので冬にキャンプをしない場合はおすすめです。両方のツーバーナーはケースが付いていませんが折りたたんで持ち運べますがケースがあると収納時や持ち運びに便利なのであったほうが良いです。

コールマンの製品が気になる方はこちらもチェック!

暮らし~のではコールマンの製品に関する記事がたくさんあるので良かったらチェックしてみてくださいね。

Thumbコールマン「シーズンズランタン」の魅力とは?歴代の限定モデル含めて解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
コレクターズアイテムともなっているコールマンのシーズンズランタン。ここでは歴代の限定モデルの...
Thumbコールマンの人気ヘキサタープを徹底比較!種類別の魅力や機能性を解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
アウトドアで大活躍のタープ。テントの次にタープの購入を比較、検討している方も多いのではないで...
Thumbコールマンのテント決定版!キャンプで必須のおすすめテント30選をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
今回はコールマン製のテントを30種類ご紹介していきます!コンパクトサイズでソロキャンプやソロ...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ