コールマンの人気ヘキサタープを徹底比較!種類別の魅力や機能性を解説!のイメージ

コールマンの人気ヘキサタープを徹底比較!種類別の魅力や機能性を解説!

アウトドアで大活躍のタープ。テントの次にタープの購入を比較、検討している方も多いのではないでしょうか。「ヘキサタープって何?」「どの種類を買うべき?Lサイズ?」「買うならコールマン?」人気のコールマンのヘキサタープの種類や口コミを徹底比較、紹介します。

2020年06月07日更新

shihomi1
shihomi1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 「ヘキサタープ」とは?
  2. ヘキサタープのメリット&デメリットを比較
  3. ヘキサタープを張る前に確認しておきたいポイント
  4. ヘキサタープの基本的な張り方(クロスポール)
  5. そもそもコールマンって?
  6. コールマンがいい理由
  7. コールマンのヘキサタープを徹底比較!
  8. 1.コールマンXPヘキサタープ/S
  9. 2.コールマンXPヘキサタープ/MDX(グリーン)
  10. 3.コールマンXPヘキサタープ / MDX(バーガンディ)
  11. 4.コールマンヘキサタープMDX +
  12. 5.コールマンIL XPヘキサタープ/MDX
  13. 6.コールマンウェザーマスター(R) ヘキサタープ/L
  14. コールマンタープの張り方比較
  15. コールマンヘキサタープ徹底比較のまとめ

「ヘキサタープ」とは?

ヘキサタープ

アウトドアでよく見かけるようになったタープ。タープとは、アウトドアで雨や強い日差しを避けるために使われているものです。布が四角のスクエアタープやバーベキューや運動会でも見かけるようになったワンタッチタープなど様々な種類があります。テントと違って壁がないので、開放感が気持ちよく、テントは完全なプライベート空間、タープはリラックス空間として使い分けている人も多いようです。このようにタープにはいろいろな種類がありますが、その中でも「ヘキサタープ」は六角形型(ヘキサゴン)の布を使ったタープのことです。

ヘキサタープのメリット&デメリットを比較

ヘキサタープの特徴

ヘキサタープの特徴はその名前の通り、六角形の布が作り出す個性的なシルエットと初心者でも比較的設営が簡単な点です。基本的にはメインポール2本とサイドポールやロープを使って設営します。シェード等がないので、風が通り、外との明確な境がないので、自然を体で身近に感じられます。

コンパクトで持ち運びしやすい

ヘキサタープの設営に必要なのは基本的にタープ、ポール、ロープ、ペグです。大空間を作れるヘキサタープですが、組み立ての付属品が少ないので、収納はコンパクトです。サイズはSからLまで様々ですが、収納がコンパクトなのはどれも共通です。また、タープ自体も四角にたたむだけなので、テントに比べて片付けや収納の時間が短時間で済みます。

アレンジ自由

ヘキサタープの魅力は、アイディア次第でいろいろなアレンジができることです。スクエアタイプのタープと違って、ヘキサタープは六角形なので、片面を低くして日差しを遮ったり、サイズがSでもサイドポールとロープを使って広い空間を作ったり、アレンジが自由です。また高さを変えたり、木に結びつけて設営したりすることもできます。クロスポールを使えば、初めての方でも高さ調節も楽にできます。

ヘキサタープのデメリット

開放感抜群で自然を感じることができる反面、虫や寒さ対策には不向きです。スクリーンタイプや側面にメッシュのあるタープと比較すると、視線の遮断や虫の侵入を防ぐのには向いていません。また、タープが初めての方にはロープの張り方やペグ打ちに戸惑うかもしれませんが、クロスポールの使用するなど慣れれば一人や少人数でも組み立て可能です。

ヘキサタープを張る前に確認しておきたいポイント

張る場所

なるべく平らな場所に張りましょう。ペグを打つのに慣れていないと斜面に張るのは一苦労です。ごつごつした地面では、張るのも大変ですが、張ったあとにイスやテーブルを置いても安定しません。平らな場所を探したら、実際にタープを広げて、設営後の大きさを確認してみましょう。

太陽の位置と風向き

タープの目的は日よけを避けることが主なので、太陽の向きを確認しましょう。時間や太陽の位置を見て、太陽の動きを予想をして張るのがポイントです。タープを張った後に西日がまぶしかった、日差しが強くて暑かったと後悔はしたくないですね。風の強さや風向きも快適なアウトドアを楽しむために大切です。

ヘキサタープの基本的な張り方(クロスポール)

出典: https://www.amazon.co.jp

クロスポール

クロスポールを使ったヘキサタープの張り方

メインポールがクロスポール2本のヘキサタープの基本的な張り方です。クロスポールとロープ、ペグを使って組み立てていきます。

そもそもコールマンって?

コールマン

アウトドアが好き、今から始めようと思っている人なら、誰もがこのマークを見たことがあるのではないでしょうか。コールマンはアメリカ創業のキャンプ用品の会社です。コールマンといえば、アウトドアの定番。キャンプ初心者向けの商品の種類も豊富なので、コールマンは今から買い揃える人にもおすすめです。

コールマンがいい理由

おすすめする理由

コールマンをおすすめする理由は商品の種類の豊富さとアフターフォローがしっかりしているところです。コールマンなら、もしパーツをなくしたとしても、そのパーツのみを購入できるのは大きなメリットです。特にヘキサタープの購入の検討しているのであれば、後々、サイドポールやペグなどの買い足したいという方は多いです。そのときに強い商品力を持っているのがコールマンです。付属品やパーツなどを買い足したい、長く愛用したいという人にコールマンは向いています。

口コミ&レビュー

口コミからもアウトドア初心者からベテランまで幅広くコールマンのアイテムが利用されていることがわかりますね。

愛用していたヘッドライトのキャップを紛失してしまったのでカスタマーサービスに連絡させていただきました。
担当の方の対応は丁寧で迅速なものでした。
パーツは当日発送して頂け、三日後には自宅に届いてました。
素晴らしいサービスを提供して頂きありがとうございました。

キャンプ初心者ですが、ツールは9割コールマン !!使いやすいし、見た目もカッコいい(*´∀`)重宝しております!!

コールマンのヘキサタープを徹底比較!

現在発売されているコールマンのヘキサタープの種類を徹底比較していきます。コールマンオンラインショッピングで発売されているヘキサタープの種類は全部で6つあります。大きく分けるとテント連結型ではないものと、連結型のものの2種類です。それでは、それぞれのコールマンヘキサタープの大きさや種類、口コミを比較、紹介いていきます。

1.コールマンXPヘキサタープ/S

コールマン タープ XPヘキサタープ/S
Amazonで詳細を見る

簡単設営のヘキサタープ

「コールマンXPヘキサタープ/S」はタープとメインポールで組み立てるスタンダードなヘキサタープです。キャンプ場などでもよく見かける基本のタイプです。メインポールが2本の棒がクロスしたクロスポールなので、クロスポールの幅を調整するだけで、簡単に高さ調整ができます。設営は慣れてしまえば、時間もそんなにかかりません。デザインもコールマンの定番のテントと同じ色使いです。サイズはSサイズですが、キャンプやバーベキューを4人程の家族で楽しむのであれば、広さは十分でしょう。

口コミ&レビュー

「コールマンXPヘキサタープ/S」は口コミでも設営のしやすいようですね。サイズはSでも、1~4名くらいまでは十分対応できそうですね。初めてのヘキサタープや日中のバーベキューなどに活躍しそうです。コールマンのテントとのマッチがいいですね。

タープの下に机と椅子を4つでちょうどくらいです。
ツーポールなので高さが調整しやすいです。

付属のペグはプラです

ヘキサタープは簡単に設営出来ました。クロスポールで高さが自由に調整できるのがいいですね。

コンパクトで持ち運び安いですよ!
女性1人でも、もち運べて、組み立ても簡単です。そのわりに広々としてて小さなテントを下に入れて使ってます。

比較&仕様

出典: https://www.amazon.co.jp

使用時サイズ:約420×420×230(h)cm
収納時サイズ:約ø17×74(h)cm
重量:約5.9kg
付属品:ペグ、ロープ、ハンマー、キャリーバッグ

少人数からファミリー向き

Sサイズでも広げた時は十分な大きさがありますが、収納はコンパクトなので、置き場所も心配ありません。コンパクトに収納できて、手軽に持ち運べるのがうれしいですね。テントやイスなどと一緒に車に積んでも場所を取らないのは利点です。4人ぐらいまでの人数やヘキサタープ入門用に揃えたいと思っている方に向いています。 ※サイドポールはついていないので、アレンジを考えている方は別購入を検討したほうがいいですね。

2.コールマンXPヘキサタープ/MDX(グリーン)

出典: https://www.amazon.co.jp

コールマンXPヘキサタープ/MDX(グリーン)

大きさ広々のヘキサタープ

「XPヘキサタープ/MDX」は「XPヘキサタープ/S」より大きいタイプのヘキサタープです。メインポールは「XPヘキサタープ/S」と同じクロスポールなので、設営も比較的簡単にできます。「XPヘキサタープ/MDX」にはサイドポールが2本付属品としてついています。サイドポールを活用するとヘキサタープの一面は低くして日差しを遮りながら、反対の一面は高くして、空間の大きさや広さを変えることができます。また、別でサイドポールを買い足し、全ても面を高くすると、ぐっと広く開放的な空間が作れます。サイドポールがあることで、アレンジの幅がぐっと広がります。

口コミ&レビュー

大きさはテーブルやイスなどを入れても十分対応できそうです。口コミを見ても「コールマンXPヘキサタープ/S」と同様に初めての方でも組み立ては難しくなさそうなので、挑戦しやすいですね。

大人4人、子供2人だと下に6人用テーブルとワンタッチテントを置いても余裕があります。
設営も楽だし、買ってよかったキャンプ用品の1つだと思います!(中略)

フリーサイトだったので、付属のサイドポールに加え、さらに2本サイドポールを使用し両サイドをポールで上げて設置したので、広々としたリビング空間が作れて快適でした。
ペグも付属のペグで問題無く設置できました。(中略)

思いつきでキャンプに行きたくなり。タフワイドドームの購入を決め、流れでコールマンで揃えれば間違いないだろうと何となくこちらの商品を選びました。
テント同様、事前に設営練習することなく、7歳の娘と二人で設営しましたがなんの問題もなくキレイに張ることができました!撤収は一人ですることが出来ました。
設営時間、20分程度  2人(7歳児)
撤収時間、10分程度  1人

比較&仕様

出典: https://www.amazon.co.jp

タープサイズ:約460×435×230(h)cm
収納時サイズ:約ø18×74cm
重量:約7.6kg
付属品:サイドポール×2、ペグ、ロープ、ハンマー、キャリーバッグ

大人数やゆったり使いたい方におすすめ

クロスポールなので、設営が簡単でクロスポールを広げるだけで高さ調整ができます。また、サイドポールを使って、大きさをアレンジすることができます。大きさは「コールマンXPヘキサタープ/S」よりも大きいですが、収納はコンパクトであまり変わらないのはうれしいポイントですね。デザインは「コールマンXPヘキサタープ/S」と同様に定番のカラーで、コールマンアウトドアの定番ですね。Sサイズではちょっと心配という家族が多い方やゆったり使いたい方に向いています。

XPヘキサタープ/MDXの組み立て方

コールマンのヘキサタープの基本的な組み立て方です。動画では2人で組み立てています。動画では大きさや高さが十分あることがよくわかります。また収納のサイズ、たたみ方も確認できて、わかりやすいです。コールマンヘキサタープの組み立てやサイズ感がイメージしづらい方に是非みていただきたい動画です。

XPヘキサタープ/MDXの収納方法

コールマンのタープは収納方法も手軽で、時間もかかりません。初めての方でも扱いやすそうですね。

3.コールマンXPヘキサタープ / MDX(バーガンディ)

出典: https://www.amazon.co.jp

コールマンXPヘキサタープ/MDX(バーガンディ)

個性派カラーのヘキサタープ

なんといっても特徴はこのカラー「バーガンディ」です。コールマンXPヘキサタープ/MDX(グリーン)と色違いのヘキサタープです。見慣れたおなじみのコールマングリーンではなく、あまり見かけないこの「バーガンディ」はちょっと違う特別感がありますね。この色のコールマンのテントを持っているなら、ぜひタープも色を合わせたいですね。

口コミ&レビュー

口コミでもやっぱりアウトドアで目立つこの色は人気のようです。組み立てや大きさはグリーンと同じなので、設営もしやすいようです。ペグがプラスチックで気になる方もいるようなので、慣れてきたらペグを買い替えるのも一つの方法ですね。コールマンの中でもこの「バーガンディ」は人気の色のようです。

コールマンテントと同時に購入。
初のオートキャンプで使用しました。
初心者でしたが設営も簡単。大きさも丁度良い感じでした。
この色殆どいなかったので、目立ってました。

ヘキサタープは設営に時間がかかりそうで敬遠していたのですが、
この商品はクロスポールのおかげで不器用な私でもあっさりと設営できました。
バーガンディ色もなかなかイイ。
付属するペグがプラスチックなので、もうちょっといいペグに変えると安心でしょう。

比較&仕様

出典: https://www.amazon.co.jp

使用サイズ:約460×435×230(h)
収納時サイズ:約φ18×74cm 
重量:約7.6kg 
付属品:サイドポール、ペグ、ロープ、ハンマー、キャリーバッグ


仕様は「コールマンヘキサタープMDX(グリーン)」と同様です。

4.コールマンヘキサタープMDX +

コールマンの2018年新商品のヘキサタープ

大きな特徴は横からの日差しをブロックできるサイドウォールがあることです。タープ内の温度上昇を軽減する遮光コーティングと対水圧が約2000㎜の防水加工がされているので、日差しの強い真夏でも安心です。赤で縁取られた落ち着いた色合いで個性的な商品です。タープサイズは「コールマンXP/MDX」と比較するとあまり変わりませんが、付属のサイドポールとサイドウォールの活用で大きさを変えることができます。2018年の新商品のテントと組み合わせて設営ができます。

比較&仕様

タープサイズ:約470×410×240(h)cm(サイドウォールサイズ:(約440×460×270(h)cm) 収納時サイズ:約φ20×72cm 重量:約8.5kg 付属品:ペグ、ロープ、ハンマー、サイドウォール、サイドポール、収納ケース

5.コールマンIL XPヘキサタープ/MDX

おしゃれなデニム柄のヘキサタープ

キャンプ場やアウトドアシーンで目立つこと間違いなし!「IL XPヘキサタープ/MDX」はコールマンとMonro(モンロ)によるオリジナル柄と鮮やかなカラーポールとデニム柄が印象的なヘキサタープです。アウトドアだけのキャンプ用品ではなく、日常でもっと使いたくなるもの、愛着の持てるものをとの思いが込められたシリーズ。にアウトドアとインドアのボーダーレスの一歩進んだスタイルのアウトドア。「IL XPヘキサタープ/MDX」なら、いろいろな楽しみ方ができますね。コールマンのヘキサタープでどれを購入するか迷っているなら、デザイン性で選ぶのもいい選択。

口コミ&レビュー

やっぱりオリジナル柄はおしゃれですね。こんなに鮮やかな青色のヘキサタープは他にはありませんね。コールマンの中でも人気のあるシリーズのひとつです。

デニムのパッチワーク柄 お洒落だゎ〜♫
これならコールマンのテント有りです!

比較&仕様

サイズ:460X435X230(h)cm 収納サイズ:ф18X74cm 重量:7.6Kg 素材:タープ/75Dポリエステルタフタ、ポール/スチール

個性派で組み立て簡単

「IL XPヘキサタープ/MDX」はこれだけファッショナブルなヘキサタープなのにクロスポール設営だから、女性だけでも組み立ては簡単。さらに便利なのはサイドポールが付属品としてついているので、アレンジも自由で大きさも十分。コンパクトに持ち運べる上に、収納袋までがデニムのパッチワーク柄なのもうれしいポイント。コールマンの中でもデザイン性の高いヘキサタープです。

6.コールマンウェザーマスター(R) ヘキサタープ/L

ハイスペックな大型ヘキサタープ

『コールマン/ウェザーマスター』コールマンファンやアウトドアに慣れた方なら、聞いたことがあるのではないでしょうか。コールマンの中でもハイグレードなシリーズ。「ウェザーマスター(R) ヘキサタープ/L」は他のコールマンヘキサタープと比較すると、その特徴は対水圧の高さ。他のコールマンヘキサタープが対水圧1500㎜~2000㎜のところ、ウェザーマスターは対水圧3000㎜。そして温度上昇を抑える遮光性、撥水、防水加工などと高品質です。ちょっとした悪天候でも安心して、アウトドアが楽しめます。コールマンのシリーズの中でも落ち着いた茶色とベージュの組み合わせも大人っぽい上品な色合いですね。

比較&仕様

サイズ:530x465cm メインポール高さ:240-260㎝ 収納サイズ:φ20x75cm 重量:7.8kg

ハイスペックなヘキサタープ

「ウェザーマスター(R) ヘキサタープ/L」の最大の魅力はなんといっても、その形と大きさ。正六角形星形の大型ヘキサタープです。テントとの連結ができ、建て方次第でいろいろな設営が楽しめます。コールマンウェザーマスターシリーズのテントとの連結で、大きさやアレンジも広がります。大人数で楽しむのも家族でゆったり使ってリラックスするのも。「ウェザーマスター(R) ヘキサタープ/L」は、大きさを重視する方やヘキサタープを探している方やハイグレードなキャンプを楽しみたい方におすすめです。

コールマンタープの張り方比較

小川張り

タープを探していて「小川張り」というワードを聞いたことがある方も多いはず。そもそも「小川張り」って?一般的にはテントとタープを組み合わせて、いわゆる合体させたような張り方のことを指すことが多いようです。簡単に言うと、下の写真のように、テントの入口をタープで覆うように張って一体型の空間を作り出すことです。連結型のテントやタープでなくてもクロスポールやサイドポールなどを使って、ひとつづきの大空間を作ることができるのが魅力です。また限られた空間にテントの寝室、タープのリビング空間を分けて作ることができます。SサイズでもLサイズでも小川張りはできます。空間にゆとりを持たせたいなら、Lサイズがおすすめです。

コールマンタープのアレンジ比較

テントとタープの間を広くとると空間も広がりますね。空間を自由に使える場所であれば、ぜひやってみたい張り方です。片面を低く張ることで、日差しや風、周囲からの目線を遮ることができます。これなら、初心者の方でも挑戦しやすい張り方ですね。

コールマンヘキサタープとテントとの連結比較

コールマンの同じシリーズのテントとの連結はやっぱり定番ですね。同じシリーズのコールマンテントに揃えてタープを張るとアウトドアの雰囲気もぐっと増します。キャンプのときに使う方が多いなら、やっぱりテントと合わせるは王道ですね。テントだけよりも広さが感じられ、何よりプライベートとそうでない空間を仕切ることができるのが大きな魅力です。

コールマンヘキサタープ徹底比較のまとめ

コールマンのヘキサタープ現在発売されているヘキサタープの大きさや種類、口コミを比較、紹介してきましたがいかがでしたか。ヘキサタープの張り方やアレンジなど、イメージがわいたでしょうか。これからがアウトドアやバーベキューなどにぴったりの季節。コールマンのヘキサタープが大活躍しそうです。テントと合わせて1セットは持っていたいものです。ぜひ使用するアウトドアシーンや人数に合わせて、選んでくださいね。さっさくアウトドアやキャンプに出かけたくなりますね。

関連するまとめ

おすすめの記事