スズキ「新型エスクード」をカスタム方法とは?車中泊仕様にはできる?のイメージ

スズキ「新型エスクード」をカスタム方法とは?車中泊仕様にはできる?

馬力が大きいことや車中泊しやすい車内構造から、キャンプの時に重宝されるエスクード。この記事ではそんなエスクードのカスタム方法について解説していきます。エスクードのカスタムについて興味がある方は、是非この記事をご覧ください。

2020年06月07日更新

マロニエ
マロニエ
Webライターのマロニエです。キャンプやトラベルなどを中心に初心者の方にもわかりやすくて、ためになる記事を書いていきたいと思います。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. エスクードとは?
  2. エスクードのカスタム①
  3. エスクードのカスタム②
  4. エスクードのカスタム③
  5. エスクードのカスタム④
  6. エスクードのカスタム⑤
  7. エスクードのカスタム⑥
  8. エスクードのカスタム⑦
  9. エスクードのカスタム⑧
  10. エスクードのカスタム⑨
  11. エスクードのカスタム⑩
  12. エスクードのカスタム⑪
  13. エスクードのカスタム⑫
  14. エスクードをカスタムする魅力
  15. エスクードをカスタムしよう

エスクードとは?

スズキの人気車種

出典: http://www.suzuki.co.jp

エスクードは1988年にスズキから発売された4輪駆動車であり、初代が発売された1988年から現在にいたるまで、根強い人気を誇っている自動車です。人気がある理由は、燃費が良くて走行性能も良いからです。またエスクードはデザインも素晴らしいです。上の画像は黒色のエスクードですが、上品さと力強さを兼ね備えていて素敵ですね。エスクードは、この画像のような素敵なデザインの車がたくさんあります。

改造しよう

エスクードはデザインが素敵で、性能も良い自動車に加えて改造しやすい車種の1つでもあります。エスクードはマフラーやホイールなど、さまざまな部分の改造が可能です。エスクードを改造することによって、走行性能を高めたり乗り心地を良くしたりすることができます。

新型を車中泊仕様に改造

歴史が長いエスクードですが、そんなエスクードも2015年には新型を出しているため、最新の性能とデザインを誇るエスクードを購入して乗ることができます。新型のエスクードは車体が大きめで、車中泊するときに便利なのが特徴で、改造することでさらに快適に車中泊をしやすくなります。

エスクードのカスタム①

車中泊できるベッド

新型のエスクードは幅がかなりあるため、後部座席に車中泊に使うベッドを設置することが可能です。ベッドで寝れば、自動車の座席で寝るよりもはるかに寝心地が良くなるため、車中泊する時には車内にベッドを設置することをおすすめします。またベッドというと豪華な材料なイメージを抱きがちですが、車中泊に使うベッドの材料は上の画像のような簡単なものでもOKですよ。

ショップでパーツの用意

ベッドを製作するために必要なパーツは、ショップで購入しましょう。業務用のスーパーや大型のホームセンターなどを利用すれば、ベッドの製作に使うパーツを安く購入できます。必要なパーツを用意が全て終わったら、次は揃えたパーツを使ってベッドを組み立てていきましょう。

実際に改造してみよう

エスクードの大きさを考えて、ベッドのサイズを決めましょう。ベッドのサイズを決めたら、設計図を作って、その設計図をもとにベッドを組み立てていきます。ベッドの製作が終わったら、今度はその製作したベッドに寝てみて寝心地を確かめてみてください。ベッドの寝心地が悪かったのならば、ベッドに敷くクッションの量を調節しましょう。

エスクードのカスタム②

ローダウンをしてみよう

車の高さを下げることをローダウンと言います。ローダウンをすることによって、車体が安定するだけでなく車の外観をカッコよく見せることができます。上の画像は、実際にローダウンした車の画像です。改造しなくてもカッコ良い車が、ローダウンをしたことによってさらにカッコ良くなっています。エスクードをローダウンするのは難しいことではないため、皆さんもやってみてください。

改造して車高を下げる

H2ローダウンサスペンション 【N BOX スプリング】
楽天で詳細を見る

ローダウンする方法として、最も簡単なのはスプリングを交換する方法です。普通のスプリングから、下の画像のようなローダウン用のスプリングに交換すると、車の車高を下げることができます。車高を下げ過ぎると車の走行性能を下げてしまうため、あまり極端に車高をダウンしないようにしましょう。ダウンする高さが適切だと、ローダウンする前と同じように快適に走行することができます。

車高を下げてみると

ローダウンすると乗り心地が悪くなると良く言われます。確かにローダウン用のスプリングでローダウンすると、ローダウンする前よりも乗り心地が弱冠悪くなってしまうのは否めません。どうしても乗り心地にこだわるのならば、車高調を使ってみましょう。ローダウン用のスプリングを使う場合よりも値段ははりますが、素晴らしい乗り心地を確保できます。

エスクードのカスタム③

ホイールを変えてみよう

ホイールをお洒落なものにすれば、車のタイヤをよりカッコよくすることができます。ホイールはタイヤの専門店などのショップや通販で、簡単に手に入るので、ホイールの交換にチャレンジしてみてください。

ホイールの交換

ホイールを車から取り外すときには、タイヤと一緒に取り外しましょう。タイヤと一緒にホイールを取り外すことで、ホイールが傷がつくのを防げるだけでなく、車からホイールだけを取り外す場合よりも、取り外しの作業が簡単になります。ホイールの取り外しが終わったら、次はホイールの取り付け作業に入ります。タイヤとホイールを一緒にして取り付けましょう。

試乗して確かめよう

新しいホイールを取りつけ終わったら、実際にホイールを交換したエスクードに試乗してみましょう。試乗して乗り心地や安定性がしっかりしているか、きちんと確かめましょう。試乗した結果、ホイールに問題が無かった場合はホイールの交換の作業は終了です。

エスクードのカスタム④

マフラーを改造してみよう

マフラーもカスタムして、自分好みのものにしてみましょう。カッコ良いデザインのマフラーにカスタムすると、上の画像のように車の見た目も綺麗になります。またマフラーのカスタムすれば、見た目が良くなるだけでなく、エスクードの性能アップにつながります。マフラーのカスタムは外観を良くする効果と性能アップの効果の両方が見込めるのです。

マフラーの交換作業

マフラーは自分で交換することが可能です。まずはマフラーを差し込んでいる穴から、マフラーを引き抜きましょう。マフラーを引き抜いた穴に、新しく交換するマフラーを差し込んだらマフラーの交換は終了です。マフラーは、時間を掛けずともできる作業なので、是非やってみてください。

エスクードのカスタム⑤

グリルを改造しよう

グリルをカスタムすれば、車の見栄えを格段に良くすることができます。上の画像はグリルをカスタムした自動車です。グリルを上手にカスタムすれば、このように自動車をスタイリッシュな雰囲気にすることができます。グリルは車の見栄えという点において重要なパーツなので、ショップで購入するときはデザインにこだわって良いものを選びましょう。

グリルの交換方法

ネジを取ってグリルを取り外してから、新しいグリルを車に取り付けましょう。この際に注意するべきは、グリルを壊さないようにすることです。グリルはとてもデリケートなパーツです。不必要に力を入れるとグリルは簡単に壊れてしまいます。

エスクードのカスタム⑥

シートを改造しよう

車のシートを交換すれば、上の画像のように車の内装を劇的に美しくすることができます。またシートはカスタムする時にそれほど、手間が掛からないパーツです。新型エスクードの内装をカスタムする時には、シートの交換をしてみましょう。シートの交換は簡単な上に、エスクードの内部を大変に魅力的にしてくれます。

ショップでパーツを用意しよう

車のシートを交換する場合は、シートだけではなくシートレールが必要になります。シートレールは車のサイズに合わせた大きさのものを選ぶ必要があります、シートとシートレールが用意したら、シートを交換する作業を行いましょう。シートを取り外して、新しいシートと交換するのです。

エスクードのカスタム⑦

タイヤ改造

タイヤを交換するときは、車からタイヤを取り外すとこから始めましょう。タイヤを車から取り外したら、タイヤをホイールから取り外して、ホイールに新しいタイヤを取りつけてください。タイヤを交換するのは比較的簡単にできますが、車が安定した走行する上で重要な部品ですので、実際に交換するさいには慎重にやりましょう。

ショップでタイヤ購入しよう

タイヤはタイヤ専門店などのショップなどでも購入できますが、コストパフォーマンスを重視するならば通販がおすすめです。通販はショップよりも安いお金でタイヤが買えるだけでなく、販売しているタイヤの種類も多様で非常に魅力的です。またタイヤを実際に購入するときは、タイヤのサイズを確認してください。タイヤのサイズが車と合っていないと、タイヤを車に取りつけることができません。

エスクードのカスタム⑧

エアロパーツを改造

エアロパーツは空気抵抗を減らすための自動車のパーツです。エアロパーツのある車は運転が安全になるほか、外装や内装もカッコ良くなります。上の画像のようなエスクードをエアロパーツでカスタムすれば、エスクードは見た目が素晴らしくなるだけでなく、より車が安定することになります。

エアロパーツの取り付け作業

エアロパーツはマフラーなどと違い、取り付けるのにやや手間がかかるパーツです。個人作業でエアロパーツを取り付ける場合、塗装などの作業の難易度がどうしても高くなってしまいます。自動車にカスタムに慣れていない人は、ショップでエアロパーツを取りつけましょう。

エスクードのカスタム⑨

ペダルカバーで改造

ペダルカバーは車のペダルに取り付けるカバーのことです。ペダルとのズレを防ぐために、金属のツメやビスで固定させます。ペダルカバーは運転するときに起きる体の疲労を和らげる効果があります。車を運転するときに起こる肩こりや腰痛を緩和してくれるので、ペダルカバーの装着はおすすめできます。

ショップでペダルカバーを購入

ペダルカバーはカー用品店などのショップや通販で簡単に買えます。ペダルカバーは車のペダルのサイズを確認した後、ペダルのサイズに合ったものを選びましょう。値段が安い物というと、質が悪くデザインもよくないものを思い浮かべがちですが、ペダルカバーの中には安いうえに質が高くてデザインが良いものがたくさんあります。

エスクードのカスタム⑩

イルミネーションLEDブルーライト

カー内部LED装飾ライト シングルカラーモード 36ランプビーズ
Amazonで詳細を見る

自動車の中にイルミネーションをつけると、オシャレで素敵になります。上の画像はブルーライトのLEDのイルミネーションです。ブルーライトのLEDで内装をカスタマイズすれば、車の中はこんな素敵なイルミネーションに照らされて、とても素敵な空間になります。

ショップで購入しよう

ブルーライトのLEDのイルミネーションは、通販やショップなどで購入できます。また取り付けかたも簡単で、費用も大概の種類が1万円以下で収まります。費用が掛からず、取り付けも簡単で車の内部を美しく飾ることができるブルーライトのLEDは、とても素晴らしいカスタム用品です。

エスクードのカスタム⑪

高輝度サウンドコントロールライト

車内装飾用LEDイルミネーションライト
Amazonで詳細を見る

出典: https://www.amazon.co.jp

上の画像は高輝度サウンドコントロールライトです。このライトは光るときに大変に美しい光を出して光輝くため、車の中を雰囲気を良くしてくれます。また光で車の中を明るくしてくれるため、車での夜間の移動や車中泊をする時にむいています。車内に設置する時に難しい作業なしで、設置できる点も魅力的です。

使用が簡単

高輝度サウンドコントロールライトは設置するのが簡単なだけでなく、発光させるのも難しい作業を必要としません。またショップだけでなく通販でも購入可能で、購入に掛かる費用も2000円程度と、大変に安くなっています。購入や設置に掛かる費用が安く上、設置のための作業も簡単で済むため、車内のイルミネーションとして最適です。

エスクードのカスタム⑫

ダッシュマット

スズキ エスクード ダッシュマット
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

ダッシュマットはダッシュボードに傷がついたり、汚れが付いたりするのを防ぐだけでなく、車の内装をおしゃれにするアイテムとしても使用できます。画像にあるようなおしゃれなダッシュマットを装着すれば、新型エスクードの内装はとても上品になります。ダッシュマットは車の内装をより魅力的に変えてくれるのです。

車内を改造

ダッシュマットは車内を改造するために良く使われる部品の1つです。ダッシュマットは簡単に装着できるうえに、購入にそれほど費用が掛からないことが魅力です。また費用が掛からないのに、車の内装を高級感溢れるものにしてくれます。新型エスクードに素敵なダッシュマットを装着して、新型エスクードの内装をおしゃれにカスタムしてみましょう。

エスクードをカスタムする魅力

自分の好きなデザインに改造できる

新型エスクードをカスタムする魅力の1つとして、自分の好きなようにデザインできるという点があげられます。エスクードの外観や内装をカスタムすることにより、外観や内装をとてもおしゃれにすることができます。マフラーのようなおしゃれなイメージがない部品ものでも、カスタムの仕方によっては、とてもおしゃれにできます。

車中泊しやすい

新型エスクードは車中泊にむいている車ですが、ベッドを設置するなど、改造することによって車中泊しやすくなります。エスクードを改造するときには、車中泊のしやすさについても意識してみてください。車中泊しやすいようにカスタムされたエスクードは、キャンプや長距離の移動など、さまざま場面で役に立つことでしょう。

エスクードをカスタムしよう

改造してみよう

これまで新型エスクードのカスタムの仕方について解説していきました。いかがでしたでしょうか?新型エスクードは車体が大きくて車中泊がしやすいだけでなく、走行性能の良さなど他にも魅力的な要素がある車で、改造にはおすすめの車です。

楽しんで改造しよう

エスクードを楽しみながらカスタムしていきましょう。マフラーやグリルにホイールと、改造できる部品はたくさんあります。改造すればするほど、エスクードの魅力が増すだけでなく、エスクードに対する愛情も増していくことでしょう。

車中泊が気になる方はこちらもチェック

当サイト「暮らし~の」では、車中泊に関する記事が他にもございます。車中泊が気になる方は、こちらもチェックしてみてください。

Thumb軽自動車を車中泊仕様に!おすすめの車種とおしゃれな車内の改造事例を紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
コンパクト設計された軽自動車をフルに活かす車中泊には、軽自動車と感じさせないインテリアの魅力...

あなたへのおすすめ