Twitter
Facebook
LINE

DIYで使える電動ノコギリおすすめ9選!種類別の選び方もご紹介!

tryyua

DIYで使える電動ノコギリおすすめ9選!種類別の選び方もご紹介!

tryyua

DIYで使える電動ノコギリおすすめ9選です。充電式やコード式など、電動ノコギリの特徴や電動ノコギリのタイプなどを紹介します。種類別の選び方も紹介しますので、これから電動ノコギリの購入を考えている方に是非おすすめの記事です。卓上にはない良さも満載です。

はじめに

ノコギリというと卓上でつかうものや手動で刃を動かすものがありますが、今回紹介する電動ノコギリは刃(ブレード)を電気で動かして材料を切断できる優れものです。そんな電動ノコギリでおすすめできるものを9つ紹介します。卓上で使わないノコギリだからこその特徴が満載です。

電動ノコギリとは

ノコギリの電動工具

電動ノコギリは電動工具式のノコギリです。電動ノコギリの使用用途はジグソーや丸ノコよりも幅広いと言われることが多く、様々な材料の切断を考えているのなら電動ノコギリは便利なノコギリとなります。

形状としては、電動ノコギリの本体にブレードを差し込んで使用するという感じです。別名、レシプロソーやセーバーソー(セーバソー)などとも呼ばれることがあります。金属や木材の切断作業はもちろんですが、庭の剪定にも使えるなど、DIY要素が高いです。卓上タイプはありません。

電動ノコギリ特有の使い方ができる

電動ノコギリは他のノコギリにはない特徴をいくつか備えています。その1つが上方向での作業に使える点です。電動ノコギリでの作業には特別作業台が必要ではありません。そのため高い位置にある材料の切断も可能となります。上方向だけでなく、作業台がなくとも切断ができるので、ご自宅の庭木の手入れやから必要になった大きな荷物の解体作業などにも便利です。電動ノコギリ自体が小型ですので、家庭用としてもどなたでも使いまわせます。

電動ノコギリのおすすめの選び方その1

バッテリー式か充電式



電動ノコギリの選び方の1つは充電式かコード式か、どのように電源を確保するかを基準にする選び方です。充電式電動ノコギリとコード式電動ノコギリ、どちらにもメリット・デメリットがあります。充電式電動ノコギリは付属の小型バッテリーで電源を確保するのでコード式のように場所に縛れず作業できるのがメリットです。充電残量に注意する必要はありますが、使いまわしの良さからDIY・家庭用からプロ用として使われます。

コード式電動ノコギリはバッテリー式とは異なり、電源プラグをコンセントに挿して使用するタイプの電動ノコギリです。コード式電動ノコギリのメリットの1つはバッテリー式電動ノコギリよりも力が強い点になります。もう1つとして挙げられるのが充電が切れる心配がない点です。

コードを家庭用コンセントに挿すだけで、バッテリー切れの心配なく作業に取り組めます。電源供給方法の違いからバッテリー式電動ノコギリに使いまわしの点で劣りますが、作業量が多いときなどには便利です。

電動ノコギリのおすすめの選び方その2

どのように材料を切るかを基準に選ぶ

電動ノコギリのおすすめ選び方2つ目は、どのように材料を切るかを基準に選ぶ方法です。そもそも電動工具が活躍するのは、取り回しの良さを活かして天井から床まで、卓上とは違う少し作業が難しそうなスペースや他のノコギリでは作業できない場所で材料を切りたいときです。電動ノコギリのブレードは材料に合わせて交換が可能ですから、材質に合わせて融通が利く工具ではあります。

用途が異なる他のノコギリたち

他のノコギリたちは電動ノコギリとは使用用途が異なります。卓上電動糸ノコは前後に動くノコギリに向かって卓上に置いた材料を動かして切断する、曲線切りに向いたタイプの卓上型ノコギリです。ジグソータイプも同様に曲線切りに向いていて、こちらは工具を自分で動かして材料を切るタイプのノコギリになります。円盤状の刃がついたものは丸ノコと呼ばれるものです。高速度での切断が可能で材料を直線的にカットするのに向いています、ちなみに卓上タイプもあります。小型タイプや大型のタイプなどさまざまで、使用用途の異なるのです。

電動ノコギリのストローク数とストローク量

必ずチェックすべき数値

ストローク数とストローク長は電動ノコギリの切断性能を見極めるうえで必ず比較しておきたい項目です。ストローク数は電動ノコギリのブレードが1分間に何回前後に動くのかを示す数値であり、ストローク長は1ストロークで何ミリブレードが動くのかを示す数値になります。これらを比較すると、ストローク数が大きい電動ノコギリは材料を速く切断することに長けているのが特徴的です。ストローク長が長い電動ノコギリは切りくずを排出することに長けています。

製品スペックを比較しよう

電動ノコギリの切断能力やストローク数およびストローク長は製品紹介に必ず記載されているのでまずは各製品のそれを比較して購入するのが良いでしょう。また、ストローク長に関して言えば、この数値が長い電動ノコギリは全長も長くなるので、できるだけ小型なタイプが希望ならストローク長の比較は必須です。安い刃ではなく品質の高い(高級な)刃を使うだけでも切断能力が向上します。高いものと安いものを組み合わせてストローク数・長を補うことも可能なのです。

電動ノコギリおすすめその1

マキタ  充電式レシプロソー

【スペック】 標準小売価格:24,200円(税別)(2018/6/4時点) 切断能力(mm):パイプΦ50、木材50 ストローク数:0~3300回/分 ストローク(mm):13 サイズ:長さ355×幅63×高さ146 バッテリー:10.8Vリチウムイオンバッテリー 重量:1.1kg

マキタのバッテリー式電動ノコギリ

2つ目に紹介するおすすめの電動ノコギリはマキタの充電式レシプロソーです。電動工具でお馴染みのメーカーであるマキタが製造・販売するバッテリー式電動ノコギリになります。サイズは長さ355×幅63×高さ146で重量が1.1㎏(バッテリー含む)となっていて、軽量さとコンパクトさを兼ね備えた電動ノコギリです。本体に六角レンチを収納するスペースが設けられているのでブレード交換もスムーズに行えます。

取り回しを良くするマルチポジションスイッチ

このマキタの電動ノコギリの特徴として挙げられるのがマルチポジションスイッチです。トリガータイプのスイッチとパドルタイプのスイッチが設けられています。これによって場面ごとに使い分けた切断が可能となるのです。持ち方によって力の掛具合も調整できるので、高い位置での作業や力を掛けたい作業のどちらでも活躍します。プロだけでなくDIY・家庭用としても購入したいおすすめの充電式電動ノコギリです。

電動ノコギリおすすめその2

RYOBI/リョービ リョービ 電気のこぎり 100V ASK-1000

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

サイズ:長さ334×幅63×高さ127mm 重量:1.3kg 切断能力:(庭木)径45mm、(木材)厚さ40mm、(軟鋼板)厚さ3.5mm、(塩ビパイプ)径120mm ストローク数:0~4,500min-1 ストローク量:10mm 電源:単相100V

リョービのコード式電動ノコギリ

2つ目に紹介するおすすめの電動ノコギリあリョービの電気ノコギリ ASK-1000です。リョービが製造・販売するこの電動ノコギリはサイズが長さ334×幅63×高さ127mmで重量は1.3kg、おすすめ1のマキタの電動ノコギリよりサイズは少し小さいですが重量は0.2kg多くなっています。電源は単相100V、一般的な家庭用タイプの電源です。

価格もリーズナブル

価格は税込16,524円となっていて、先ほど紹介したマキタの電動ノコギリよりも低価格です。比較すると、ストローク数はマキタより大きい0~4,500min-1、ストローク量はマキタより3㎜少ない10㎜ですが、この価格を考えるとコストパフォーマンスが高く、安いと言えます。ある程度のスペックを備えた小型の電動ノコギリとして、DIY・家庭用・プロ用におすすめする製品です。

電動ノコギリおすすめその3

日立工機 10.8V コードレスミニソー 充電式 1.5Ahリチウムイオン電池、急速充電器、ケース付 CJ10DL(LCSK)

ストローク数:0~2,700min-1 ストローク量:13mm 切断能力:木材/50mm、軟鋼材/4mm 電源:リチウムイオン充電池10.8V

日立工機電動ノコギリ

つ目に紹介するおすすめの電動ノコギリは日立工機の10.8V コードレスミニソーです。日立工機が製造・販売する10.8Vリチウムイオン電池使用の電動ノコギリで、長さ349×幅60×高さ207mm、重量1.2㎏の軽量コンパクトなサイズとなっています。工具無しでブレード交換が可能なツールレスタイプで、他のモデルと比較してブレード交換容易にできるのが特徴的です。

その他機能も豊富

無段階変速スイッチ搭載の電動ノコギリで切断状況に合わせてストローク数を調整できるのも売りの1つです。ソフトグリップハンドルで握りやすく、小型なのと相重なって取り回しが良くなっています。安いとはいえませんがそれほど高くもない、おすすめ充電式電動ノコギリです。

電動ノコギリおすすめその4

BOSCH(ボッシュ) バッテリーのこぎり KEO

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

ストローク数:0-1,600回/分(高負荷時:最大2,800回/分) ストローク量:20mm 切断能力:木材80mm、軟鋼材3.2mm、庭木径80mm 電源:リチウムイオン充電池10.8V

ボッシュの電動ノコギリ

4つ目に紹介するおすすめの電動ノコギリはBOSCH(ボッシュ) のバッテリーのこぎり KEO(キオ)です。重量1.1㎏とこれまで紹介した中でも最軽量クラスの軽さ、10.8Vリチウムイオンバッテリーを搭載している電動ノコギリとなっています。枝切りからDIYの作業まで、幅広い使い方が可能です。ボッシュ電子セル保護システム(ECP機能)で、過放電や過電流、過充電にオーバーヒートなどといったバッテリートラブルから守ります。

A型形状グリップやオートターボ機能も搭載

この小型電動ノコギリはAの形をしたA型形状グリップやブレードにかかる負担を感知してストロークスピードを調整するオートターボ機能が搭載されているのも特徴的です。この形状グリップは他の電動ノコギリと比較して対象物をしっかり固定して切断でき、オートターボで効率的な切断が可能となります。SDSシステムでブレード交換は工具なしで可能です。家庭用・DIYとしても使えるおすすめの電動ノコギリです。

電動ノコギリおすすめその5

日立工機 電子セーバーソー AC100V パイプ130mm 木材120mm スイング機構付 CR13VB

ストローク数:(min-1):0~3,000 ストローク量:32mm 切断能力:鋼管外径130mm、塩ビパイプ外径130mm、木材厚さ120mm、軟鋼材厚さ19mm 電源:コード式

プロにおすすめの高性能モデル

5つ目に紹介するおすすめの電動ノコギリは日立工機の電子セーバーソー です。家庭用・DIY用とは違い、高性能なプロ用モデルとして製造・販売されている電動ノコギリで、これまで紹介した電動ノコギリと比較して、前後方向だけでなく上下方向にも動くという異なる切断方法にも特徴があります。従来タイプと比較して切断効率を向上させられるのです。

DIY・家庭用にはオーバースペック?

プロ向けととして製造されている電動ノコギリということもあり価格も他のタイプと比較して安いものではなく、高めの設定になっています。プロ向けのスペックまではDIY・家庭用に必要ないという意見もありますが、良い工具を使うことで作業の効率性を挙げられれば作業を今まで以上に楽しむことにもつながるのです。DIY・家庭用として使いながらも性能にこだわった、安い工具ではなくしっかりとした工具が欲しい方におすすめするコード式電動ノコギリになります。

電動ノコギリおすすめその6

BOSCH(ボッシュ) 電気のこぎり PFZ500E

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

サイズ:全長190×高さ245×奥行67mm ストローク数:0~2,700min-1(回/分) ストローク量:23mm 切断能力:適用交換刃:木材荒びき・生木150mmまで、木材150mmまで 塩ビパイプ150mmまで、軟鋼・非鉄金属1.5~10mm、軟鋼・非鉄金属1.5~10mm、木材&金属切断用 重量:2.0Kg 電源:コード式

初心者にも使いやすい電動ノコギリ

6つ目に紹介するおすすめの電動ノコギリはBOSCH(ボッシュ) の電気ノコギリです。軽量コンパクトな小型電動ノコギリで初心者にも使いやすい商品となっています。DIY・家庭用として材料の切断から剪定まで、卓上ではできな使いまわしが可能です。価格は12,000円を下回っているので安いと言えます。ブレードは木材用と金属用と併用できるものから、それ専用のものも選択可能です。

SODシステムや強力パワーで作業を効率化

ブレードを工具なしで簡単に交換できるSODシステムや強力パワーは他のいくつかのモデルと比較しても優れている点の1つです。ブレード交換の効率化や搭載している500Wのハイパワーモーターで、材料に合わせてブレードを使い分ければ気持ちよくかつ効率的に作業を進められます。電子無段変速スイッチを使えば電動ノコギリのストローク数の調整が可能です。安全ロックスイッチやハンドプロテクターなど安全面にも考慮した設計もされている、安いおすすめの電動ノコギリです。

電動ノコギリおすすめその7

高儀 EARTH MAN AC100V 電気のこぎり DN-100

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

サイズ:高さ210×全長365×奥行75mm 重量:1900g 切断能力:木材/55mm 塩ビパイプ/60mm 軟鉄パイプ/32mm 軟鉄材/2.5mm厚 ストローク数:0-2,200min-1[回/分] ストローク量:18mm 電源:コード式

7つ目に紹介するおすすめの電動ノコギリは高儀のEARTH MAN AC100Vです。DIY用の電動ノコギリで、木材から金属そしてプラスチックまで幅広い材料の切断作業に使えます。価格も6,000円弱と安いです。重量とサイズは軽量でコンパクト、小型電動ノコギリとしてDIYでも活躍間違いありません。充電式ではなくコード式となっています。

無段変速機能付き

特徴の1つが無段変速機能です。ひきがねの引き加減でブレードのストロークスピードの調整ができるようになっています。ブレードも3種付きですので材料に合わせて使い分けましょう。卓上とは違う電動ノコギリ、そんな電動ノコギリで安いものが欲しい方におすすめの小型タイプです。

電動ノコギリおすすめその8

STANLEY (スタンレー) 18V レシプロソー STCT1820DK メーカー2年保証 2.0Ahリチウムイオン電池1個 急速充電器付 正規輸入品

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

サイズ:幅80×長さ370×高さ180㎜ 重量:2.0㎏ 切断能力:木工180㎜/パイプ110㎜ ストローク数:0-3,000回/分(無負荷) ストローク量:25㎜ 電源:2.0Ahリチウムイオン充電池バッテリー

軽量ハイパワーのスタンレー製電動ノコギリ

8つ目に紹介するおすすめの電動ノコギリはTANLEY (スタンレー) の18V レシプロソーです。全長370㎜と小型な大きさに重量2.0㎏、小型で少し軽量な仕上がりとなっています。18Vの高耐久モーターが搭載されているのも特徴的な電動ノコギリです。

ストローク長25mm

ストローク長25mmとこれまで紹介した中でも長い部類です。小型ながら長いストローク長を備えたスペックの電動ノコギリとして様々な用途に使える、安いとは言えないけれどその価値はあるおすすめの電動工具です。

電動ノコギリおすすめその9

Panasonic 充電レシプロソー 18V 3.0Ah EZ45A1PN2G-H

サイズ:全長460×全高210×全幅87mm 重量:3.4kg 切断能力:金属管=直径130mm(純正刃は70mm)、木材=直径235mm(純正刃は150mm) ストローク数:0~2,800回/分 ストローク量:28mm 電源:バッテリー式

9つ目に紹介するおすすめの電動ノコギリはパナソニックのEZ45A1 レシプロソー 18Vです。18Vの高電圧タイプの電動ノコギリで、金属管の切断(純正刃なら直径70mmを切断可能)にも使える強力な商品になります。5.0Ah電池はスタミナにも優れており、バッテリー交換の手間をなくして作業に専念することが可能です。プロ用としてはもちろん、DIY・家庭用にも使いたいスペックをとなっています。

ブレード交換も簡単に

ブレードの交換は工具なしで行えるようになっています。さらに防塵対策や防水対策も施されており、耐久性の高さもうかがえる電動ノコギリです。価格はこれまで掃海した中でも安い部類というよりは高い方です。重量3.4kgに全長460mmでどちらかというと小型とはいえませんが、丈夫な電動ノコギリとしてお勧めできる商品です。

まとめ

卓上式ノコギリやジグソーとは違った使い方ができて便利な電動ノコギリを9つ紹介しました。卓上式やジグソーなどでは作業できない場所にある材料の加工ができたり、充電式ならどこでも使えるので便利です。メーカーそれぞれが製品に特徴を持たせていてすべて同じ製品というものはないので、電動ノコギリ購入時は必ず比較をしましょう。

のこぎりが気になる方はこちらもチェック!

そもそもノコギリとは何かを知りたい方におすすめの記事はこちら。

SNS SHARE

Twitter
Facebook
LINE

Movie動画記事

ロックショア初心者タックルの選び方を徹底解説!!

★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube.com/playlist?list... ★チャンネル登録よろしくお願いします★ このチャンネルでは、主にソルトウォーターフ...

縫わない!編まない!世界一簡単!毛糸のシュシュ作り方を実演解説♪

今回は「世界一簡単で材料も超少ない毛糸のシュシュの作り方」を実演解説しました♪なんと、材料は毛糸とゴムとストロー、使う道具ははさみだけ! お子様でも簡単に作れます。 毛糸はモコモコのタイプのものがオス...

【初心者向け刺繡】さくらんぼの刺し方を解説!サテンとストレートだけでさせます♪

今回は「さくらんぼの刺し方」をご紹介しました!とても小さいモチーフですので、あっという間に刺せます。ステッチも2つだけなので簡単です♪ 初心者の方もぜひ刺してみて下さい! 初心者が覚えるべき基本ステ...

【刺繡初心者向け】トレーシングペーパーについて解説!おすすめの厚さは?ハトロン紙とは違う?使い方は?

今回は「トレーシングペーパーについて」ご紹介しました!トレーシングペーパーで検索すると主にハトロン紙か、製図用のトレーシングペーパーが表示されます。手芸用に特化していなくても使用は可能です。 図案など...

すぐできる「蝶の刺繡のやり方」を解説!3つのステッチで短時間完成♪

今回は「蝶の刺繡のやり方」をご紹介ししました!蝶はサテンステッチで羽を埋めて、ストレートステッチとフレンチノットステッチで触覚を表現するだけですのでとても簡単です。初心者の方もぜひやってみて下さい♪ ...