コンパクト重視で厳選!最新の寝袋・シュラフ人気おすすめ10選!

コンパクト重視で厳選!最新の寝袋・シュラフ人気おすすめ10選!

最近ではおすすめのコンパクトな寝袋・シュラフが増えていて、キャンプやツーリングでは非常に大きな力を発揮します。特におすすめのコンパクトな寝袋・シュラフがあるだけで睡眠の質が上がり、しっかりと寝られます。そのため、使った事が無い人は使ってみると良いでしょう。

記事の目次

  1. 1.寝袋・シュラフについて
  2. 2.寝袋・シュラフの良さ
  3. 3.コンパクト重視で厳選!最新の寝袋・シュラフおすすめ10選
  4. 4.コンパクト重視で厳選!最新の寝袋・シュラフおすすめ1
  5. 5.コンパクト重視で厳選!最新の寝袋・シュラフおすすめ2
  6. 6.コンパクト重視で厳選!最新の寝袋・シュラフおすすめ3
  7. 7.コンパクト重視で厳選!最新の寝袋・シュラフおすすめ4
  8. 8.コンパクト重視で厳選!最新の寝袋・シュラフおすすめ5
  9. 9.コンパクト重視で厳選!最新の寝袋・シュラフおすすめ6
  10. 10.コンパクト重視で厳選!最新の寝袋・シュラフおすすめ7
  11. 11.コンパクト重視で厳選!最新の寝袋・シュラフおすすめ8
  12. 12.コンパクト重視で厳選!最新の寝袋・シュラフおすすめ9
  13. 13.コンパクト重視で厳選!最新の寝袋・シュラフおすすめ10
  14. 14.寝袋・シュラフの選び方
  15. 15.寝袋・シュラフを使いましょう

寝袋・シュラフについて

寝袋・シュラフはキャンプやツーリングをする時に必要な物で、非常に大きな役割を果たします。キャンプやツーリングでは外で寝なければいけなく、安定した睡眠を取れない事が多くなっています。睡眠の質を下げる事にも繋がるので、中々大変な部分が多いです。しかしながら最新の寝袋・シュラフを使えば大丈夫で、睡眠の質を下げる事も無くなります。実際にキャンプやツーリングをする際には積極的に使いましょう。

寝袋・シュラフの良さ

ここでは寝袋・シュラフには、どういう所に良さがあるかを見ていきます。具体的に良さを知っているかどうかで、寝袋・シュラフのイメージや使い方も変わります。良さを少しでも知っていないと充分な活用ができないので、意識する事がとても大事です。キャンプやツーリングをする際に寝袋・シュラフを使う機会がある人は、まず良さに目を向けましょう。

寝袋・シュラフの良さ1 3シーズン使える

寝袋・シュラフの良さの1つ目は春、夏、秋の3シーズン使う事ができる物です。1シーズンだけではなく、非常に長期間自分の睡眠の質を保ってくれます。特に夏は暑い事もあり、寝苦しいけれど、そこはしっかりと改善されています。少しでも寝やすいように3シーズン用の寝袋・シュラフは工夫が施されているので、全く心配はいらないです。

寝袋・シュラフの良さ2 収納が簡単

寝袋・シュラフの良さの2つ目は、収納が簡単な事です。非常にコンパクトにまとめる事ができて、他の荷物の邪魔にならないです。特にキャンプやツーリングをする人にとって収納を不安視する人も多いけれど、そこはしっかりと考えられています。少しでもコンパクトにまとめられるように改良が加えられていて、実際に場所を全く取らずに済みます。

寝袋・シュラフの良さ3 気温のダウンに対応

寝袋・シュラフの良さの3つ目は、気温のダウンに対応できる事です。特に冬は夜になるにつれて気温が徐々にダウンしてきて、寒さも厳しくなります。その時に寝袋・シュラフだとその寒さを凌げないと感じる人もいるけれど、最近の物は気温のダウンに関係なく、安定した暖かさを供給できます。その暖かさはとても良く、どれだけ気温がダウンしても大丈夫になっています。

寝袋・シュラフの良さ4 良い化繊が使われている


寝袋・シュラフの良さの4つ目は、良い化繊が使われている事です。暖かさを高い状態で保つ事ができるのはその化繊の影響も少なからずあるので、寝袋・シュラフに必要不可欠な物になっています。化繊まで目を向ける人があまりいないけれど、試しに見てみると良いでしょう。そうすればどの寝袋・シュラフがより良い物かが分かり、実際に選ぶ時にも役に立ちます。
 

寝袋・シュラフの良さ5 コンパクト

寝袋・シュラフの良さの5つ目は、コンパクトな所です。寝袋・シュラフは大きい物で、キャンプやツーリングをする時に荷物になると考えている人が割といます。しかしながら、最近の寝袋・シュラフはコンパクトさを重視している物も増えていて、非常に使いやすくなっています。実際にコンパクトだと使い方も分かりやすく、楽な部分が多いです。

コンパクト重視で厳選!最新の寝袋・シュラフおすすめ10選

ここからは寝袋・シュラフのおすすめには、どういうおすすめの物があるかを見ていきます。特にコンパクト重視で厳選しているので誰が使っても、使いにくさは無いです。コンパクトだと荷物にもほとんどならず、キャンプやツーリングに持っていく時にも便利になっています。これから寝袋・シュラフを購入しようと考えている人は、コンパクト重視で厳選したおすすめの物に目を向けましょう。

コンパクト重視で厳選!最新の寝袋・シュラフおすすめ1

モンベル寝袋(シュラフ)アルパインダウンハガー800 #2

楽天

モンベル ダウンハガー800 #2

コンパクト重視で厳選!最新の寝袋・シュラフおすすめの1つ目は、モンベル ダウンハガー800 #2です。冬の寒い時期でも暖かさをずっと維持できて、寒さをしっかりと防げます。特に冬のキャンプでは気温がダウンしてくる事は避けられないけれど、モンベル ダウンハガー800 #2なら大丈夫になっています。寒さにちゃんと対抗できて、よく眠れます。

収納時のコンパクトさ

モンベル ダウンハガー800 #2は、収納時にとてもコンパクトにまとまります。寝袋・シュラフとは思えないほどにコンパクトに収まるので、他の荷物の邪魔に全くならないです。特にキャンプやツーリングに持っていく時に、収納した際のコンパクトさがどれほどかはとても大事になっています。モンベル ダウンハガー800 #2は収納時のコンパクトさに関して大きな役割を果たしているので、何も心配しなくても良いでしょう。

コンパクト重視で厳選!最新の寝袋・シュラフおすすめ2

WhiteSeek 寝袋 シュラフ マミー型

コンパクト重視で厳選!最新の寝袋・シュラフおすすめの2つ目は、WhiteSeek 寝袋 シュラフ マミー型です。しっかりと洗濯できて、いつでも綺麗な状態で使えます。寝袋・シュラフ自体が綺麗かどうかは実際に使う人の気分や気持ちにも関わってくるので、洗濯できる物は非常に重要になっています。本当に少しでも綺麗な状態を維持したい人は、WhiteSeek 寝袋 シュラフ マミー型を使いましょう。

夏や冬のどちらも大丈夫

WhiteSeek 寝袋 シュラフ マミー型は夏や冬のどちらの季節に使っても大丈夫で、自分達の睡眠を助けてくれます。夏には適度な暖かさを届けて、冬には寒さを凌げるほどのとても大きな暖かさを与えてくれます。夏と冬では気候も違い、どの寝袋・シュラフを使えば良いかを迷う時があります。そういう時にWhiteSeek 寝袋 シュラフ マミー型の存在は大きく、充分な役割を果たします。

コンパクト重視で厳選!最新の寝袋・シュラフおすすめ3

イスカ ダウンプラス ポカラ X

コンパクト重視で厳選!最新の寝袋・シュラフおすすめの3つ目は、イスカ ダウンプラス ポカラ Xです。保温性がしっかりとしていて、ずっと暖かさを維持できます。冬にとても合っていて、どれだけ寒くても凌げます。暖かい寝袋・シュラフがあると非常に安心できて、冬のキャンプやツーリングもより楽しくなります。

ポリエステルマイクロファイバーの化繊

イスカ ダウンプラス ポカラ Xは、ポリエステルマイクロファイバーの化繊を採用しており、丈夫な上にしなやかな作りになっています。ポリエステルマイクロファイバーの化繊がある事により、特にキャンプや登山に適しています。寝る場所が平坦な所ではなく、でこぼこしていたとしても大丈夫です。ポリエステルマイクロファイバーの化繊が良い役割を果たして、睡眠を助けてくれます。

コンパクト重視で厳選!最新の寝袋・シュラフおすすめ4

モンベル 寝袋 アルパイン ダウンハガー800 #3

コンパクト重視で厳選!最新の寝袋・シュラフおすすめの4つ目は、モンベル 寝袋 アルパイン ダウンハガー800 #3です。伸縮性に長けていて、身体が大きい人でもしっかりと寝る事ができます。たまに体格が合わずに寝袋・シュラフに入る事ができない人がいるけれど、モンベル 寝袋 アルパイン ダウンハガー800 #3はそういう事が無いです。
 

伸縮サイズ

モンベル 寝袋 アルパイン ダウンハガー800 #3は収納サイズが13×26cmになっていて、とてもコンパクトにまとめられると分かります。他の寝袋・シュラフの収納サイズに比べると、どれだけコンパクトかがより理解できます。持ち運びが非常に便利で、どこに持っていっても荷物の邪魔にはならないです。収納サイズまで気にする人は、コンパクトなモンベル 寝袋 アルパイン ダウンハガー800 #3が良いでしょう。

コンパクト重視で厳選!最新の寝袋・シュラフおすすめ5

モンベル バロウバッグ #3

コンパクト重視で厳選!最新の寝袋・シュラフおすすめの5つ目は、モンベル バロウバッグ #3です。3つの種類のポリエステル繊維を組み合わせた化繊を使用していて、保温性を高い位置で保っています。その保温性は冬でもしっかりと過ごせるぐらいの物なので、とても役に立ちます。そのため、実際に3つの種類のポリエステル繊維を組み合わせた化繊を用いる事で、冬の過ごし方も変わってきます。

3シーズンを通して使える

モンベル バロウバッグ #3は、3シーズンを通して使う事ができ、モンベル バロウバッグ #3があるだけで睡眠の質が違います。特に睡眠の質はどれだけ暖かさを維持できるかにも関わってくるので、そういう時に3シーズンに適応が効くモンベル バロウバッグ #3は大きな役割を果たします。

コンパクト重視で厳選!最新の寝袋・シュラフおすすめ6

イスカ ダウンプラス レクタ 500

コンパクト重視で厳選!最新の寝袋・シュラフおすすめの6つ目は、イスカ ダウンプラス レクタ 500です。感触が凄く良く、肌触りも気持ち良くなっています。感触が良いと寝心地も変わり、睡眠の質にも影響を及ぼします。イスカ ダウンプラス レクタ 500の場合は寝心地と睡眠の質とも良い方向に向いているので、安心して眠る事ができます。

コンパクトな収納サイズ

イスカ ダウンプラス レクタ 500は他の寝袋・シュラフに比べると大きいですが、収納サイズに関してはコンパクトなままになっています。収納サイズがコンパクトだとキャンプやツーリングなどの遠出をする時に役に立ちます。キャンプやツーリングなどではどうしても持っていく物が多くなり、荷物がかさばります。そういう時に収納サイズがコンパクトならば場所を余計に取らずに済み、他の物をしっかりと入れる事ができます。

コンパクト重視で厳選!最新の寝袋・シュラフおすすめ7

イスカ エア 450X

コンパクト重視で厳選!最新の寝袋・シュラフおすすめの7つ目は、イスカ エア 450Xです。軽量性に特化していて、他の寝袋・シュラフに比べるとどれぐらい軽いかが分かります。特にキャンプやツーリングは遠くに行く事が多いので、軽量性に特化しているイスカ エア 450Xの役割は大きくなっています。

クライマーに人気

イスカ エア 450Xは、山を登る事を主としているクライマーに人気になっています。その人気の理由はドラフトチューブやショルダーウォーマーなどの保温性を維持できる物が付いているためです。気温が低い山でもイスカ エア 450Xがあれば大丈夫となり、寒さを凌ぐ事ができます。そのため、クライマーで寝袋・シュラフを探している人は人気なイスカ エア 450Xにしましょう。

コンパクト重視で厳選!最新の寝袋・シュラフおすすめ8

イスカ アルファライト 700X

コンパクト重視で厳選!最新の寝袋・シュラフおすすめの8つ目は、イスカ アルファライト 700Xです。3シーズンにしっかりと対応していて、どの季節でも役割を果たします。それぞれの季節では気候や温度も変わるので、どの寝袋・シュラフにすれば良いかが難しいです。しかしながら、イスカ アルファライト 700Xにすればどの季節でもほとんど問題は無く、安心した眠りにつけます。

コストパフォーマンスに優れている

イスカ アルファライト 700Xはコストパフォーマンスに非常に優れていて、購入しやすい上に機能性にも期待できます。特に化繊も利用していて、保温性にも充分に優れています。購入する側にとってコストパフォーマンスが高い物は本当に魅力的に映り、実際に手に取る一つの選択肢に成り得ます。もしどの寝袋・シュラフにするかで迷っている人がいたら、コストパフォーマンスに優れているイスカ アルファライト 700Xを見ましょう。

コンパクト重視で厳選!最新の寝袋・シュラフおすすめ9

ナンガ オーロラライト 450DX

コンパクト重視で厳選!最新の寝袋・シュラフおすすめの9つ目は、ナンガ オーロラライト 450DXです。若い人に人気なデザインをしており、使いやすさも充分にあります。寝袋・シュラフの機能性も大事な部分ですが、若い人からするとデザインも譲れなくなっています。ナンガ オーロラライト 450DXに関してはデザインも考慮に入れてあるので、そこは大丈夫になっています。

3シーズン大丈夫

ナンガ オーロラライト 450DXは3シーズン大丈夫で、夏にも活用できます。夏は夜でも暑くて、どの寝袋・シュラフにするかを決める事が難しいですが、ナンガ オーロラライト 450DXにすれば全く問題は無いです。夏を含めた3シーズン活用する事が可能で、キャンプやツーリングの夜をより良い物にできます。特に夏の夜も充分に楽しめて、良い思い出になります。

コンパクト重視で厳選!最新の寝袋・シュラフおすすめ10

NANGA(ナンガ) UDD BAG450DX/RED/レギュラー UDD17レッド 一人用(1人用) スリーシーズンタイプ(三期用) UDD BAG450DX/RED/レギュラー シュラフ 寝袋 アウトドア用寝具 マミー型 マミースリーシーズン アウトドアギア

楽天

ナンガ UDD BAG 450DX

コンパクト重視で厳選!最新の寝袋・シュラフおすすめの10個目は、ナンガ UDD BAG 450DXです。撥水性に優れていて、急に雨が降っても濡れる心配が無くなります。キャンプやツーリングをしている最中には天候が変わる事が多く、雨が降る事もよくあります。その時に普通の寝袋・シュラフを使っていると、自分の服まで濡れます。しかしながら、ナンガ UDD BAG 450DXでは撥水性がしっかりとしているので大丈夫です。

色のバリエーション

ナンガ UDD BAG 450DXは3種類の色のバリエーションがあり、非常に選び甲斐が出てきます。色を自由に選べる事はとても良く、キャンプやツーリングをより楽しくしてくれます。特に自分の好きな色だと気分や気持ちも上がるので、睡眠の質も変わってきます。自分に合っている寝袋・シュラフを中々見つける事ができない人は、ナンガ UDD BAG 450DXを一度でも良いので見てみましょう。

寝袋・シュラフの選び方

次は寝袋・シュラフの実際の選び方を見ます。具体的な選び方を知っているかどうかで、出会える寝袋・シュラフの数も違ってきます。少しでも多くの寝袋・シュラフに出会いたい糸は、選び方にも目を向ける事が大事です。選び方を軽視すると自分に合っている物に中々巡り合えない事もあるので、しっかりと意識しましょう。

寝袋・シュラフの選び方1 コンパクト


寝袋・シュラフの選び方の1つ目は、どれだけコンパクトに収納できるかです。普通の寝袋・シュラフは割と大きい物が多く、キャンプやツーリングに持っていく時に荷物によくなります。しかしながら最近売れている物はコンパクトに収納できるタイプも増えていて、非常に使いやすくなっています。キャンプやツーリングの時にも邪魔にならずに済みます。

寝袋・シュラフの選び方2 夏を含めた3シーズン使える

寝袋・シュラフの選び方の2つ目は、夏を含めた3シーズン使える物です。夏にもしっかりと使える寝袋・シュラフは非常に大事で、睡眠の質を保つために必要になっています。特に冬だけではなく、夏にもキャンプやツーリングに行く人は夏を含めた3シーズン使える物を選びましょう。

寝袋・シュラフの選び方3 多くの人に人気

寝袋・シュラフの選び方の3つ目は、多くの人に人気な物です。ある程度人気な物は機能性やデザイン性に長けていて、使いやすさも充分にあります。あまり寝袋・シュラフの事を知らない人からすると多くの人に人気な物は非常に大事になってきます。購入する時の一つの基準にも成り得るので、多くの人に人気な物にもちゃんと目を向けましょう。

寝袋・シュラフの選び方4 おすすめな物

寝袋・シュラフの選び方の4つ目は、おすすめな物です。他の人からおすすめされている物は機能性の良い物が多く、実際に購入する時の参考になります。自分の知識や判断では中々一歩踏み出す事ができない人は、おすすめな物を手に取ってみる事も良いでしょう。特におすすめな物はキャンプやツーリングで役に立つ物ばかりなので、非常に信用できます。

寝袋・シュラフの選び方5 保温性がある物

寝袋・シュラフの選び方の5つ目は、しっかりと保温性がある物です。どれだけ自分の身体を暖める事ができるかは大事な部分になっていて、実際に寝袋・シュラフを選ぶ時には第一に考えましょう。やはり暖かくないと冬の寒さを凌ぐ事は中々できないため、保温性がどこまであるかに念頭を置く事は一つの方法です。

寝袋・シュラフを使いましょう

寝袋・シュラフはキャンプやツーリングで大きな役割を果たす物で、睡眠をしっかりと取る事ができます。冬の厳しい寒さを凌ぐほどの保温性がある物も多く、一つ手元にあるだけでも全く違っています。キャンプやツーリングでは体力もたくさん使い、知らず知らずの内に疲れているので、そういう時に寝袋・シュラフがあると非常に助かります。

寝袋が気になる方はこちらもチェック!

コールマンのおすすめ寝袋(シュラフ)10選!種類別の特徴や使い方もご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
コールマンのおすすめ寝袋(シュラフ)10選!種類別の特徴や使い方もご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
コールマン製のおすすめ人気寝袋を種類別にご紹介していきます!コールマン製寝袋には封筒型寝袋やマミー型寝袋などの種類があり、封筒型は連結させて2人用シュラフとして活用したり、マミー型は厳寒な環境下に置いても保温性を保ち熱を逃さず暖かく眠る事ができおすすめです。
つばめ99
ライター

つばめ99

登山やキャンプに関する記事が得意です。登山やキャンプで使用する物の最新情報、便利な使い方を中心に、読者の方に分かりやすく届けられるように執筆しています。


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking