Twitter
Facebook
LINE

パタゴニアキャプリーンの種類の違いは?1〜4までの特徴や選び方を徹底解説!

masa_tasaki

パタゴニアキャプリーンの種類の違いは?1〜4までの特徴や選び方を徹底解説!

masa_tasaki

今回は、パタゴニアのベースレイヤー「キャプリーン」について紹介します。いまやアウトドアシーンでは欠かせないアイテムのひとつパタゴニアのベースレイヤー「キャプリーン」。その「キャプリーン」の種類、アイテムごとの違いや特徴や選び方などわかりやすく解説していきます。



パタゴニア「キャプリーン」とは

今回は、パタゴニア(patagonia)のベースレイヤー「キャプリーン」について紹介します。パタゴニアは、登山ウェアに「レイヤリングシステム」という概念を持ち込みました。「レイヤリングシステム」とは、簡単に言うと重ね着のこと。その中でも「ベースレイヤー」は一番下に着るいわゆる下着。肌に直接触れる「ベースレイヤー」は気温や天候などの環境の変化の激しい登山では最も重要なアイテムです。

パタゴニアのベースレイヤー「キャプリーン」は1985年の発売以来進化しながら今なお圧倒的な支持を得ています。

パタゴニア「キャプリーン」の種類

パタゴニアのベースレイヤー「キャプリーン」にはどんな種類があるのでしょうか。「キャプリーン」は、季節や天候などの外的環境、アクティビティの種類、使用の目的に応じてカテゴリーわけされています。ここからはパタゴニアの「キャプリーン」の種類をそれぞれの違いなども含め紹介していきます。

キャプリーンの製品カテゴリー

「パタゴニア(patagonia)」の「キャプリーン」は、アクティビティの運動量や気候、季節に合わせて最適なものを選べます。「キャプリーン」は、長年「キャプリーン1」、「キャプリーン2」、「キャプリーン3」、「キャプリーン4」の名称でカテゴリー分けされていました。
 



しかし、2015年に大幅に製品リニューアルが行われ「キャプリーン」は、「キャプリーン1」→「キャプリーン・デイリー」、「キャプリーン2」→「キャプリーン・ライトウェイト」、「キャプリーン3」→「キャプリーン・ミッドウェイト」、「キャプリーン4」→「キャプリーン・サーマルウェイト」と4種類のラインナップに名称変更され、それぞれの商品特性その違いがより明確になりました。

2015年にリニューアル。旧モデルとの違い

2015年「キャプリーン」の製品リニューアルよって、生まれ変わった「キャプリーン」は、商品特性がよりわかりやすい名称に変更されました。そして名称だけでなく、大きな違いは「サイズ」、そして素材の変更による「軽量化」です。

サイズは全製品USサイズに統一されフィット感も変更。「キャプリーンデイリー」は、デイリーユースも考慮して程よいフィット感の「レギュラーフィット」。それ以外のシリーズは、身体によりフィットする「スリムフィット」になりました。
 



素材の変更点とその違いは、キャプリーン「デイリー」、と「ライトウェイト」は、より軽量なポリエステル素材へ。「ミッドウェイト」、「サーマルウェイト」は、優れた保温性と通気性、吸湿発散性が特徴のポーラテック・パワー・グリッド素材へ変更されました。素材の変更により各モデルとも従来製品より軽量で着心地も良くなりました。

パタゴニア「キャプリーン」の特徴

パタゴニアの「キャプリーン」。「キャプリーン」はその優れた機能性はもちろん、製品づくりの上でも多くの人々に評価されています。それぞれ違いがあるキャプリーンのアイテムですが、ここではキャプリーンシリーズに共通する主だった特徴を紹介します。

パタゴニア「キャプリーン」は、匂いが気にならない

ベースレイヤーとして肌に直接触れることを前提につくられたパタゴニアの「キャプリーン」シリーズ。パタゴニアの「キャプリーン」は、全製品ポリジン永続的防臭加工済み。汗によるバクテリアなどの菌類が繁殖することにより発生する衣服の嫌な匂い。ポリジン永続的防臭加工は、匂いのもとになるバクテリアなどの菌類が繁殖するのを抑制します。洗濯の回数も減らすことも出来るので生地へのダメージも少なく末永く着用可能です。

長期間にわたる縦走登山などの際、洗濯せずに着用しても匂いが気になりません。また洗濯の回数も減らせるため生地の痛みも少なく長く着用でき、洗濯による環境への負荷を減らすことにも貢献します。

パタゴニア「キャプリーン」は、人にも環境にも優しい

パタゴニアの「キャプリーン」は生産工程から違います。「キャプリーン」は、全製品ブルーサイン認証済み。

ブルーサインは、アパレル業界において世界で最も厳しい基準と言われています。ブルーサイン認証は、世界最高レベルの消費者および製造にかかわる労働者の安全を保証。また、製造過程において、地球環境への影響は最小限、資源の節約への貢献などが証明されます。

縫製は、フェアトレード・サーティファイドの工場で行われ、「キャプリーン」を購入するごとに工場労働者にプレミアム賃金が送られる仕組みになっています。

パタゴニア「キャプリーン」の違い

パタゴニアのベースレイヤー「キャプリーン」。「キャプリーン」は、使うシーンごとに最適に着用できる4つのタイプが用意されています。現在の製品ラインナップは「キャプリーン・デイリー」、「キャプリーン・ライトウェイト」、「キャプリーン・ミッドウェイト」、「キャプリーン・サーマルウェイト」の4種類です。ここではそれぞれの違いを紹介します。

パタゴニア「キャプリーン・デイリー」

名前の通り「キャプリーンシリーズ」の中で最も速乾性に優れたベースレイヤーが「キャプリーン・デイリー旧キャプリーン1)」です。夏向きのシルクタッチの着心地は前モデル「キャプリーン1」から継承されています。「キャプリーン・デイリー(旧キャプリーン1)」の生地は、優れた伸縮性と滑らかで快適な肌触りのキャプリーン・ポリエステルのジャージー素材を採用。もちろんベースレイヤーに求められる軽量性にも優れています。また、UPF(紫外線防止指数)50+のUVプロテクションやポリジン防臭加工済みなので夏の強い紫外線や汗のにおいも気になりません。

普段着にも最適

「キャプリーン・デイリー(旧キャプリーン1)」は、ベースレイヤーとしてはもちろん、普段着としても快適に着用できます。「キャプリーンデイリー」は、街から山までシームレスで活躍するベースレイヤーです。

パタゴニア「キャプリーン・ライトウェイト」

軽さと涼しさそして程よい暖かを兼ね備えた「キャプリーン・ライトウェイト(旧キャプリーン2)」。「キャプリーン2」からその性能を受け継ぎさらに改良されました。
 

「キャプリーン・ライトウェイト(旧キャプリーン2)」は、速乾性と吸湿発散性に最も優れた「キャプリーン」シリーズ中、「最軽量」のベースレイヤーです。激しい運動時や夏山登山など大量に汗をかくシーンで快適な通気性を備えています。肌に触れる部分はグリッド構造で肌に優しく、外側の滑らかな表面はレイヤリングをスムーズにします。「キャプリーン・ライトウェイト(旧キャプリーン2)」は低い山が多く高温多湿な日本の気候に最も適応するベースレイヤーです。

パタゴニア「キャプリーン・ミッドウェイト」

軽く暖かく単独での着用も可能な優れたベースレイヤー「キャプリーン3」。その「キャプリーン3」から進化した「キャプリーン・ミッドウェイト(旧キャプリーン3)」の優れた保温性能は、幅広いコンディションで多用途に使えるベースレイヤーへと生まれ変わりました。
 

外側の生地はレイヤリングをスムーズにする滑らかな表面、肌に触れる内側は起毛仕上げのグリッド構造のポーラテック・パワー・グリッド素材を使用した「キャプリーン・ミッドウェイト(旧キャプリーン3)」。保温性にすぐれ重量、通気性、吸湿発散性のバランスが良く、特に寒い季節のベースレイヤーに最適です。気温や季節によって単独使用もできる「キャプリーン・ミッドウェイト(旧キャプリーン3)」はあらゆるアウトドアシーンで活躍します。

パタゴニア「キャプリーン・サーマルウェイト」

真冬や雪山など寒い時期にぴったりのベースレイヤーとして活躍した「キャプリーン4」。そのキャプリーン4から進化した「キャプリーン・サーマルウェイト(旧キャプリーン4)」は、軽量で抜群の保温性と吸湿透過性を兼ね備えたマイクログリッド・フリースを施したポーラテック・パワー・グリッド素材が使用されています。
 

「キャプリーン・サーマルウェイト(旧キャプリーン4)」は、特に寒い時期、汗をかき続ける激しいアクティビティ時のベースレイヤーとして抜群の保温性能と吸湿透過性能を発揮して汗冷えも防ぎます。また、軽量で伸縮性にも優れコンパクトに収納できる「キャプリーン・サーマルウェイト」は、単独での使用も可能。登山する際などザックに入れておけば急な天候や気温の変化にも対応でき安心です。

パタゴニア「キャプリーン」のサイズ感

パタゴニア「キャプリーン」は、2015年の製品リニューアルにより、今までのASIANFITを廃止し、全製品USサイズに統一しました。試着の上で購入をおすすめしますが、パタゴニアの公式ホームページではサイズ選びをサポートするサービスもあります。活用してみてください。

パタゴニア「キャプリーン」は「USサイズ」

パタゴニアのキャプリーンはリニューアル後、全商品「USサイズ」に統一されました。製品タグに「AS」と表示されるパタゴニアのASIANFIT製品とはサイズ感が違います。購入の際にはサイズ選びに注意が必要です。ちなみに、173cm60kgの筆者は普段MサイズのところSサイズを選んでいます。

パタゴニア「キャプリーン」のフィット感

「キャプリーン」は製品によりフィットを変えています。デイリーユースも想定したキャプリーン・デイリーは細身すぎず大きすぎない適度なフィット感の「レギュラーフィット」。その他のキャプリーン製品は、ベースレイヤーとしての機能を最大限生かす細身のシルエットを備えたデザインの「スリム・フィット」を採用しています。

パタゴニア「キャプリーン」の選び方

ここまで「キャプリーン・デイリー(旧キャプリーン1)」、「キャプリーン・ライトウェイト(旧キャプリーン2)」、「キャプリーン・ミッドウェイト(旧キャプリーン3)」、「キャプリーン・サーマルウェイト(旧キャプリーン4)」の4種類それぞれの特徴を紹介させていただきました。ここからは4つのタイプ別に、おすすめのシーンを紹介します。「キャプリーン」を選ぶ際の参考にしてください。

「キャプリーンデイリー(旧キャプリーン1)」は街と山をつなぐベースレイヤー。

「キャプリーン・デイリー(旧キャプリーン1)」は伸縮性に優れ、素材はリサイクル・ポリエステル100%。UPF(紫外線防止指数)50のUVプロテクションと吸湿発散性を備えています。「キャプリーン・デイリー(旧キャプリーン1)」は暑い季節には「ウィンドシェル」などと組み合わせて登山時のベースレイヤーとしてはもちろん、季節やアクティビティによっては単体でも着用可能です。
 

また、優れた吸湿発散性能で普段着のインナーシャツとしても最適。夏には単体でTシャツがわりに着ることもでき幅広いシーンで活躍します。「キャプリーン・デイリー(旧キャプリーン1)」は、程よいフィット感の「レギュラーフィット」を採用。「キャプリーン・デイリー(旧キャプリーン1)」は、街から山までシームレスに活躍するベースレイヤーです。通常のコットンTシャツと比べると生地が薄いので、淡い色のモデルは肌が透ける可能性があります。Tシャツ代わりに着用の際には注意が必要です。

「キャプリーン・ライトウェイト(旧キャプリーン2)」は日本の気候に最適。

オールシーズン着用可能な「キャプリーン・ライトウェイト(旧キャプリーン2)」。キャプリーンシリーズで最も軽量、そして万能なベースレイヤーです。裏地は、オープングリッド構造を採用し優れた通気性と吸湿発散性、そして速乾性を実現、汗冷えを防ぎます。

独自のデザインは、肩まわりの動きを自由にし、激しい運動時もストレスなく動けます。また、縫い目の位置も工夫されておりアウターレイヤーやザックのストラップとの摩擦を軽減してくれます。「キャプリーン・ライトウェイト(旧キャプリーン2)」は、極寒の冬山など特殊なシーンを除いて、季節を問わず「ウィンドシェル」や「レインシェル」と組み合わせてベースレイヤーとして活躍します。また、汗をかく夏の運動時には吸湿発散性能を活かして単体での着用も可能です。

 

寒い時期にはコレ!「キャプリーン・ミッドウェイト(旧キャプリーン3)」

重量、通気性、吸湿発散性、そして保温性のバランスの良いベースレイヤー「キャプリーン・ミッドウェイト(旧キャプリーン3)」。単独の着用でも、ベースレイヤーとしても重宝する万能性を誇ります。特に寒い時期には優れた保温性を発揮します。

寒い天候下ではベースレイヤーとして保温性能を発揮、もちろん優れた吸湿発散性能で汗冷えも防いでくれます。「キャプリーン・ミッドウェイト(旧キャプリーン3)」は、「キャプリーン・デイリー」、「キャプリーン・ライトウェイト」と組み合わせアウターとして着用すれば暖かい季節から寒い時期の登山まで幅広く着用できます。

冬の激しい運動にはコレ!「キャプリーン・サーマルウェイト(旧キャプリーン4)」

内側にマイクログリッド・フリースを施した「キャプリーン・サーマルウェイト(旧キャプリーン4)」は、パタゴニアのベースレイヤー製品の中で最も優れた保温性能と吸湿発散性を備えています。もちろんベースレイヤーとして必要な伸縮性と軽量性を兼ね備えています。

ポーラテック・パワー・グリッド素材はコンパクトに収納でき、滑らかな表面でレイヤリングがスムーズ、内側の温かい起毛フリース面は水分をすばやく外側へ発散し快適な肌触りをキープします。高い山のベースレイヤーとしてはもちろん、単体での着用や他のキャプリーンベースレイヤーと組み合わせてランニングなどの有酸素運動時の着用も快適です。また保温性能にも優れているので薄手のフリースがわりに日常着としても活躍します。

パタゴニア「キャプリーン」製品ラインナップ

ここからはパタゴニア「キャプリーン」の主な製品ラインナップを紹介します。各ラインナップごとにバリエーションがありますのでそれぞれ比較し参考にしてください。

パタゴニア「キャプリーン・デイリー」のラインナップ

「キャプリーン・デイリー(旧キャプリーン1)」は、半袖Tシャツ・タイプの「キャプリーン・デイリー・Tシャツ」と長袖Tシャツタイプの「キャプリーン・デイリー・ロングスリーブ・Tシャツ」が用意されています。また、それぞれに無地とグラフィックの入ったタイプから選べます。デイリーユースにはカジュアルな雰囲気のグラフィックがおすすすめです。

メンズ・キャプリーン・デイリー・Tシャツ(無地)

「メンズ・キャプリーン・デイリー・Tシャツ」は、真夏の登山などのベースレイヤーとして最適。ウィンドシェルやレインシェルと組み合わせて使えます。またランニングなどの運動時には単体で活用できます。また肌をサラサラに保ってくれるので普段の下着としても重宝します。

メンズ・キャプリーン・デイリー・Tシャツ(無地)

【重量】122 g (4.3 oz)【素材】(無地)3.7オンス(125グラム)・リサイクル・ポリエステル100%のジャージー、(ヘザー)3.5オンス(119グラム)・ポリエステル100%(リサイクル50%)のジャージー【その他】ポリジン永続的防臭加工済み、 フェアトレード・サーティファイド・ソーイング、ブルーサインの認証済み

メンズ・キャプリーン・デイリー・Tシャツ(グラフィック)

素材の伸縮性を損なわず、肌触りがスムーズな顔料プリントを採用している「メンズ・キャプリーン・デイリー・Tシャツ(グラフィック)」。好きなグラフィックを選べるので普段のTシャツ代わりに着用できます。

メンズ・キャプリーン・デイリー・Tシャツ(グラフィック)

【重量】122 g (4.3 oz)【素材】(無地)3.7オンス(125グラム)・リサイクル・ポリエステル100%のジャージー、(ヘザー)3.5オンス(119グラム)・ポリエステル100%(リサイクル50%)のジャージー【その他】ポリジン永続的防臭加工済み、 フェアトレード・サーティファイド・ソーイング、ブルーサインの認証済み

メンズ・キャプリーン・デイリー・ロングスリーブ・Tシャツ(無地)

「メンズ・キャプリーン・デイリー・ロングスリーブ・Tシャツ(無地)」は、クルーネックの長袖Tシャツタイプ。登山のベースレイヤーに最適です。長袖なので登山時に心配な日焼けや虫刺されなども安心。長袖タイプは、腕へのシェルの張り付きなども気にならないので快適に登山を楽しめます。

メンズ・キャプリーン・デイリー・ロングスリーブ・Tシャツ(無地)

【重量】156 g (5.5 oz)【素材】(無地)3.7オンス(125グラム)・リサイクル・ポリエステル100%のジャージー、(ヘザー)3.5オンス(119グラム)・ポリエステル100%(リサイクル50%)のジャージー【その他】ポリジン永続的防臭加工済み、 フェアトレード・サーティファイド・ソーイング、ブルーサインの認証済み

メンズ・キャプリーン・デイリー・ロングスリーブ・グラフィック・Tシャツ

「メンズ・キャプリーン・デイリー・ロングスリーブ・グラフィック・Tシャツ」は街で着てもおしゃれなグラフィックの入った長袖Tシャツタイプ。ベースレイヤーとしても街着としても幅広く活用できます。

メンズ・キャプリーン・デイリー・ロングスリーブ・グラフィック・Tシャツ

【重量】156 g (5.5 oz)【素材】(無地)3.7オンス(125グラム)・リサイクル・ポリエステル100%のジャージー、(ヘザー)3.5オンス(119グラム)・ポリエステル100%(リサイクル50%)のジャージー【その他】ポリジン永続的防臭加工済み、 フェアトレード・サーティファイド・ソーイング、ブルーサインの認証済み

パタゴニア「キャプリーン・ライトウェイト」のラインナップ

「キャプリーン・ライトウェイト(旧キャプリーン2)」には、半袖Tシャツタイプの「キャプリーン・ライトウェイト・Tシャツ」、長袖Tシャツタイプの「キャプリーン・ライトウェイト・クルー」、そして長袖で首元にジッパーのついた「キャプリーン・ライトウェイト・ジップネック」がラインナップされています。「キャプリーン・ライトウェイト(旧キャプリーン2)」には、季節を通じで使えるアイテムがラインナップされています。

メンズ・キャプリーン・ライトウェイト・Tシャツ

「メンズ・キャプリーン・ライトウェイト・Tシャツ」は何しろ軽い。そして速乾性と吸湿発散性に優れたベースレイヤーです。夏の運動時も肌をサラサラ快適に保ちます。暑い時期の運動時には単体で、もちろんベースレイヤーとして年間を通じて着用できます。

メンズ・キャプリーン・ライトウェイト・Tシャツ

【重量】77 g (2.7 oz)【素材】2.3オンス(80グラム)・リサイクル・ポリエステル100%のダブルニット【その他】ポリジン永続的防臭加工済み、フェアトレード・サーティファイド・ソーイング、ブルーサインの認証済み

メンズ・キャプリーン・ライトウェイト・クルー

「メンズ・キャプリーン・ライトウェイト・クルー」は、クルーネックの長袖Tシャツタイプのベースレイヤー。袖口には伸縮性のある親指用ループ付き。手首を確実に覆います。後ろの裾はやや長め、腰をカバーします。「キャプリーン・デイリー」と比較しベースレイヤーとしての機能性能が高く、レイヤリングの幅がひろがります。

メンズ・キャプリーン・ライトウェイト・クルー

【重量】99 g (3.5 oz)【素材】2.3オンス(80グラム)・リサイクル・ポリエステル100%のダブルニット【その他】ポリジン永続的防臭加工済み、フェアトレード・サーティファイド・ソーイング、ブルーサインの認証済み

メンズ・キャプリーン・ライトウェイト・ジップネック

「メンズ・キャプリーン・ライトウェイト・ジップネック」は、首元のジッパーがついた長袖タイプ。大きく首元が開く長めのジッパーを開閉して、気温や運動にあわせて体温調節が楽にできます。また気候やアクティビティに応じて他のベースレイヤーと組み合わせればアウターとしての活用もできます。海水浴のあと冷えた体を温めるにも最適です。

メンズ・キャプリーン・ライトウェイト・ジップネック

【重量】113 g (4 oz)【素材】2.3オンス(80グラム)・リサイクル・ポリエステル100%のダブルニット【その他】ポリジン永続的防臭加工済み、フェアトレード・サーティファイド・ソーイング、ブルーサインの認証済み

パタゴニア「キャプリーン・ミッドウェイト」のラインナップ

「キャプリーン・ミッドウェイト(旧キャプリーン3)」には、長袖Tシャツタイプの「キャプリーン・ミッドウェイト・クルー」、そして長袖で首元にジッパーのついた「キャプリーン・ミッドウェイト・ジップネック」がラインナップされています。

メンズ・キャプリーン・ミッドウェイト・クルー

「メンズ・キャプリーン・ミッドウェイト・クルー」は、重量、通気性、吸湿発散性、保温性能のバランスに優れたオールマイティなベースレイヤー。肌をドライで快適に保つとともに、アウターシェルとの組み合わせで保温性能を発揮します。「メンズ・キャプリーン・ミッドウェイト・クルー」は、特に寒い時期のベースレイヤーにおすすめです。

メンズ・キャプリーン・ミッドウェイト・クルー

【重量】189 g (6.7 oz)【素材】(無地):4.4オンス(150グラム)・ポーラテック・パワー・グリッド・ポリエステル100%(リサイクル・ポリエステル93%)のダブルニット。ポリジン永続的防臭加工済み。(ヘザー):4.8オンス(160グラム)・ポーラテック・パワー・グリッド・ポリエステル100%(リサイクル・ポリエステル63%)のダブルニット。ポリジン永続的防臭加工済み。フェアトレード・サーティファイド・ソーイング。ブルーサインの認証済み

メンズ・キャプリーン・ミッドウェイト・ジップネック

「メンズ・キャプリーン・ミッドウェイト・ジップネック」は寒い時期のベースレイヤーとして最適。首元が大きく開くジップネックは運動時の体温調節に役立ちます。また生地が厚手の「メンズ・キャプリーン・ミッドウェイト・ジップネック」は、抜群の保温性を活かし、他の「キャプリーン」をベースレイヤーにして中間着やアウターとしても着用可能です。

patagonia パタゴニア|Men's Capilene Midweight Zip-Neck #BLK メンズ・キャプリーン・ミッドウェイト・ジップネック

【重量】195 g (6.9 oz)【素材】(無地):4.4オンス(150グラム)・ポーラテック・パワー・グリッド・ポリエステル100%(リサイクル・ポリエステル93%)のダブルニット。ポリジン永続的防臭加工済み。(ヘザー):4.8オンス(160グラム)・ポーラテック・パワー・グリッド・ポリエステル100%(リサイクル・ポリエステル63%)のダブルニット。ポリジン永続的防臭加工済み。フェアトレード・サーティファイド・ソーイング。ブルーサインの認証済み

パタゴニア「キャプリーン・サーマルウェイト」のラインナップ

「キャプリーン・サーマルウェイト(旧キャプリーン4)」には、長袖Tシャツタイプの「キャプリーン・サーマルウェイト・クルー」、そして長袖で首元にジッパーのついた「キャプリーン・サーマルウェイト・ジップネック」、そして極寒の中で活躍するフード付きの「キャプリーン・サーマルウェイト・フーディ」がラインナップされています。

メンズ・キャプリーン・サーマルウェイト・クルー

「メンズ・キャプリーン・サーマルウェイト・クルー」は、保温性と吸湿発散性能に優れたベースレイヤー。常に汗をかく有酸素運動の際にぴったりのベースレイヤーです。軽量で伸縮性もあり持ち運びの際にもかさばらないのも魅力です。

メンズ・キャプリーン・サーマルウェイト・クルー

【重量】147 g (5.2 oz)【素材】3.8オンス(129グラム)・ポーラテック・パワー・グリッド(無地:リサイクル・ポリエステル92%/ポリウレタン8%、ヘザー:ポリエステル92%(リサイクル・ポリエステル30%)/ポリウレタン8%。ポリジン永続的防臭加工済み。フェアトレード・サーティファイド・ソーイング。ブルーサインの認証済み

メンズ・キャプリーン・サーマルウェイト・ジップネック

「メンズ・キャプリーン・サーマルウェイト・ジップネック」は、保温性と吸湿発散性能に優れた「キャプリーン・サーマルウェイト」の中でも大きく開閉する首元のジッパーで気温や天候の変化に合わせて体温調節できる「ジップネック」は登山時のベースレイヤーとして支持されています。また、吸湿発散性能に優れている「メンズ・キャプリーン・サーマルウェイト・ジップネック」は、常に運動しつづけるトレイルランニングの際などにはベースレイヤーとしてはもちろん中間着としても活躍します。

メンズ・キャプリーン・サーマルウェイト・ジップネック

【重量】176 g (6.2 oz)【素材】3.8オンス(129グラム)・ポーラテック・パワー・グリッド(無地:リサイクル・ポリエステル92%/ポリウレタン8%、ヘザー:ポリエステル92%(リサイクル・ポリエステル30%)/ポリウレタン8%。ポリジン永続的防臭加工済み。フェアトレード・サーティファイド・ソーイング。ブルーサインの認証済み

メンズ・キャプリーン・サーマルウェイト・フーディ

「メンズ・キャプリーン・サーマルウェイト・フーディ」は、頭にぴったりとフィットして熱を逃さないフード付きのモデル。寒い時期の登山のベースレイヤーに最適です。内側にマイクログリッド・フリースを施した「キャプリーン・サーマルウェイト」は保温性と軽量性にもすぐれ、「ベースレイヤー」としてだけではなく中間着やアウターとしての活用も可能です。伸縮性がありコンパクトに収納できるので朝晩の気温差がある季節の登山時にはザックに入れておけば安心です。

メンズ・キャプリーン・サーマルウェイト・フーディ

【重量】218 g (7.7 oz)【素材】3.8オンス(129グラム)・ポーラテック・パワー・グリッド(無地:リサイクル・ポリエステル92%/ポリウレタン8%、ヘザー:ポリエステル92%(リサイクル・ポリエステル30%)/ポリウレタン8%。ポリジン永続的防臭加工済み。フェアトレード・サーティファイド・ソーイング。ブルーサインの認証済み

パタゴニア「キャプリーン」まとめ

ここまでパタゴニアのベースレイヤー「キャプリーン」を紹介してきました。パタゴニア「キャプリーン」は用途に応じて使い分けることで街からアウトドアシーンまでかっこよく快適に着用できます。ぜひ一度手に取ってみてください。

パタゴニア「キャプリーン」が気になる方はこちらもチェック!

Movie動画記事

賃貸・借家でもOKのキャンプギア収納壁を作ってみた

憧れのキャンプギア棚を作るべく、ラブリコとディアウォールで柱を立てて、有孔ボードのギア壁を作りました!水性塗料を塗るところから設置するところまで撮影していますので、参考になれば幸いです! ラブリコの...

新型ジムニーで1週間車中泊生活してみたら想像以上に辛かった…

1日だけなら車中泊は楽勝ですが、もしも7日間連続で車中泊をするとどうなるのか?2ヵ月前に届いた新型ジムニーでやってみました! 結果、超辛かったのでもうやりません…。 【初心者から始める毎日キャンプ生...

キャンプ初心者に「好きなだけギア買ってきて!」と伝えてみたらこうなった…

「今日中ならキャンプギア買い放題です!」と暮らしーの編集部から言われ、急いでワークマンとゼビオに行って爆買いしてきました! ですが、本当にそんなにギアが必要なのかと考えてしまい、意外と大量に買えずに終...

デカカツオHIT!!!!! #shorts

撮影協力:三宅島 民宿いけ吉

カンパチ爆釣!オフショアジギングで奇跡の7連発!

撮影協力:三宅島 民宿いけ吉 ★ロックショア実釣動画シリーズはコチラから★ https://youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK6GY_YaM64meCCcP...