DIYでの自作ダイニングテーブルを!カフェ風や拡張などの作り方集を大公開!

DIYでの自作ダイニングテーブルを!カフェ風や拡張などの作り方集を大公開!

DIYによる自作ダイニングテーブルの作り方は簡単です。材料から手作りするため費用をおさえられ、カフェ風などのアレンジができます。また食卓として耐えられる天板の強度が必要です。DIYによる自作ダイニングテーブルについて、設計図からの作り方と拡張方法を解説します。

記事の目次

  1. 1.DIYでの自作ダイニングテーブル
  2. 2.DIYでの自作ダイニングテーブルのメリット
  3. 3.DIYでの自作ダイニングテーブル作り方①設計図
  4. 4.DIYでの自作ダイニングテーブル作り方②材料/天板
  5. 5.DIYでの自作ダイニングテーブル作り方③材料/脚
  6. 6.DIYでの自作ダイニングテーブル作り方④材料/塗料
  7. 7.DIYでの自作ダイニングテーブル作り方⑤道具
  8. 8.DIYでの自作ダイニングテーブル作り方⑥木材の研磨
  9. 9.DIYでの自作ダイニングテーブル作り方⑦塗装
  10. 10.DIYでの自作ダイニングテーブル作り方⑧天板の組み立て
  11. 11.DIYでの自作ダイニングテーブル作り方⑨脚の取り付け
  12. 12.DIYでの自作ダイニングテーブル作り方集
  13. 13.DIYでの自作ダイニングテーブル作り方/拡張する
  14. 14.DIYでの自作ダイニングテーブル作り方/拡張方法
  15. 15.DIYでの自作ダイニングテーブル作り方/まとめ

DIYでの自作ダイニングテーブル

ダイニングテーブルにこだわりたい

ダイニングテーブルは食卓として毎日利用します。家族がそろって美味しく食事をとるために、できれば使い心地のよいダイニングテーブルにしたいはずです。サイズ感や見た目など、重要視するポイントは人それぞれでしょう。カフェ風のおしゃれなダイニングテーブルであれば、食事がもっと楽しくなります。今使っているダイニングテーブルを変更したい、または新しく購入したいという場合は、こだわって選んでみてください。

DIYで手作りできるダイニングテーブル

どれだけこだわって選んでみても、すべての条件を満たしてくれるダイニングテーブルは、なかなか見つけられない場合があります。サイズ、カフェ風のようなおしゃれな見た目、使い心地、そして費用といった条件です。多くの人にとって、費用がネックになることでしょう。この問題を解決できるのが、DIYで手作りする方法です。ダイニングテーブルは意外と簡単にDIYで手作りできます。

ダイニングテーブルはDIY初心者でも手作り可能

ダイニングテーブルは大きな家具になります。そのためDIYをしたことのない人にとっては、手作りなんてとてもできないと思われがちです。ところがダイニングテーブルの構造はシンプルなので、DIYでの手作りは簡単におこなえます。作り方は後項で詳しく解説していきますが、設計図を正しく作り、ちゃんと材料をそろえて、必要な強度を持たせれば問題ありません。

カフェ風のダイニングテーブルがおすすめ

ダイニングテーブルをDIYで手作りしようと考えた時、参考にする見本が必要です。完成した姿を具体的にイメージできた方が、スムーズにDIYできます。ダイニングテーブルはいろいろとありますが、カフェ風をイメージするのがおすすめです。カフェ風のよさはおしゃれな上に、食卓としてよくマッチするからです。それにカフェ風は飽きのこないデザインが多いこともポイントになります。

シンプルなカフェ風のダイニングテーブルをDIYする

上記に加えてカフェ風ダイニングテーブルはシンプルな構造に最適なタイプです。簡単にDIYで手作りできるのに、おしゃれな仕上がりになります。なので後項で解説するダイニングテーブルの作り方はカフェ風です。作り方だけでなく、今使っているダイニングテーブルを広く拡張する方法も解説しています。新しいダイニングテーブルを迎えるほどではなく、ちょっと広くしたい場合には拡張方法を参考にしてください。

DIYでの自作ダイニングテーブルのメリット

ダイニングテーブルをDIYすれば費用をおさえられる

ダイニングテーブルをDIYする一番のメリットは、費用をおさえられることです。大きな家具はやはり費用がかかります。ダイニングテーブルも大きな家具のうちに入り、その上こだわるほど費用は高くなってしまうものです。普通は欲しいものがあっても、費用の問題から簡単には手を出せません。ですがDIYすることで、費用をおさえつつ欲しいダイニングテーブルを手に入れられます。

DIYなら希望のサイズや使い心地に近づけられる

我が家のダイニングにおさまり、家族の食卓として最適なサイズと使い心地のよさを備えたダイニングテーブルが理想的です。こういった希望を満たすには、自分で設計図を書いてDIYした方が早くすみます。探す手間や費用の悩みがなくなるからです。安価に販売されている製品を利用するといった妥協をしないで、食事がより美味しく楽しくなる食卓としてのダイニングテーブル作りを目指しましょう。

DIYで手作りの楽しさを味わう

気持ち的なメリットになりますが、DIYをおこなうと手作りの楽しさを味わえます。DIYが初めての人は、何かを自分で制作する喜びを感じられることでしょう。そしてDIYしたダイニングテーブルを食卓として使えば、愛着がわいている分そこで食べる料理の味は格別なはずです。しかもそのDIYしたダイニングテーブルは手作りなので、他にはない我が家だけの食卓になります。

DIYでの自作ダイニングテーブル作り方①設計図

設計図作りから始めるダイニングテーブルのDIY

ダイニングテーブルに限らずですが、DIYする時には設計図を先に作り、その設計図通りに材料をそろえてDIYしていきます。設計図がない状態でDIYを始めても、材料があわなかったりサイズが不ぞろいになる部分がでたりすることでしょう。設計図作りは難しくありません。最初は手間に感じても正確な設計図作りを心がけてください。

正確なサイズを設計図に書き込む

設計図で重要なのはサイズです。サイズを間違えたダイニングテーブルは、ガタつきや強度の不安があり、安心して食卓に利用できません。食卓になる天板のサイズと、天板を支える脚のサイズはよく検討してください。これらのサイズは設計図に書き込み、確認しながら材料を調達します。サイズがぴったりだとスムーズにDIYできますし、ガタつきのない十分な強度を持ったダイニングテーブルに仕上げられるのです。

DIYでの自作ダイニングテーブル作り方②材料/天板

複数枚の板をあわせて1枚の天板にする

ダイニングテーブルは天板と脚というシンプルな構造になります。この天板が食卓になりメインです。1枚の板だけを使うか、複数の板をあわせて1つの天板とするかは、目的にあわせてください。DIYにおすすめなのは、複数枚の板をあわせる方法です。1枚の大きな板だと反りが生まれたり、重量があるので作業が大変になります。複数枚の板であれば、1枚1枚は軽い上に1枚板よりも大幅に費用をおさえられるからです。

SPF材を天板の材料にする

天板の材料となる木材は、SPF材がよいでしょう。加工が簡単で費用も安くすむことがメリットです。そのままだと安い材料の印象がでることに加えて、水に弱いという食卓としては適さないデメリットもありますが、塗装することで解決できます。SPF材は近所のホームセンターで購入できます。お店によってはカットしてくれるため、設計図通りのサイズに加工してもらってください。

DIYでの自作ダイニングテーブル作り方③材料/脚

カフェ風にするならアイアン脚がおすすめ

天板に取り付ける脚もダイニングテーブルには重要なパーツになります。SPF材など木材で脚を手作りする方法もありますが、簡単にカフェ風ダイニングテーブルをDIYするなら、販売されているアイアン脚がおすすめです。アイアン製なので強度も安心ですし、天板へネジで取り付けるだけと簡単な作業ですみます。脚の強度がないとグラついたり倒れたりといった危険性があるので、強度に関して注意が必要です。

DIYでの自作ダイニングテーブル作り方④材料/塗料

天板をグレードアップする塗料

安いSPF材でも塗装をほどこせば、重厚な高級感のある天板に仕上げられます。ペンキなどでカラフルにするのもよいですが、おしゃれなカフェ風にするならワックスでアンティーク調の雰囲気を演出しましょう。おすすめのワックスはブライワックスやヴィンテージワックスです。ステイン塗料を塗装して、その上へニスなどで保護をする方法もあります。仕上げたい姿にあわせた塗料を用意してください。

DIYでの自作ダイニングテーブル作り方⑤道具

木材を研磨するための道具

木材の表面を磨く研磨という作業は重要です。研磨はサンドペーパーを使っておこないます。サンドペーパーには番手による種類があって、この番号が小さいと目があらく、番号が大きいと目が細かくなります。SPF材には#80、#240、#400がよいでしょう。天板は大きく手で研磨するのは大変なため、サンダーという道具もあると便利です。サンダーにサンドペーパーを取り付けて効率よく研磨できます。

スムーズにねじ止めするための電動ドライバー

複数枚のSPF材をあわせて天板にする時や、脚を取り付けるのにネジどめをします。ネジはドライバーを使ってとめますが、電動だとスムーズです。また、ネジどめをする際には先に下穴を開ける必要があります。この下穴も簡単に開けられるドリルドライバーがおすすめです。

DIYでの自作ダイニングテーブル作り方⑥木材の研磨

木材をしっかりと研磨する

研磨をおこなうと、木材の凹凸やザラつきがなくなり塗装がしやすくなります。それにきれいな仕上がりとなり、触り心地もよくなるのです。食卓として使うダイニングテーブルは、触り心地のよさも大切になります。まんべんなくしっかりと研磨しましょう。番手の数字が小さいサンドペーパーから研磨をしてください。

天板のフチの角をとる

木材の表面の他に、天板のフチとなる角は強めの研磨によって丸くします。角があるままだと、ぶつかった時にケガを負ってしまう危険性があるためです。それに丸くした方がおしゃれに見えます。どの程度削るかはお好みです。ダイニングテーブルとして全体のバランスを考えた上で削りましょう。

DIYでの自作ダイニングテーブル作り方⑦塗装

木材に塗装をほどこす

木材の研磨が終わり、木の粉や汚れなどをきれいに拭き取ったら、塗装をほどこしていきます。ワックスやステインなど、塗料の種類によって塗装方法が異なりますので、選んだ塗料に適した塗装をおこなってください。塗装後は塗料を十分に乾かします。重ね塗りをほどこすことで、真価を発揮できる塗料があります。見た目をよりよくするためにも実践するべきです。

塗装は木材を保護する

基本的にはどの木材を使用しても塗装はほどこしましょう。塗装は見た目をよくしてくれるだけでなく、木材を保護する目的も兼ねています。安いSPF材は特に、食卓として長く使えるよう塗装が必要です。

DIYでの自作ダイニングテーブル作り方⑧天板の組み立て

複数枚の木板を接合して天板を作る

塗装したバラバラの木板を1枚の天板に組み立てます。横に並べて接合した状態にするわけですが、固定箇所は裏側です。木板の裏側を上に向けすき間なく並べて、そこへ何箇所か十字になるよう別の板を下駄として置きます。下駄の上からねじ止めをすれば、木板が固定されて天板ができあがるのです。木板を4枚使う場合、下駄は3枚が適量になります。必要な強度に応じた下駄数で固定してください。

DIYでの自作ダイニングテーブル作り方⑨脚の取り付け

天板に脚を取り付ける

天板が完成したら後は脚を取り付けるだけです。脚もネジどめして固定します。脚は天板を支える重要なパーツなので、食卓として問題のない強度のものを選ばないといけません。取り付ける際も強度に注意しましょう。取り付けに必要な数のネジをきちんととめて固定します。全ての脚を取り付けたら、使う前に強度は大丈夫なのかチェックしておくと安心です。

DIYでの自作ダイニングテーブル作り方集

1枚板を使うダイニングテーブル

複数枚の木板をあわせた天板の作り方を解説しましたが、予算の余裕があるなら1枚板もおすすめです。脚を取り付ければ、高価に見えるダイニングテーブルができあがります。

小さなサイズでもダイニングテーブルになる

1人や2人で暮らしている場合は、広いダイニングテーブルだと持て余してしまいます。DIYなら自分たちの生活にあったサイズで手作り可能です。小さい分、天板を作るのも簡単になります。

オリジナルの造形に仕上げる

天板となる木材を研磨する際に、角を削り取って丸くすると説明しました。丸みを大きくすると、おしゃれながらもかわいい姿になります。自分好みの感覚で仕上げましょう。

壁を取り付けて落ち着く空間にする

天板に壁を取り付けると、そのダイニングテーブルは落ち着いた空間になります。天板をDIYできたなら、壁を作ることは簡単です。

タイルで装飾をほどこす

DIYで自作した天板へタイルを貼れば、個性的でおしゃれなダイニングテーブルに仕上げることが可能です。タイルが浮かないよう、厚み分を削って埋め込むとフラットにできます。

引き出しを設置して便利にする

ダイニングテーブルは主に食卓として利用しますが、小物などを収納できると便利です。天板の下に引き出しを設置すれば収納になります。

脚も木材でDIYする

脚も木材でDIYすると統一感が出ることに加えて、木の温もりがより感じられるダイニングテーブルになります。ガタつきと強度には注意してください。

DIYでの自作ダイニングテーブル作り方/拡張する

使っているダイニングテーブルを拡張する

今使っているダイニングテーブルはお気に入りでも、サイズ的に不便な場合がよくあります。広すぎるということはあまりないのですが、その逆で狭いから広くしたいという希望は多いです。新しくダイニングテーブルを購入したり、DIYで手作りするほどでもない時には、拡張するリメイクはいかがでしょうか。愛用のダイニングテーブルそのままに、広く快適な使い心地に拡張することが可能です。

DIYでの自作ダイニングテーブル作り方/拡張方法

広い天板をダイニングテーブルにかぶせて拡張する

拡張リメイクは今使っているダイニングテーブルの天板の上へ、より広い天板をかぶせる方法になります。新しい天板をのせるだけだと強度に問題があるため、かぶせるのがポイントです。天板自体は下駄で裏側全面をおおうと、枠が取り付けやすくなります。そして新しい天板の裏側へもとの天板サイズの枠を取り付ければ、はめ込むようにかぶせられるのです。ただし天板と下駄の分だけ高い位置になることをふまえておきましょう。

DIYでの自作ダイニングテーブル作り方/まとめ

DIYによる自作ダイニングテーブルのメリットや作り方、拡張方法について解説してきました。カフェ風のおしゃれでシンプルなダイニングテーブルは簡単にDIY可能です。作り方を参考にして、我が家の食卓に最適なダイニングテーブルを手作りしてみましょう。今使っているダイニングテーブルを少し広くしたいだけなら、拡張リメイクがおすすめです。自作テーブルで楽しく美味しい食事を楽しんてください。

手作りテーブルのDIYが気になる方はこちらもチェック!

今回はダイニングテーブルのDIYについて解説しましたが、費用をおさえた材料でカフェ風にもなる、簡単な手作りテーブルのDIYについてもっと詳しく知りたいという方は、下記のリンク記事を読んでみてください。

簡単DIY!鉄脚のおしゃれダイニングテーブルの作り方をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
簡単DIY!鉄脚のおしゃれダイニングテーブルの作り方をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
おしゃれな鉄脚のダイニングテーブルが欲しいけど、予算とデザインの合うものが見つからない。それならdiyで自作しましょう!最低限の道具と、天板やアイアン脚などの素材をそろえればOKです。自分で溶接する必要もなく、ダイニングテーブルは簡単にdiyできちゃいます。
簡単DIYでおしゃれなカウンターテーブルに!その作り方とアイデア例12選! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
簡単DIYでおしゃれなカウンターテーブルに!その作り方とアイデア例12選! | 暮らし~の[クラシーノ]
我が家のキッチンにぴったりなカウンターテーブルはdiyできます。図面があれば作り方は簡単。カラーボックスを脚にして天板をのせればOK!すのこを使ったり折りたたみ式にするのもおすすめです。塗装などアレンジも可能。カウンターテーブルのdiyアイデアをご紹介します。
DIYで手作りサイドテーブル!簡単おしゃれな作り方&アイデア集をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
DIYで手作りサイドテーブル!簡単おしゃれな作り方&アイデア集をご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
サイドテーブルをDIYで手作りすることは簡単です。100均の折りたたみアイテムなどで自作できます。ソファーの近くに置いたりベッド脇のナイトテーブルにしたり、サイドボードとしてもおすすめです。DIYによる、おしゃれな手作りサイドテーブルの作り方を紹介します。
gauyorim
ライター

gauyorim

簡単に始められるDIYでも素敵な仕上がりを目指すなら、基本的な方法やさまざまなアイデアを知る必要があります。そういった情報はこだわるほど重要になるものです。ベテランでもためになる記事を、初心者の方にもわかりやすく執筆しています。今後のDIYに活かしていただけたら嬉しいです!


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking