【2020最新】250ccビックスクーターの人気おすすめランキング10!新型情報も!

【2020最新】250ccビックスクーターの人気おすすめランキング10!新型情報も!

250㏄ビッグスクーターを注目の新型から人気の絶版車をランキング形式でおすすめ車種を紹介します。250㏄クラスと150㏄クラスの2種類のビッグスクーターを同時に比較したランキングとしました。今一番人気の150㏄クラスは利便性が高いのでおすすめです。

記事の目次

  1. 1.250㏄ビッグスクーターおすすめランキング
  2. 2.250㏄ビッグスクーターの傾向
  3. 3.150㏄スクーターの登場
  4. 4.250㏄ビッグスクーターの新車と中古車
  5. 5.250㏄ビッグスクーターおすすめランキング10位
  6. 6.250㏄ビッグスクーターおすすめランキング9位
  7. 7.250㏄ビッグスクーターおすすめランキング8位
  8. 8.250㏄ビッグスクーターおすすめランキング7位
  9. 9.250㏄ビッグスクーターおすすめランキング6位
  10. 10.250㏄ビッグスクーターおすすめランキング5位
  11. 11.250㏄ビッグスクーターおすすめランキング4位
  12. 12.250㏄ビッグスクーターおすすめランキング3位
  13. 13.250㏄ビッグスクーターおすすめランキング2位
  14. 14.250㏄ビッグスクーターおすすめランキング1位
  15. 15.250㏄ビッグスクーター人気おすすめランキング:まとめ

250㏄ビッグスクーターおすすめランキング

250㏄ビッグスクーターは街乗りやツーリングで活躍する身近な種類のバイクとして人気です。他の種類と比較すると、小回りが効く上に長距離の移動も快適で便利なバイクだといえます。シート下のトランクはMT車にない特権ですよね。

250㏄ビッグスクーターをおすすめする理由

現行モデルは毎日使える種類が主流となっています。週に何度も乗らない大型バイクや自動車と比較すれば、毎日乗れる250㏄ビッグスクーターに乗るほうが合理的。レインウェアやライディングウェアも高性能化しているので、自動車からの乗り換えも検討しやすいですね。

250㏄ビッグスクーターの傾向

ビッグスクーターブームは去りましたが、ビッグスクーターの人気は衰えません。なぜか?トレンドを追い求めるだけのユーザーだけが去り、ビッグスクーターの本質を知っているユーザーが残ったからです。特に今は、経済性と実力を兼ね備えた250㏄ビッグスクーターの魅力が見直されています。

250㏄ビッグスクーターのラインナップ

250㏄ビッグスクーターのラインナップは減りつつあります。減ったと感じるのはビッグスクーターブームが去ったためにラインナップが絞られたためです。しかし、欧州市場を視野に入れて開発されているモデルは走行性能が高く、比較的に日常で使いやすい上にツーリングでも活躍する種類の250㏄ビッグスクーターが多いですね。

150㏄スクーターの登場

新たな種類である150㏄スクーターが各バイクメーカーからリリースされ、250㏄ビッグスクーターのラインナップに変化をもたらしました。ツーリングを重視するユーザーには250㏄ビッグスクーターが好まれ、街乗りを重視するユーザーには150㏄スクーターが好まれています。今は250㏄ビッグスクーターと同じ扱いを受けていますが、いずれ種類わけされるでしょう。

150㏄スクーターは燃費重視のアジア市場生まれ

150㏄スクーターは燃費重視のアジア市場で発生した種類ですが、125㏄の車格で高速道路も走行可能ならいいね!というユーザーが現れたため、はじめは並行輸入車で人気が高まりました。そんなユーザーの動向を受けて150㏄スクーターが国内正規販売され、今ではもっとも注目されている種類です。

150㏄スクーターでのツーリング

150㏄スクーターはシティコミューターでツーリングでは使えない?いえいえ、そんなことはありません。高速道での加速は期待できませんが、一般道を中心にしたツーリングに最適です。一般道を楽しむツーリングでは加速に余裕がありますし、コンパクトな車体を活かした路地裏散策で活躍します。

250㏄ビッグスクーターの新車と中古車

新車しか買わない人もいれば中古車しか買わない人もいますよね。250㏄ビッグスクーターや150㏄スクーターなら新車から中古車まで選択肢を広げたほうが得策です。バイクは時代によって発売される種類に傾向がありますので、欲しいバイクが現行モデルにあるとは限りません。

ビッグスクーターブーム時代のスクーター

ビッグスクーターブーム時代の車両は国内製造モデルが多いので高品質です。大柄なクルーザー的な性格を持ったビッグスクーターが多いのも特徴で、ゆったりとしたツーリングを楽しめます。後期モデルになるほど完成度が高くなりますので、できるだけ新しい年式の250㏄ビッグスクーターを探すことをおすすめします。

250㏄ビッグスクーターおすすめランキング10位

ホンダ PS250

出典: http://www.honda.co.jp/news/2004/2040616-ps250.html

種類:シティコミューター 排気量:249cm3 シート高:725mm 車両重量:171㎏ 一般道実燃費:約25km/L 高速道実燃費:約30km/L 中古車価格帯:約22万~75.4万円

比較すべき競合車種がないといっていいほど異彩を放っていたホンダのPS250は、2004年から販売が開始され2007年に生産が終了しました。今も人気は衰えておらず、走行距離が少ない新車に近い状態の中古車はプレミア価格となっています。中古車を探すと、デザインの完成度が高いためにプチカスタム程度の美車が多いですね。

出典: http://www.honda.co.jp/news/2005/2051220-ps250.html

PS250のおすすめポイント

PS250のおすすめポイントはアジャスタブルなシートです。PS250のシートは前後90㎜の範囲/10段階でスライド調節できるので、ライディングポジションをライダーの体格に合わせられます。タンデムシートを立てればバックレストになり、後部はフラットな荷台になりますのでキャンプ道具の積載に便利です。PS250のような種類の250㏄ビッグスクーターは二度と発売されないでしょう。

250㏄ビッグスクーターおすすめランキング9位

ヤマハ マジェスティ

出典: https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/majesty/color.html

種類:クルーザー 排気量:249cm3 シート高:700mm 車両重量:188㎏ 一般道実燃費:約25km/L 高速道実燃費:約26km/L 新車価格:722,520円税込 中古車価格帯:約7万~60万円(1995~2017年モデル)

ビッグスクーターブームの引き金となったマジェスティは2014年モデルを最後に生産が終了しました。ツーリングでも活躍するクルーザー的な性格と重厚で精悍なデザインが人気です。エンジンがフレームにマウントされていますので、比較的にハンドリング特性が高く、一般道、高速道を問わず疲労を軽減してくれます。

出典: https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/majesty/feature.html

マジェスティのおすすめポイント

マジェスティのおすすめポイントは優雅で上品な乗り心地です。走行モードを選択できるYCC-ATを搭載していますが、スポーティーな走行性能を得るためではなく加速減速特性を変えるためのものです。過激な味付けはされていませんので快適さは損なわれません。ゆったりした種類の250㏄ビッグスクーターは今後減っていくので、新車で手に入れられるのは最後だといえますね。

250㏄ビッグスクーターおすすめランキング8位

ヤマハ NMAX155【新型】

出典: https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/nmax155/color.html

種類:シティコミューター 排気量:155cm3 シート高:765mm 車両重量:128㎏ 一般道実燃費:約42㎞/L 高速道実燃費:約37㎞/L 新車価格:378,000円税込 中古車価格帯:約23万~32万円(2017年モデル)

新型NMAX155は2018年2月にカラーリング変更をメインとしたマイナーチェンジをしました。新規販売から1年未満のマイナーチェンジですので、150㏄スクーターの人気ぶりが感じられますね。可変バルブが組み合わされたブルーコアエンジンは高い環境性能と出力性能を発揮します。高速道では走行車線を走るだけで最大トルク付近までエンジン回転が回ってしまいますので燃費が比較的に悪くなりますし、追い越し加速も厳しいですね。

出典: https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/nmax155/feature.html

NMAX155のおすすめポイント

新型NMAX155のおすすめポイントは剛性感の高いフレームとエンジン特性のバランスです。NMAX(125)をベースにNMAX155を開発したのではなく、NMAX155をベースにNMAX(125)を開発したと考えられます。他の125㏄スクーターと比較するとワインディングロードや街乗りで機敏な走行性能を発揮します。

250㏄ビッグスクーターおすすめランキング7位

ヤマハ トリシティ155

出典: https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/tricity155/color.html

種類:シティコミューター 排気量:155cm3 シート高:780mm 車両重量:165㎏ 一般道実燃費:約41㎞/L 高速道実燃費:27㎞/L 新車価格:453,600円税込 中古車価格帯:約32万~38万円(2016~2017年モデル)

フロントタイヤが2本という独創的な車体構成のトリシティ155を見たとき「これって大丈夫なの?」と思った人も多いでしょう。バイクはフロントタイヤのグリップが失われると転倒につながりますし、スクーターはニーグリップができないので低速走行が苦手です。トリシティ155はこれらの欠点を補った150㏄スクーターだといえます。高速道では常に高回転域までエンジンを回すので燃費が悪化し、追い越し加速も厳しいですね。

出典: https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/tricity155/feature.html

トリシティ155のおすすめポイント

なんといってもフロントタイヤが2本になっているのがトリシティ155のおすすめポイントです。フロントタイヤの接地面積が多くなり、カーブの外側か内側のどちらかがグリップしていればスリップする危険性はありません。2本のタイヤはライダーの入力に合わせてリーンしますので、しっかり路面を追従します。もちろん、他車と比較すると制動距離も短くなります。

250㏄ビッグスクーターおすすめランキング6位

スズキ スカイウェブSS

出典: http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/an250ssl2/style_price

種類:クルーザー 排気量:249cm3 シート高:710mm 車両重量:215㎏ 一般道実燃費:約29㎞/L 高速道実燃費:約29㎞/L 新車価格:702,000円税込 中古車価格帯:約12万~60万円(2005~2017年モデル)

スカイウェブシリーズにはさまざまなバリエーションがあり、「SS」はストリートカスタムをイメージしたスタイリッシュな仕様で人気があります。250㏄ビッグスクーターが機動性を重視する方向へと向かっている中では貴重な存在ですね。2014年モデルを最後に生産が終了しましたので、新車の購入には急がなくてはなりません。

出典: http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/an250ssl2/accessory

スカイウェブSSのおすすめポイント

スカイウェブSSのおすすめポイントは力強いエンジンとリンク式リアサスペンションの乗り心地です。250㏄ビッグスクーターの多くは扱いやすいOHCエンジンを搭載していますが、スカイウェブSSは高回転で有利なDOHCエンジンを搭載していますので、追い越し加速に余裕があります。他車と比較するとタンデム走行の安定性が高いですね。

250㏄ビッグスクーターおすすめランキング5位

ホンダ フォルツァSi

出典: http://www.honda.co.jp/news/2013/2130627-forza.html

種類:シティコミューター 排気量:248cm3 シート高:715mm 車両重量:192㎏ 一般道実燃費:約29km/L 高速道実燃費:約32㎞/L 中古車価格帯:23万~47.5万円 ※絶版モデル

ビッグスクーターブームで装備や価格が肥大した先代フォルツァを一新して、タイで生産することで低価格を実現したフォルツァSi。スタイリッシュなデザインとシート下のトランク容量の大きさに人気がありました。絶版となって間もないので新車が比較的に多く、走行距離が少ない中古車も多いですね。ツーリングでも活躍する性能を備えています。

出典: http://www.honda.co.jp/FORZASi/equipment/

フォルツァSiのおすすめポイント

フォルツァSiのおすすめポイントはスポーティなキャラクターです。高速道での追い越し加速に余裕があり、250㏄ビッグスクーターとしてはハンドリングが軽快で、日常での使い勝手も良好です。現在の250㏄ビッグスクーターの方向性を先導したモデルですので今も人気が高く、低価格で極上中古車を手に入れられます。

250㏄ビッグスクーターおすすめランキング4位

スズキ バーグマン200【新型】

出典: http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/uh200l8/style_price

種類:シティコミューター 排気量:199cm3 シート高:735mm 車両重量:163㎏ 一般道実燃費:約31km/L 高速道実燃費:約41km/L 新車価格:523,800円税込 中古車価格帯:20万円~42万円(2014年~2017年モデル)

新型バーグマン200は2018年4月にカラーチェンジが施されました。他社にない排気量と車体サイズでファンを獲得しているバーグマン200はスズキらしさに溢れたビッグスクーターです。街乗りでは軽快で、ツーリングでは頼もしい走行性能を発揮します。他車と比較すると車両重量が圧倒的に軽量ですね。新車価格も手ごろですし、程度のいい中古車が多いのも特徴です。

出典: http://www1.suzuki.co.jp/motor/product/uh200l8/detail

バーグマン200【新型】のおすすめポイント

新型バーグマン200のおすすめポイントは鋭い加速性能です。0スタートからの加速時にエンジン回転数を一気に最大トルク付近まで上昇させる味付けがされています。排気量がライバル他車よりも50㏄少ないのですが、加速感はクラスナンバーワンともいわれています。ウインドスクリーンは空力特性に優れていますので、高速道での移動も得意です。

250㏄ビッグスクーターおすすめランキング3位

ヤマハ マジェスティS【新型】

出典: https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/majesty-s/color.html

種類:シティコミューター 排気量:155cm3 シート高:795mm 車両重量:145㎏ 一般道実燃費:28km/L 高速道実燃費:33㎞/L 新車価格:372,600円税込 中古車価格帯:約12万~36万円(2014~2017年モデル)

新型マジェスティーSは2018年2月にマイナーチェンジし、ヘッドライト周りが一新されました。LEDヘッドライトはを採用して、フロントマスクは精悍でシャープなイメージです。足回りは高速道に対応した比較的に硬いセッティングですが、追い越し加速は期待できません。

出典: https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/majesty-s/feature.html

マジェスティS【新型】のおすすめポイント

マジェスティーSのおすすめポイントはフラットなフットボードにあります。原付感覚で乗れますし、足の置き場に自由度が高く、おしゃれ着を着ての運転も可能ですね。車体の剛性感は十分に確保されていますので、高速道も安心して走行できます。

250㏄ビッグスクーターおすすめランキング2位

ヤマハ XMAX

出典: https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/xmax/color.html

種類;シティコミューター 排気量:249cm3 シート高:795mm 車両重量:179㎏ 一般道実燃費:約31㎞/L 高速道実燃費:データなし 新車価格:642,600円税込 中古車価格帯:約53万~56万円(2017年モデル)

XMAXは環境性能とパワーを両立するブルーコアエンジンを搭載した250㏄ビッグスクーターです。2017年の10月に登場したばかりで、デザインも洗練されていますね。これまで250㏄ビッグスクーターは快適性を追求してきましたが、走行性が高いXMAXの登場は新しい方向性を示したといっても過言ではありません。スポーツ性が高いので、ツーリングでも活躍するでしょう。

出典: https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/lineup/xmax/feature.html

XMAXのおすすめポイント

あらゆるシーンでスムーズに走行できるのがXMAXのおすすめポイントです。極低速から高速走行まで安定感があり、洗練された走行性能を備えています。外観はスポーティーで加速重視かもと思われがちですが、乗り心地は快適です。

250㏄ビッグスクーターおすすめランキング1位

ホンダ PCX150【新型】

出典: http://www.honda.co.jp/PCX/type/

種類:シティコミューター 排気量:149cm3 シート高:764㎜ 車両重量:130㎏ 一般道実燃費:データなし 高速道実燃費:データなし 新車価格:373,680円 中古車価格帯:約11万~32万円(2012年~2017年モデル)

2018年3月にフルモデルチェンジした新型PCX150は大きく進化しました。これまでPCX150は150㏄スクーターを選ぶ際の基準になっている上に125㏄スクーターとも競合されてきましたが、このフルモデルチェンジでライバル車を一気に引き離したといっても過言ではありません。

出典: http://www.honda.co.jp/PCX/performance/

PCX150【新型】のおすすめポイント

新型PCX150のおすすめポイントは圧倒的な安定感にあります。前モデル(2014年式)はアンダーボーンフレームでしたが、2018年モデルからダブルクレードルフレームとなって車体の剛性が高められました。ホンダには250㏄ビッグスクーターのラインナップがないので、売れ筋であるPCX150のクオリティーを高めることでその穴埋めをしたと考えられます。

250㏄ビッグスクーター人気おすすめランキング:まとめ

250㏄ビッグスクーターはちょうど過渡期にあるといっていいでしょう。ツーリング派にとってはクルーザー的な250㏄ビッグスクーターが今後存続するのか気がかりですね。スポーティーな走行性能を備えた250㏄ビッグスクーターが増えたことで、大型車やMT車から乗り換える人も増えそうです。150㏄スクーターは最強シティーコミューターの予感がしますね。

シティコミューターが気になる方はこちらもチェック!

250㏄ビッグスクーターでのツーリングも楽しいですが、原付バイクでのツーリングは小排気量で長距離を走る達成感があるのでおすすめです。道端で見守ってくれるお地蔵様めぐりツーリングもいいですね。普段は見過ごしてしまいそうな風景が発見できますよ。

原付ツーリングの楽しみ方!50ccバイクで旅するための各4つの基礎知識! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
原付ツーリングの楽しみ方!50ccバイクで旅するための各4つの基礎知識! | 暮らし~の[クラシーノ]
原付バイクでツーリングに出る理由は何でしょう。50㏄という小排気量と面倒臭い法令の縛りの中で原付で旅に出る理由のひとつは「安く楽しめる」ことですね。楽しい50㏄バイクツーリングは事前準備がものを言います。今回は安く楽しく旅するための基礎知識のご紹介です。
hosokawa_taka
ライター

hosokawa_taka

キャンプや野宿をしながらバイクツーリングをしています。狭路や林道で穴場のツーリングスポットを探索するのが基本スタイルです。家族旅行の宿代わりにするキャンプや車中泊も別の楽しみがありますね。愛車はホンダのXR250。


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking