バーベキューに必要なものは?初心者必見の準備で必要な持ち物リスト10選!

バーベキューに必要なものは?初心者必見の準備で必要な持ち物リスト10選!

暖かな自然の中で最高に楽しめるバーベキューですが、それには必要なものがあります。とくに大勢で楽しむバーベキューには必要なものがたくさんあり、これから初めてバーベキューをする方へも必見の内容となっています。ぜひ参考にしてみてください。

記事の目次

  1. 1.バーベキューって何をするの?
  2. 2.バーベキューに最適な季節
  3. 3.バーベキューの醍醐味
  4. 4.バーベキューに必要なものリスト①
  5. 5.バーベキューに必要なものリスト②
  6. 6.バーベキューに必要なものリスト③
  7. 7.バーベキューに必要なものリスト④
  8. 8.バーベキューに必要なものリスト⑤
  9. 9.バーベキューに必要なものリスト⑥
  10. 10.バーベキューに必要なものリスト⑦
  11. 11.バーベキューであるとさらに便利なものとは?
  12. 12.バーベキューであるとさらに便利なもの⑧
  13. 13.バーベキューであるとさらに便利なもの⑨
  14. 14.バーベキューであるとさらに便利なもの⑩
  15. 15.バーベキューは初心者でも楽しめる?
  16. 16.バーベキューをして大自然と触れよう!

バーベキューって何をするの?

バーベキューとは、主に屋外の自然と一体となって景色を堪能しながら仲間達と食事をしたり、おしゃべりをすることです。大自然の中で、今まで話せなかった素敵な話題で盛り上がったり、仲間同士の絆がさらに深まったりすることがあるので、小さな部屋で食事やおしゃべりをすることとは大きく異なる最上の楽しみと言えます。それには大自然という格別な背景があるからこそ気持ちにゆとりが生まれ、格別なひと時を堪能できます。今回の内容をご覧になって、ぜひバーベキューをしてみてください。

仲間とラフな時間を過ごす

やはりバーベキューのメインは美味しい食事です。主に肉や野菜などの食材を持ち寄り、自ら焼きながら調理を楽しみます。家庭内ではできない調理スタイルですので、煙がモクモク出る中、大きな火力で食材を焼いていきます。ビールなどのお酒も大事な食材の1つですので、気が合う仲間達とさまざまな食材を口にして、日常では味わえないラフで楽しい空間と時間を存分に満喫することができます。

バーベキューに最適な季節

バーベキューは屋外でやることに意味がありますので、やはり暖かい気候の時期が最適です。寒い時期でもバーベキューマニアにはたまらないひと時ですが、春から秋にかけて行うバーベキューがもっとも快適な季節と言えます。そして、何よりも晴天時に行うことが重要ですので、天気予報をよく確認しながら日程を決めていくことも大切なポイントです。

初心者は暖かい季節が最適!

バーベキュー初心者の場合、これからの暖かな時期に行うバーベキューを企画しましょう。とくに女性の場合、身体が冷え込んでしまうと楽しい気持ちも半減しかねません。せっかくの有意義なひと時ですので、気候が悪いとテンションも下がってしまいがちです。これからの季節はバーベキュー初心者にはうってつけの季節と言い換えることができますので、以下の持ち物リストを参考にして、ぜひバーベキューを堪能しましょう。

バーベキューの醍醐味

仕事とは言え会社勤めの毎日ですと、心身が疲弊することもあるでしょう。ですが、大自然の中で行うバーベキューという食事は、とても大らかな気持ちにさせてくれるイベントとも言えます。美味しい食材を調理することも日々の疲れを忘れる要素となります。つまりバーベキューとは、日々のストレス発散をする最高の外食ということになります。

必要な道具や食材を準備する楽しみ

バーベキューをする場合、やはり道具と食材を事前に準備する必要があります。大型スーパーへ行けば、大抵のバーベキュー用の食材を揃えることができますが、腐りやすいものは出発ギリギリに購入しておきましょう。また、道具も必須ですので、併せて必需品も揃えておきます。バーベキューとはこうした事前準備から始まっていますので、日々少しずつ道具などの必需品を準備することも楽しい時間となります。

星空がきれい!

バーベキューをする場所は大きな自然に囲まれた所が多いです。とくに夜間のバーベキューは、素晴らしい星空を眺めながら美味しい料理を堪能することもできます。都会での空とはまったくことなった、澄んだ星空を見られるのもバーベキューをする醍醐味の1つと言えるでしょう。まさに満点の星空を楽しむことができます。素敵な時間を最高の仲間達と過ごすことで、今までにない最上の思い出ともなります。

バーベキューに必要なものリスト①

必需品の道具

バーベキューに必要な道具リストの中で、もっとも忘れてはいけないものがあります。それは、バーベキュー用のコンロです。主に4本の脚が付いた網付きのコンロがバーベキューに最適の道具です。このコンロ1台あれば、ほとんどのバーベキュースタイルに対応します。網の上で選りすぐった美味しい食材を焼いていきましょう。普段、家庭内で網焼きで食材を焼くことは多くありませんが、バーベキューでは大自然の中で好きな食材を焼いて食べることこそが最大の魅力です。

どんなコンロがいいの?

おすすめのコンロは多くの炭が入れられるタイプのものです。これにより火力調整をしやすくなります。食材と炭の距離が近くなると、どうしても焦げ付いてしまうことが多くなりますので、火力の加減をするには広い炭のスペース付きのものが肝要と言えます。適宜火力を調整することで、長時間ゆったりとくつろいだバーベキュータイムを満喫できることでしょう。

バーベキューに必要なものリスト②

たくさんの食材を準備する

コンロも道具リストの中で忘れてはいけない道具ですが、それ以上に大事なものが食材です。地域によってはバーベキューコンロを貸し出してくれる場所もありますが、食材は自分達で準備することが望ましいでしょう。肉や魚をはじめ、野菜や珍味など焼いて食べるものであれば何でもよいです。肉も牛や鳥や豚などそれぞれをお好みで持ち寄ればたくさんの味を堪能できますので、バーベキューの醍醐味をしっかりと満喫できることでしょう。

揚げ物も作ってみよう!

バーベキューはどうしても焼き物が中心となりがちですが、揚げ物を作ることもおすすめです。食材は同じものを使いますので、別途油と鍋があれば揚げ物も堪能できます。バーベキューとは、屋外で調理することも大きな楽しみと言えますので、食べることと同じくらい料理を作ることも有意義な時間となります。焼き物ばかりでは飽きてしまった方へはおすすめのバーベキューとなりますので、ぜひ試してみてください。

バーベキューに必要なものリスト③

衣類も必要なもの!

暖かな季節といっても、夜間は冷える地域もあります。日中は半袖で過ごしていても、日が落ちてくると一気に冷え込んでしまうことがあります。そうしたことを回避するためにも上着を1枚準備しておきましょう。持ち物としてはかさばるものもありますが、とくに山の上で行うバーベキューでは必ず持ち物の中に入れておいてください。コンロの日で一時の暖をとることもできますが、風が強い日もありますので忘れてはいけない持ち物です。

日焼け止めも必要?

夜間は気温が一気に低下しますが、夏場のバーベキューですと日中は高温となります。熱射病を避けるためにも日焼け止めを準備しておきましょう。とくに昼間は半袖やタンクトップ、中には上半身裸の男性もいます。日焼けをし過ぎると体調を壊してしまうことがありますので、日中からバーベキューする場合、とくに初心者や女性には日焼け止めが必需品です。

バーベキューに必要なものリスト④

電灯が必需品!

バーベキューは日が落ちてから行うケースもあるため、ランタンなどの電灯を準備しておきましょう。ランタン1個あるだけで、暗い自然の中ではかなり便利なことが多いです。たとえば、バーベキューの最中にトイレへ行きたくなった場合、トイレまでの道のりに街灯がない場所も多くあります。そうした際に事故が起きないよう、ランタンを持ち物リストの中に入れておきましょう。

頭に電灯を付けるの?

ヘッドライトという頭に付ける電灯もあります。こちらはとくに便利なアイテムです。両手が空きますので、さまざまな作業がしやすくなります。夕方以降のバーベキューでは、こうしたアイテムを使うこともおすすめです。現地に宿泊する場合、お酒を飲んで酔ってしまうと両手が空いている方がさまざまな作業をするのに便利です。初心者でも色々な作業がしやすいですので、1人1人がヘッドライトを装着すると非常に快適なバーベキューを実感できるでしょう。

バーベキューに必要なものリスト⑤

タープは雨天時にもっとも必要なもの!

バーベキューは、壁などの隔たりがない大自然の中で行うことに意味がありますが、山で行う場合ですと急に雨が降ってくることがあります。この時に雨を避ける道具がないと楽しいバーベキューは台無しです。ですので、必需品とも言えるタープを持ち物の中に忘れずに入れておきましょう。やはり、現場に着いたらタープを組んでしまうことがおすすめです。これで直射日光も避けられますので便利な道具と言えます。

雨ガッパも必要?

タープはその場のみで日光や雨を凌げるものですので、雨天時ではトイレに行く際など雨に濡れてしまいます。とくに大雨となってしまうと最悪ですので、折り畳める雨ガッパを用意しておくと便利です。雨が降ると一気に気温が下がりますので、温かさを求める場合でもビニール製の雨ガッパには利便性があります。折り畳み傘でもよいですが、バーベキューをする際には両手が空くことが重要ですので、おすすめできるアイテムです。

バーベキューに必要なものリスト⑥

炭は必要不可欠なもの!

バーベキューの醍醐味の1つが火を起こす作業です。火起こしを自分でやることもバーベキューの魅力ですので、必ず用意しておきましょう。㎏単位で購入できますので、バーベキューをする人数に適した量を用意しておきます。また、夜間のバーベキューですと暖をとるための必需品ともなりますので、余裕のある量を準備しておくとよいでしょう。

着火剤も必須!

炭に火を付けるのは案外難しいことがあります。ライターでは困難ですし、風が強い日ですとチャッカマンでも厳しくなるでしょう。ですが、着火剤という専用の火起こしグッズがありますので、それもリストアップしておきます。ジェル状ですので使いやすく、初心者でも簡単に火起こしができますのでおすすめです。

バーベキューに必要なものリスト⑦

折り畳みできるテーブルとイスが必需品

バーベキューは屋外で行うものですので、簡易的なテーブルとイスの用意が必須です。1日遊んで疲れた体でも休まる、ゆったりできるキャンプ用の折り畳めるイスを用意しておきましょう。ひじ掛けが付いているものですと、とても快適なバーベキュータイムを楽しめます。併せて折り畳み式のテーブルも用意しておきましょう。これで大勢で行うバーベキューでも、それぞれが自分のスペースを確保できますので、有意義なバーベキューを堪能できるでしょう。

テーブルとイスがセットになっているものがある!

キャンプ用で使う、テーブルとイスが接合されたものもあります。こちらですと1つの持ち物として収容できますので、車など荷台のスペースを無駄に使うことがありません。複数名でバーベキューをする場合、こうしたおすすめアイテムもありますので、使い勝手えお検討して選択してみましょう。

バーベキューであるとさらに便利なものとは?

前述した持ち物リストのものがあれば、一般的なバーベキューは難なくできますが、さらにあると便利なものもあります。荷物の積載スペースに余裕がある場合には、持ち物としてリストアップして用意することがおすすめです。とくに初心者の場合でも、万全なバーベキューをするならば用意しておく方がよいでしょう。それではご紹介していきます。

バーベキューであるとさらに便利なもの⑧

ガスバーナーがあると便利!

バーベキューでは先に述べたようにコンロと炭があれば、あとは着火するするだけで火を起こすことができます。ですが、その他にもガスバーナーがあると便利ですので用意しておきましょう。これがあるだけで、お湯を沸かす際にとても重宝します。別途小さな鍋を用意することで、食後のコーヒーやお茶を淹れることができますので、バーベキューを最後までじっくりと堪能することができる、初心者の方へおすすめのアイテムです。

カセットコンロもあるといいの?

家庭用でも使うカセットコンロもおすすめアイテムの1つです。とくにキャンプして宿泊する場合におすすめできます。早い時間にバーベキューをすると、夜間の時間帯にまたお腹が空いてしまうことがあり、その際に再度炭で火を起こすことはかなり面倒です。カップ麺などで小腹を埋める場合には、カセットコンロがあると便利ででしょう。朝方のコーヒーや味噌汁なども手軽に作ることができますので、併せてリストアップしておくとよいです。

バーベキューであるとさらに便利なもの⑨

バケツがあると便利!

バーベキュー場では水道、蛇口の数が限られていることが多いです。そのため、遠くの洗い場まで往復しなければいけない所もあります。ですので、バケツを用意しておくとよいでしょう。バケツにあらかじめ水を張っておけば、バーベキューの最中でも手を洗ったり、お湯を沸かしたりすることがスムーズにできます。また、火起こしの際に消火することも迅速にできるので、あると便利な持ち物です。バーベキュー初心者の方は必須道具の1つと言えます。

食器洗い用具があると清潔!

自前でコンロを持って行く場合、後片付けの際に網はかなり汚れています。煤や油が付いていますので、そのまま持ち帰ることは気が引けますので、こうした場面では食器洗いセットもあると便利です。スポンジ1個と小さなボトルに家庭用の食器洗剤を移し替えて持っていくと重宝します。大抵のキャンプ場やバーベキュー場にはスポンジや洗剤は置いていませんので、清潔に持ち帰るためにも、こちらも自前で持って行くことをおすすめします。

バーベキューであるとさらに便利なもの⑩

紙の食器が便利!

バーベキュが終わり、片付ける際の手間を減らすためには紙の食器があるとよいです。そのため必需品として持ち物の中に入れて準備しておきましょう。バーベキューをする時の持ち物はさまざまな道具がありますので、陶器の食器ですと割れてしまうこともあり手間がかかります。紙の食器であればそのまま捨てられますので、後片付けが非常に簡単です。初心者ですと、こうした便利な道具を使うことで、より一層とバーベキューを快適に楽しむことができます。

なるべく現場でゴミを出さない!

バーベキュー場では、ゴミを持ち帰るように指示している所があります。やはり自然の中にゴミを捨てて帰ることは許されません。ですので、なるべくゴミが出ないように下準備しておきましょう。たとえば、食材の下準備を事前に済ませておくだけで、現場ではほとんどゴミが出ません。食材の皮むきやヘタ取りなども済ませておくことで、現地で余計な手間が省けますので、快適なバーベキューを堪能できます。また、自分達で出したゴミを持ち帰ることが必須ですので、大き目のゴミ袋も用意しておきましょう。

バーベキューは初心者でも楽しめる?

今回はバーベキュー初心者に向けてご紹介していますが、どれも難しいことはありません。大きな道具と言えばコンロやテーブル程度ですので、あとは小さくまとめられる道具が多いです。ご紹介した必需品は最低限持っていくものですので、現場でストレスなくバーベキューを楽しめることでしょう。ただ、初心者ですと唯一火起こしに手間がかかることがあります。バーベキューのベテランと一緒であれば問題ありませんが、初心者同士ですと注意が必要となるでしょう。

初心者こそ楽しめるのがバーベキュー!

今回の必需品さえ用意しておけば、大自然の中での食事を存分に楽しめることでしょう。初めてだからこそ、すべてが新鮮ですので、今まで体験したことがないひと時を堪能することができます。初心者同士でも、しっかりと必需品の用意が整っていれば、現地で助けてくれる優しい方も多いです。ですので、火起こしを手伝ってくれることもありますので、安心して出掛けてみましょう。

バーベキューをして大自然と触れよう!

今回は初心者必見の内容で、バーベキューに必要な道具の用意やリストアップ内容をご紹介しました。今回の必需品があれば、存分にバーベキューを楽しめます。火気にさえ気を付ければ、どんなことでも楽しめるのもバーベキューの大きな魅力です。他にも大自然の中で遊べる要素はたくさんありますので、徐々にバーベキューに慣れてきたら、自分流のバーベキューアイテムを模索して、じっくりと素敵なひと時を楽しみましょう。

アウトドアが気になる方はこちらもチェック!

自然の中で行う仲間達とのアウトドアはとても面白いです。車で出掛けることも便利ですが、バイクでキャンプなどのアウトドアをするのも、これからの季節は格別な遊びができることでしょう。

キャンプツーリングでバイクへの荷物の積載方法!積み方のコツを大公開!のイメージ
キャンプツーリングでバイクへの荷物の積載方法!積み方のコツを大公開!
バイクツーリングをしながら、キャンプを楽しむライダーも多いことでしょう。その際、バイクに荷物を積載する必要がありますが、積載方法をご存知でしょうか?ツーリングしながら、最適な荷物を積む方法をご紹介しています。ぜひ参考にしてください!
アウトドアやキャンプで使えるおしゃれなソファ7選!これは持ち運びたい! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
アウトドアやキャンプで使えるおしゃれなソファ7選!これは持ち運びたい! | 暮らし~の[クラシーノ]
最近アウトドアサイトでよく見かけるようになったアウトドアソファ。バラエティーに富んだものが市販されています。アウトドアキャンプに使えるおしゃれなアウトドアソファを徹底検証します。室内でも使えるものや座り心地を調べていきます
関東のキャンプ場おすすめ15選!高規格から初心者にも人気のキャンプ場はここ! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
関東のキャンプ場おすすめ15選!高規格から初心者にも人気のキャンプ場はここ! | 暮らし~の[クラシーノ]
関東のおすすめキャンプ場をご紹介しましょう。高規格なキャンプ場から初心者にも人気のキャンプ場まで、関東にはたくさんのキャンプ場があります。本記事では、関東のおすすめキャンプ場をランキング形式でご紹介します。魅力の14か所をどうぞご覧ください。
Hobby Life
ライター

Hobby Life

アウトドア・ファッション・美容、DIYに関する内容をはじめ、車・バイク・自転車などの車両に関する内容もマルチに執筆いたします。「さまざまな面白さ」をご紹介できればと思いますので、よろしくお願いいたします。


関連するまとめ

おすすめの記事


Article Ranking