Twitter
Facebook
LINE

モンベルの最強アンダーウェア「ジオライン」の5つの魅力!普段使いは?

tryyua

モンベルの最強アンダーウェア「ジオライン」の5つの魅力!普段使いは?

tryyua

モンベルの最強アンダーウェアであるジオラインの5つの魅力を紹介します。アンダーウェアは私の生活で身近なものですが、アウトドアメーカーのモンベルが販売するアンダーウェアのジオラインのスペックは暖かいのか、重ね着に良いのかなど、そのスペックに迫ります。



はじめに

モンベルの製品ラインナップにジオラインと呼ばれるものがあります。モンベルとは知っている人は知っているアウトドア製品の国産メーカーです。今回はモンベルの看板製品であるアンダーウェアのジオラインの魅力を5つ紹介します。いったいどのような魅力がモンベルのジオラインにはあるのでしょうか。そして、肌着・重ね着として登山やサイクリングといったスポーツから、普段使いでも使えるものまで幅広くそろえる製品ラインナップも紹介します。肌着や重ね着に使いたいアンダーウェアを探している方、必見です。

モンベルについて

日本の登山メーカー

モンベルは日本で生まれた、アウトドア製品の製造メーカーです。メーカー活動に加えて卸や小売り、さらにはイベント企画に保険業務など、アウトドアに関係することに幅広く取り組んでいます。ゴア社が開発した防水性や透過性に優れるゴアテックスを素材に採用て同社の高い技術と組み合わせ、過酷な環境下で行われる登山を支える製品を世に送り出しています。登山プレーヤーはもちろん知っている有名メーカーですが、名前だけでも聞いたことある人が多いなど、名前も知られています。

代表的製品のトレントフライヤージャケット



トレントフライヤージャケットはモンベルを代表する製品の1つです。素材にゴアテックス:registered:パックライトファブリクスを採用して、防水性を高めると同時に透湿性も向上したレインコートに仕上がっています。春夏秋冬を選ばず、過酷な環境下での登山で活躍するレインジャケットです。折りたたんで携帯が可能ですから、登山だけでなく街中でもコンパクトに持ち運び、雨天の時に着用するなど、普段使いも可能です。

モンベルのジオラインとは

モンベルの独自開発で生まれた素材

モンベルのジオラインとは、モンベル社の独自開発によって誕生した素材です。モンベル社は登山専用のリュックやダウンジャケットなどに加え、登山用のアンダーウェアの製造・販売なども行っています。夏場でも冬場で発汗することのでアンダーウェアは登山でも重宝されます、このアンダーウェアに同社のジオラインが採用されているのです。

アンダーウェア(肌着)に最適



保温力、速乾力、伸縮性、そして快適性など、地肌に直接触れるアンダーウェアに求められる要素は多岐にわたります。メーカーが自社製品の性能を高いと発言するのは当然ですが、実際に登山や普段使いで着用したエンドユーザーからは高い評価を獲得しています。暑い夏から寒い冬まで対応できる肌着としてその性能の高さがうかがえます。それぞれに関しては後述します。

モンベルのジオラインの魅力その1

マイクロファイバー繊維で暖かい空気を確保

モンベルのジオライン製品の魅力その1は非常に暖かい。その暖かさの秘密はジオラインに使われる繊維とその構造に秘密があります。ジオラインに使われる繊維はマイクロファイバーとストレッチスパン糸とよばれるものです。マイクロファイバー繊維は繊維間が沢山あります。その多くの繊維間に暖かい空気(=デッドエアと呼ばれています)が入り込みます。この暖かい空気のデッドエアは流動しないのでジオラインは高い保温性を備えているのです。

ストレッチスパン糸で断熱空気層を構築

ジオラインに使われるもう1つの繊維がストレッチスパン糸と呼ばれるものです。ストレッチスパン糸には特殊なセラミックが含まれています。ストレッチスパン糸が保温をする仕組みは、それが包み込んでいる縮れ性質を持ったストレッチコア繊維との関係にあります。これらの繊維が断熱効果を持った空気層を構築、その結果暖かい空気が外部へ逃げずに暖かさを維持するのです。なお、ライトウエイト・エクスペディションモデルでのみになります。

ボックス構造(箱マチ構造)と遠赤効果

保温性を高めるために、ボックス構造(箱マチ構造)を採用したジオラインもあります。ボックス構造とは、生地層と生地層の間に隔壁を立て、生地層と繋ぎ合わせた構造です。生地層と生地層の間に空間ができ、この間に暖かい空気を持てるようになています。ミドルウェイトモデルとエキスパートモデルにのみ採用された保温機構です。

モンベルのジオラインの魅力その2

高い吸水性・速乾性

モンベルのジオラインの魅力その2は高い吸水性と速乾性です。マイクロファイバー繊維の芯部分に親水加工を施しています。親水加工によって登山や普段使いなどの運動で身体から発生した汗を素早く吸収します。さらに、マイクロファイバー繊維同士のミクロ単位の狭さが毛細管現象をより強く引き起こすので吸水した汗などを迅速に広範囲へ拡散、そして乾燥させるのです。

ジオラインの優れた吸水性と速乾性があれば運動中の発汗でぬれたアンダーウェアが原因で汗冷えの心配もなく、それが原因で風邪をひく心配もありません。冷えの心配だけでなく、迅速に乾燥すればアンダーウェアの着心地も良い状態を保てます。重ね着している場合には上の服に汗が浸水する心配もありません。夏でも冬でも肌着やアンダーウェアとしてスポーツにも普段使いにも着られるでしょう。

モンベルのジオラインの魅力その3

快適性に優れている

モンベルのジオラインの魅力その3は快適性に優れている点です。吸水性や速乾性、保温性に優れていても、着用しているときに快適性を感じるかどうかは非常に重要なファクターです。ジオラインでは快適性を高めるべく、繊維にこだわってバクテリア菌対策を講じています。

ジオラインの構成繊維は銀イオンを含有しています。この銀イオンがジオラインの快適性を高めるのに一役買っているのです。銀イオンが含まれていることで、本来は時間の経過とともに増加するはずのバクテリア菌が時間経過に沿って減少していきます。この銀イオンによるバクテリア菌削減効果は半永久的に持続するので使用します。

モンベル社はこのバクテリア菌対策を抗菌防臭ではなく制菌防臭と呼んでいます。制菌対策は従来の防臭対策と考え方が異なる防臭対策方法です。制菌防臭では良い菌(=善玉菌)が一緒になくならない限界ギリギリのレベルまで臭いの発生源となる菌を追い払います。一方で、抗菌防臭が対処するのは最低限気にならない臭いのレベルで菌の繁殖を抑えることです。制菌防臭のアンダーウェアなら重ね着でも普段使い、登山でもより快適性を感じられるのです。

モンベルのジオラインの魅力その4

体にフィットする独自構造

モンベルのジオラインの魅力その4は被着者の身体にフィットするその独自構造です。ジオラインのライトウエイト・エクスペディションモデルでは独自の縮れ繊維と特殊なセラミックを使ったスパン糸から成るストレッチスパン糸を採用しています。この構造によってジオラインウェアを着用すれば、身体の動きに合わせてその高い伸縮性で服が伸び縮みして対応するのです。

静電気を減らす糸

夏でも冬も、特に冬の印象が強いのが静電気です。服の着脱でもバチバチするときがありますが、モンベル社のジオラインでは糸による静電気対策が施されています。生地と生地を縫い合わせる際にカーボン繊維使っているのです。導電性であるカーボン繊維によって静電気を削減し、あの嫌なバチバチと不快感にお別れを伝えましょう。

モンベルのジオラインシリーズその1

モンベル mont-bell メンズ アウトドア ウエア インナー 半袖Tシャツ ジオライン クールメッシュ Tシャツ Men's 1107180 WT ホワイト

【スペック】 価格:税抜1,840円(2018/4/15時点) サイズ:S カラー:ホワイト(WT) 平均重量:47g 素材:ジオライン:registered:[ポリエステル100%]

夏に活躍するジオライン

1つ目に紹介するジオライン製品はジオライン クールメッシュ Tシャツ Men'sです。ジオラインの特徴である優れた伸縮性や制菌効果で抜群の着心地を生み出すTシャツです。身体にフィットする作りとなっているのでアンダーウェア、重ね着、肌着など、どのようなパターンでも使用できます。そしてこのジオライン製品で注目すべきなのはジオライン繊維がメッシュ地に編みこまれているということです。

夏を乗り切るジオライン製品

メッシュ地にジオラインを編みこんだことで、通気性と速乾性を高めただけでなく肌触りにも優れたTシャツになりました。夏に着用しても服の内側に熱がこもることもなく、さらには肌との接地面積も少ないので肌に汗が付くなどの不快感を生み出す要因も削減できます。暑い時期の普段使いアンダーウェアとして重ね着や肌着におすすめの1着です。

モンベルのジオラインシリーズその2

【スペック】 価格:税抜2,400円(2018/4/15時点) サイズ:XS、S カラー:シルバー(SV) 平均重量:100g 素材:ジオライン:registered:(ポリエステル)100%

夏でも冬でも着られるTシャツ

2つ目に紹介するジオライン製品はジオライン L.W. Tシャツ Men'sです。先ほどと同様、半袖タイプのジオラインになります。サイズはXSとSサイズの2種類で、1つ目に紹介したジオラインTシャツよりサイズバリエーションがあります。夏でも冬でも、肌着・普段使いに使用できるTシャツです。

ストレッチスパン糸で夏も冬も活躍

ライトウェイトタイプのジオラインにはストレッチスパン糸が採用されています。これによって繊維を構成する糸が内部に空気層を作り出して断熱効果を生み出し、保温につながるのです。ジオラインが本来持っている優れた吸水性や速乾性に加えて保温性にも優れるこのジオラインTシャツは、オールシーズン使えるジオライン製品を探している方におすすめです。

モンベルのジオラインシリーズその3

【スペック】 価格:税抜2,858円(2018/4/15時点) サイズ:S、M、L、XL、M-S、L-S、XL-S カラー:ブラック(BK)、インディゴ(IND)、ライトシルバー(LTSV) 平均重量:115g 素材:ジオライン:registered:(ポリエステル)100%

ジオラインのタイツ

3つ目に紹介するモンベルのジオラインシリーズはジオライン L.W. タイツ Men'sです。ジオラインシリーズはタイツにもあります。運動するときだけでなく、特に冬場のような体に寒さを引き起こしたり冷え性の方などにとってタイツタイプのジオライン製品は非常にありがたいです。必要な時に応じてこのタイツを肌着として着用すれば冬のような基本的に寒い時期でも暖かい環境を生み出せます。

登山などのスポーツに

普段使い、登山やサイクリングなどのスポーツでも活躍するのがジオラインシリーズやこの特徴です。特に登山では制菌で快適性も高いことから、重ね着などに使用する着替えを減らして荷物の重量を削減するのにもつながります。冬場のサイクリングのような寒さが体に響くスポーツでも、ジオラインのタイツを着用すれば身体を冷えから守り、高いパフォーマンスを発揮できます。冷え対策、保温対策そして防臭対策も施された暖かいタイツタイプのジオラインシリーズは、普段使いにも登山にもおすすめできる商品です。

モンベルのジオラインシリーズその4

【スペック】 価格:税抜5,000円(2018/4/15時点) サイズ:S、M、L、XL カラー:ブラック(BK)、インディゴ(IND)、ライトシルバー(LTSV) 平均重量:175g 素材:ジオライン:registered:[ポリエステル100%]

ハイネックの長袖ジオライン

4つ目に紹介するモンベルのジオラインシリーズはジオライン M.W. ハイネックシャツ Men'sです。ハイネックが特徴的な中厚手タイプとなっています。カラーバリエーションも3種類と豊富で、サイズもS、M、L、XLと4種類からなっているなど、ユーザーの選択肢が多いジオライン製品となっています。ミドルウェイトタイプのためストレッチスパン糸は採用されていません。

真ん中に位置する中厚手

ジオライン製品には、最軽量のLWタイプ(薄手)、MWタイプ(中厚手)、そしてEXPタイプ(厚手)の3種類の生地パターンがあります。その中でMWタイプに当たるこのハイネックシャツタイプのジオラインは保温力・吸水性・速乾性を併せ持つ、オールシーズン使えます。登山やアイスクライミング、スキーのような常に動くわけではないスポーツなどで肌着や重ね着するのにおすすめです。

モンベルのジオラインシリーズその5

【スペック】 価格:税抜5,524円(2018/4/15時点) サイズ:】S、M、L、XL カラー:ブラック(BK)、インディゴ(IND) 平均重量:224g 素材:ジオライン:registered:[ポリエステル100%]

エクスペディションタイプの生地を使用

5つ目に紹介するジオラインシリーズはジオライン EXP. ラウンドネックシャツ Men'sです。これまで紹介したジオライン製品とは違い、ジオライン EXP. ラウンドネックシャツ Men'sは生地にEXP(厚手)タイプを採用しています。エクスペディションタイプにはライトウェイトタイプ同様にストレッチスパン糸を使用し、空気層を作り出して断熱、保温性を高めています。

厳寒地で使用するジオライン

エクスペディションタイプは保温性に力を入れたジオラインとなっています。その理由はとりわけ寒い地域、つまり厳寒地での使用を念頭に設計されているからです。エクスペディションモデル(ミドルウェイトも同様)は保温性をさらに高めるためにボックス構造(箱マチ構造とも呼ばれるもの)を採用、これによって生地と生地の間に暖かい空気を取り込んで保温性を高めています。スノースポーツや冬期の登山、極地への遠征などの肌着・重ね着に使えるモデルです。

モンベルのジオラインシリーズその6

【スペック】 価格:税抜2,200円(2018/4/15時点) サイズ:S、M、L、XL カラー:ベージュローズ(BGRS)、シルバー(SV) 平均重量:37g 素材:ジオライン:registered:[ポリエステル100%]

女性向けのクールメッシュジオライン

6つ目に紹介するモンベルのジョイラインシリーズはジオライン クールメッシュ UネックTシャツ Women'sです。これまでメンズモデルを紹介してきましたが、ジオラインシリーズはレディース向けもあります。性別関係なく暑いときは暑く、寒いときは寒いので、着心地の良い肌着や暖かいものを探すのは当たり前です。肌着、重ね着、そして普段使いでも女性が着られる春夏秋冬いつでも使えるクールメッシュジオラインです。

モンベルのジオラインシリーズその7

【スペック】 価格:税抜2,700円(2018/4/15時点) サイズ:S、M、L、XL カラー:ブラック(BK)、ライトグレイ(LTGY) 平均重量:47g 素材:ジオライン:registered:[ポリエステル100%]

ジオラインタイプのパンツ(トランクス)

7つ目に紹介するモンベルのジオラインシリーズはジオライン シェイプ トランクス Men'sです。ジオラインはインナーシャツやタイツだけでなくパンツ(トランクス)にも使われています。ジオラインタイプのトランクスはストレッチ性やフィット感を良くする設計がされるだけでなく、通気性にも優れたつくりとなっています。

見栄えもバッチリ

このトランクスの特徴は他にもあります。パンツの線が服の上に浮き上がらないので見栄えがより自然で、周りの目を気にする必要もありません。男性用ということもあってか、前開き機能もついています。履き心地の良い、かつズボンをはいたときに線が外に出ない、そのようなパンツをお探しの方におすすめの商品です。

まとめ

モンベルのジオライン製品はTシャツタイプのインナーからタイツタイプのインナー、さらにはタイツだけに収まらずトランクスなどの下着にも幅広いラインナップを揃えています。ジオラインのシーズンや用途に合わせた生地を用意しているので、夏場にインナーとして使用して汗冷えを防ぎ、肌寒いときや冬場に重ね着したて暖かいコンディションも生み出せます。

インナーシャツ・タイツ・下着、これらはメンズだけでなくレディースモデルも揃えているので、男性・女性ともに使用できます。ぜひお手に取ってジオラインの効果を実感してください。

おすすめの関連記事

モンベルに興味を持った方は、同社の目玉製品であるトレントフライヤージャケットの記事もご覧ください。

SNS SHARE

Twitter
Facebook
LINE

Movie動画記事

【ラグゼ】2022年のフィッシングギアも激アツ!便利グッズが目白押しだ!

★がまかつラグゼ アパレル・ギア一覧★ https://luxxe.jp/products?fishing=&p_category=apparel&s=&submit=SEARCH ※画像出典元 ★...

【最高】22イグジストがシマノリールだった件・・・

★2022年釣り具新製品シリーズはコチラから★ https://youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK5y3cIw06rp8Q0M02AlW2jY ★チャンネル...

22カルディアSW触ってきたけど・・・コレってSW?

★2022年釣り具新製品シリーズはコチラから★ https://youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK5y3cIw06rp8Q0M02AlW2jY ★チャンネル...

【シマノ2022新製品】21ナスキーと22サハラのスペック比較!

★シマノ22サハラ 公式HPはコチラ★ https://fish.shimano.com/ja-JP/product/reel/hanyouspinning/a075f00003iili7qam.ht...

【10万円】ダイワ2022新製品22イグジスト登場!デザインが奇抜すぎる件

★2022年釣り具新製品シリーズはコチラから★ https://youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK5y3cIw06rp8Q0M02AlW2jY ★チャンネル...