検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

神奈川県のアスレチック8選!大人から子どもまで楽しめる施設・公園をご紹介!

神奈川県には子供はもちろん、大人も楽しめるアスレチックがたくさんあります。神奈川の豊かな自然を背景に、思い切り体を動かして忘れていた五感をとり戻しませんか?誰もが楽しめるアスレチックの魅力や、神奈川県のスポットをご紹介します!
2020年8月27日
salt4h

アスレチックとは

アスレチックは運動競技の意味。また、スポーツ施設があり、運動して体を鍛えられる場所としても使われている言葉です。フィールドアスレチックは屋外の自然の中に木で作られた障害物があり、それをこえていくことで自然と体力づくりができるというもの。スポーツジム、フィットネスジムは屋内で運動器具により体を鍛える施設です。

アスレチックの発祥


世界中で楽しまれているアスレチックですが、いつ何のために始まったのでしょうか?

古代ギリシャでは兵士の訓練に

いつ始められたのかは、はっきりしていませんが、古代ギリシャでは軍の兵士を訓練する目的で、障害物を乗りこえるトレーニングを行っていました。今のように健康が目的ではなく、戦いのためだったんですね。


日本では1970年代から

フィールドアスレチックは、日本で1970年代から、失われた自然を取り戻し、体も鍛えていこうという目的で考えられ、広められてきました。一見子供の遊びですが、外遊びの機会がない現代の子供には貴重な遊びでボーイスカウト、宿泊訓練などとともに気軽に利用されています。

アスレチックの魅力


大人から子供まで楽しめるアスレチックの魅力はなんなのでしょうか?

遊びながら自然に体力づくり

日頃使わない筋肉を使うことができ、全身の筋肉をまんべんなく鍛えることができます。スポーツジムの健康器具は、特定の筋肉を集中して鍛えるのには向いていますが、全身をまんべんなく鍛える目的では、アスレチックのほうが効果があります。また、ランニングなどとも違い、レジャー感覚でできるので楽しく参加できるでしょう。

大声をだしてスッキリ

子供も大人も普段の生活で、大声を出すとまわりから即注意をうけるでしょう。でもストレスがたまるとワーッと大声を上げたくなるのは自然な欲求です。アスレチック広場では、思いっきり声を出し、体を動かせるのでよいストレス発散になりすっきりすることでしょう。

スポーツジムとの違い

体力づくりを目的とした施設にスポーツジムがあります。屋内ジムは器具を使い、一人で黙々と体を鍛え上げるものでストイックなところがありますが、アスレチックは楽しみながら、自然と体を使い体が鍛えられます。普段スポーツジムに通われている人も気分転換にフィールドアスレチックに参加することをおすすめします。

フィールドアスレチックで自分に勝つ!

新入社員教育にもアスレチックは使われています。体を鍛える以外にどんな利点があるのでしょうか?

恐怖心に勝ち自分で進んでいく

アスレチックは水上、高所など、恐怖心をあおるものもあり、苦手な人も多いと思います。しかし、あえてこれに挑むことにより、自己を鍛える場にするのです。怖いところを一歩ふみだし、たよるものもなく自分の身一つで進んでいくことにより、普段の自分を一層レベルアップできるかもしれません。

アスレチックはチームワークの力をアップ

アスレチックは、チームワークの形成でも利用されています。難しい障害物を勇気を出して乗り越える仲間を、見守り声をかけ、励ますことによって信頼関係がアップするという考え方です。直接手助けするのではなく、努力をじっと見守ることも自立を助けることのひとつということでしょう。

アスレチックの感覚への効果

アスレチックは五感を刺激する優れた遊びです。無理やり運動させることがむつかしい幼児や小学生の低学年ですが、アスレチックで遊びながら運動することで、 ・触覚  手で物をさわり皮膚を通して感じる感覚 ・固有覚 手足の力加減をコントロールする感覚 ・前庭覚 バランス、スピード、回転の感覚 この感覚が自然と身につきます。子供も運動不足の時代。大事な子供の成長期に、親子で遊びながら運動能力をつけていきましょう。

アスレチックの種類

アスレチックにはいくつかの種類があり、それぞれの魅力があります。

1.アスレサーキット

よくみられる一般的なアスレチックです。スタートからゴールまで何種類もの障害物があり、それを乗りこえていくものです。

フィールドアスレチックの代表的なシステムである。周回コースを1周する形式で、コース上に20以上の種目が配置されている。種目は、準備運動から始まり、ハードな運動を求められるものまでさまざまあり、心と体の動きを考慮して企画配置されている

2.アスレタワー

子供向けの複合遊具施設から30メートルを超える施設までさまざまです。難易度の高いものは、必ず命綱を着用。高所恐怖症の人は苦手かもしれません。

フィールドアスレチックを立体的に配置したものである。大きさは10メートルから三十数メートルまでさまざまである。上り下りにいろいろな施設が配置されている。展望台や地域のシンボルタワーを兼ねたものもある。

3.アスレバイク

マウンテンバイクで難関を進むアスレチックです。街中で乗る自転車では絶対できないスピード、アクションが体験できます。

自転車に乗って山野を疾走する、フィールドアスレチック版サイクリングである。山あり谷あり水上施設ありと、ダイナミックなスピード感が魅力である。

他にもプールにある、すべり台などもアスレチックです。また特殊訓練用の特別なものもあります。

アスレチックの難易度

公園の複合遊具から命綱をつける本格的なものまでさまざまですが、たいていひとつのアスレチック広場に、複数の難易度別のコースが分かれており、自分に合ったレベルを選べるようになっています。アスレチックは見るより難しいので無理なくこなせるものからスタートしましょう。

アスレチック選びのポイント

さまざまあるアスレチックですが、選び方のポイントをご紹介します。

移動が楽な場所

できるだけ近場がいいでしょう。遠くに出かけるのも気分転換でいいものですが、アスレチックは終わった後、思った以上につかれます。移動に疲れて、明日にダメージを残すのはよくないので、早く帰宅してゆっくり休める場所をおすすめします。

施設の設備をチェック

シャワー・更衣室・食事持込み・売店・コインロッカーなど。アスレチック終了後はかなり汚れるので、更衣室やシャワーが併設されているところがおすすめです。着替えも忘れず持っていきましょう。特に、靴は泥だらけ、水びたしになる可能性が高いので替えを持っていくのがよいでしょう。

お弁当

食事持参がおすすめです。広場内で食事できるところは少なく、あっても値段は高め。広いアスレチック広場は園外に出るのも一苦労で、出てからもお店に遠いところが多いため、できるだけ持っていきましょう。特に水分は多めに用意するのがよいでしょう。

グループ参加ならみんなで楽しめる場所を

アスレチックは一人で黙々とトレーニングするジムとは違います。もちろん一人で楽しむ方もいますがグループで、楽しみながら運動をすることに向いている施設です。参加するグループにとって難易度が高すぎるものはさけて、楽しみながら無理なくこなせるところを探しましょう。

アスレチックの服装・持ち物

気軽に手ぶらで行けるアスレチックですが、初心者の方が準備しておいた方がよいと思うことをご紹介します。

フィールドアスレチックの服装

厚手の生地の服装がよいです。フィールドアスレチックは普通のスポーツと違い、落ちないように木やロープにしがみついたり、遊具にこすれたり、ぶつかったりするので、薄手の生地はまさつで破れやすいです。 また木の樹液が手に付くとなかなか落ちないので、必要に応じて滑り止めのついた軍手等をするのもよいですね。また靴はとても大事で、高い木の上を歩いたり、水上の遊具もあるので滑りにくい運動靴をおすすめします。

水分補給、熱中症対策を

特に暑い時期は、熱中症対策を忘れないでください。普通のスポーツは意識して水分をとりますが、アスレチックは、遊びの延長で参加する人が多く、つい夢中になって水を飲み忘れてしまいます。 ぜひ、定期的に水分補給を忘れないで楽しんでくださいね。

ばんそうこう

暑い時期、半そでで参加するとすり傷をつくることもあります。一応持っていきましょう。できれば長袖をおすすめします。

アスレチック初心者の注意

準備運動をしっかりしましょう。遊びだからと突然始めると、日頃運動不足の人は激しい動きで、けがをする可能性があります。遊具で遊んでいるように見えて実はけっこう激しい動きをするので、注意が必要です。特に下半身はしっかりとストレッチしましょう。

神奈川県のアスレチック5選

神奈川県内の命綱をつける本格的なアスレチックをご紹介します。子供だけではなく大人も夢中になること間違いなし。忘れていた五感がとり戻せます!(※2018/3/29時点の情報です)

神奈川県小田原市 フォレストアドベンチャー・小田原

高速道路をおりて3分の本格アスレチックスポット。森の地形を生かしたダイナミックなアクティビティが特徴です。おすすめは100メートルをこすジップスライド!

基本コース

・アドベンチャーコース:ダイナミックで難易度の高いコース ・ディスカバリーコース:難易度は低めで家族全員で参加可能 ・キャノピーコース:安全性に配慮した家族みんなで楽しめるコース ・キッズコース:小さな子供むけ しっかり安全器具も着用 ※二種類のビレイシステムで安全にも配慮しています。

施設詳細

営業時間:9:00~17:00(最終受付15:00)※季節により変動 休園日:木曜日(季節により変動) 所在地:神奈川県小田原市久野4391 (わんぱくらんど第二駐車場隣接) 料金:小学生以下無料 小学生・中学生2600円 大人3600円 TEL:080-4330-4030 駐車場:わんぱくランド駐車場

フォレストアドベンチャー・小田原 | 自然共生型アウトドアパーク フォレストアドベンチャー
小田原駅から車で5分の自然共生型アウトドアパーク。わんぱくらんど隣接で親子で1日楽しめます。

神奈川県南足柄市 森の空中あそび パカブ

猟師があんだ巨大な網のことをパカブといいます。漁師の島、フランスブルターニュ地方のグロワ島で生まれたこの遊びは、網でできた大きなアスレタワーの中で、サッカーやバトミントンなどをして遊べるもので、まるで宙に浮いているかのような気分になります。イギリス、フランスについで日本が3カ国目の設置になります。

施設詳細

営業時間:4月〜10月/9:00〜17:00、11月〜3月/9:00〜16:00 休園日:毎週月曜日 祝日の場合はその翌日  所在地:神奈川県南足柄市広町1544 料金:小学生以下無料 小学生以上2500円 3~6歳700円 2歳以下無料 TEL: 0465-46-8879 駐車場:100台(無料)

日本初! 森の空中あそび パカブ|神奈川県足柄のアトラクション
広場で跳ねたり、空中サッカーをしたり、チューブを滑り降りたり、森に浮かぶ不思議な網。フランスの小さな島「グロワ島」生まれの空中アドベンチャーゾーン、パカブ。東名高速道路「大井松田IC」から、車でわずか約20分の「足柄森林公園 丸太の森」に誕生。

神奈川県相模原市 相模湖リゾートプレジャーフォレスト マッスルモンスター

富士急グループが展開する相模湖リゾートプレジャーフォレストに、2017年3月に開園した巨大アクティビティです。標高370メートルのがけにせり出すように、高さ16メートルのコロシアムが建てられており、アスレチックエリアと屋上展望台にわかれています。

アスレチックエリアには92のアクティビティ

アスレチックエリアには92種類のアクティビティがあり、なかにはあえてがけにせり出すように配置されているものもあり、かなりの勇気が必要。命綱がつけられるので万が一踏み外しても、係員が助けに来てくれるので安心して遊んでくださいね。

施設詳細

営業時間:9:00~16:30(季節により変動) 休園日:木曜日(春休み・夏休み・冬休み・GW・祝日は無休)  所在地:神奈川県相模原市緑区若柳1634番地 料金:フリーパスの場合 大人も小人も1000円 入園券の場合 大人1500円 小人1200円 TEL:0570-037-353 駐車場:1000円 2500台 ※中学生以上が大人 3歳~小学生が小人 3歳以下無料

http://www.sagamiko-resort.jp/musclemonster/

予約や口コミチェックはこちらから!

相模湖リゾートプレジャーフォレスト マッスルモンスターの予約や口コミを確認したい方はこちらのサイトがおすすめです。

相模湖リゾートプレジャーフォレスト マッスルモンスターの予約・口コミはこちら!

神奈川県横浜市 フィールドアスレチック横浜つくし野コース

大小さまざまなアスレチックが50種類、幼児用の遊具エリアもあり家族で利用できます。4つのステージはだんだん難易度が上がっていき、特にセカンドステージの池エリアでは、落ちてぬれてしまう人も。昼食はバーベキュー施設があり、食材も器具も用意してくれるので楽です。年中無休なので思い立ったらすぐ行けるのもうれしいですね。

施設詳細

営業時間:午前9時~午後5時 休園日:無休 所在地:神奈川県横浜市緑区長津田町4191 料金:3歳以下無料 3歳~小学生500円 中学生・高校生700円 大人800円 TEL: 045-983-9254 駐車場:500円 200台

フィールドアスレチック 横浜つくし野コース
フィールドアスレチック 横浜つくし野コースは、渋谷から車で約40分の国道246号線沿い。豊かな自然環境で、起伏に富む地形や池を活かした楽しいポイントが盛りだくさん。バーベキューなど、お子様からご年輩の方まで存分に楽しめます。

神奈川県厚木市 ツリークロスアドベンチャー厚木・七沢

3ヘクタールもの広大な土地の地形をいかして造られたダイナミック冒険フィールドアスレチック。地上5~15メートルの難関をこなし、終わりにジップラインで地上へ下り立ちます。小さい子供用に、トランポリン、ツリーブランコ、30メートルのターザンロープ、大人にはハンモックチェアなどでゆっくり休憩できる場所も用意してあります。

施設詳細

営業時間:平日は午前10時~ 休日は午前9時~ 休園日:無休 所在地:神奈川県厚木市七沢1826 七沢荘そば 料金:小学生以下無料 小学生・中学生2600円 大人(18歳以上)3600円 TEL: 080-3306-7738 駐車場:20台 無料

家族や仲間と楽しめるフランス発の森林冒険パーク、ツリークロスアドベンチャーが厚木・七沢温泉にNEWオープン!
都心から一番近い大人のアスレチック。命綱を頼りに、深さ30mの谷をターザンロープで滑空したり、スリルと爽快感に満ち溢れたダイナミックなレジャー施設。キャンプ場も隣接しています。

予約や口コミチェックはこちらから!

ツリークロスアドベンチャー厚木・七沢の予約や口コミを確認したい方はこちらのサイトがおすすめです。

ツリークロスアドベンチャー厚木・七沢の予約・口コミはこちら!

神奈川県の自然公園3選

アスレチックが設置されている広い自然公園です。入園料は無料なのでどんどん利用したいですね。公園内のアスレチックはすべて子供・小学生・中学生むけの命綱をつけない難易度の低いもので、ゆっくりと家族の休日を楽しむためのスポットです。ぜひ、天気のよい日はお出かけくださいね。

神奈川県愛甲郡相川町 神奈川県立あいかわ公園

東京から車で一時間30分程度。宮ヶ瀬ダムの下に広がる51ヘクタールにも広がる公園で、河岸段丘状にあるので、眺めもよく横浜ランドマークタワーも見えてしまうほどです。人気のふわふわドームは空気でふくらませた大きなトランポリン。小学生以下の小さいドームと、小学生・中学生向けの大きいドームに分かれているのもうれしいところです。他、壁の迷路、巨大ツリー、スライダー、ターザンライドなど無料の公園で充実した遊具を楽しめるスポットです。

施設詳細

営業時間:8時30分~17時 パークセンター 8時30分~16時30分 休園日:なし 所在地:神奈川県愛甲郡愛川町半原5423-1 料金:無料 TEL:-046-281-3646 駐車場:8時30分~17時 657台 500円 ※アスレチック遊具は幼児・小学生・中学生向けで命綱はなし

神奈川県立あいかわ公園(公式ホームページ)
宮ヶ瀬ダム周辺振興財団 県立あいかわ公園のホームです

神奈川県大和市 大和ゆとりの森

家族で楽しめる、スポーツとレクレーションのための公園です。近くに厚木飛行場があるので、飛び立つ飛行機を近くで見ることもできます。飛行機の事故を防ぐため、凧揚げ、ラジコン類は禁止。アスレチックは、わんぱく広場にあり、幼児用と小中学生用とに分かれているので利用しやすいです。人気のふわふわドームは3歳~9歳まで。大きな小中学生は多目的グラウンド、テニスコートでスポーツも可能。有料のバーベキュー広場もあり、家族で一日中楽しめるスポットです。

施設詳細

営業時間:午前10時~午後4時 休園日:なし 所在地:神奈川県大和市福田4112  料金:無料 TEL:046-267-6800 駐車場:1日600円 24時間営業 ※アスレチック遊具は幼児・小学生・中学生向けで命綱はなし

大和ゆとりの森 | 神奈川県大和市|大和ゆとりの森
おはようございます。 硬式テニススクール・ソフトテニス教室 来期(4・5月分) 木曜日クラスの申し込みは 本日締切!です。 お申し込みがまだの方はお電話でも構いませんのでお急ぎくださいますようお願いいたします。 &nbsp

神奈川県秦野市 戸川公園 山岳スポーツセンター 

美しい丹沢の山を背景にした都市公園です。公園内に山岳スポーツセンターがあり、クライミングウォールを体験できます。また、公園の中心を流れる水無し川では川遊びも楽しめ、夏には多くの人が利用するスポット。こども広場には、山登りをイメージしたコンビネーション遊具があり、幼児から小学生むけの高さの低い設備です。ふわふわドームは小さい子専用で、中学生以上禁止。また野球場や多目的グラウンドもありスポーツも楽しめ、バーベキュー設備も利用できる家族全員が楽しめる公園となっています。

施設詳細

営業時間:パークセンター午前9時から午後5時 休園日:月曜 所在地:山岳センター 神奈川県秦野市戸川1392 料金:クライミングウォール 一人午前470円 一人午後620円 公園無料 TEL:山岳センター 0463-87-9025 駐車場:30分以内は無料  ※戸川公園内のアスレチック遊具は幼児・小学生・中学生向けで命綱はなし

フィールドアスレチックで遊んだ後は

初心者は思っている以上に疲れます。でもその疲れは、仕事の疲れとは違い気持ちのよい疲れのはずです。その疲れを次の日に持ちこさないように、しっかり休養しましょう。

アスレチックを日々のワークに

運動不足解消、ストレス発散はもちろん、子供時代に体験した五感を使った遊びをすることによって、日頃使わない感覚がよみがええります。毎日の、勉強や仕事ではどうしても五感を刺激するチャンスはありません。アスレチックで感受性をアップして日々のワークにつなげましょう。

神奈川県のアスレチックまとめ

いかがでしたか?東京からアクセスのよい、神奈川県のフィールドアスレチックをご紹介しました。遊びながら自然と体力がついていくアスレチックは、お子さんだけではなく、ストレスや運動不足を感じる大人にも大変おすすめの施設です。手ぶらで利用できるので、準備も必要なく思い立ったらすぐ行けるのも魅力のひとつですね。お休みの日は、ぜひ神奈川県のフィールドアスレチックへおでかけください!