レジンで簡単複製!「シリコン型取り」講座!上手な型の作り方を大公開!のイメージ

レジンで簡単複製!「シリコン型取り」講座!上手な型の作り方を大公開!

同じ型のものを大量ではなくいくつか作りたい。よく使う形で色な模様などに変化をつけたい。お気に入りの原型から型を作るのにどうしていますか?型取りにはおゆまるやシリコン型取りがおすすめです。今日はシリコンでの型取りしたレジンでの複製の作り方ご紹介していきます。

2019年02月17日更新

佐藤3
佐藤3
ガーデニング、DIYを中心として自分の経験を活かして執筆中!多くの人の役に立つ記事を心がけています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. シリコンで型取りレジンで複製しよう
  2. おゆまる型とシリコン型
  3. おゆまるで簡単型取り/準備
  4. おゆまるで簡単型取り/作り方
  5. おゆまるで簡単型取り/レジンを流し込む
  6. 【ワンポイント】型取りとレジン/粘度
  7. おゆまるで簡単型取り/球体の作り方
  8. レジンを流し込み球を複製しよう
  9. おゆまるで簡単型取り複製/注意点
  10. シリコン樹脂で型取り複製
  11. シリコン樹脂で型を作る/材料
  12. シリコン樹脂で型を作る/道具
  13. シリコンでの型取り方法
  14. シリコンで型取りレジンで複製
  15. シリコン型を作る時の注意点
  16. まとめ

シリコンで型取りレジンで複製しよう

studio_yorozuさんの投稿
28753648 2039912496222932 4205956478202281984 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

お気に入りのアクセサリーパーツやフィギュアの改造に必要な腕やスカート、髪型など原型から何とか複製できないかなとお思いですか?そんな時には簡単なシリコン樹脂で作ることをおすすめします。

おゆまる型とシリコン型

100均に売られているおゆまるというお湯で温めるとシリコン粘土(?)のようになるおもちゃをご存知でしょうか。名前だけは聞いたことがあるという人もたくさんいるでしょう。おゆまるを型を作るのに使ったり、おゆまる自体を型取りに使ったりできます。

mochidukinoieさんの投稿
23969596 234768313726036 2161447346888507392 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

簡単なのはおゆまる型

簡単に単純な形の原型の型を作るにはおゆまるが楽です。お湯で柔らかくして原型をぎゅっと押し付けるだけ。

複雑な形の複製にはシリコン型

おゆまるで方を作るのは押し付けるだけと楽ですが、押し付けるだけでは型を作ることができない複雑な形の原型もあるでしょう(たとえばフィギュアの指とか)。そんな原型の型を作るにはシリコン樹脂がおすすめです。

おゆまるで簡単型取り/準備

シリコンでの型取りの前に、単純な形の型取りに使えるおゆまるでの型作りをご紹介します。シリコン前の型取り複製のチュートリアルのような形で見ていただけると幸いです。

doublev91さんの投稿
27580562 153789758653290 7057718370795257856 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

材料

おゆまるで型を作るなら使う材料はおゆまる。道具として原型、お湯この2つだけです。

原型

おゆまるはギュッと押し付けるだけで型作ることが出来ますが、ある程度の硬さのあるモノですから複雑な模様や形を複製することが苦手です。おゆまるで複製する原型は単純な形のものを選びましょう。

おゆまるで簡単型取り/作り方

さて、実際におゆまるで簡単型取りをしていきましょう。単純な形のものならシリコンを使わずにおゆまるだけでも充分型が作れます。

yu_yacoさんの投稿
19227144 125676298015472 1540540572199026688 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

おゆまるで型を作る作り方

まずは、おゆまるを用意して温めてやわらかくしましょう。買ってきたおゆまるを80度以上のお湯に入れます。そのまま3分ほど待つとおゆまるが粘度のように柔らかくなるのでこれで型取りしていきます。

おゆまるで型を作る作り方②

柔らかくなったおゆまるを複製したい原型の大きさに合わせて伸ばします。複製したい原型をぎゅっと押し当てます。上からも柔らかくして伸ばしたおゆまるを当てて上側の型取りをします。二つのおゆまるを剥がし、原型を取り出したら型取り完了です。

おゆまるで簡単型取り/レジンを流し込む

eriwajiさんの投稿
11821929 1649862848589084 1253401587 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

おゆまるで簡単な型を作ることができたら、そこにレジンを流し込んで早速複製を作ってみましょう。先ほどおゆまるで作った下と上の2つの型。それぞれにレジンを流し込みます。二つの型を型取りした時と同様に合わせてレジンを硬化させたら型から外して複製の完成です。

【ワンポイント】型取りとレジン/粘度

レジンで複製するとき綺麗にできないという悩みをもつ人もいるでしょう。それはもしかしたらレジンの粘土が関係してるのかも?

3dmodelingworksyamadaさんの投稿
19932768 250881985402849 1783706613882814464 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

レジンの粘度

ここで、複製する素材の方のレジンとその粘度について少しだけお話させてください。レジンに気泡が入る。レジンの伸びが悪くて作業しづらい。そんな体験をした人も多いでしょう。これはレジンの粘度に左右されることが多いです。

粘度が低いレジンの特徴

粘度が低いレジンとは、いゆわるサラサラなレジンです。サラサラですので流し込みがスムーズにおこなえます。すべてのレジンがそうとは言い切れないのですが、粘度が低いレジンの方が気泡が抜けやすいと感じる人が多いです。

chouchou_fluerさんの投稿
29092844 199679173963638 3387066172322086912 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

粘度が高いレジンの特徴

レジン ハードタイプ
楽天で詳細を見る

それと比較し粘度が高いレジンはネバネバしていると感じるレジン液のことです。気泡が入ってしまうとなかなか抜けにくいと感じる人が多いです。

型取りに向いているレジンの粘度

型取りに向いているレジン液は・・・というとネバネバしていると型の細かい部分に入り込みにくいので、サラサラして拡がりやすいレジン液をおすすめします。

おゆまるで簡単型取り/球体の作り方

型取りでも片面だけ型が取れれば良いものと、球体のように全体的に型を取りたいものがあるでしょう。もっと複雑な3Dフィギュア原型などではおゆまるでは不向きですが、ビー玉のような球体程度であれば3Dフィギュアの型を作ることもできます。

ponocotolichtさんの投稿
26310244 149019142484228 5753890754996994048 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

球体の型の作り方

球体の型取りも先ほどおこなってきた型取りの方法とほとんど変わりはありません。上の半球の型と下の半球の型、それぞれ2つのおゆまるで型取りします。

レジンを流し込み球を複製しよう

それでは、先ほど作った半球の型からレジンで複製した球体を作りましょう。

レジンの球体の複製・作り方①

まず、平面の複製と同じように型にレジンを流し込みます。半球型の複製が2つできたと思います。

レジンの球体の複製・作り方②

この半球形2つの平らな部分にレジン液を塗ります。レジン液を塗った半球を2つくっつけて球体にします。乾かしたら球体のできあがりです。

レジンの球体の複製・作り方/コツ

文字にすると簡単ですが、半球を手作業で綺麗な球体に貼り付けるのは少しだけ難しいです。貼り付けるのにズレてしまったり、乾かしているうちにズレてしまうからです。このズレを防ぐには最初に作った半球の型につなぎ目を縦にして立てておくことで解決します。騙されたと思って試してみてくださいね。

おゆまるで簡単型取り複製/注意点

簡単に型取りできるおゆまるでも、気をつけなくてはいけないことがあります。おゆまるでの型取りの注意点とおゆまる型取りの限界についてお話します。

purplesnow____さんの投稿
28430265 131157390936960 8610652401839374336 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

熱湯注意

おゆまるは80度以上という高温のお湯につけて柔らかくします。おゆまるをお湯に浸けるときはやけどをしないように注意しましょう。

おゆまる型取りの限界

先にも述べたように、おゆまるは原型の細かい模様や形の複製にはあまり向いていません。たとえば、途中にくびれのあるものなどは押し付けて型を作るという性質上無理です。そんなときはシリコン樹脂を使った型取りでの複製をおすすめします。

シリコン樹脂で型取り複製

おゆまるでは出来ないような細かな造形の型取りにはシリコンがおすすめです。ここからは、今回のテーマであるシリコンでの型取りの方法をご紹介していきます。

milkishhornさんの投稿
28433283 226121144615199 1148232718874574848 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

シリコン樹脂型の複製/メリット

シリコン樹脂での型取りのメリットは液体なのでくびれにも入り込み型が取れる。細かい模様まで型取りしやすいということがあげられます。シリコンで作った型は丈夫で長持ちするので、よく使う型はシリコンで作っておくというのもひとつの手です。

おゆまるにできない形の複製

おゆまるでの型取りは、球体のような真ん中に向かって大きく(広く)なっていくものには向いていますが、逆に中央に向かってくびれてくるような形には型取りできません。そんな物の型を作るならシリコン樹脂に頼るしかありません。

シリコン樹脂で型を作る/材料

moyashi8enさんの投稿
22861014 185880368653389 7605535183042772992 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

シリコン樹脂で作る型には型取り用のシリコンが必要です。目安として1kgで3,000円位で販売されています。フィギュアの改造などで細かい造形の原型の複製をたくさん作るという人は1kgくらいのシリコンは結構使い切ってしまうでしょう。

シリコン樹脂で型を作る/道具

tomoharuyamautiさんの投稿
27576212 463847720684021 2520996058717224960 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

型取りをするにはその他道具も必要です。まずは型取り用ブロック。ダイヤブロックなど子供が遊ぶブロックでも代用可能です。バリアコートはシリコン型を前側と後ろ側の2つに分けて作るのに絶対な必要です。その他、混ぜ合わせたりするようのビーカー、正しい分量を測るための計量機、そして油粘土を用意しましょう。

シリコンでの型取り方法

jun.kawashimaさんの投稿
28765580 185239355422356 2341883286680240128 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

①前面の型取り

それではシリコンでの型取り方法をご説明します。まずは型取りブロックでフィギュアなど型取りするものが入る大きさの枠を作ります。枠の下にはベニヤ板など不要な板を敷いた上に枠を置き、油粘土を平らにしいてフィギュアなどの前半分を油粘土に押し当てます。シリコン樹脂を流し込んで固めたら前面の型取りは完成です。

②後面の型取り

先ほどフィギュアなどの前面を型取りしたシリコンが固まったら、枠用ブロックの一部を外して粘度を綺麗に取り除きます。フィギュアなどの原型につかないように、シリコン型の部分だけにバリアコートを塗ります。シリコン同士がくっつかないためです。ブロック枠に同様にシリコンを流し込んで後面の型取りをします。

シリコンで型取りレジンで複製

シリコンで前面と後面の型が2つに分けて作れたと思います。いよいよ、この型にレジンを流し込んで複製を作っていきましょう。

371roさんの投稿
28436411 1697270787066996 2044595296947666944 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

レジンで複製①空気抜き穴

作った型にはバリ(余分なシリコンのかたまり部分)があるでしょうが、それを綺麗に取り除きます。その後にレジンを流し込む穴と空気が抜ける穴を最低でも2ヶ所開けます。

レジンで複製②レジンを流し込む

穴を開けた型に早速レジンを流し込みたいですが、その前にしっかり前と後ろの型を密着させて固定してください。ゴムなどでぐるぐる巻きにするか、板を添えて万力で挟んでしまうのも良いでしょう。できるだけ密着させてください。その後にレジンを流し込みます。

colorholic_さんの投稿
16788470 638405623017960 1981031928450514944 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

レジンで複製③レジンを固める

2液式のレジンは混ぜたときから固まりはじめるので固まるまで時間はかからないでしょう。逆にいうと液を混ぜるタイプのレジンを使用するならすぐ型に流し込めるようにしておくということです。

レジンで複製④型から取り出す~仕上げ

いよいよ、自分で作った型からレジンの複製を取り出しましょう。ゴム等型を押さえていたものを外して取り出します。流し込み口、空気抜き口などがバリになっているはずなので、他のバリと合わせて不要な部分を削り取ります。気泡で欠けている部分はパテで埋める等して複製を綺麗に仕上げて、必要ならば塗装をしてできあがりです。

シリコン型を作る時の注意点

kdktradingさんの投稿
27892955 413733849050759 1222229164229132288 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

型のズレ

レジンで複製を作る時困るのが複製したものの前後のズレです。これは型がズレることによっておこってきます。型がズレないように、前と後ろに分けて型を作る時はずれ防止のための穴を開けておくとよいでしょう。

型がくっついた

型を作る時油粘土とシリコンはそのままでも剥がすことができますが、シリコンの上にシリコンを流すとシリコン同士がぴったりくっついて中に原型が閉じ込められてしまいます。大事な原型なら無傷で救出するのは無理でしょう。そのためにもバリアコートをしっかり塗ってから後面の型を取るようにしましょう。

teruteru_bouzuさんの投稿
14547593 358486894512071 7738635382027190272 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

粘土が臭い

シリコン型を作るのはいいけれど、油粘土のニオイが臭くてたまらないという意見も時々耳にします。そんな時は油粘土の代わりに最初に型取りに使った「おゆまる」を代用することが可能です。ただ、あまり大きな型取りには不向きなので細かい型取りには便利でしょう。

まとめ

tie11291_6さんの投稿
14488174 1580606402247060 7667507845977341952 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

シリコン樹脂による型取りの方法をご紹介してきました。いかがでしたでしょうか。簡単に型取りするにはおゆまるが手軽ですが、細かい部分まで型が取れないのが難点です。特にフィギュアなど細かい造形にこだわりたいものには、パーツ分けしてもおゆまるでは無理な部分が出てきます。そんな原型の複製にはシリコンでの型抜きがおすすめです。シリコンの型は丈夫なので、これから長く使っていきたい型の型取りにもピッタリです。

おゆまるでの型取りをもっと詳しく

Thumb初めての型取り講座!おゆまるとレジンで簡単複製ができる作り方を解説! | 暮らし~の[クラシーノ]
型取りをするとなるとシリコンを使うことが多いですが最近ではプラスチックでできた粘土で型を取る...

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ