検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

ダイワ「紅牙 IC」!新作カウンターリールでタイラバを始めよう!

ダイワの紅牙 ICは、2018年春発売の新型カウンター付きタイラバリールです。人気の紅牙ICSから基本機能が大幅に向上、初心者の方から上級者の方まで、幅広いレベルの方におすすめできるリールに仕上がっています。ダイワファンの方は要チェックのアイテムです!
2020年8月27日
sim0223

紅牙 ICでタイラバを始めよう!

人気のカウンター付きリールが新登場!

流行のタイラバシーンに、人気のダイワからカウンター付きのモデルが新登場!ATD、メタルフレームなど、基本機能も大幅に向上した要注目のアイテムです。初心者の方のスタートタックルにもおすすめ!紅牙 ICの魅力とスペックをチェックしてみましょう!


紅牙 ICとは

流行のタイラバに対応する専用リール

紅牙 ICはダイワの2018年新製品、タイラバ向けとして人気の高かった紅牙 ICSの新バージョンです。初心者から中級者まで、タイラバでは非常に人気の高かった前作に、ダイワの最新技術をプラス。ルックスもシャープになって、より紅牙らしいリールになりました。ミドルクラスの価格帯ですが、タイラバ経験者の方だけでなく初心者の方にもおすすめの両軸リールです。

タイラバ初心者に人気のカウンター付き!

紅牙 ICは前作紅牙 ICSと同じく、カウンターを搭載したタイプの両軸リールです。ラインの放出量が数値で確認できるカウンター付きは特に人気が高く、気軽さと利便性からレベルの高い方にも好評。仕掛けの位置を把握し続けるのがタイラバのキモになる部分なので、カウンター付きのメリットは、実釣において非常に大きなものとなっています。数値での表示は釣りやすさにも繋がるので、初心者の方にもピッタリです!


紅牙 ICはカウンター付きの両軸リール!

タナの表示で初心者でも釣りやすい!

カウンターのメイン機能は、ライン放出量の把握と表示。従来は10mごとに色分けされたPEを使うことで放出量を把握していましたが、見落としや数え間違いといったミスをする可能性がありました。カウンター付であればケアレスミスは無く、巻きや竿先に意識を集中して釣りに没頭することが可能です。釣り以外の部分にも気を取られがちな初心者の方には、特におすすめの機能と言えます。

初心者の方は巻き上げ速度表示も要チェック!


紅牙 ICはライン放出量のカウントだけでなく、巻上げスピード表示機能も搭載。ハンドルの回転速度を数字で確認できることで、一定の速度をキープする等速巻きや、速度のローテーションをより正確に実行できます。どちらもタイラバの基本であり、釣果を大きく分けるポイントです。

紅牙 ICの搭載機能をまとめてご紹介!

紅牙 ICの搭載機能を5つご紹介!

紅牙 ICに搭載されている機能を5つご紹介!最新機種らしく、上位機種から引き継いだ機能がバッチリ搭載されています。ドラグやボディ剛性が不安視されていたカウンター付きリールですが、紅牙 ICはオートマチックドラグとスーパーメタルフレームの搭載で、実釣に十分なパワーを手に入れました。便利な機能を使いこなして、快適にタイラバを楽しみましょう!

1/5.オートマチックドラグシステム

ダイワリール定番のドラグ機能、ATDについてです。上位機種から引き継がれている機能で、現在はミドルクラスのリールにも幅広く採用されるようになりました。特徴は負荷に応じて変化するドラグの粘り。よりスムーズに、より確実にターゲットを手にできるドラグに仕上がっています。非常に評価の高いドラグなので、大鯛相手のタイラバでも活躍間違いなしの機能です!

2/5.スーパーメタルフレーム

ギアやスプールを囲むように配置された、金属系素材によるフレーム構造です。樹脂に比べやや重くなるデメリットがあるものの、歪みにくくブレの無い駆動を可能にしてくれます。大きな魚とのファイト時もスムーズに力を伝達、パワフルな巻き上げでターゲットを追い詰めます。大物を狙う釣りでは特に重要になるポイントです。

3/5.スピードシャフト

スプールをフリーにした時に、スプールとシャフトが分離する構造です。逆回転が非常にスムーズかつ速度も抜群。船釣りでは仕掛けを速く落とすことも、非常に大きなポイントになります。手返しのアップとスムーズなフォールで、釣果アップを目指しましょう!

4/5.LEDバックライト

カウンターの視認性を高めるバックライト機能です。ライバル機には非搭載の製品が多く、製品選びのポイントになる機能かもしれません。常時点灯と5秒点灯モードの使い分けで、利便性もバッチリです。早朝や夕方、曇りなどローライト時の釣りで活躍します。

5/5.ドラグ引き出しクリック

ドラグ作動時に音が出る機能です。細糸で大物を狙う釣りなので、どの程度作動しているか把握できるドラグサウンドは嬉しい機能と言えます。掛けた直後は力強く走るので強引なファイトは禁物。ドラグサウンドでイメージを高めながら、走りが止まったら少しずつラインを回収していきましょう。

紅牙 ICを動画でチェック!

フィッシングショーの動画をチェック!

フィッシングショー、ダイワブースでの製品紹介動画です。セールスポイントは剛性感を高めるスーパーメタルフレーム、ユーザーが行えるようになった電池交換機能。ダイワ公式では重量未定となっていますが、自重は紅牙ICSよりも50g近く軽量になっているようです。

ダイワチャンネルの動画をチェック!

ダイワ公式動画での解説動画もご紹介。紅牙ICの解説は4分頃からスタートします。マダイの反応、ベイトの反応を確実に捉えるカウンター機能は、実釣時の効率アップ間違いなし!メタルフレームで巻き心地や強さもバッチリです。初心者の方だけでなく、上級者の方のサブ機としても要チェックのアイテムです!

紅牙 ICのスペックをチェックしよう!

ダイワ 紅牙 ICのスペックを5つに分けてご紹介!

【5月入荷予定/予約受付中】ダイワ 紅牙 IC 100P−RM (東日本店)※入荷次第、順次発送

紅牙 ICのスペックについてです。ハンドルの左右のみ、2モデルのラインナップ。100番サイズでギア比はローギアとなっています。タイラバの基本に忠実なセッティングで、地域を問わず楽しめるスタンダードなスペックです。リールに迷っている初心者の方は是非チェックしてみて下さい!

1/5.ダイワ 紅牙 ICの糸巻き量

紅牙 ICは100番のみのラインナップで、糸巻き量はPE0.8号250m、PE1号200mとなっています。300m入れておきたいディープの釣り以外は、幅広く対応できるキャパシティです。100%ピッタリになるように入れておく必要は無いので、0.8号200mといったセッティングでもOK。初心者の方は0.8号から始めてみて下さい。0.6号を入れたい場合は、下巻きを入れて深さを調整しておきましょう!

2/5.ダイワ 紅牙 ICのギア比

ギア比は楽巻きを意味するRMモデル、4.9のローギアのみラインナップされています。ハイギアが活きるシーンもあるタイラバですが、基本はやはり巻きの安定感で勝るローギア。初心者の方でも使いやすいスタンダードなセッティングになっています。

3/5.ダイワ 紅牙 ICのハンドルとハンドルノブ

ハンドルは105mmと、標準でパワーを重視したタイプがついています。カスタムハンドルを用意しなくても、バッチリ楽しめるセッティングです。ハンドルノブも、しっかり握れる丸みを帯びたEVA製を標準装備。タイラバ専用製品らしく、ハンドル、ハンドルノブは最適化されたパーツで楽しめます。

4/5.ダイワ 紅牙 ICの自重

自重はダイワ公式サイトで未定となっていますが、前作紅牙ICSよりも50g程度の軽量化に成功しているようです。紅牙ICSの自重が260g、紅牙 ICは200g程度と予想されます。全体的にコンパクトになっていますが、フレームは樹脂からメタルに換装されているので、どの部分が軽量化に繋がっているかに注目が集ります。

5/5.ダイワ 紅牙 ICの価格と発売日

紅牙 ICの定価は28,500円です。右巻きの100P-RMは2018年5月、左巻きの100PL-RMは2018年6月の販売を予定。通販サイトでは事前予約受付が始まっています。5月はマダイの乗っ込みが始まるハイシーズン。浅瀬に向かってくるタイミングなので、初心者の方も釣りやすい時期です。新しい道具を準備して、流行の釣りに挑戦してみましょう!

紅牙 ICと紅牙 ICSを比較!

紅牙 ICSとの違いを3つご紹介!

紅牙 ICと紅牙 ICSの違いを3つに分けてご紹介!製品名は少し変化したものの、モデルチェンジとも言えるバージョンの紅牙 ICは非常に優秀なリールに仕上がっています。悩んでいる方は後述する電池交換も要チェック!まずはスペック面の比較で、違いを確認してみましょう。

1/3.紅牙 ICSは遠心ブレーキ付き!

紅牙 ICSにはキャスティング対応遠心ブレーキの記載がありますが、紅牙 ICには記載がありません。近年はスピニングを使ったキャスティングタイラバとの細分化が進んでいるので、2タックル用意している方にとってはそれほど気にならない変更点と言えそうです。遠心ブレーキが必要な場合は、紅牙 ICSも検討してみてください。

2/3.紅牙 ICはメタルフレームボディ!

紅牙 ICは剛性の高いメタルフレーム、紅牙 ICSは軽い樹脂フレームを採用。自重の面でも紅牙 ICの方が優秀なので、ボディの強さと軽さで選ぶなら、紅牙 ICで決まり!新型らしく、新しい構造で大幅にパワーアップしているポイントです。

3/3.紅牙 ICはATDドラグ搭載!

紅牙 ICはATD、評価の高いオートマチックドラグを搭載。タイラバはドラグを使う頻度が高く、精度の高いリールを使うのが釣果を伸ばすポイントになります。この部分でも新型の紅牙 ICが優秀、キャスティングを考慮せず選ぶ場合は、紅牙 ICをおすすめします。

紅牙 ICの電池交換について

ボタン電池でユーザーメンテナンスが可能!

紅牙 ICS最大の弱点だった電池交換。ユーザーメンテナンス向けの機能が無かったため、修理対応を推奨する構造になっていました。紅牙 ICからはユーザー側で電池を交換できるようになったので、コスト、時間両面で効率がアップ!修理待ちの時間も無くなり、使いたい時に使えます。

対応電池は2032

対応するボタン電池は2032というサイズで、一般的に販売されている電池でOKです。ダイワの専用電池では無いので、通販、量販店で手軽に入手できます。予備の電池を船上に持ち込めば、確認忘れにも対応できそうです。

紅牙 ICとタイラバ入門タックルを揃えよう!

ダイワ 紅牙X

【ダイワ】紅牙X 69HB

出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon

ダイワのタイラバ入門向けロッドです。大手のシマノ、ダイワはリールの形状やシートの形状が異なるので、綺麗に取り付けできない場合があります。実際に手にして確認できない場合は、同メーカーの製品を選択しておくのが無難。性能的にも高く評価されているロッドなので、初心者の方は是非チェックしてみてください!

一年間使いました。 タイラバ60gを基本として使用しています。 真鯛40cmから70cmサイズを釣りましたが問題なくやりとり出来ました。 ワラサが掛かってもドラグ設定をしっかりやっていれば問題なくやりとり出来ます。 最初の1本として良いロッドなのではないでしょうか。

ダイワ UVF紅牙センサー 8ブレイド+Si

ダイワ UVF紅牙センサー 8ブレイド+Si 0.8号(13lb) 200m 5色+マーキング【ライン(ルアー用)】

出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon

紅牙 ICは糸ナシでの販売になっているので、同時にラインもゲットしておきましょう。PE0.8号200m、PE1号200mどちらでもOKです。PEはメーカーによって太さが違うので、ロッド同様こちらも同メーカーの物を使用すると、表記スペックに近い数字で楽しめます。

タイラバで使用しましたが、非常に粘りがあり腰も強く、先日6.4Kg 83Cmの大鯛も難なくゲット出来ました。

ダイワ 紅牙 ベイラバーフリー

ダイワ 紅牙 ベイラバーフリー 80g 鍍金ゴールド

出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon

タイラバは好みのものを使うのが一番ですが、迷ってしまう場合は紅牙シリーズでOK!流行の遊動式で、性能面もバッチリです。ベイラバー フリーはモデルチェンジでベイラバー フリー αとなるので、割引や新製品も合わせてチェックしてみましょう。

良く釣れるよ! ダイワのタイラバは安いし良く釣れる

紅牙 ICで大鯛をゲット!

初心者でも使いやすい入門向けリール!

初心者も使いやすいカウンターに、パワーや巻き心地、電池からハンドルに至るまで、タイラバを快適に楽しむための機能がより充実した紅牙 IC。タイラバを始める方には特におすすめできる最新リールです。便利な紅牙ICで、オフショアデビューしてみましょう!

釣り方が気になる方はこちらもチェック!

タイラバの釣り方が気になる方は、下記のリンクもチェック!初心者の方向けに、基本的な釣り方や結び方をまとめて紹介しています。お金を払って釣り場に向かう船釣りは、予習と準備が重要なポイント!途中で陸に戻ることはできないので、万全の準備で釣りに向かいましょう!