ハワイの服装にもう迷わない!おすすめコーデをメンズ&レディース別に紹介!のイメージ

ハワイの服装にもう迷わない!おすすめコーデをメンズ&レディース別に紹介!

今回はハワイでおすすめの服装、おすすめしない服装をメンズ、レディース別にご紹介します。また、ハワイでの必須の持ち物についても紹介するので、是非参考にして準備をしてください。これをみればハワイを満喫できること間違いなしです。

2020年06月07日更新

yamaguchi
yamaguchi
よろしくお願い致します。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 常夏の島ハワイ
  2. ハワイの気温
  3. ハワイ旅行には何着持っていく?
  4. ハワイ6泊8日以上の場合
  5. ハワイでおすすめのコーディネート・服装
  6. ハワイ移動中の機内での服装
  7. ハワイでの服装(レディース編)
  8. ハワイでの服装(メンズ編)
  9. ハワイでの靴・帽子小物アイテム
  10. ハワイの夜間の服装
  11. ハワイのレストランでの服装・ドレスコード
  12. ハワイの冬。どんな服装?
  13. ハワイではNG!おすすめしないコーディネート・服装
  14. ハワイ旅行にかかせない持ち物!
  15. まとめ

常夏の島ハワイ

日本と違い1年通して、暖かい島です。芸能人もよく訪れるリゾート地。そんなハワイでのおすすめのコーデをご紹介します。通年暖かいとはいえ、多少の気温の変動もあります。そんなときどんな服装をしたらいいのでしょうか?

ハワイの気温

ハワイの平均気温は25度前後です。月別で見てみると、4月・5月→20~29度。6月・7月・8月・9月→22~31度。10月・11月→21~30度。12月・1月・2月・3月→18~27度。このようにみると日本の冬の時期は温度差が激しいのがわかります。ハワイの朝晩は思った以上に冷え込みのがわかりますね。これは服装に気を付ける必要がありそうです。

ハワイ旅行には何着持っていく?

何日間旅行するかによって大きく左右されるので、旅行日数別にみてみましょう。ハワイ旅行となれば、スーツケースも大きいですし、夏物で大丈夫そうなので、そんなにかさばらなさそうですよね。とは言え、荷物が少ないに越したことはないので、そのあたりも一緒にご紹介します。

ハワイ3泊5日の場合

3泊5日であれば必要数は4着です。ただ、日本から着ていく服があるので実際にスーツケースに詰める服は3着で済みそうです。これなら荷物にだいぶ余裕ができ、上着が必要でも問題ありません。また、思い切りおしゃれなファッションにしたい場合も靴など何足か持ち合わせることも可能です。

ハワイ4泊6日の場合

4泊6日なら必要な枚数は5着。日本から着用するものを考えると4着でよさそうです。これでもまだまだ余裕があります。コーデに合わせて、靴やカバンなどいくつか持っていけそうです。他の持ち物が少し多くても、スーツケースには収まりそうですね。

ハワイ5泊7日の場合

5泊7日なら、必要数は6着です。現地で使う分は5着ですね。単純に泊まる分だけ持っていけば、いいということです。ただ、これは最低限の必要数なので、ファッション的におしゃれなコーデができるかは別です。ハワイでおすすめのコーデ、ファッションについてはこの後に続きます。

ハワイ6泊8日以上の場合

今までのパターンでいくと6着以上必要ですが、さすがに6着以上持っていくと夏物でもかさばります。なので、それ以上宿泊する場合は現地で洗濯するかどうかを検討したほうがいいでしょう。もしくは、日本から持っていく服を少なくして、ハワイでおしゃれな服を調達してもいいかもしれません。

ハワイで洗濯する?洗濯しない?

結果からいうとハワイでの洗濯はおすすめしません。せっかくのハワイでの時間が有意義に使えなくなります。ハワイのホテルではコインランドリーがついてるところもあるので、洗濯することは可能です。しかし、台数が多いわけではないので、大抵混んでいます。できるなら、洗濯はしないことをおすすめします。

ハワイでおすすめのコーディネート・服装

ハワイでおすすめのコーディネートをメンズ、レディース、機内、夜間、レストランなどTPOに合わせた服装をご紹介します。

ハワイ移動中の機内での服装

「機内コーデ」は楽な格好に限ります。これはメンズ、レディース関わらずです。ただ、あまりラフすぎると、お出かけするファッションからほど遠くなってしまうので、レディースコーディネートはスウェット生地のロング丈ワンピースをベースに羽織りものなどで調節しましょう。メンズコーディネートはタイトなスウェットパンツにシャツなどをあわせて、パーカーなどで調節するのがいいでしょう。

機内での必須の持ち物!服装!

日本からハワイ。ハワイから日本。とどちらを出発するかで服装も変わってきますし、日本の気候によっても服装を決めないといけません。ただ、一つ共通していえるのは、機内は冷えるので、必ず上着ややひざ掛けなどが必要ということです。羽織りものなどは現地に着いたら、スーツケースにしまうなどで対応できます。

ハワイでの服装(レディース編)

ハワイでの服装はみなさんがご想像の通り、常夏の島にピッタリな涼しい格好がベストです。1着は持っておきたいアイテムをご紹介します。

ワンピース

レディースコーディネートで、ハワイにいくのに、ワンピースは外せません!ワンピースの種類も豊富ですが、特におすすめなのは「キャミソールワンピース」「ロング丈ワンピース」です。キャミソールワンピースはそれだけでおしゃれに見えますし、羽織りものもOK!TシャツをインナーとしてもOK!ロング丈ワンピースは、ショート丈よりも少しお出かけ用になります。また、ワンピースだと靴がサンダルでもスニーカーでもグッドです。

ショートパンツ

これもハワイでは外せません。これ一つで一気にハワイ!夏!を作れます。ショートパンツでおすすめしたいのでが、「白いショートパンツ」です。白のショートパンツはファッション性が高く、ラフでありながら、おしゃれに見えます。Tシャツ+ショートパンツに靴はかわいいサンダルがおすすめです。

カーディガン

ハワイの夜には欠かせません。パーカーでもいいですが、パーカーだと組み合わせによっては、全体的にラフすぎる格好になってしまいます。しかし、カーディガンであればバランスのとれる服装になるのでおすすめです。ロング丈ワンピース+カーディガンに靴はスニーカーがグッドです。

ハワイでの服装(メンズ編)

普段なかなかファッションに興味のない男性もせっかくのハワイではおしゃれなコーディネートをして、思う存分楽しみましょう。おしゃれな格好をするだけで気分が各段にあがります!メンズファッションの場合、靴は服装に合わせるより行先に合わせましょう!ご紹介しますが、靴はスニーカーかサンダルがあれば十分です。

Tシャツ

ハワイでのファッションにこれは外すことはできません!どんなコーディネートにも合いますし、メンズがTシャツ1枚を着こなすのはおしゃれです。せっかくのハワイなので、普段は着ないような少し派手はTシャツをおすすめします。ただ一つ注意したいのは、ハワイの公用語は英語。日本でよく見るような、ロゴが英語のものは避けた方がいいかもしれません。

サーフパンツ

ハワイでは大活躍!水陸両用のハーフパンツです。すぐ海に入ることもできますし、そのまま観光にいくこともできます。サーフパンツなので速乾性も高いです。日本ではあまり売っていないので、現地調達がおすすめです。ファッション性の高いサーフパンツがありますよ。

シャツ

レディースファッションと同じで、メンズファッションでも必ず羽織るものが必要になります。そんな時、活躍するのがシャツです。必ず長袖を!メンズファッションなら余計にパーカーを羽織るとラフすぎてしまうこともあるので、シャツが一枚あるといいでしょう。もし半袖のシャツが着たい場合は、ハワイのアロハシャツがおすすめです。

ハワイでの靴・帽子小物アイテム

これはメンズ、レディース共通です。帽子や靴も上手に組み合わせておしゃれなコーディネートにしましょう!

帽子はキャップもハットも!

これはコーディネート・行先によって変えましょう。レディースコーディネートでは、ハワイの日差しは強いので、海に行くときはつばの広いハットのほうがおすすめです。観光中はあまりつば大きいとうっとうしくなったりするので、すっきりとキャップがいいですね。メンズコーディネートではキャップのみでOK!キャップの色や種類で使い分けましょう。

靴はスニーカーとサンダル!

これはメンズ、レディース共通です。ハワイでの目的はいろいろあると思いますが、多くは観光と海じゃないでしょうか?そんなときの為に、足元はスニーカーとサンダルを準備しましょう!スニーカーは観光用、サンダルは海に行くとき用。サンダルはハワイでかわいいものが多く売っているので、現地調達がおすすめです。ちなみに水着も現地で買うほうが、普段出会わないデザインが見つかります!

ハワイの夜間の服装

昼間と同じ格好で大丈夫です。一点だけ、ハワイの夜は冷えます。必ず上着を持って外出しましょう。また、日本と違いハワイも外国なので、夜になれば犯罪が起きることもあります。あまり遅い外出、女性だけの外出は控えるようにしましょう。

ハワイのレストランでの服装・ドレスコード

ハワイの高級レストランで食事の予定がある場合は要注意です!レストランでの服装には気をつけましょう。事前にドレスコードがあるかどうかを確認しておく必要があります。ドレスコードがある場合、男性はジャケットと襟付きシャツ。女性の場合は、ワンピースとなっています。ドレスコードがないレストランは、普段着のままいきましょう。

ハワイのレストランでの服装・正装

ハワイのレストランでは、アロハシャツとムームーは正装なのでレストランに着ていくのはOK!レディースファッションの場合、ドレスワンピースがありますが、あれは観光客とわかり浮くので、レストランではあまりおすすめしません。もし、ドレスコードがないレストランでもその場に合わせた服装として、ラフすぎる服装は控えましょう。ちなみにレストランでの子供の服装は気にしなくて大丈夫です。

ハワイの冬。どんな服装?

ハワイに冬はあるの?ハワイの冬はどんな服装、格好をしていけばいいの?基本的にハワイに冬はありません!よくお正月に芸能人の方が、真夏の服装、格好をしてインタビュー受けてますよね。お正月は真冬です。みなさんも夏の服装で問題ありません。ただ、夏よりは涼しい時間もあるので上着は必須の持ち物です。また冬だと日差しが少ない日も多いので寒く感じます。日本よりは温かいですが、ハワイの冬は服装を間違えると危険です。

冬のハワイの室内は服装に要注意

気温が下がっていると、冬のハワイだと心地いいくらいで過ごせます。しかし、ハワイの室内は常に冷房がついているので、信じ難いほど涼しいです。夏の格好だと寒いくらいです。必ず上着を持っていましょう。冬のハワイの室内で羽織りものもなかったら、体が心から冷えるので気を付けてください。

ハワイではNG!おすすめしないコーディネート・服装

まずはハワイではおすすめしないアイテム、持ち物をご紹介します。日本では当たり前に使われていますが・・・レギンス、アームカバー、日傘これららを使った格好はおすすめしません。どれも日本は当たり前のように使われているものですが、ハワイにいって使うとものすごく浮きます。多くの人が日焼け対策として使うと思うのですが、レギンス→ロング丈ワンピース、アームカバー→カーディガン、日傘→つばが広い帽子。というような形で代替えしましょう。

おしゃれすぎる服装はNG

コーディネートをご紹介した際に、靴はスニーカーやサンダル、服装についてはラフすぎずおしゃれができる格好がいいとご紹介しました。これはハワイに旅行!となると気合いをいれて普段とは違う格好をしたくなると思いますが、それがハワイでのおすすめしないコーディネートなのです。

派手な服装は犯罪に巻き込まれる可能性も

普段ははかないヒールの靴や高価なバッグなどそんな格好をしていたら、観光客だと一目瞭然です。そういう格好は犯罪に巻き込まれやすくなるので、おすすめしません。せっかくの旅行が台無しにならないように、現地のハワイの人たちと同じような服装で楽しみましょう。

ハワイ旅行にかかせない持ち物!

ハワイ旅行に行く際に必ず持っていきたい持ち物をご紹介します!忘れずに準備して、ハワイ旅行を楽しみましょう!

観光用のカバン

anello ショルダーバッグ レディース アネロ A4収納可能 10ポケット
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

街を歩くときに必要になります。基本的には手が空くような、リュックやショルダーバッグ、ウエストポーチなどがおすすめです。ハワイの治安は悪くないですが、リュックよりもショルダーバッグがおすすめです。観光用にガイドブックやお財布など持ち物がありますし、ハワイは暑いので飲み物が必要です。持ち物に合わせてカバンを選びましょう。

観光用のお財布

BELLWOODMADE MFG CO. ベルウッドメイド SMOL コインケース 80's BWSM
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

いつも使っているお財布を持ち歩きたいところですが、サブのお財布を持つことをおすすめします。万が一に備えて、もしなにかあったときも、メインのお財布はホテルの貴重品ボックスで預けておけば安心です。観光客なので、大金を持ち歩くのは危険です。

パスポート

パスポートは肌身離さず持っていないといけない持ち物です。失くすことができないというのはもちろんですが、ハワイでお酒を購入するときなどに必要になったりするので、欠かせない持ち物です。

雨具

軽量 レインコート 男女兼用 袖付き レインポンチョ 前開きジッパー ポンチョ レインウェア 袖あり
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

季節により、ハワイもスコールや雨の日が続いたりと雨具が必要になることもあります。折りたたみ傘でもレインコートでもOKです。ハワイだと現地の人もレインコートで歩いているので、浮いたりすることもないので大丈夫です。

変圧器

マルチ変換プラグ 海外旅行用 世界200ヶ国以上対応 USB2ポート付 oタイプ cタイプ bfタイプ 日本語説明書付き
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

これはなくてはならない持ち物です。これがなければ、カメラや携帯電話なにも充電できず、使うことができません。忘れずに準備しましょう!

日焼け対策用品

日焼け止め ノンケミカル 敏感肌 ヌルヒガサ SPF50+ PA++++ UVクリーム フラーレン 高濃度配合
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

ハワイの日差しは、日本の日差しと比べものにならないくらい強いです。必ず日焼け対策が必要です。サングラス、日焼け止めなど。女性は日本に気を配ることが多いと思いますが、男性も日焼け対策をしましょう。日焼けしたいからなんて軽い気持ちでいったら、あとで大変なことになるのでご注意を。

まとめ

ハワイ旅行の服装で大事なのは、観光客と浮いて目立たないことでした。ハワイの冬、レストランでの服装も参考にしてください。おすすめはご紹介しましたが、それ以外であれば、ハワイを楽しむのが一番なので好みの格好をして満喫しましょう。もう一つ、常夏の島ハワイとはいえ、常に寒さ対策が不可欠のようですね。忘れ物のないようしっかり持ち物を確認して、ハワイらしい服装で旅行を楽しんでくださいね。

あなたへのおすすめ