「サイレントアサシン」シリーズ全インプレ!シーバスゲームはこれで攻略!

「サイレントアサシン」シリーズ全インプレ!シーバスゲームはこれで攻略!

サイレントアサシンは、大手メーカーシマノの定番ミノールアーです。AR-Cと呼ばれる独自の移動重心構造を使った、抜群の飛距離が人気です。シーバスはもちろん、ヒラメや青物にも対応!定番ミノーサイレントアサシンで、沖のシーバスをゲットしましょう!

記事の目次

  1. 1.サイレントアサシンのインプレをチェックしよう!
  2. 2.サイレントアサシンとは
  3. 3.サイレントアサシンの特徴について
  4. 4.サイレントアサシンシリーズを6つご紹介!
  5. 5.1.シマノ サイレントアサシン 80
  6. 6.2.シマノ サイレントアサシン 99
  7. 7.3.シマノ サイレントアサシン 99SP
  8. 8.4.シマノ サイレントアサシン 129
  9. 9.5.シマノ サイレントアサシン 140
  10. 10. 6.シマノ サイレントアサシン 160
  11. 11.サイレントアサシンの使い方について
  12. 12.サイレントアサシンで釣りを楽しもう!

サイレントアサシンのインプレをチェックしよう!

飛距離抜群!シマノ定番のシーバスミノー!

シマノの定番ミノー、サイレントアサシンシリーズをインプレ付きでご紹介!独自の構造を使った抜群の飛距離と、キビキビすぎない絶妙なアクションが魅力です。スタンダードなミノールアーをお探しの方は、是非チェックしてみて下さい!

サイレントアサシンとは

シマノエクスセンスシリーズのミノールアー

サイレントアサシンは、大手釣り具メーカーシマノのミノールアーです。シーバスをメインターゲットに、スタンダードなミノーらしいアクションと、最新の技術を高い次元で両立しています。定番のルアーとして人気は定着しており、新色展開も活発。定番から始めたい方初心者の方にもおすすめ出来るルアーです。

サイレントアサシンのアクションを動画でチェック!

サイレントアサシンの水中アクション、バイトシーンを紹介している動画です。アクションはボディを揺らしながらのローリングがメイン、大人しいタイプが多いシーバスルアーの中では、やや強めのアピールであると言えます。巻き速度や潮の流れなど、抵抗の変化でバランスを崩す食わせの間もバッチリです!

サイレントアサシンの特徴について

サイレントアサシンの特徴を5つにわけてご紹介!

サイレントアサシンの特徴を5つご紹介!スタンダードなミノーアクションと抜群の飛距離、豊富なラインナップが高く評価されています。ただ巻きを基本にジャークを混ぜながら、やる気のあるシーバスをサーチしましょう!

1/5.安定した姿勢で飛距離アップ!

サイレントアサシンはシリーズを通して、飛距離にこだわったタイプの製品です。リップで抵抗を受けてしまうミノーは飛距離が出しにくいルアーとして定番化していましたが、サイレントアサシンは空中でバタつかず、一定の姿勢を維持しながら真っ直ぐ飛んでいくボディ設計。姿勢を崩しやすい強風時は、サイレントアサシンを試してみましょう!

2/5.飛距離を伸ばすAR-C構造

サイレントアサシンはボディの形状以外にも、飛距離を伸ばす工夫が施されています。AR-Cと名付けられたこの構造は、内部のウェイトを固定せず、移動式にする事で飛行姿勢と力の伝達時に活躍。普通のキャスト動作でしっかり働く機能なので、初心者の方でも投げやすさを体感しやすいルアーです。

3/5.豊富なサイズラインナップ

80mmから160mmまで、5つのモデルをラインナップしてるサイレントアサシンシリーズ。ベイトの状況はもちろん、ターゲットに合わせて選べるだけのサイズが揃っています。まずはスタンダードサイズの99から!長めのモデルと合わせて、反応するシルエットを探ってみましょう!

4/5.流速スペックで対応速度をチェック!

シマノのサイレントアサシン紹介ページには、目安となる飛距離と流速スペックが記載された説明図が配置されています。流速スペックはアクションが破綻しないスピードを表しており、65cm/秒であれば1秒に65cm巻き取りが最もスローと言う意味になります。手持ちのリールとあわせながら、リトリーブのスピードをイメージしてみてください!シマノC3000HGで一回転88cm程度になります。

5/5.大きく揺れるやや強めのアクション

潜行レンジ、アクションパターンを複数ローテーションしながら釣りを進めるのがルアーゲームのポイント。近年は大人しいルアーが人気なので、ローテーション先としてもピッタリのルアーです。広い場所から魚を探すような釣りには、アピールの強いミノータイプも試してみましょう!

サイレントアサシンシリーズを6つご紹介!

各モデルのインプレをチェック!

サイレントアサシンシリーズをインプレ付きでまとめてご紹介!ルアーゲームに慣れている方は、使用頻度の高いサイズをチェックしてみて下さい。ミノー初挑戦の方には使いやすい99、アピールに優れる129の使い分けがおすすめです!

フローティングとシンキングから選ぼう!

同サイズ内にフローティングとシンキング、2つのモデルが用意されているサイレントアサシン。水に入ってから浮いているタイプと沈んでいくタイプになります。シーバスでまずチェックしておきたい表層直下にはフローティング、中層、ボトム付近まで探りたい場合はシンキングを選択しましょう!

1.シマノ サイレントアサシン 80

エクスセンス サイレントアサシン 80S AR-C

シマノ エクスセンス サイレントアサシン 80S AR-C

出典: Amazon
Amazon
楽天

サイレントアサシンシリーズの中で最も小ぶりなサイズとなる80S。シンキングタイプのみをラインナップしています。飛距離を維持したまま小ぶりなシルエットを試してみたいサーフゲーム、水深がある河口の釣りでも活躍します。

ブルブルと引き抵抗も強いので、リトリーブの感覚をつかみたい初心者の方にもおすすめ。早巻きや強いジャークにも対応出来るバランスの良さが魅力です。

サクラマス用に サイズ感もちょうど良くなかなか釣れる~(笑) 飛距離も申し分無し!

2.シマノ サイレントアサシン 99

エクスセンス サイレントアサシン 99F AR−C

エクスセンス サイレントアサシン 99F AR−C

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天

使いやすい99サイズのフローティングタイプです。14gと投げやすいウェイトに、30cmから80cmをカバーできる潜行レンジを搭載。干潟のように、広大なシャローエリアからシーバスを引き出す釣りにピッタリです。シンキングでは根掛りしてしまいそうなエリアには、フローティングタイプを投入しましょう!

このサイズ帯のミノーの中では圧倒的に飛びます。抜けるように気持ち良く飛んでいくので投げるのが楽しくなりますね。 それでいてしっかりアクションする使いやすいルアーです。

エクスセンス サイレントアサシン 99S AR−C

シマノ エクスセンス サイレントアサシン 99S AR−C

出典: Amazon
Amazon
楽天

小粒なサイズ感、17gのウェイトで使いやすいシンキングタイプです。沈降速度は1秒35cm程度、中層も引きやすい速度になっています。フローティングではフォローしきれない水深のあるエリア、波の影響を受けるサーフの釣りにおすすめ。99Fとはボディ構造が異なるので、やや強めのアクションを持っています。

ほかの釣り人が釣れてない中、このルアーを使用したら3連続で太刀魚つれました。

3.シマノ サイレントアサシン 99SP

エクスセンス サイレントアサシン 99SP AR-C

エクスセンス サイレントアサシン 99SP AR-C

出典: Amazon
Amazon
楽天

99Sのボディに浮力を与えたサスペンドタイプのモデルです。SPのラインナップがあるのは99のみ。99Sの強い泳ぎの中に、ストップや弱弱しい動きを混ぜることでシーバスに口を使わせます。

自分でアクションを付けたい方、ここぞの止めがイメージできる方は、是非SPを試してみてください!ストラクチャーを意識したシーバスゲームにもおすすめです。

よく飛び、よく泳ぎ、よく釣れます。シーバスはもちろんですが 今シーズン、これで桜鱒を3匹キャッチしています。

4.シマノ サイレントアサシン 129

エクスセンス サイレントアサシン 129F AR−C

エクスセンス サイレントアサシン 129F AR−C

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天

99と並んで幅広く楽しめる129のフローティングです。129mmとアピール力も十分なサイズを確保しながら、飛距離もシリーズ中トップクラス。シーバスゲームであれば、どのスタイルともマッチしやすいバランスの高さが魅力です。129からはフックが3つになるので、掛かりの良さもバッチリです!

140Fに引けを取らない飛距離です。サーフの複雑な流れの中でもしっかり泳いでくれます。3フックで針がかりも良いと思います。

エクスセンス サイレントアサシン 129S AR−C

エクスセンス サイレントアサシン 129S AR−C

Amazon
楽天

140Sと並ぶ飛距離を持つ129S。スタンダードなシルエットに飛距離をプラスした、サイレントアサシンを代表するモデルです。沈めて使えるシンキングはサーフ、磯など流れの影響を受けやすい釣り場におすすめ。ボディでのアピールが必要なエリアでも、十分に存在感を出せるシルエットを持っています。

飛距離は抜群で、フローティングより1つ下の層を引けるのでいいですね。

5.シマノ サイレントアサシン 140

エクスセンス サイレントアサシン 140F AR-C

エクスセンス サイレントアサシン 140F AR-C

出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天2,646円

140Fはフローティングながら自重は23g。シーバスはもちろん、回遊魚も射程権に入るような飛距離とアピールが持ち味のサイレントアサシンです。ジグやバイブレーションでは沈みすぎてしまう状況をフォローできるミノーとして、様々な釣りで活躍します。ベイトサイズが大きいと感じている場合は、このサイズをチェックです!

いつもお世話になっております。 何を使おうかなーと迷った時は自然と手が伸びるアサシンです

エクスセンス サイレントアサシン 140S AR−C

エクスセンス サイレントアサシン 140S AR−C

出典: Amazon
出典: Amazon
Amazon
楽天

強風のサーフ、磯で活躍する140S。安定した飛行姿勢とハイアピールなボディで、タフな釣り場を攻略出来るモデルです。人気のマルスズキだけでなく、ヒラスズキやヒラメにもバッチリ。

メタルジグのローテーション先として、横の動きに強く反応するタイミングで活躍します。26g、引き抵抗は少ないルアーなので、ライトなタックルで挑戦してみましょう!

強風が当たり前のヒラスズキGAMEにおいて、安定して飛んでくれてきっちり泳いでくれるので魚も連れてきてくれます。 ヒラスズキ釣りには欠かせない素晴らしいルアーです!

6.シマノ サイレントアサシン 160

エクスセンス サイレントアサシン 160F AR-C

エクスセンス サイレントアサシン 160F AR-C

出典: Amazon
Amazon
楽天2,023円

シリーズ最大サイズとなる160mmのビッグボディ。160Fはシルエットを強調するビッグミノーとして、大型ベイトパターンの攻略で活躍しています。大きなボディながら飛距離は140Fと同程度。とにかくルアーを強調したいシーンや、ビッグベイト系の釣りで大型を狙いたい方は、是非手に取ってみてください!

飛距離はさすがです。フックもst46の3番を搭載できるので青物に使えます。

エクスセンス サイレントアサシン 160F AR-C ウィンターエディション

エクスセンス サイレントアサシン 160F AR-C ウィンターエディション

出典: Amazon
Amazon
楽天

シーバスゲームの大型ベイト代表、ハタハタパターンに対応する新作カラーです。大きなエサ以外は無視する魚に対しては、140か160を投入しましょう!160はフローティングのみのラインナップなので、140シンキングとのローテーションもおすすめです!

サイレントアサシンの使い方について

サイレントアサシンの使い方を5つに分けてご紹介!

サイレントアサシンの使い方についてです。シーバスロッドのスタンダードなタックル、ただ巻きでも十分楽しめるので、シーバスゲームを始めたばかりの方でも簡単に操作できます。各エリアごとの釣りを解説している動画も紹介しているので、巻き速度やイメージを参考にしながら、釣果アップを目指しましょう!

1/5.サイレントアサシンのタックルについて

流れを感じながら、時折アクションを入れたいミノーの釣り。ロッドは感度や操作性を考慮して、MLクラスをおすすめします。ヘビールアーと併用したい場合はMもチェックしてみましょう。

リールやラインは釣り方次第、河口のシーバスであれば3000番にPE1号前後がスタンダードなセッティングです。ある程度スローに巻いても泳ぐので、巻きやすいギア比で挑戦してみましょう。

2/5.基本はただ巻きでOK!

アクションはただ巻きでOK!ロッドで動きを与えず、リールを一定の速度で巻くところからスタートしてみましょう。各モデルの流速スペックを参考に、3種類程度の巻き速度を作って魚の反応をチェックです!

3/5.トゥイッチアクションを入れてみよう!

ロッドでルアーを引く動きをトゥイッチと呼びます。ルアーはバランスを崩しながらクイックに動くので、魚が口を使うきっかけになるアクションです。ただ巻きに慣れてきたら、リールを巻きながら時折ロッドをチョンと動かして、ルアーに動きを与えてみましょう!

4/5.ドリフトでステップアップ!

水の動きを使ってルアーを動かすテクニックです。流れに向かって泳がせる事でルアーに抵抗を与えます。キャスト後ルアーを流し、回り込むようなコースでゆっくりルアーを引いてみましょう!流れを受けながら巻いているので、ストレートに引くよりもゆっくりルアーを動かす事ができます。

5/5.サイレントアサシンの釣りを動画でチェック!

サイレントアサシン99Fを紹介している動画です。港湾、ボート、干潟、磯と様々なエリアでシーバスを狙います。デイゲームでは、やや早巻きを意識しながら釣りを進めるのがポイント。巻き速度やロッドワークを参考にしながら、好みのポイントでサイレントアサシンを試してみましょう!

サイレントアサシンで釣りを楽しもう!

シーバスゲームにはサイレントアサシン!

河口の釣りから磯釣りまで、シーバスゲームの定番ミノーをお探しの方におすすめのサイレントアサシン。大手メーカーらしいスタンダードな性能で、クセの無い使用感が楽しめます!早巻きやアクション変化に対応出来る基本性能の高さが魅力!サイレントアサシンで、シーバスゲームを楽しんでください!

シーバスゲームが気になる方はこちらもチェック!

シーバスロッド、シーバスリールをお探しの方は、下記のリンクも要チェック!入門向けからハイエンドまで、幅広く製品を紹介しています。サイレントアサシンと専用タックルを準備して、いつもの釣り場を攻略しましょう!

シーバスロッドの決定版!インプレ含むおすすめ30選をランキング形式でご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
シーバスロッドの決定版!インプレ含むおすすめ30選をランキング形式でご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
シーバスロッドのおすすめ30選です。人気のロッドをモデル別、レベル別に分けてランキング形式で紹介しています。シーバスゲームは釣り場やルアーによって必要なロッドが異なる釣りなので、選び方とインプレをチェックしてお気に入りの1本を見つけてください!
シーバスリールおすすめ15選!シマノ・ダイワなどご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]のイメージ
シーバスリールおすすめ15選!シマノ・ダイワなどご紹介! | 暮らし~の[クラシーノ]
シーバスゲームにおすすめのリール15選です。スピニングリールからベイトリールまで、人気の製品を紹介しています。釣り場や釣り方に応じたリールの選び方、糸の巻き方は動画付きでご紹介!糸巻きが自分で出来ると入れ替えも出来るようになるので是非チェックしてみて下さい。
sim0223
ライター

sim0223

おかっぱりライトゲームから船深場まで、釣具店勤務経験を活かして様々なレベルの方に楽しんでいただける記事作成を目指しております。メインフィールドは駿河湾。

Article Ranking