Twitter
Facebook
LINE

冬キャンプ初心者でも失敗しないおすすめの道具・装備まとめ

クロタノブタカ

冬キャンプ初心者でも失敗しないおすすめの道具・装備まとめ

クロタノブタカ

キャンプといえば夏を想像する方が多いのではないでしょうか。しかし、冬でもキャンプは楽しむ事が出来るのです。また冬キャンプだからこそ出来る体験も多いですよ。冬キャンプにはきちんとした装備を揃えて出かけましょう。冬キャンプの装備品を紹介していきますね。



冬キャンプの魅力

キャンプを楽しもう!と言うフレーズをよく時期といえば夏ですよね。しかし、冬のキャンプも魅力がたくさん詰まっているんですよ。冬だからこそ体験できる事!冬だから見る事が出来るもの!ここから初心者にもわかりやすく冬キャンプの魅力を紹介していきましょう。

冬キャンプで空を眺めてみよう

冬のは空気が澄み、遠くの山やビルまでよく見えますよね。これは、北の大陸から乾いた空気が流れ込む事によって空気中の水分が少なくなり不純物が減ることにあります。空気が澄んでいる時に夜空を眺めてみた事がありますか?都心でも綺麗な空が広がる冬ですが、キャンプ施設が多い山などへ行くと星が降ってくるような感覚に襲われます。空気が澄んでおり、すぐそこに星があるような見え方をします。この景色は春や夏には見る事が出来ない景色です。

冬キャンプは虫から解放される

春や夏、秋のキャンプでは虫の声を楽しむ事が出来ますが、声を楽しむ他に、虫も一緒についてきてしまいます。真っ暗な中で灯りをともしていると必ず寄ってきますよね。耳や目に虫が入った....食事に虫が入った...と言う方も多いのではないでしょうか。では、冬のキャンプではどうでしょう?街中からも虫の姿が消える冬の時期は山などキャンプ場周辺の虫たちも姿を消します。静まり返った時間が過ぎていきますね。



冬キャンプで冬のアクティビティを楽しめる

夏キャンプのアクティビティと言えば川や海の水を使ったアクティビティが多いのに対して冬のキャンプで体験できるアクティビティは雪を使ったものが多くなります。スキーやスノボの他にもかまくら作り、雪だるま作り、凍った湖でワカサギ釣りなんって言うのもいいのではないでしょうか。冬の時季だからこそ味わえるアクティビティを冬キャンプと一緒に楽しみましょう。

冬キャンプの装備必需品は?

冬のキャンプを楽しむにあたり準備するものはたくさんありますね。なにしろ冬のキャンプは寒いですからね。キャンプを楽しむ上での必需品からあると嬉しい道具、防寒対策のための衣類そして防寒対策用のテントや寝具など初心者でも準備する道具が一通りわかるように説明していきましょう。



冬キャンプにあったら便利な装備は

寒い冬のキャンプであると便利で助かる道具を紹介していきます。キャンプは外で行なうため、不便な点が沢山あります。キャンプで使う火や道具をうまく利用しながら使えるものも紹介していますので初心者の方は是非参考にしてください。

冬キャンプ装備 マルカ 湯たんぽ Aエース 2.5L

マルカ 湯たんぽ Aエース 2.5L

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

本体サイズ:約W29.5×D21.6×H7.4cm、トタン板厚:約0.5mm 本体重量:0.61kg 素材・材質:【本体】溶融亜鉛メッキ鋼板 / 【口金】しんちゅう / 【パッキン】合成ゴム 容量:約2.5L

冬キャンプにあったら便利な道具!湯たんぽです。この湯たんぽは直火にかける事が出来るため、キャンプの時に日の中に入れておけば必要な時までに温まっています。他にも湯たんぽの良い所は暖房器具と違い肌などの感想を防いでくれます。

冬キャンプ装備 マリーゴールド マリーゴールド ゴム手袋 ライトウェイト  

オカモト マリーゴールド ライトウェイト(Sサイズ)【マリーゴールド】

重量:55g 素材:天然ゴム 綿 原産国:マレーシア

冬キャンプにあったら便利な道具!ゴム手袋です。なぜゴム手ぶくろ?と思うかもしれませんが、話を聞けば納得です!夏のキャンプでは冷たい水が気持ち良く手を洗ったり食器を洗ったりする事が苦ではないですよね。では、寒い冬はどうでしょうか?自宅ならお湯が出ますが、キャンプ場ではお湯が出ません。そこで、ゴムて袋をつけて汚れ物を取り扱うことで手を洗う回数を極力減らすことが出来るのでおすすめです。

防寒対策をして冬キャンプを楽しむ

寒い冬のキャンプでは防寒対策は必須です!防寒対策を行わずキャンプを行なうとキャンプを楽しむどころではなくなってしまい面白くないので、必ず防寒対策を行うようにしましょう。防寒対策といっても衣類で行える防寒対策があれば、火などの道具を使った防寒対策まで様々です。自分の持ち物をうまく利用して防寒対策をどのように行えるか考えていきます。

冬キャンプの装備!衣類は?

自分の身を寒さから一番守ってくれるのが衣類ですね。衣類を使った防寒対策ですが、アウトドアメーカーからはおしゃれな衣類が沢山販売されていますので選ぶのも楽しみの一つです。

冬キャンプ装備!重ね着をしょう

衣類で防寒対策を行う上で知っておいて欲しい事が重ね着をすると言うことです。重ね着をする事で体を動かし汗をかくようになった時に1枚脱ぐ事で体温の調整が出来ますよね。

冬キャンプ装備 ベースレイヤーを選ぶ

出典: https://www.amazon.co.jp/モンベル-mont‐bell-ジオライン-M-W-ハイネックシャツ-Men’s/dp/B00F68COZ0

【素材】:ジオライン(R)[ポリエステル] 【平均重量】:158g

防寒対策のために衣類を重ね着する話をしましたが、一番ベースになる衣類には、保温性と共に汗を外に出す機能を持った衣類を選ぶと良いでしょう。肌と触れる部分にいつまでも汗が残っていると体温を奪っていきますので、素材には気をつけて選ぶようにしましょう。

冬キャンプ装備 ミドルレイヤーを選ぶ

出典: https://www.amazon.co.jp/モンベル-mont-bell-クリマプラス100-ジャケット-Mens/dp/B00FMNT81W

メイン素材: ポリエステル 素材構成: クリマプラス100(ポリエステル) サイズに関する詳細はメーカーの情報をご確認ください サイズレンジ:S、M、L、XL

次に中間着とも言われる衣類です。フリースなどを用いると良いでしょう。中間着はアウターを着ると暑すぎるという時の活動着として活用するので動きやすいサイズや素材の衣類を選ぶと良いですね。

冬キャンプ装備 アウターレイヤーを選ぶ

出典: https://www.amazon.co.jp/モンベル-mont-bell-フラットアイアンパーカ-1101388/dp/B006L0EU40

【素材】表地:ドライテック:registered:15デニール・バリスティック:registered: エアライトナイロン・リップストップ[超耐久撥水加工] 裏地:20デニール・バリスティック:registered:ナイロン・タフタ[帯電防止加工] 中綿:エクセロフト:registered: 【平均重量】475g 【サイズ】S、M、L

アウターは本当に寒い時に役立つ衣類です。冬のキャンプでは、様々なアクティビティを楽しめますが、そんな時、風などから身を守ってくれる必需品です。防水機能も持ち合わせているものを選ぶことでキャンプ中に雪が降り出しても安心して外での活動を行えます。

冬キャンプ装備 テント

キャンプの装備で必ず準備しておかないと困る必需品がテントです。春や夏のキャンプですと防寒の事はそこまで気にする必要はありませんが、冬のキャンプですとテント内の暖房効率を上げたり、外からの寒さを防ぐ事は大切です。必需品とも言えるテントや暖房器具などを見ていきましょう。

冬キャンプ装備 ランドブリーズ6

snow peak(スノーピーク) ランドブリーズ6 SD-636六人用(6人用) テント タープ キャンプ用テント キャンプ4 アウトドアギア

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

● セット内容:テント本体、本体フレーム短(×2)、本体フレーム長(×2)、前室フレーム(×1)、ジュラルミンペグ(17cm×22)、自在付ロープ(2m×2、2.5m×4、2又5m×2)、シームシーリング剤、リペアパイプ、キャリーバッグ、フレームケース、ペグケース ● キャリーバッグサイズ:75×23×27(h)cm ● 重量:9.8kg ● 対応人数:6名

冬のキャンプで寒さから守ってくれるテントですが、寒さをテント内に入れない工夫がされている物をえらぶ必要があります。例えば、テントに使われている素材も重要ですが、細かなところから見ていくと、ジッパーの作りや、床下からの寒さの侵入を防ぐために全周にマッドスカートを装備しているかも重要ですので、スカートを完備しているテントがおすすめです。また、付属品として販売されている地面に敷くマットなども必需品です。地面と体は接地していますので地面からの冷気をいかに防げるかは重要なポイントですので購入しておくことをおすすめします。また初心者の方はテントの張り方を事前に確認しましょうね。

冬キャンプ装備 火の力で暖まろう!

火を使った灯りは暖かさを倍増してくれますが、寒い冬のキャンプでは実際火の力を借りて暖房として使う必要があります。そして冬キャンプの必需品とも言えますね。ここからはストーブを暖房として使うのは当たり前ですが、クッキング用の焚き火などもうまく利用して暖房として使う方法もおすすめですのでどのようなおすすめ暖房道具があるか見ていきましょう。

冬キャンプ装備 スノーピーク レインボーストーブ ブラック

出典: https://www.amazon.co.jp/スノーピーク-snowpeak-sp-kh-001bk-レインボーストーブ-KH-001BK/dp/B0166EATSG/ref=sr_1_7?ie=UTF8&qid=1517046021&sr=8-7&keywords=スノーピーク+レインボーストーブ

サイズ 388×388×485.7(h)mm 重量 約6.2kg 機能 ●種類:自然通気型開放式石油ストーブ/しん式・自然対流型●点火方式:電池点火(単二型乾電池2個・別売)●使用燃料:灯油(JIS1号)●最大燃料消費量:2.5kW(0.243L/h)●暖房出力:2.5kW●燃焼継続時間:約20時間

寒い冬のキャンプの必需品、ストーブです。灯油を使ってテント内の暖房として使うことが出来、暖かいのでおすすめです。大きさもいろいろありますが、多少大きめなものを選ぶ事で暖房効果が増しますので、大きめなものを選ぶことをおすすめします。ただし、テント内での使用ですので、初心者の方は特に火の取り扱いには注意する必要があります。また、ストーブの使い方はキャンプに行く前に自宅などで確認し、いざ使う時に困らないようにしておく事をおすすめします。

冬キャンプ装備 焚き火を楽しむ

焚き火はキャンプの醍醐味ですよね。焚き火は真っ暗なキャンプ場の灯りとして、暖房、そして料理に使う火としてなど様々な用途に使えるキャンプの必需品ですね。またパチパチと音を立てて燃える気がキャンプの雰囲気を出してくれおすすめの持ち物です。

冬キャンプ装備 焚火台 L

snow peak 焚火台 M

出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon
出典: Amazon

●サイズ:450×450×300mm●収納サイズ:560×640×32mm●材質:本体/ステンレス、ケース/ナイロン●重量:5.3kg●カートン入数:3

焚き火はテント内では使うことができませんので、タープなどを張り外で使うようにしましょう。その時に気をつけたいのがタープの素材です。初心者の方は特に燃えない素材が使われているか必ず使用前に確認しておきましょう。

冬キャンプ装備 おすすめ寝具

冬のキャンプで寝るとき寒いのは嫌ですね。そんなときにおすすめな持ち物がシュラフと呼ばれている寝具です。シュラフと呼ばれる寝具は暖房効果があり、暖かくして寝ることが出来るので冬のキャンプの必需品ですね。そんな寝具には2つの種類があります。どちらとも暖房効果がありますが、若干形が変わります。シュラフと呼ばれる寝具の紹介をしていきましょう。

冬キャンプ装備 マミー型寝具(シュラフ)

出典: https://www.amazon.co.jp/ダウンシュラフ-スリーピングバッグ-ダウン1-5kg-最低使用温度-25度-重量2-3kg/dp/B0788KF4WX/ref=sr_1_21?s=sports&ie=UTF8&qid=1517046826&sr=1-21

【商品内容】寝袋/収納袋 【カラー】ワンレッド 【タイプ】羽毛寝袋 【形状】マミー型

まず紹介する寝具はマミー型と呼ばれる寝袋です。足元に向かって絞られているのが特徴で、寝具と体の間に空気の隙間が少ない作りになっています。体をしっかり包んでくれ暖かいです。また収納もコンパクトになるので、持ち物の中に入れておいても見た目ほどかさばりません。寝る時の道具として必需品ですね。

冬キャンプ装備 封筒型寝具(シュラフ)

出典: https://www.amazon.co.jp/WhiteSeek-ツーパーソン-シュラフ-封筒型-【最低使用温度0℃】/dp/B01NCWOEPR/ref=pd_day0_200_8?_encoding=UTF8&refRID=HVTAMETR1Q3KP5DCXGX9

サイズ:使用時/約150×190cm、分割使用時/約75×190cm、 重量:約1.5kg×2 材質:表地、裏地、中綿/ポリエステル 仕様:ロールコントロール、連結可能、丸洗いOK

次に紹介する寝具が封筒式と言われるキャンプの必需品寝袋です。サイドにジッパーが付いており広く広げて敷物として使う事も出来ますし、寝るときは寝具として封筒型にすることが出来ます。複数の用途に使える道具としておすすめですし、コンパクトに収納できますので持ち物がかさばる事もありません。

冬キャンプでおすすめ料理は

キャンプの楽しみの一つにクックキングがありますね。そこで冬こそ食べたいキャンプ料理を3つ紹介しておきましょう。初心者の方は、キャンプ=バーベキューと言うイメージを持っているかもしれませんが、他にもいろいろ作れるんですよ。もちの物の中に一つ道具を入れて出発!

ポトフ

寒時期に暖かいポトフは嬉しいメニューですよね。熱効率の良いなべを使うことで材料を入れて焚き火台の上に置いておくだけであっという間に熱々のポトフが完成しますよ。持ち物の中に鍋を入れ、初心者の方も家で料理をする感覚でチャレンジしてみてください。

鍋料理

寒い冬....自宅でも鍋料理をよく食べるのではないでしょうか。では、家と同じようにキャンプでも鍋料理にチャレンジしてみましょう。道具は大きめの鍋を用意しておけば後は、他のキャンプで使う道具でOKです。どんな材料を入れるのかみんなで相談するのも楽しいですね。

焼きマシュマロ

せっかく持ち物の中に焚き火台を入れてきたのであれば、これは是非やってほしいメニューです。焼きマシュマロです。準備する道具はマシュマロを指す棒のみ!みんなで焚き火を囲みながらマショマロを焼いて食べるのもおもしいですね。マシュマロに何をつけて食べるか...チョコレートなんかおすすめです。

冬キャンプの注意点

冬キャンプは朝晩の気温が急激に下がる事があります。体温調節が難しく風をひきやすくなりますので、体調には十分に注意しうるようにしましょう。また小さなお子さんと一緒の場合は、寒さ対策を十分にしてあげてくださいね。

まとめ

初心者でも冬のキャンプを楽しく出来る道具や持ち物、おすすめメニューなどを紹介してきましたが、お気に入りは見つかりましたか?もっともっと凝ったキャンプを考えると持ち物が増えていきますが、今回は初心者の方が冬キャンプのとっかかりとして準備したほうがいい持ち物を紹介しています。初心者の方もキャンプを何度か楽しむにつれ自分なりの楽しみ方を見つける事が出来るのではないでしょうか。キャンプに向かう前にはキャンプ場の予約のほか、持ち物のチェックをし、現地について持ち物を忘れてしまった!と言うことがないように気をつけましょうね。

冬キャンプが気になる方はこちらもチェック!

SNS SHARE

Twitter
Facebook
LINE

Movie動画記事

【ラグゼ】2022年のフィッシングギアも激アツ!便利グッズが目白押しだ!

★がまかつラグゼ アパレル・ギア一覧★ https://luxxe.jp/products?fishing=&p_category=apparel&s=&submit=SEARCH ※画像出典元 ★...

【最高】22イグジストがシマノリールだった件・・・

★2022年釣り具新製品シリーズはコチラから★ https://youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK5y3cIw06rp8Q0M02AlW2jY ★チャンネル...

22カルディアSW触ってきたけど・・・コレってSW?

★2022年釣り具新製品シリーズはコチラから★ https://youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK5y3cIw06rp8Q0M02AlW2jY ★チャンネル...

【シマノ2022新製品】21ナスキーと22サハラのスペック比較!

★シマノ22サハラ 公式HPはコチラ★ https://fish.shimano.com/ja-JP/product/reel/hanyouspinning/a075f00003iili7qam.ht...

【10万円】ダイワ2022新製品22イグジスト登場!デザインが奇抜すぎる件

★2022年釣り具新製品シリーズはコチラから★ https://youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK5y3cIw06rp8Q0M02AlW2jY ★チャンネル...