海外旅行におすすめなリュックとは?スリなどの危険・防犯対策もご紹介!のイメージ

海外旅行におすすめなリュックとは?スリなどの危険・防犯対策もご紹介!

海外旅行で使うためのおすすめリュックを紹介します。安全で楽しい海外旅行には、目的に合わせたリュックが必要です。街歩き用、折り畳めるサブバックや、パックパッカーにおすすめのリュックも取り上げました。女性にうれしい防犯機能付きのリュックにも触れています。

2019年08月21日更新

container4
container4
ガーデニング、観光地・スポットを紹介するトラベル、キャンプ・登山などで使うアウトドア用品の紹介記事を書いています。心がけていることは、わかりやすい内容や、丁寧な解説です。閲覧した記事のほかにも、気になる記事があれば、目を通してみてください。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 海外旅行に持っていくおすすめリュックの選び方
  2. 海外旅行に持っていくおすすめリュックの選び方・街歩き用
  3. 海外旅行に持っていくおすすめリュックの選び方・街歩き用①
  4. 海外旅行に持っていくおすすめリュックの選び方・街歩き用②
  5. 海外旅行に持っていくおすすめリュックの選び方・街歩き用③
  6. 海外旅行に持っていくおすすめリュックの選び方・街歩き用④
  7. 海外旅行に持っていくおすすめリュックの選び方・サブバックパック(折り畳み式)
  8. 海外旅行に持っていくおすすめリュックの選び方・サブバックパック(折り畳み式)①
  9. 海外旅行に持っていくおすすめリュックの選び方・サブバックパック(折り畳み式)②
  10. 海外旅行に持っていくおすすめリュックの選び方・サブバックパック(折り畳み式)③
  11. 海外旅行に持っていくおすすめリュックの選び方・サブバックパック(折り畳み式)④
  12. 海外旅行に持っていくおすすめリュックの選び方・バックパッカー向け
  13. 海外旅行に持っていくおすすめリュックの選び方・バックパッカー向け①
  14. 海外旅行に持っていくおすすめリュックの選び方・バックパッカー向け②
  15. 海外旅行に持っていくおすすめリュックの選び方・バックパッカー向け③
  16. 女性向けの防犯リュック!スリの危険から身を守る海外旅行で使うおすすめリュックの選び方
  17. 海外旅行先でスリの危険から身を守る女性向けの防犯対策
  18. 女性向けの防犯リュック!スリの危険から身を守る海外旅行で使うおすすめリュック①
  19. 女性向けの防犯リュック!スリの危険から身を守る海外旅行で使うおすすめリュック②
  20. 女性向けの防犯リュック!スリの危険から身を守る海外旅行で使うおすすめリュック③
  21. まとめ

海外旅行に持っていくおすすめリュックの選び方

皆さんはどのような目的で海外旅行を計画しますか?海外旅行で使うリュックの選び方は、訪れる場所や目的に応じて素材・形状・容量などを決めましょう。必要な機能を備えたリュックを選べば、海外旅行の間も快適に過ごせます。海外旅行の目的は、観光・ショッピングをする「街歩き」と、山登り・トレッキングなどの「自然とのふれあい」に、いくつかの国をリュックひとつで巡る「長旅」に分けられます。そこで、目的に合わせたおすすめのリュックを紹介してみます。この記事を読んで旅の目的に合わせたリュックを見つけてください。

海外旅行に持っていくおすすめリュックの選び方・街歩き用

traveluck_さんの投稿
26869464 1549820995131203 5672241133187497984 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

海外旅行先で、街歩き用にリュックを使いたいと考える方は、小さいリュックがおすすめです。お金を入れた財布や、スマートホン、ガイドブックなどをしまっておけるサイズが適しています。街歩きのときは、パソコンやタブレットなどの重たい荷物を滞在先のホテルに置いておきましょう。買い物をする目的で街歩きをする場合は、少し大きめのリュックやサブバックを携帯すると、両手がふさがってしまうことがありませんよ。

海外旅行に持っていくおすすめリュックの選び方・街歩き用①

グレゴリー・デイパック【海外旅行・街歩き用】

GREGORY(グレゴリー) オールデイ 22L ブラック 11310550001000

サイズ:タテ45.5×ヨコ40×マチ16.5cm  容量:26L  重さ:645g

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

ティアドロップ型のリュックです。生地に420デニールのナイロンを使うことで、耐摩耗性を高めました。

出典: https://www.gregory.jp

開口部には10番YKKジッパーを使用!

出典: https://www.gregory.jp

ウエストベルト付き

重さは645g、容量は26Lです。ウエストには体への負担を和らげるベルトが、付けられています。これで肩や腰への重みが緩和されます。街歩きの途中で買いもをするかもしれない場合は、こちらのリュックがおすすめです。

出典: https://www.gregory.jp

街歩きに合うサイズと容量

海外旅行先では、日常生活よりも長い距離を歩きます。観光名所や建物を巡り、足を酷使します。少しでも体への負担を減らしたい方は、グレゴリーのデイパックを試してみましょう。

海外旅行に持っていくおすすめリュックの選び方・街歩き用②

コールマン リュックウォーカー25 【海外旅行・街歩き用】

コールマン リュック 25L ウォーカー25 メンズ レディース キッズ 通学 修学旅行 cbb6501

サイズ:約45×32×18cm 重量:約570g、(ヘリンボーン、ブラックチェック、ネイビードット)約600g 素材:ナイロン/ポリエステル、(ヘリンボーン、ブラックチェック、ネイビードット)ポリエステル 容量:約25L

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

出典: https://ec.coleman.co.jp

蒸れを防ぐメッシュパネル

こちらのリュックは、アウトドアブランド・コールマンの製品です。海外旅行では気温の高い国や、夏の時期にも観光などのために世界の国々を訪れます。そんなときには、背面のクッションに施したメッシュ構造が、背中の蒸れを抑えてくれます。これで街歩きをしても、着替えを用意せずに観光が続けられます。

出典: https://ec.coleman.co.jp

チェストストラップとウエストベルト

リュックには、このほかにチェストストラップとウエストベルトが付いています。体にかかる荷物の重さを緩和し、体に密着するリュックがスリに隙を与えずに、貴重品を奪われる危険を回避してくれます。リュックの容量は25リットル、重さは約570gです。軽くても、たくさんの荷物を入れられるサイズのリュックです。

___829__さんの投稿
12145325 528274290658054 684693478 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

「海外旅行の滞在先で、スリに貴重品を盗まれる危険な事態には遭遇したくない」「ガイドブックや一眼レフのカメラは、使うときにだけ取り出すため、容量は少なくても構わない」方は、コールマンのリュックウォーカーがおすすめです。

海外旅行に持っていくおすすめリュックの選び方・街歩き用③

THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス) DAYPACK 22L 【海外旅行・街歩き用】

THE NORTH FACE(ザ・ノースフェイス) DAYPACK 22L

サイズ:44.5×30.5×16cm   重さ:860g 容量:22L

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

次に紹介するリュックは、ザ・ノースフェイスのデイパックです。形はティアドロップ型で、バックパッカーたちが背負う大きなリュックよりも小ぶりに作られています。海外旅行では、スリの標的にならないことが大切です。このリュックなら、スリたちに狙われる危険も減らせます。街歩きでも人目に付きにくいリュックですよ。

出典: https://www.amazon.co.jp

バックのなかを分けられる2気室を採用!

出典: https://www.amazon.co.jp

リュックのなかは2つの空間に仕切ることができます。防犯性を高めたい方は、貴重品を底の空間に入れましょう。容量は22Lです。 着替えや傘などのかさばる物をうえの空間に入れておけるため、盗まれたくない貴重品を入れる下の空間をしっかりと確保することができます。

出典: https://www.amazon.co.jp

人が多いところでは、リュックを前に抱えましょう。こうすると、リュックの底をナイフで切られてしまう危険も避けられます。海外旅行先で現地に馴染むリュックを探す方は、ザ・ノースフェイスのデイパックがおすすめです。

海外旅行に持っていくおすすめリュックの選び方・街歩き用④

ARC'TERYX Arro 22 アークテリクス バックパック 【海外旅行・街歩き用】

アークテリクス Arc'teryx リュック アロー 22 バックパック 22L 6029 Arro 22 Backpack 通勤 通学 A4

サイズ:約52×33×16.5cm 重さ:1.1㎏ 容量:22L

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

出典: https://arcteryx.com

海外旅行では、滞在先の近くや、少し離れたところの観光スポットへ足を延ばします。街歩きをすると、雨に降られることもあるでしょう。そんな事態を予想される方は、アークテリクスのArro 22がおすすめです。

出典: https://images-dynamic-arcteryx.imgix.net

1260D InvistaBallisticSuperpackナイロンを使用

このリュックには、防水加工を施した生地が使われています。急な雨にあたったり、傘をホテルに忘れたりしても、水に弱いデジタルカメラや、ガイドブック、パンフレット、お土産などを濡らさずに済みます。容量は22Lもあるため、街歩き用の荷物なら十分に収まりますよ。

出典: https://arcteryx.com

WaterTight:registered: ジッパー

また、ジッパーにも防水機能が付いているので、水の侵入を防いでくれます。海外旅行先で1日の大半を屋外で過ごす予定の方には、雨に強いアークテリクスのArro 22がおすすめです。

海外旅行に持っていくおすすめリュックの選び方・サブバックパック(折り畳み式)

海外旅行ではたくさんのお土産を購入します。そのため、手持ちのスーツケースやリュックなどに入りきらないことがあります。現地で荷物を入れるバックを買うこともできますが、その場しのぎで購入するバックは日本に帰ってから一度も使わなかったり、なにより値段が高かったりします。 海外で無駄なお金を使わないためには、荷物を入れるためのサブバックを持参しましょう。ここで紹介するサブバックは、折り畳みができるタイプです。少しのスペースがあればスーツケースやリュックなどの隙間に入れておけますよ。たっぷり入れられる容量を備えたサブバックですよ。

海外旅行に持っていくおすすめリュックの選び方・サブバックパック(折り畳み式)①

mont-bell モンベル ポケッタブルデイパック20 【海外旅行・サブバックパック】

モンベル|ポケッタブルデイパック 20 #1123649

サイズ:50×28×15cm 容量:20L 折り畳んだときのサイズ:タテ18×ヨコ20cm 重量:240g 素材:210デニール・ナイロン・オックス[ウレタン・コーティング] カラー:ブラック(BK)、マスタード(MST)、ネイビー(NV)、オレンジブリック(OGBR)、サックス(SX)、ティーグリーン(TEGN)

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

海外旅行では、滞在するホテルに荷物を預けて、街歩きに出かけます。出歩いた先で、ついつい売られているお土産を買ってしまうこともあるでしょう。このとき、財布を入れるだけのポーチだけを持ち歩いていると、お土産は手に持つしかありません。モンベルのポケッタブルデイパック20を携帯すれば、いつでも荷物を入れられるサブバックが取り出せますよ。

出典: https://webshop.montbell.jp

折り畳んだときのサイズ

このリュックは折り畳み式のサブバックです。18×20cmの大きさに折り畳んで、持ち運べます。また、リュックの重さは240gです。これなら買い物をしたときにだけ、リュックを背負うため、海外旅行で使うバックに入れても邪魔になりません。 海外旅行先で、荷物が増えてしまったときのために、モンベルのポケッタブルデイパック20を購入してみましょう。軽量で場所を取らないサブバックを探している方に、おすすめです。

リュックのジッパーは横に下げておくこと

出典: https://webshop.montbell.jp

ジッパーはサイドに寄せる

モンベルのポケッタブルデイパック20は、ジッパーを中央の位置で留めてしまうと勝手に開いてしまう恐れがあります。そのため、ジッパーを閉じる位置は、両サイドのどちらかにしてください。このサブバックを使うときは、ジッパーの位置を確認しておきましょう。こうすれば、海外旅行先で貴重品やお金をスリに盗まれる心配を減らせます。

海外旅行に持っていくおすすめリュックの選び方・サブバックパック(折り畳み式)②

THE NORTH FACE Flyweight Stuff Pack NM81611 【海外旅行・サブバックパック】 

出典: https://www.amazon.co.jp

ザ・ノース・フェイス リュック Flyweight Stuff Pack NM81611 価格: 8,640円(2018/01/19現在)

サイズ:50cmx29cmx16cm
折り畳んだときのサイズ:20cmx25cm
重量:360g
容量:30L
ポケットの数:外側に4つ

海外旅行先では、トレッキングや軽い山登りなどを体験する方も多いでしょう。自然のなかを歩く方は、ザ・ノースフェイスのFlyweight Stuff Packがおすすめです。

出典: https://www.amazon.co.jp

折り畳んだときのサイズは、20cmx25cm

リュックの重さは360gと、軽量です。これなら、滞在先のホテルに置いたスーツケースやリュックにも入れておけます。しかも使わないときは折り畳めてしまえるので、ホテルに帰えればリュックを畳んで、スーツケース・ボストンバックなどにしまえます。

出典: https://www.amazon.co.jp

ウエストベルト・チェストベルト付き

出典: https://www.amazon.co.jp

表の生地に70Dリップストップナイロン、210Dブロックドビーナイロンを採用

このリュックは、アウトドアで使用するための性能も備えています。体とリュックを密着させるために、チェストとウエストにベルトが取り付けてあります。さらに、背中があたる部分にはメッシュ構造を採用し、蒸れを防いでくれます。

過酷な環境にも耐えられるように、リュックには特殊な素材が使われています。リップストップナイロンで、生地が裂けてしまう事態を回避し、ブロックドビーナイロンで生地を補強しました。 「軽い登山でも使う物にはこだわりたい」「手軽に持ち運べるリュックが欲しい」方には、ザ・ノースフェイス・Flyweight Stuff Packのサブバックがおすすめです。

海外旅行に持っていくおすすめリュックの選び方・サブバックパック(折り畳み式)③

G4Free 折り畳みリュックサック 【海外旅行・サブバックパック】

G4Free 折りたたみ リュックサック (ブラック2)

サイズ:42×30×18cm 折り畳んだときのサイズ:17×17cm 容量:25L 重さ:200g 生地:表の生地は放熱と摩耗に強い

Amazonで詳細を見る

出典: https://www.amazon.co.jp

折り畳んだときのサイズ:17×17cm

海外旅行で使う街歩き用のリュックに、「軽量・コンパクト・防犯性」を求めるなら、G4Free 折り畳みリュックサックがおすすめです。リュックの重さは200gと軽く、使用しないときは小さく折り畳めます。

出典: https://www.amazon.co.jp

210Dナイロンを使用

リュックには、スリや強盗がナイフを使って切ろうとしても、簡単には切れない素材が使われています。傷や摩擦に強い素材が採用されているから、海外の旅行でも安心して使えますよ。

出典: https://www.amazon.co.jp

豊富なカラーを用意!グレー、ピンク、ブラック、レッド、グリーン、濃紺など

また、このリュックはカラーも豊富に取りそろえています。女性にも合わせられる色が見つけられますよ。「海外旅行で使う、軽くてコンパクトな防犯性の高いサブバックパックを希望する」方は、G4Free 折り畳みリュックサックがおすすめです。

海外旅行に持っていくおすすめリュックの選び方・サブバックパック(折り畳み式)④

GONEX 超軽量折り畳みリュックサック 【海外旅行・サブバックパック】

Gonex 超軽量リュックサック 折りたたみ式 バックパック 大容量35L 灰

サイズ:51x31x21cm  折り畳んだときのサイズ:25×20×4cm 重さ:310g 容量:35L

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

出典: https://www.amazon.co.jp

折り畳んだときのサイズ:25×20×4cm

海外旅行先で、大荷物が予想されるときは、GONEXの軽量折り畳みリュックサックがおすすめです。行きは折り畳んでおき、滞在先で荷物が増えたときに、取り出して使いましょう。リュックの利点は、両手が使えることです。これなら、スーツケースや手持ちのバックを持っていても、荷物を運ぶことができます。

出典: https://www.amazon.co.jp

容量は35L・重さは310g・ショルダーベルト付き

リュックの容量は35Lです。ショルダーベルトがあるため、重い荷物でも肩への負担を和らげてくれます。「たくさんのお土産を買う予定がある」「荷物が増えてしまったときに備えたい」方は、GONEXの軽量折り畳みリュックサックがおすすめです。サブバックをスーツケースやほかのバックの隅に忍ばせておきましょう。

海外旅行に持っていくおすすめリュックの選び方・バックパッカー向け

nyaevojapanさんの投稿
26156846 160561894667284 4085368201850912768 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

海外旅行は、観光や現地の食事、自然と触れ合うことなどが目的です。旅行者のなかには、バックひとつで数か月から数年の海外旅行を、楽しむ方がいます。ここでは、ひとつのバックで長期の海外旅行を計画するパックパッカーに向けて、おすすめのリュックを紹介します。バックひとつで旅行をする場合は、スーツケースやボストンバックを持参する旅行とは違います。バックパッカーの旅行を助けるリュックを手に入れて、海外旅行の長旅に挑戦してみましょう。

海外旅行に持っていくおすすめリュックの選び方・バックパッカー向け①

deuter ドイター バックパック トランスアルパイン30 【海外旅行・バックパッカー】

【140】Trans Alpine 30 クランベリー×アークティック deuter バックパック トランスアルパイン30 D3205217-5321 △△10 お取り寄せ

サイズ:54cmx28cmx24cm 容量:30L 重量:1250g

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

出典: https://www.amazon.co.jp

ドイターはドイツのメーカーで、登山用の製品などを手掛けています。バックパーカーにトランスアルパインをおすすめる理由は、胸と腰に付けるベルトがあり、背中を支えるクッションも付いてるからです。これらの機能により、リュックと体が密着します。これで、山の上り下りや長時間の移動で肩に蓄積する疲労を軽減します。

出典: https://www.amazon.co.jp

背面にはメッシュで蒸れを軽減!ポケットには頻繁に取り出すガイドブックを入れられます。

バックパッカーにおすすめする理由の2つ目は、クッション部分にメッシュが使われていることです。これで、背中の蒸れを抑えられます。さらに、背中があたる部分にはポケットが付いています。バックパッカーが背負う荷物はとても重く、リュックは必要なときにだけ降ろしたいものです。背面にポケットがあれば、ガイドブック・パンフレット・地図などを入れられます。これでリュックを降ろすことなく、目的地の場所や現在位置を確かめられます。

出典: https://www.amazon.co.jp

レインカバー付き

バックパッカーにこのリュックをおすすめする3つ目の理由は、全体を覆うためのカバーが付いているからです。旅行先では、雨風をしのげる建物が見当たらないこともあるでしょう。レインカバーが付いてれば、荷物を濡らしてしまう危険を避けられますね。バックパッカーのように、ひとつのリュックで海外旅行に出たい方は、ドイターのバックパック・トランスアルパイン30がおすすめです。 ちなみに、製品名の「トランスアルパイン」は、「アルプス越え」という意味ですよ。

海外旅行に持っていくおすすめリュックの選び方・バックパッカー向け②

THE NORTH FACE テルス45 NM61509  【海外旅行・バックパッカー】

ザ ノースフェイス |テルス 45 NM61509

サイズ:M=65×30×21cm、L=69×30×21cm 容量:Mサイズ・43L、Lサイズ・45L  重さ:M=1650g、L=1730g

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

数カ月から半年以上の海外旅行を計画されるバックパッカーには、たくさんの荷物を入れられるザ・ノースフェイスのテルス45 NM61509をおすすめします。このリュックは長旅に欠かせない機能を備えています。

出典: https://www.amazon.co.jp

Mサイズ:43L、Lサイズ:45L 

リュックの容量は、43と45Lです。初心者のバックパッカーなら、数か月~半年ほどを過ごすための荷物を詰められます。

出典: https://www.amazon.co.jp

2種類のナイロンを使用!体の反りに合わせた背面のクッション、チェスト・ウエストベルトも装備

こちらのリュックを、バックパッカーにおすすめする2つ目の理由は、過酷な環境にも耐えられる素材が選ばれているからです。2種類のナイロンを場所によって使い分けました。これで、擦れやすい底の部分が守られます。リュックは背負ったときの重さも重要です。背中のカーブに合わせて、クッションの形が作られ、肩への負荷を減らすためにチェストとウエストの位置にベルトが付いています。体がリュックにフィットするため、リュックが重くても振り回されにくくなります。

出典: https://www.amazon.co.jp

レインカバー付き

この製品にもバックパッカーの海外旅行を助けるアイテムが付属します。雨からリュックを守るレインカバーが付いています。これで、雨のなかでも立ち止まらず、目的地を目指せます。 パックパッカーに憧れて、これからリュックひとつで長い海外旅行に行く方には、ザ・ノースフェイスのテルス45 NM61509がおすすめです。

海外旅行に持っていくおすすめリュックの選び方・バックパッカー向け③

patagonia Ascensionist 40L アセンジョニスト・パック40L 【海外旅行・バックパッカー】

パタゴニア メンズ バックパック・リュックサック バッグ Ascensionist 40L Backpack Cave Grey

サイズ:S/MとL/XL 容量:40L 重さ:878g

楽天で詳細を見る

出典: http://www.patagonia.jp

容量:40L 重さ:878g

海外旅行の長旅でリュックの重さを気にする方は、パタゴニアのアセンジョニストがおすすめです。 バックパッカーにおすすめするポイントは、容量と重さです。40Lの大容量でありながら、リュックの重さは878gです。長旅をするバックバッカーは、常に荷物を背負って移動をします。そのため、必要な荷物を絞り込み、重量を減らすことが大切です。このリュックなら容量と重量の課題をクリアしてくれます。

バックパッカーにおすすめする2つ目の理由は、旅行を助ける生地にあります。リュックに使われる生地にはポリウレタンコーティングが施され、軽くても摩擦に強く、生地の伸縮性も備えているのです。

出典: http://www.patagonia.jp

開口部の生地は硬め

バックパッカーにおすすめする3つ目の理由は、開口部の生地が硬めに作られている点です。物を出し入れするときでも、生地が立ち上がったままで、出し入れが行いやすいのです。さらに開け閉めは、紐を引くとロックがかかります。いちいち、紐を結ぶ必要がありませんね。

出典: http://www.patagonia.jp

ウエストベルト・チェストベルト

最後のおすすめポイントは、ウエストベルト・チェストベルトです。ウエストベルトにはクッションが付いているため、各自の体格に合わせてクッションの位置を調整できます。これで、長い時間腰に巻いていても、擦れによる痛みを軽減されます。 バックパッカーにはpatagoniaアセンジョニスト・パック40Lがおすすめです。バックパッカーが体験する海外での長旅を大いに助けてくれます。

女性向けの防犯リュック!スリの危険から身を守る海外旅行で使うおすすめリュックの選び方

secrets_de_parisさんの投稿
26872466 851599255012473 4011782286650376192 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

海外旅行で訪れる観光地では、スリによる被害が報告されています。建造物や買い物に夢中になっていて、スリに財布を盗まれたり、不意に話しかけられた隙を狙われたりと、注意を払っていても、スリによって貴重品を盗まれてしまうことがあります。特にショルダーバックは、自転車やバイクのドライバーにショルダーバックのベルトを掴まれ、バックが盗まれる事件を耳にします。 そして、男性よりも力の弱い女性がよく狙われます。そのため、女性の方が海外旅行で携帯するバックは、ショルダーバックよりも、防犯性の高いリュックをおすすめします。

海外旅行先でスリの危険から身を守る女性向けの防犯対策

海外旅行ではショルダーバックの所持を控えましょう

女性の方でも注意をしていれば、ショルダーバックを持参しても、海外旅行先で使うことはできます。ただし、次の点に注意をしていないと、女性の方はけがを負ってしまう危険があります。 ショルダーバックは防犯性の低いバックです。どうしても海外旅行先で使いたい方は、防犯性を高める使い方や注意点を知っておきましょう。

海外旅行では「ショルダーバックは体の前」

smktggさんの投稿
26351513 362010904263437 6480674422062579712 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

スリや強盗は、女性の背後から近づいてきます。ショルダーバックが体の後ろにあると、気が付かないうちにファスナーを開けられてしまう危険があります。女性の方が、海外の旅行先で携帯しやすいショルダーバックを使うときは、バックの位置に気を付けましょう。

海外旅行では買い物や食事をしたあとに注意

marutan77さんの投稿
20759621 353443558408714 9137616778497622016 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ショルダーバックを体の後ろへくるように掛けている方は、買い物や食事など、会計を済ませたあとに気を付けてください。欲しい物を手に入れて興奮したり、満腹になってリラックスしたりすると、注意が散漫になり危険です。そのようなときは、ショルダーバックを日本に居るときと同じく、体の後ろへくるように掛けてしまいます。そのため、ショルダーバックから財布を取り出したあとは、必ずショルダーバックの位置を確認しておきましょう。

海外旅行先の人込みでは、体の前でリュックを抱える

keity_u_uさんの投稿
11355779 1174906322536213 1914558115 n.jpg? nc ht=scontent nrt1 1.cdninstagram

ショルダーバックに限らず、リュックを背負っていても、人が多いところでは体の前にバックを抱えましょう。スリや強盗は、ナイフを使ってバックの底から財布などを盗みます。バックが背中にあると狙われやすいのです。そのため、人が集まる名所や土産物屋の前などでも、リュックなどを前にして抱えましょう。

女性向けの防犯リュック!スリの危険から身を守る海外旅行で使うおすすめリュック①

XDDESIGN BOBBY 多機能リュック 

XDDESIGN 多機能リュック[防犯・防刃・撥水機能付き] BOBBY(ボビー) ミントグリーン P705.537 (P705537)

サイズ:45×30×16.5cm 重さ:850g

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

出典: https://www.amazon.co.jp

海外旅行でスリに狙われずに観光を楽しみたい女性の方には、ショルダーバックよりも防犯性の高いXDDESIGNのBOBBY多機能リュックをおすすめします。このリュックには、スリが手をかける位置にファスナーが付いていません。物を取り出す部分は、ショルダーベルトのうえにあります。これで、リュックを背負っている間は、スリたちからファスナーを隠して、危険を回避できます。

出典: https://www.amazon.co.jp

ポケットの位置は、ショルダーベルトとベルトの付け根

リュックから物を取り出すときには、ポケット利用します。リュックの外側には、3つのポケットが付いています。ひとつは、ショルダーベルトとの胸のあたりです。ここには、ICカードや乗車券などを入れられます。海外の旅行先で使用するカードを入れておけます。 2つ目は、ショルダーベルトとの付け根のところです。スマートホン、携帯電話、デジタルカメラなど取り出す機会の多い物を入れられます。また、ポケットの近くにはUSBポートがあります。これで、治安の悪い海外でも、リュックを開けずに端末やカメラなどの充電が行えます。

出典: https://www.amazon.co.jp

背面には大き目のポケット

3つ目は、背中のクッション部分です。大きめのガイドブックやパンフレット、地図をしまえますよ。これで、リュックを降ろしてファスナーを開ける手間を省けます。女性の方が海外の旅行先で、防犯性の高いリュックを使うなら、こちらのXDDESIGN BOBBY多機能リュックがおすすめです。

女性向けの防犯リュック!スリの危険から身を守る海外旅行で使うおすすめリュック②

kanana project カナナ トラベルリュック Sサイズ

出典: https://item.rakuten.co.jp

kanana project カナナ トラベルリュック Sサイズ 価格:16,200円

サイズ:28×29×10cm
ハンドルの高さ: 約 8cm
重さ:約550g
容量:約7L

海外旅行先でも、おしゃれでありながら、防犯性が高いリュックを求める女性の方は、kanana projectのトラベルリュックがおすすめです。シックな色合いと形に仕上げたリュックは、アウトドアメーカーのリュックよりも洋服に合わせやすいですよ。

出典: https://item.rakuten.co.jp

ファスナーにはロック機能付きの金具

出典: https://item.rakuten.co.jp

背面にポケット、体を密着させるチェストベルト

スリの危険から貴重品を守るために、ファスナーにはロック機能付きの金具を取り付けてあります。さらに、チェストベルトを装着し、背中があたる部分にはポケットを備え付けました。リュックを背負っていれば、背中のポケットに入れた貴重品は盗まれません。女性の方が危険を避け、海外旅行先で街歩きをしたいなら、防犯性の高いリュック・kanana projectのトラベルリュックがおすすめです。

女性向けの防犯リュック!スリの危険から身を守る海外旅行で使うおすすめリュック③

トラベロン・セーフティアーバンスリングバッグ

トラベロン・セーフティアーバンスリングバッグ

サイズ:9cm×22cm×8cm 重さ:500g

Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

出典: https://www.amazon.co.jp

閉じたファスナーを固定するフック付き

これはワンショルダー型のリュックです。ファスナーを閉じて固定された金具に噛ませることで、ポケットを開けにくくします。

出典: https://images-na.ssl-images-amazon.com

リュックの角には、ショルダーベルトとつなげるためのフックが付いています。椅子の背もたれとリュックをカラビナで留めておけば、食事や会話に夢中でも、ショルダーバックのように心配をせずに済みます。

出典: https://www.amazon.co.jp

防刃、スキミング対策

また、リュックの素材には、ステンレスが使われています。ひとつは、背面です。ナイフで切られない丈夫な作りを実現しました。2つ目は、前面です。ステンレス鋼を練り込むことで、海外旅行先でカード情報を盗み出すスキミングを防ぎます。 3つ目は、ショルダーベルト。ベルトにはステンレスのワイヤーを縦方向に入れました。これで、横方向に加わるナイフの力にも対抗できるわけです。 海外旅行で危険な目に遭いたくないはショルダーバックを持つよりも、トラベロンのトラベロン・セーフティアーバンスリングバッグをおすすめします。

まとめ

海外旅行で使うおすすめのリュックを紹介しました。一口に海外旅行といっても、目的によってリュックの選び方は異なります。海外旅行で使うリュックを選ぶときは、目的を明確にしておきましょう。紹介したおすすめリュックを参考に、行き先・目的に見合ったリュックを見つけてください。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ