はんだ付けのコツ!基本のテクニックで簡単&きれい!溶けない理由も解説のイメージ

はんだ付けのコツ!基本のテクニックで簡単&きれい!溶けない理由も解説

はんだ付け、難しそうだからと諦めていませんか?初めてはんだ付けをしたい方必見!道具の使い方や工程まで、基本から紹介。また、はんだが上手に溶けない、コツが分からなくて失敗する方。きれいにつけるコツやテクニックで、簡単にはんだ付けが出来るように!

2018年10月18日更新

HARU
HARU
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. はんだ付けについて
  2. はんだ付けをするのに必要なもの
  3. はんだごての選び方
  4. はんだ付けの基本とコツ
  5. 基本工程1:はんだ付けを始める前のコツ
  6. 基本工程2:はんだ付け前のコツ
  7. 基本工程3:はんだを溶かすコツ
  8. 基本工程4:定着させるコツ
  9. はんだ付けをきれいに付けるコツ・テクニック
  10. 熱の伝え方
  11. はんだ付けの失敗例
  12. はんだ付けのリペアテクニック
  13. はんだ付けが終わったら
  14. まとめ

はんだ付けについて

kdr_styleさんの投稿
16906680 381215458928209 3572967389278502912 n

はんだ付けとは、熱で溶かしたはんだで、金属を接合させる作業のことです。主に、電気・電子回路の配線の接合に使われます。 はんだ付けは、接合部分に強度を持たせるためではなく、電気的に接続させることを目的とします。よって、電子回路のある基盤に、電子部品を取り付ける時に使用されることが多いです。 正しくはんだ付けされていると、しっかりと接合しており、正しく電気を通すことができます。

はんだ付けをするのに必要なもの

fabbottersさんの投稿
13743432 234245653642047 1248999734 n

まずは、はんだ付けに必要なものを用意しましょう。

はんだごて

白光 ダイヤル式温度制御はんだこて FX600
Amazonで詳細を見る

出典: https://www.amazon.co.jp

はんだ付けで、はんだと接合部を加熱するために使用するものです。 電気式とガス式があり、ガス式は電源が確保できない場所でのはんだ付けに使用しますが、一般的には電気式が主流です。使用する用途に応じた「はんだごて」選びが大切です。 使い方は、はんだごてのコテ先を熱で温度を上げ、そこにはんだを接触させて溶かします。

はんだ

ヤニ入りハンダ 無鉛 糸半田 鉛フリーはんだ 銀入りハンダ 溶接ワイヤー 低融点 線径 0.6mm 100g Sn-0.3Ag-0.7Cu スズ-銀-銅 合金 (0.6mm)
Amazonで詳細を見る

はんだにも種類がありますが、通常は「糸はんだ」を使用します。真ん中にフラックス(ヤニ)が入っていて、ヤニ入りはんだと呼ばれています。フラックスが入っていないヤニなしはんだの場合は、別途フラックスが必要となります。

コテ台

goot こて先クリーナー ST-40
Amazonで詳細を見る

はんだごては熱くなっているので、やけどや火災の原因になります。使用しているはんだごてに合ったこて台を使用するようにしましょう。合っていないものを使用すると、コードの癖などで転げ落ちてしまいます。 作業に集中する為にも、はんだごてに合ったコテ台を使用することが大切です。

コテ先クリーナー

出典: https://www.amazon.co.jp

コテ先には、はんだやフラックスなどが付着して、汚れてしまいます。コテ先は常にきれいにしておかなければ、失敗の原因となります。 クリーナーは、スポンジかワイヤー状のものがあります。使い方は、スポンジの場合、水で濡らして都度コテ先をきれいにします。ただし、使う度にコテ先の温度が落ちてしまうので、注意が必要です。 ワイヤー状の使い方は、汚れたコテ先をワイヤーに突き刺すようにして使用します。こちらは、温度が低下しないので、効率的に使用できます。

フラックス

フラックスはヤニと呼ばれるもので、ヤニ入りはんだの真ん中に入っています。ヤニなしはんだを使用する時はもちろん、ヤニ入りであっても、はんだの広がりが悪い時は、フラックスを使用すると失敗が少なくなります。 溶けたはんだは表面張力で丸くなろうとします。その表面張力をフラックスで減少させることで、はんだが広がり易くなります。 また、フラックスは接合部の酸化防止、表面保護をしてくれる重要なものです。

はんだ吸取線(ウィック)

5FT/1.5m 2.0mm 除去 ブレイド はんだ リムーバー ウィック CP-2015 ハンダ吸い取り線
Amazonで詳細を見る

はんだ吸取線は、はんだ付けに失敗した時、はんだの除去に使用します。使い方は、失敗した場所に、はんだ吸取線を置きはんだごてを当てます。溶けたはんだを、はんだ吸取線で吸い取ることで、新たにはんだ付けができるようになります。

はんだごての選び方

ciruela_pncさんの投稿
24845599 568689193474956 2881360749907673088 n

様々な種類がある「はんだごて」。買う時、どれにすればよいか迷いますよね。 「はんだごて」は使用する用途に合わせて選ぶことが大切になります。初めて「はんだごて」を買う時の、選び方のコツを紹介していきます。

種類

kazuya_obataさんの投稿
18252282 442075262813995 6950147324274278400 n

電気式のはんだごては、主にニクロムヒーターとセラミックヒーターがあります。ニクロムヒーターは、昔から使用されるタイプで比較的安価で売られています。最近の主流は、セラミックヒーターで、温度が早く上がるのが特徴。 セラミックヒーターには、温度調節機能が付いたものもあります。はんだ付けは、常に適切な温度で使用することが重要。温度調節機能があると、失敗を防ぎやすいです。

グリップ形状

白光(HAKKO) ハッコープレスト 985-01
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

ストレートタイプとガンタイプがあります。 ストレートタイプは、一般的によく使用される形状です。鉛筆のように持ちやすいので、基盤などの細かい作業に向いています。ガンタイプは、ピストルのような形状をしており、持ちやすさと安定感は抜群ですが、場所によっては使いにくいと感じます。 初めて購入するのは、ストレートタイプをおススメします。

コテ先

こて先 はんだごて先 5種類
Amazonで詳細を見る

用途により、コテ先を使い分けると、作業がしやすくなります。通常、エンピツ型のコテ先がついています。 エンピツ型は、当てる角度を変えられるので、一番標準的で使い易いコテ先です。 他にも、「マイナス型」や「C型」など、作業内容や使い方によって変えると良いでしょう。

はんだ付けの基本とコツ

godhanda13さんの投稿
18722657 1417339011658807 146947499964235776 n

はんだ付けの工程

それでは、実際の工程に沿って、はんだ付けの方法をみていきましょう。基本の工程を4つに分けて紹介していきます。コツやテクニックについては、後ほど紹介していきます。まずは、基本の流れを確認しておきましょう。

基本工程1:はんだ付けを始める前のコツ

chierixx.aさんの投稿
22278117 1980340498906732 7317406992752967680 n

1-1、コテ先の温度と状態

まずは、はんだごてのコテ先を温めておきます。基盤へ接合する場合の温度は、340度~360度、最大でも360度は超えないようにしましょう。 次に、コテ先の状態を確認します。コテ先が銀色であれば大丈夫ですが、黒くなっているようなら、汚れている証拠。クリーナーできれいにしておきましょう。

1-2、基盤の固定

基盤に部品を配置します。この時部品が動かないように、マスキングテープ等で固定するか、部品の足を少し曲げて固定させます。慣れるまでは、基盤も机にマスキングテープ等で固定すると、失敗は少なくなります。

基本工程2:はんだ付け前のコツ

基盤には、はんだ付けする銅色のランドと呼ばれる部分があります。そこにはんだごてだけを最初に当てて、ランドを温めておきます。この時、部品の足部分、リードと呼ばれるところもランドと一緒に温めます。だいたい、2秒~4秒くらいが目安。

基本工程3:はんだを溶かすコツ

はんだごてに、はんだを押し当ててはんだを流し込みます。溶接のように繋ぎ合わせるイメージではなく、流し込むイメージを持つことがコツ。はんだが、ランド全体に行き渡ったら、はんだのみ離しましょう。はんだごてはそのままです。

基本工程4:定着させるコツ

はんだが隅々まで行き渡るように、2秒程度そのまま温め続けます。ランドに馴染んだら、素早くはんだごてを離し、固めます。最後に、余分な部品の足部分を切り、出来上がりです。

はんだ付けをきれいに付けるコツ・テクニック

hikaluxx_ykhm_myzkさんの投稿
21224281 114406222599243 285300413886889984 n

コツ1:温度

はんだ付けで失敗してしまうのは、ほとんどが温度が適切ではないことが原因です。はんだは、約250℃で3秒間溶融させると、きれいなはんだ付けができます。 コテ先の温度を管理すること。 ランドと部品の足を、最初に温めておくこと。 はんだを加熱し過ぎないこと。 この3つのちょっとしたテクニックを守るだけで、格段に失敗は少なくなります。

コツ2:フラックスを知る

フラックスはヤニと呼ばれ、はんだを付ける上で重要な役割を果たします。はんだが溶ける少し前に溶け出し、ランドの酸化膜や汚れを洗浄、はんだの表面張力を減少させ広がりやすくし、はんだ表面の酸化を防いでくれます。 しかし、フラックスは5秒程度で蒸発してしまうので、その間にはんだ付けを完了させることが重要となります。フラックスが蒸発した後も過熱してしまうと、表面のツヤがなくなり、ガサガサになってしまいます。

コツ3:離す時は

はんだ付けが終了し、はんだごてを離す時にテクニックが必要。離す時は、素早く離すことが重要です。 ゆっくり離してしまうと、はんだに“つの”ができて、きれいではありません。せっかく、それまできれいに出来ていても、失敗となってしまいます。

熱の伝え方

kogurek1さんの投稿
17818729 275660489552555 167805922737913856 n

はんだごての使い方

熱を上手に伝えるには、はんだごての使い方が重要。エンピツ型のはんだごてを基盤に対して直角に当てると、伝わる熱は少なくなります。とがった部分しか基盤に当たらず、基盤と部品の足を必要な温度まで上げることができません。コテ先をできるだけ多く触れるように、はんだごてを少し寝かせるように使うことが必要です。そのために、鉛筆を持つようにすると、良い角度で当てることが可能です。

コテ先の温度

一番重要なコツは、正しい温度を守ること。そのためには、コテ先をきれいにしておく必要があります。 コテ先が汚れていると、熱を上手に伝えることができません。また、はんだが溶けない原因は、コテ先が温まっていないうちに、作業を始めてしまうから。温度が分からない最初のうちは、温度調整機能付きのはんだを使用すると良いですね。

はんだが溶けない原因

これまでのはんだは、錫と鉛が約6:4で混ざっている「共晶はんだ」と呼ばれるもので、はんだが溶ける温度が183℃と融点が低いものでした。しかし、最近は環境問題から、鉛フリーはんだへと移行してきました。鉛フリーはんだは、鉛を外しほぼ錫で出来ており、はんだが溶ける温度が217~227℃とこれまでのはんだに比べて融点が高くなっています。 鉛フリーはんだを知らずに使っていると、これまでと同じ要領では、はんだが溶けない、なじまないなどの失敗が起こります。はんだが溶けないようであれば、コテ先の温度が低いということになります。 温度調整機能付きのはんだごてを使えば、コテ先の温度が分かるので、はんだが溶けないという失敗はなくなります。

はんだ付けの失敗例

godhanda13さんの投稿
25024370 1511287525592641 3584359553807941632 n

良いはんだ付けは、表面がなめらかで山形になります。初めてのはんだ付けは、成功か失敗か分かりませんよね。 以下失敗例を紹介していきます。

いもはんだ

表面のなめらかさがなく、ザラザラとした状態のこと。加熱温度に問題や、接合部分を動かした場合に起こります。

トンネルはんだ

一見キレイにはんだ付けされているが、なかは空洞になっており、接合されていません。電気が流れず、簡単に外れてしまいます。はんだ付けしている時間の問題や、直後に基盤を動かしてしまうことが原因。

ブリッジショート

はんだ付けした2箇所が、はんだで繋がってしまい、ショートしてしまった状態のこと。望んでない場所に通電してしまい、部品を壊してしまうこともあります。

はんだ付けのリペアテクニック

y.a.0811さんの投稿
21041484 112005112823849 5060914841397493760 n

リペアテクニックを知っていれば、万が一の失敗も怖くありません。はんだが多くなり、失敗してしまった場合は、はんだ吸取紙(ウィック)ではんだを吸い取り、再度はんだを流し込みます。 はんだ吸取紙を、失敗している場所に当てます。その上から、はんだごてを当てはんだ吸取紙に必要ないはんだを吸い取らせます。この時、はんだが溶けないからと、強く当てすぎるとランドを傷つけてしまうので、注意が必要です。 吸い取れたら、はんだ吸取紙とはんだごてを同時に離します。はんだごてだけ先に離してしまうと、紙が基盤にくっついてしまいます。余分なはんだを取ったら、再度はんだ付けして下さい。

はんだ付けが終わったら

k_style462さんの投稿
22071399 181674515711260 4136200007382466560 n

はんだ付けが終わったら、コテ先をきれいにクリーニングしましょう。はんだやフラックスがコテ先に残っていると、黒くなってしまいます。 その後、コテ先を保護する為に、はんだをコテ先に盛っておくと、酸化物が付着することを防げます。道具を長く使うためにも、この一手間が大事となります。

まとめ

ch1h160さんの投稿
18011884 1883804078528633 1078374371430498304 n

はんだ付けは、温度と時間を守れば、きれいに付けることができます。あとは、自分に合った道具を使うこと。 電子工作をする上で、避けて通れないのが、はんだ付け。逆に、はんだ付けを覚えてしまえば、作れるものはもっと広がりますよ。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ