火消し壷おすすめ10選!キャンプやバーベキューをもっとスマートに!のイメージ

火消し壷おすすめ10選!キャンプやバーベキューをもっとスマートに!

火消し壷って一体何?そんなものいるの?と思っている方必見!キャンプやバーベキューをスマートにするだけでなく、炭の再利用もできてしま便利なアイテムです。一度使うと手放せなくなること間違いなしです。今回は、そんな火消し壷についてご紹介します。

2017年11月30日更新

もりたえみ
もりたえみ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

目次

  1. 後片付けをススマートに!火消し壷とは?
  2. 火消し壷の紹介の前に!
  3. 火消し壷って何?
  4. 火消し壷のメリット①
  5. 火消し壷のメリット②
  6. 火消し壷のメリット③
  7. 火消し壷おすすめ10選!それそれのポイントをご紹介♪
  8. おすすめの火消し壷①
  9. おすすめの火消し壷②
  10. おすすめの火消し壷③
  11. おすすめの火消し壺④
  12. おすすめの火消し壷⑤
  13. おすすめの火消し壷⑥
  14. おすすめの火消し壷⑦
  15. おすすめの火消し壷⑧
  16. おすすめの火消し壷⑨
  17. おすすめの火消し壷⑩
  18. 火消し壷とセットであると便利なアイテムの紹介♪
  19. ①手袋
  20. ②灰スコップ
  21. ユニフレーム(UNIFLAME) ウェ~ブ 炭スコップ
  22. ③ブラシ
  23. 火消し壷を使用するときに注意したいポイント!
  24. まとめ

後片付けをススマートに!火消し壷とは?

出典: http://beginner-camper.doorblog.jp

直火禁止の場所が多い中、残った炭の処理に困ってしまった経験はありませんか? 時間があれば、火が完全に消えてしまうまで待つこともできますが、時間がないときには、水をかけて消していまうしかありません。ただ、一度水をかけてしまうと残った炭は再製しにくくなりますし、濡れた木炭は持ち帰りも嫌なゴミとなります。 できることなら、時間的にも見た目もスマートに処理を終えたいものですね。 そこで、重宝するのがこれ!火消し壷です。 火の付いたままの炭を、この壷に入れて蓋をするだけで、完全に火を消してくれます。炭の再利用だってできるすぐれものなんです。 そんな火消し壷の特徴と種類をこれから紹介していきます。

火消し壷の紹介の前に!

バーベキュー後の正しい炭の処理の仕方を知っておこう!

出典: https://www.pinterest.jp

アウトドアでは外すことのできないバーベキュー。そのバーベキューでの後片付けをスマートにすることで、全体の楽しさも変わってきます。特に炭の処理は、マナーを守って、エコであり、簡単に片付けたいものです。 知っていないと、マナー違反だということだけでなく、火傷などの事故につながります。山火事の原因となっていることもあるのです。 まずは、正しい炭の後始末を知っておきましょう。

①持ち帰る場合

出典: http://www.istay.jp

バーベキューなどで使用した後の炭は、消火してから家に持ち帰るようにしましょう。消化の際に、水をかける場合は、蒸気でやけどしないよう、周りに人がいないことを確かめてから、少しずつかけましょう。上の写真のように、金属のバケツに水をはり、少しずつ炭を沈めていく消化法をおすすめします。 いずれにしても、完全に火が消えていることを確認してから持ち帰ることが大切です。 持ち帰った炭は、次のバーベキューでの再利用はできなくなるので、燃えるゴミで出しましょう。

②炭捨て場に捨てて帰る場合

出典: http://www.familyoutdoor.net

キャンプ場などのアウトドア施設が多くなってからは、便利な道具や設備も年々増えてきています。オートキャンプ場では、炭捨て場が設置されているところもあります。面倒なゴミを持ち帰りたくない人は、炭捨て場が設置されている場所を基準に選ぶ方法もあります。事前に、灰捨て場の有無を調べて行くとよいでしょう。

③土に埋める場合

出典: http://the-plusone.com

土に埋めるのは、灰のみにした方がいいでしょう。炭を捨てると、永遠に残ってしまいます。また、水をかけただけでは消化しきれず、ふたたび発火する恐れがあるので危険です。海など人が裸足で歩くような場所は埋めるのはやめましょう。火傷をさせて迷惑をかける恐れもあります。 これらを踏まえると、土に埋めて処理する方法は、あまりおすすめできません。

火消し壷って何?

「火消し壷って何?」「そんなものなくてもバーベキューは楽しいよ?」なんて思っているあなたも、知っていくと使ってみたくなるはずです♪ 使って納得のこの火消し壷をこれからご紹介していきます。

火消し壷のメリット①

後片付けの時間短縮♪

出典: http://enjoys-outdoor.mynikki.jp

バーベキューでの片付けの時、炭の処理が最後に残り、時間がかかってしまった経験のある人は多いはずです。燃え尽きるまで待って、土を掘って埋めたりと、手間がかかります。後片付けに時間をかけず、時間ギリギリまでゆっくり楽しむためにも、スマートな炭の処理をしたいものですね。 そこで重宝するのが、火消し壷です。燃えている炭でもそのままこの壷に入れて蓋をするだけでOK!酸素が遮断されることで短時間で消火するので、とっても便利なアイテムです。

火消し壷のメリット②

炭が再利用できる♪

出典: https://www.pinterest.jp

火消し壷で残った炭を「消し炭」といいます。この消し炭は、再利用できるのです。 途中で消してできた炭は、軟質で火つきがよくなる性質を持っています。次のバーベキューの時の火種に用いると便利です。 これまでは、残さないように燃やしきったり、捨てていた炭が再利用できるのは経済的にも嬉しいことです。また、炭を入れるときに、できるだけ残らないように少しずつ入れていた人も、これがあれば気にせず炭を使うことができますよ。 アウトドアで気をつけなければならないのは、できる限り地球を汚さず楽しむことです。そういう意味でも、炭を再利用できる火消し壷は、キャンプなどのアウトドアには欠かせることができないアイテムですね。

火消し壷のメリット③

安全に消化してくれる♪

出典: http://blog.livedoor.jp

残った炭火には、つい水をかけたくなりますが、この行為は大変危険です。火がついていないように見えた炭に油断して水をかけると、勢いよく水蒸気が上がり火傷してしまう危険性があります。怪我をしてしまうと、キャンプやバーベキューなど、楽しいはずのアウトドアも台無しになってしまいます。 小さな子供が一緒なら、火消し壷は特におすすめです。安全に安心して最後までアウトドアを楽しむことができそうですね。

火消し壷おすすめ10選!それそれのポイントをご紹介♪

出典: https://souzoku-pro.info

いよいよ「火消し壷」のご紹介です。 参加人数や、使用場所などで、使いやすい火消し壷が変わってきます。それぞれの特徴を知って、よりスマートなアウトドアになるといいですね。たかが火消し壷、されど火消し壷です。 あなたに合った火消し壷が見つかりますように♪Let's check it out!

おすすめの火消し壷①

LOGOS ポータブル 火消し壺 81063128

LOGOS ポータブル 火消し壺 81063128
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

出典: https://www.amazon.co.jp

サイズ:約21.8×17×17cm、内寸/約径13.5×16.5cm
収納サイズ:約22×17.5×17.5cm
主素材:アルミニウム

アウトドアブランドの代表ともいえるROGOSということで、オシャレなデザインと共に、安心感のある商品です。 蓋が開きにくくなったという経験のある方は、アルミホイルをかぶせ、その上から蓋をすると簡単に開けることができるようです。次回の使用の際にはぜひ試してみて下さい。

出典: https://www.amazon.co.jp

こういったものは初めて使うので他社とは比較できませんが、安心感あります。
火が着いた炭を入れて閉めればちゃんと消えています。
この中に消し炭を蓄えておけば、火を起こす際に水分が飛んだ着火し易い炭をいつでも用意できます。
消し炭はパチパチ火花が飛びにくいのでわざと消し炭を作っておくのもおすすめです。
火が消えて容器が冷めるのも早いです!感動しました!
オール素手での取り扱いですが取っ手があるので熱くて困ったことはありません!

おすすめの火消し壷②

ユニフレーム 火消し壺SUS 665763

ユニフレーム 火消し壺SUS 665763
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

出典: https://www.amazon.co.jp

素材:ステンレス鋼
本体サイズ:直径180×180(深さ)mm
網サイズ:直径160×140(深さ)mm
総重量:約1.7kg
生産国:日本

蓋(シリコンパッキン部)に抜き穴があることで、蓋が開きにくいのでは?という心配もありません。消化した後のことまできちんと考えてデザインされたおすすめ商品です。 付属品に網が付いており、灰だけが下に落ちて消し炭が網の中に残るので、灰の処理も簡単で便利で、炭の再利用に適した設計となっています。

出典: https://www.amazon.co.jp

内網が何より気に入りました 使いかけの炭の再利用が面倒なく出来るようにまりましたし、内網のまま再度水洗いして部屋干しすると部屋の臭い取りにもなります一石二鳥です。
乾燥した後は壺に戻し次回のバーキューに使えます 密閉が良いので炭の微粉末も漏れません。

おすすめの火消し壷③

あおぞら製作所 BBQpod

出典: https://www.amazon.co.jp

カラー:ピンク,ブルー
燃料タイプ:木炭
重量:1 Kg
素材:ブリキ

おすすめポイントは、なんといってもこのかわいいデザイン!バーベキューでは地味な役割の火消し壷ですが、このあおぞら製作所のBBQpodなら、主役級の存在感です。 見た目だけではなく、この火消し壷は、なんと、炭火焼、スモーカー、オーブン、火起こしと、火消し以外のアウトドアクッカーの全てが詰まったオールインワンスタイルなのです。 大人数には不向きですが、少人数でのアウトドアには欠かせないアイテムになるのではないでしょうか。

出典: https://www.amazon.co.jp

スモーカーも本格的な吊るしも出来ますし七輪代わりに焼肉もOK.
究極は火の始末がフタをかぶせるだけという超アイデアアウトドアグッズです。
これ一個で二人くらいのキャンプなら当分生きていけます。
ああそうそう、炭まで付属していて恐縮です。

おすすめの火消し壺④

キャプテンスタッグ バーベキュー用 火消しつぼ アルスター M-6627

キャプテンスタッグ バーベキュー用 火消しつぼ アルスター M-6627
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

出典: https://www.amazon.co.jp

重量:(約)1kg
サイズ:(約)組立サイズ/215×200×高さ290mm(本体:外径210×高さ225mm)
材料:本体・ふた:アルスター鋼板、スタンド・ハンドル:鉄(クロムメッキ)、つまみ:天然木

置き台が付いているので、置く場所に困らないので便利です。そしてこの置き台は、炭を入れたあとの蓋のストッパーとしても役に立ちます。車の中でこけて灰だらけ!なんていう心配がないので安心です。 蓋の取っ手が木製で、火傷しないように配慮された設計になっています。 大人数でのバーベキューに便利なサイズです。

出典: http://doggydog001.blogspot.jp

下部にある土台になる金属が収納時のストッパーになるところがいいです。
突然の雨で急遽撤収する際にこの消しつぼにアツアツのオガ炭を投入して蓋をしめ、そのまま1時間ほど雨に打たせておきましたが急激な温度変化などによる変形もなく、そのまま周りを拭いて自宅へ持って帰りました。
ストッパーもガッチリ効いており、灰まみれになることもありません。

おすすめの火消し壷⑤

キャプテンスタッグ 火起こし器大 炭焼き名人 M-6639

キャプテンスタッグ 火起こし器大 炭焼き名人 M-6639
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

出典: https://www.amazon.co.jp

サイズ:(約)組立サイズ/幅230×奥行250×高さ280mm、収納サイズ/195×280×厚さ55mm
重量:(約)1700g
材質:本体/亜鉛めっき鋼鈑、目皿・ハンドル/鉄(クロムめっき)
原産国:中国

火おこしにも使えるタイプの火消し壷です。深さがあるので、炭だけでなく薪でも燃やせ、焚き火台にもなるのでキャンプの幅が広がります。また、火の粉の飛び散りも少ないので安全で安心して使えます。 大きいサイズなのでグループにもおすすめで、折りたためるので持ち運びにもとっても便利です。

出典: https://www.amazon.co.jp

折り畳めばA4サイズほどになります。
中敷きの網が折り畳み時に別にしなければならないです。
ですが折り畳んだ本体にスペースがあるのでそこに収納できます。

おすすめの火消し壷⑥

備長炭グッズのお店~豊栄 火消し壺

備長炭グッズのお店~豊栄 火消し壺
Amazonで詳細を見る

出典: https://www.amazon.co.jp

サイズ:直径 22cm 口径 16.5cm 高さ17cm
素材:鋳物製
重さ:約4kg

本格鋳物製の高級の火消し壺です。風格のある存在感で、ずっしりと重く丈夫です。キャンプなどのアウトドアには不向きですが、家の庭でするバーベキューなどには便利です。そのまま庭に置いていてもおしゃれに調和しそうです。また、使い込んでいくうちに深い味わいが出てくるので、長く使いたくなるものになるでしょう。

出典: https://www.amazon.co.jp

昔、祖母が消し壺を使っていたことを思い出し、本製品を購入した次第です。重厚な味わいは、城址での使用にマッチしているような気がして、大変満足しています。

おすすめの火消し壷⑦

グリーンライフ 火おこし兼用火消しつぼ HOT-150

グリーンライフ 火おこし兼用火消しつぼ HOT-150
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

出典: https://www.amazon.co.jp

サイズ:幅約直径15×高さ25cm
重量:約1kg
材質:スチール

火消しだけでなく、火おこしもできるタイプのものです。着火性能にも優れています。小さすぎることもなく、一家族で使うには十分のサイズです。 この機能性でリーズナブルな価格なのが人気の高さなのかもしれません。

出典: https://www.amazon.co.jp

室内で火鉢の炭に火をつけるとき、陶器の火つけだと、器が浅く炭が爆ぜたとき飛び散るので困りますが、これなら縦に長いので飛び散ることはありません。
また、コンロで使うときはそこの蓋を取り、炭に火がうつったら底をつけていけば、灰が落ちることもなく移動することができるので安全です。

おすすめの火消し壷⑧

BUNDOK(バンドック) チャコール 缶 BD-440 火消し 炭火

BUNDOK(バンドック) チャコール 缶 BD-440 火消し 炭火
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

出典: https://www.amazon.co.jp

サイズ(約):W25.5xD18.5xH27cm
材質:表面処理鋼板・フェノール樹脂
直径18.5cm・蓋付
重 量(約):940g
生産国:中国

火消し壷は、アルミでもステンでも陶器であっても、冷めたと思い触ってしまう火傷の危険が伴います。火が見えないために、特に子供は油断してしまいがちです。 この製品は取っ手が熱くならない素材になっていますので安心です。子供さんがいるご家庭には特におすすめの商品です。

出典: https://www.amazon.co.jp

安いからペラペラの材質なんだろうと思っていましたが、案外しっかりしています。
取っ手も分厚い樹脂でカバーしてあり、炭を投入した後でも持てそうです。
ふたはぴったりと収まり、炭を酸欠にすることができるようです。
炭を燃やし尽くすことがもったいないと感じていましたので、消し炭も作れて一石二鳥です。

おすすめの火消し壷⑨

North Eagle(ノースイーグル) バケツ 火消しバケツ NE1412

North Eagle(ノースイーグル) バケツ 火消しバケツ NE1412
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

出典: https://www.amazon.co.jp

材質:本体/鋼板、つまみ・ハンドル/スチール(クロームメッキ)
本体サイズ:約径19×27cm
重量:約0.9kg

5~6人ほどでのバーベキューにも十分の大きさです。いろんな機能はいらない!後片付けに便利で、火を消すためだけのシンプルなものをご希望の人には、この商品がおすすめです。 大きいのに軽く、価格の安さも納得の商品です。

出典: https://www.amazon.co.jp

この商品を使うまでは火のついた炭を取り出して、水をかけ、後片付け。
この作業が、このバケツに入れてフタを閉めるだけですむので大変助かっています。
価格とサイズ、頑丈さ、そして何より軽さに満足しています。
普通の火消し壷だとやっぱり重さがあったり雑に扱えないので。

おすすめの火消し壷⑩

株式会社 キンカ キンカの珪藻土 コンロン君 

株式会社 キンカ キンカの珪藻土 コンロン君 
Amazonで詳細を見る楽天で詳細を見る

出典: https://www.amazon.co.jp

サイズ:直径約27×高さ18cm
重量:4.4kg(蓋なし) 5.2kg(蓋装着時)

七輪と火消し壺が一緒になった家庭用木炭コンロです。見た目も落ち着きがあり、ずっしりと重みがあります。 出しっぱなしにしておいて、焼きたい時にちょこっと焼いて、終わればそのまま蓋を閉めるだけで、火が消えます。残った炭はもちろん再利用できるので、次の使用時に、その消し炭に火をつけるだけです。ご家庭向きコンロなので、家で頻繁に炭火焼をしたい人には特におすすめです。

出典: https://www.amazon.co.jp

簡単に手に入らないものなので良いもので良かったです。 すべてセットされていて即使えました。

火消し壷とセットであると便利なアイテムの紹介♪

①手袋

軍手よりも安全な手袋をご紹介します。 飛んできた火の粉で火傷をしたり、まだ冷めていない火消し壷を触ってしまって火傷をすることもあるので、バーベキュー用手袋を一つ持っていると、そういった怪我が防げます。火おこしの際や、火消し壷を持つときに使うと便利なアイテムです。

Flamen 耐熱性キッチン&BBQグローブ

出典: https://www.amazon.co.jp

耐熱温度:500℃

耐熱 手袋 グローブ キャンプ アウトドア バーベキュー 薪入れ 業務用

出典: https://www.amazon.co.jp

耐熱温度:500℃

BBQ専用手袋 耐熱温度500℃ 耐火 防刃 耐切創 耐熱グローブ 着脱簡単 5本指グローブ

出典: https://www.amazon.co.jp

耐熱温度:500℃

BLUE COVE BBQ&キッチングローブ

出典: https://www.amazon.co.jp

耐熱温度:350℃

②灰スコップ

炭を処理するときに重宝するアイテムです。 炭処理専用のスコップなら、熱がつたわりにくく、柄が長いので火の粉で火傷しにくく安全な設計になっています。

ユニフレーム(UNIFLAME) ウェ~ブ 炭スコップ

出典: https://www.amazon.co.jp

サイズ:全長/約385mm  
材質:ステンレス鋼  
重量:約200g

キャプテンスタッグ シャベル スコップ 共柄 ミニ

出典: https://www.amazon.co.jp

サイズ:(約)100×65×430mm
重量:(約)0.3kg
材質:鉄

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) シャベル スコップ BBQ用 灰かき

出典: https://www.amazon.co.jp

製品サイズ:(約)130×50×全長485mm
収納サイズ:(約)130×50×全長380mm
製品重量:(約)500g
材質:スコップ部/鉄(アクリル樹脂塗装)、ハンドル/天然木
原産国:中国

永塚製作所 ステンレス ミニスコップ

出典: https://www.amazon.co.jp

サイズ:縦×横×高さ(約mm) 440×95×20
材質:ステンレス鋼版
原産国:日本

③ブラシ

網の汚れはちゃんと落としておかないと、しばらく経って使おうとするときに錆び付いたような感じになっていたり、汚れが付いていると、使用する気になれません。網だけ再購入、ということになってしまいます。 専用のブラシがあると、次回の使用のためにきれいに保管できますよ。

キャプテンスタッグ キャンプ バーベキュー BBQ 網用ブラシ

出典: https://www.amazon.co.jp

サイズ:(約)幅73×105×120mm
材質:ハンドル:ポリプロピレン
金具:ステンレス鋼
ブラシ:真鍮
スポンジ部:へちま

キャプテンスタッグ キャンプ バーベキュー BBQ 網用ブラシ

出典: https://www.amazon.co.jp

材質:ハンドル/ポリプロピレン
金具/ステンレス鋼
ブラシ/真鍮

YDO バーベキュー ブラシ

出典: https://www.amazon.co.jp

長さ:約45cm
ブラシサイズ:横幅16cm×奥行7cm×高さ3cm
梱包材:収納袋+袋
ブラシ材質:304ステンレス鋼毛
重量:約350g

YDO バーベキュー ブラシ

出典: https://www.amazon.co.jp

商品サイズ:31x17(cm)
梱包材:PP袋
ブラシ材質:304ステンレス鋼毛
重量:約120g

火消し壷を使用するときに注意したいポイント!

出典: http://free-illustrations.gatag.net

火傷に注意!

まだ冷めないうちに容器に触れてしまうと、火傷をする恐れがあります。素手で持つ場合は、冷めたことを確認してからにしましょう。 すぐに車に入れたい場合は、必ず手袋を使い、囲うためのケースがあれば安心です。

ひび割れに注意!

陶器の場合は、持ち運びに十分気をつけましょう。コツンとぶつけてしまい、ヒビが入った状態で知らずに熱い炭を入れてしまうと、割れる恐れがあります。取っ手がないものは冷めてから、抱えて移動させましょう。

灰の飛び散りに注意!

熱い炭を火消し壷へ移し替えるときや、火消し壷を開けるときなど、炭を扱うときには灰も一緒だということも覚えておきましょう。特に冷めていると油断しがちですが、顔を近づけて勢いよく扱うと、灰を吸ってしまったり、服に灰が付いたりします。 熱い炭を扱うときには、専用のスコップを使うなどして灰にも注意しましょう。

まとめ

出典: http://enjoys-outdoor.mynikki.jp

いかがでしたか?火消し壷の魅力を知ってしまうと手放せないアイテムになること間違いなしです。 キャンプ用品といえば、どうしても後片付けのアイテムには注目せず、楽しいことばかりに目が行きがちです。しかし、キャンプなどのアウトドアを最後まで楽しむためには、後片付けをスマートにする方法を考えることも大切です。終わりかけの、気がゆるんだ時に事故は起こりやすいものです。時間短縮だけでなく、安全に終えるためにも、火の後始末はきちんとしたいものですね。 炭の再利用により、経済的にもうれしいこのアイテム、火消し壷はキャンプなどのアウトドアには欠かせない便利なものとなるでしょう。

関連するまとめ

アクセスランキング

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ