検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

【休日を増やす楽しみ方】金曜の夜から出かけよう!チェアリングを絡めればアウトドアを満喫できる!

秋冬はライター自身にとって、アウトドアシーズン本番です。そのため、思うように出かけられないとストレスが溜まってしまいます。生憎、仕事が忙しくキャンプの予定を白紙にすることとなってしまいました。この記事では、忙しくても休日を満喫するための楽しみ方をライターの経験をもとにご紹介します。
更新: 2022年11月28日
ソウカワ ヨウスケ

仕事終わりの金曜日に出かけた経緯

忙しくてもアウトドアを楽しみたい

出典:ライター撮影

仕事が忙しく、週末に予定していた計画を変更しなければならなくなりました。しかし「アウトドアを楽しみたい!」と頭を働かせた結果「金曜の夜から出かければいいのでは?」と閃いた次第です。

当初の予定では、気になるキャンプ場へ取材を兼ねて訪れるつもりでした。しかし、仕事の依頼が積み重なり「時間が足りない」と気がつき、2日前にスケジュール変更を決意。幸いキャンセル料が発生することなく、キャンプの予定を振り替えることができました。

楽しむ時間を前倒し

2週間前から予定を組んで、キャンプへ出かける計画を立てていたため、キャンプを楽しめないモヤモヤとした気持ちは収まりませんでした。そこで閃いたのが、金曜の夜から出かけて土曜日の昼まで好きな時間を過ごし、日曜日を丸々仕事に充てるプランです。

どうせキャンプを楽しめないのであれば「遠くまで行きたい」と考えた私は、仕事終わりに渋滞している高速道路へ車を走らせました。目的地は、温泉がある和歌山県の白浜です。直前にBooking.comで押さえた宿へ向かいます。

宿泊地ではこのように過ごした

夜はゆっくりとした時間を

出典:ライター撮影
 ​​​​​​​

普段であれば、白浜まで3時間程度で着きますが、渋滞の影響から5時間かかりました。会社を定時に出ても到着したのは21時頃。当日は近隣のカフェバーで夕食を摂り、眠りにつきました。

翌朝、目を覚ましてから宿泊施設の温泉に浸かり、疲れを癒すことから1日が始まります。仕事の連絡や作業を挟みながらも、リラックスできる時間を過ごしました。

チェアひとつでアウトドア気分を高められる

宿のチェックアウトから帰宅する時間まで考えると、デイキャンプを楽しむ余裕がなかったため、周辺でチェアリングをしてから帰路に着く計画を立てていました。

11月は忙しい日々を過ごしており、キャンプへは出かけられませんでしたが、毎週のようにチェアリングでストレスを癒しています。チェアを片手に出かけるだけで、アウトドア気分を手軽に満喫できるのは大きなメリットといえるでしょう。

隠れたチェアリングスポット「江津良海水浴場」

思いつきで行動しても楽しい

出典:ライター撮影
 ​​​​​​​

宿泊施設の案内によると、地元の人がよく訪れる穴場のビーチが近くにあると知りました。そのため、チェックアウト後に徒歩10分の場所にある「江津良海水浴場」まで足を伸ばして、チェアリングしてから帰ろうと判断。

実際に訪れてみると、ちょうどいい大きさのビーチは、秋らしく閑散としていました。自分以外には、近隣の子どもさんと思しきかわいらしいお客さんがいるくらいで、チェアを広げながら静かな時間を過ごせたと思います。

何もしないって難しい

特に何をするわけでもなく、空と海を眺めながらその場に佇んでいました。普段はいろいろなことを考えて忙しくしていますが、このときばかりは波の音や雲の流れを体全体で感じて「何もしない時間」を過ごせたと思います。何も考えない・何もしない難しさを改めて感じました。

1〜2時間ビーチで座りながら佇んでいましたが、次第にお昼時に近づいたため、太陽が頭の上に登る前にチェアリングスポットを出ることに。その際、周辺の人気店で食事をして帰ることをそのときに思いつきました。

チェアリング時の食事

ステーキの名店でバーベキュー気分を

出典:ライター撮影
 ​​​​​​​

チェアリングをするときは、基本的に調理を伴う食事をしません。周囲に迷惑をかけるおそれがあるためです。しかし「せっかく足を伸ばしたんだから」とスマホで検索してヒットしたステーキの名店「テキサス」で昼食を食べて家路へと向かう計画としました。

肉厚のステーキは、バーベキューを楽しんでいるように錯覚します。おすすめメニューは厚切りカットにしたステーキを片面しっかり焼きのミディアム。非常に美味しく充実したひとときに華を添えてくれました。

チェアリングの自由さ

コンビニやテイクアウトを利用して、チェアリングしながら食事をしてもよかったかもしれません。しかし、好きなように考えて行動できるのがチェアリングの魅力だと再認識しました。

雨が降れば帰ればいいですし、食事も好きなように選べることは大きなメリットです。忙しくてもアウトドア欲を満たしたい人は、チェアを持って出かけてみてはいかがでしょうか?

休日を増やす3つのポイント

1:宿だけは事前に決めておく

Photo byvalentin_b90

車中泊や無料キャンプ場を検討してもいいかもしれませんが、宿だけは事前にどこへ泊まるのかを決めておくことをおすすめします。今回は温泉に入りたかったため、大浴場がある民泊を利用しました。

ほとんど計画を立てずに適当に楽しみますが、このときは仕事終わりに疲れている状態で出かけたため、そのときの体調に合わせて宿泊方法を選ぶとよいでしょう。

つまり、自分の体力の度合いやその後のスケジュールに合わせて考えておくことが、日曜日を活用するためのポイントだといえます。

2:外食を中心に

普段、キャンプを楽しむときにはコンビニ食材を利用したり、ちょっとした料理を楽しんだりと食事に手間をかけます。しかし、短時間で楽しむことを考えると、ご当地の名店などの外食を中心にすると満足感が高められるでしょう。

3:昼頃には現地を離れる

日曜日を活用するために、現地はお昼頃には出発するようにしましょう。自宅までの時間にもよりますが、帰宅が遅くなるほど日曜日に影響します。実際に私は16時頃に自宅へ戻りましたが、運転の疲労感によって帰宅して夕食も摂らずに眠ってしまいました。

しかし、日曜日には早朝から目覚めて仕事に取りかかれたため、ちょっとした小旅行気分とチェアリングを楽しみながらタスクも完了し、非常に有意義な時間の使い方ができたと思います。

金曜日を有効活用しよう!

出典:ライター撮影
 ​​​​​​​

金曜の夜から出かけて休日を1日増やすような楽しみ方を、ライター自身の体験を交えてご紹介しました。自由な働き方が推進していくなかで、私のようなワークスタイルを選ぶ人も増えてくるでしょう。

週末を仕事で潰さなくてはならなくなった場合も、以下のポイントを押さえると楽しみ時間を確保できます。

・泊まる場所だけ決める
・チェアリングを絡める
・現地は昼頃に出発する

忙しくてもお出かけしたいときは、当記事を参考にして計画を立ててみてください。

チェアリングが気になる方はこちらもチェック!

当サイトでは【休日を増やす楽しみ方】金曜の夜から出かけよう!チェアリングを絡めればアウトドアを満喫できる!以外にも、チェアリングに関することを取り扱った記事をたくさん掲載しています。気になる方はチェックしてお出かけしてみてください。