検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

琵琶湖を眺むキャンプ場、OUMI WAVEをご紹介。施設情報や料金、予約についても!

滋賀県米原市のOUMI WAVEは、琵琶湖の望む滋賀県で人気のキャンプ場。特に目前の琵琶湖に陽が沈む幻想的な風景には圧巻です。ここではOUMI WAVEの施設情報をご紹介します。2022年7月にリニューアルした最新情報ですので、ご利用の際の参考にしてください。
2022年8月20日
ティンカー・ベル

目次

滋賀県で人気のOUMI WAVEご紹介!

目前に琵琶湖を望むキャンプ場!

滋賀県米原市にあるOUMI WAVEは琵琶湖の東エリアの湖岸沿いにあるキャンプ場です。すぐ目の前に琵琶湖を望め、琵琶湖に沈む夕日の幻想的な景色に癒されます。

ここでは米原市のOUMI WAVEの最新の情報をご紹介します。滋賀県の人気のキャンプ場です。キャンプを計画されている方は参考にしてください。


2021年7月にリニューアルオープン!

さて今回ご紹介しているOUMI WAVEは、2021年7月、琵琶湖周辺で賑わいっていた神明キャンプ場がリニューアルしたキャンプ場です。OUMI WAVEという名称に変わり2シーズン目ですが、これまでと変わらず多くの人で賑わっています。

カーナビなどで位置情報を検索すると、ご使用のカーナビによっては、旧名称の「神明キャンプ場」と表示される場合がありますが、場所は同じです。ご注意ください。

OUMI WAVE

  • 住所
    〒521-0062
    滋賀県米原市宇賀野
  • 公式サイトURL
    https://oumiwave.jp
  • 電話番号
    0749-53-1288

アクセス方法


車をご利用の場合は、北陸自動車道長浜IC・米原ICから15分です。駐車場は40台駐車可能です。料金は平日は1台500円/1日、土日祝日は1台1000円/1日です。

公共交通機関を利用する場合は、JR西日本・坂田駅で下車し、駅前で自転車をレンタルしてアクセスすると約15分、駅から徒歩だと40分から1時間かかります。

利用期間と料金について

利用できる期間

Photo byJCamargo

OUMI WAVEを利用できる期間は夏から秋までです。冬は利用できません。利用開始日や終了日はその年により変わりますのでご確認ください。

ちなみに2022年は6月25日から11月6日までキャンプ場の利用が可能です。チェックイン14時、チェックアウト10時となります。

ご利用は要予約!

Photo byPexels

キャンプ場を利用される場合は予約が必要です。予約は利用日の1か月前からの受付になります。公式HPもしくは電話にてご予約ください。

予約の際はメールアドレスが必要となりますのでご準備願います。万が一キャンセルの場合、当日でもキャンセル料はかかりません。

使用料金

使用料金ですがテントの大きさによって異なります。5m×5mの大きさのテント1棟につき1区画を使用とし、1区画平日3000円、土日祝日4000円です(2022年度)。

その他入場料金として、シャワーを利用する場合は大人1人1000円、子ども(4歳以上小学生以下)1人600円です。シャワー不要の場合は大人1人500円、子ども1人300円となります。そのほかアクティブ体験などは別途料金がかかります。

トイレについて

Photo byAlexas_Fotos

施設内には使用料無料のトイレが男女別に1か所あります。トイレの場所はシャワールームの隣りで、トイレには小さな洗面台が付いていますので、そこで洗顔することは可能です。トイレの中のスポットなので料金はかかりません。

施設内でレンタルできるものはある?

テント等の貸し出しはない!

Photo by imgdive

OUMI WAVEでキャンプをする場合、レンタル用品はありません。テント、焚き火台、バーベキューコンロなどの貸し出しはしていないので、キャンプ道具は各自ご持参ください。食料も同様です。

施設内では食料品は販売していません。キャンプ場近くの「スーパーマーケットバロー近江店」や「フタバヤ近江店」は、地元でも有名なスーパーで地元食材も揃っており、買い物にはおすすめです。

シェードテラスではバーベキュー道具がある

Photo byRitaE

OUMI WAVEはデイキャンプも楽しめるキャンプ場です。気軽にキャンプをしながらバーベキューを楽しみたい方は、敷地内の屋根付きの素敵なテラス・シェードテラスを利用されるのがおすすめです。

屋根付きのテントにバーベキューに必要な物品が用意されているラグジュアリーなスポットとなります。ただし食材はご持参ください。また利用時は予約が必要で、料金は平日1組8名まで12,000円、土日祝日は16,000円です。

このキャンプ場ならではの楽しみ方

琵琶湖でアクティビティ体験!

ロングサイズのサーフボードよりも少し大きめのボートの上に立ち、パドルをこいで湖面を進むSUPボードを楽しむことができます。SUPは操作に慣れたら、ボードに座って寝転んだり自然をゆっくり満喫できるウォータースポーツです。キャンプ場のある神明浜は遠浅なので安心して湖水遊びを体験できます。

SUPボードの料金と利用時間

料金は90分で大人1人4500円、子ども1人3500円です。小学生未満のお子様は、保護者の同伴が必要です。

1人ずつ体験費用はかかりますが1ボードにつき、最大2名まで利用することができます。利用時間は10:00から11:30、12:30から14:00、14:30から16:00です。水遊びが可能な期間は9月までとなります。

サウナテントの体験!

体の芯から温まるテントサウナを体験できます。テントサウナはフィンランドの伝統的なサウナをまねたもので一般的な熱いサウナが苦手な方でも心地よく楽しめます。ですが、ご利用の際は予約が必要です。

1棟(8名まで利用可能)1日22,000円、土日祝日・お盆は28,000円、料金がかかりますが、非日常感の至福の時間を体験できます。

OUMI WAVEでキャンプを楽しもう!

Photo by is_kyoto_jp

冬は利用できませんが、晩秋まで利用できる滋賀県のキャンプ場・OUMI WAVEの情報をご紹介してきました。予約は1か月前からです。琵琶の雄大な景色を目前の望めるキャンプ場です。滋賀県でキャンプ場を検討されていらっしゃる方はぜひ参考にしてください。

キャンプ場についてもっと情報を知りたい方はこちらもチェック!

当サイト「暮らしーの」では、キャンプ場の情報をほかにもまとめています。関西方面や関東方面のキャンプ場、初心者にもおすすめのキャンプ場などの情報についてもっと知りたい方はこちらもチェックしてみてください。