検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

初心者も楽しめるサーフボード「ファンボード」とは?安定感のある乗り味が魅力的!

サーフボード次第で、サーフィンは誰でも気軽に楽しめるマリンアクティビティ。ファンボードも数あるサーフボードの一種です。今回はそんなファンボードについて解説いたします。ファンボードの魅力を知って、サーフィンをより身近に楽しんでみてください。
2022年7月15日
KAIAO

目次

知っていますか?ファンボード!

ファンボードってなに?

Photo byNewportBaptistChurchNC

サーフィンのボードには、さまざまな種類があります。そもそもサーフィンボードは、サイズによって呼び方が変わってきます。サーフィンボードの違いとは、基本的には長さの違いです。

ファンボードは、ショートやロングボードと言われるものの長さに比べて、ちょうど真ん中あたりの長さのもの指します。サイズ表記だと、6.6~8.3フィート程度のものがファンボードと呼ばれています。


ファンボードにも違いがある

Photo byBarni1

ショートやロングに比べて長さのサイズ感はちょうど中間くらいのファンボードです。他のサーフボードと同様に、素材や形状などに違いもあり、種類もあります。幅の広さや安定感、軽さなどもそれぞれの種類によって異なってきます。

ファンボードは初心者にも安心なサイズ感だと言われますが、その中からさらに自分に合ったものを選びましょう。

サーフボードの違いって?

ロング・セミサーフボード


Photo bymigsheep

ロングやセミロングと言われるボードは、だいたいの長さが8~9フィートです。ボード長さに比例した厚みもあるので、安定的により長く波に乗れます。波に乗る感覚をより多く楽しめるのが魅力のボードです。

サイズの長さがある分、プロサーファーがよくやるような俊敏な動きやアグレッシブな動きには向いていませんが、その分安定感があります。安定感があるとテイクオフがしやすいです。この点から長さのある種類のものは、初心者のサーファーに向いている言われています。

ロングも初心者向け

Photo by ftomiz

ロングのサーフボードは、さらに「早く波に乗りたい!」といった初心者のサーファーに向いています。長さがある分、安定感があるため波に乗りやすいからです。弱めの波でも安定力と浮力のおかげで、簡単にテイクオフができるのもロングボードの特徴です。

逆にロングは長さがある分、プロサーファーのような俊敏な動きなどはしづらくなります。


ショートサーフボード

Photo by422737

より大胆な動きやプロサーファーのような波乗りを楽しみたい上級サーファー向けがショートボードです。だいたい6.5フィートぐらいまでの長さのものをショートボードと言います。コンパクトなため、持ち運びに非常に便利です。

ショートボードは短い分、波に乗りながら行えるパフォーマンスに幅が出ます。その分、浮力や安定力はが少ないです。そのため、ある程度の技術を持ったサーファーの方や、波乗りの経験があるサーファー向けです。

初心者にショートボードは難しい

Photo by goodsurfers2015

サーファーならではのアグレッシブな動きや、かっこいいパフォーマンスに憧れがある方も多いでしょう。しかし、上記で述べたように波に乗るまでのテイクオフなどの安定感や浮力は、他の種類のボードに比べて劣るため、一番乗るのが大変なのもショートボードのサイズです。

初心者のサーファーが、いきなりショートボードサイズの種類に挑戦するのは至難の技です。いずれショートボードに乗りたいと思っているサーファーは、徐々にボードを短くしていく方がおすすめです。

ファンボードの魅力って?

初めてならファンボードから始めよう!

Photo byMACKRclothing

ファンボードは浮力が高めなので、他のサーフボードの種類に比べても安定感があるとされています。安定感は、初心者サーファーにとってとても需要なポイント。安定感があるとないとでは、バランスの取り方全然違います。

扱いやすいボードの長さも初心者のサーファーに向いている点です。パドリングで水面を漕ぐ時や波に乗りボードの上に立ち上がるまでの動きがしやすいと言われます。そのため、初心者だけでなく小柄な方にも向いています。

たくさん波に乗れる

Photo by2767583

サーフィンは波に乗るのが楽しいマリンスポーツでもあります。ファンボードはその高い浮力から、あらゆる波に乗りやすいとされています。

波に乗れるか乗れないでサーフィンの楽しみは変わってきます。何もできないと練習はおろか、サーフィン自体が嫌になってしまうものです。波がイマイチなときにもファンボードは活躍します。せっかく行ったサーフィンで少しでも波を楽しみたい方にとても向いています。

普通のサーフボートより上達が早い?

Photo byKanenori

上達には、波にたくさん乗って練習することが大切です。どんな波でも対応力が高めなファンボードは、幅が他の種類のサーフィンボードに比べ広めに作られている特徴から、ボリュームがあり、波のコンディションに対応しやすいので練習に向いています。
 

サーフィンで最初に立ちはだかる壁は、「波に乗れない」ということであることは多く、ここで挫折してしまう人もいます。波に乗れる頻度が高いファンボードは、上達ややる気にも差が出てくると言えるでしょう。

基本の姿勢も学べる

Photo byjcsaenz

安定した浮力があるからこそ、基本に忠実なサーフィンを楽しんだり、ポイントを掴めるのもファンボードの優秀な利点です。波に乗るテイクオフの動作やランディングやターンなど、正しい体重の掛け方などレールワークと呼ばれるテクニックを学びやすいでしょう。

レールワークは、サーフィンにとって重要なポイントです。正しい乗り方や基本に立ち返ってサーフィンを楽しみたい方も、ファンボードはおすすめのボードです。

ファンボードを楽しむコツとは?

ファンボードの乗り方

Photo by422737

サイズだけでなくテール(サーフボードの後の形)の形状が違うことなどで、乗り方は変化します。サイズ以外の部分の種類によって違う楽しみができるというのもサーフィンの魅力でしょう。

また、上達した時にショートボードやロングボードなど他の種類のボード乗りたいという方は、その後に乗りたいボードの種類で乗り方を考えるのもひとつ目安になります。どのファンボードに乗るか悩む時は、そのような点も覚えておくと良いでしょう。

乗り方のコツ

Photo byPexels

幅広いボードだから簡単に乗れるわけではありません。パドリングやテイクオフィスの動作は体制が安定してはじめて波に乗れることが増えてきます。

また、初心者サーファーは乗った後のコントロールが難しいので、ボキシーレール(一番丸みのあるレールのこと)がおすすめです。より安定してできるだけ長く波に乗れます。

ファンボードのよさを知る

Photo byPexels

ファンボードは、練習用として使用している人もいます。初心者におすすめなファンボードですが、サーフィン経験者でもファンボードを利用している方は実は多くいのです。

また、陸でのボードの扱いやすさも良好です。ロングボードは大きく、女性や小柄な人には持ち運ぶ場合には、どうしても扱いづらくなってしまいます。ファンボードのよさはこういった「手軽な大きさ」といったところにもあります。

初心者だけのサーフボートではない!

Photo byCock-Robin

ファンボードは初心者用のサーフボードではありません。初心者でも乗りやすい安定感や幅の広さが特徴であるというだけで、サーフィン経験者・上級者サーファーの方でも楽しめるボードでもあります。
 

少しの波でも十分に楽しめる点や、パドリングやテイクオフ・ターンのフォームなどサーフィンのテクニックや、体の使い方などを見直したりする時に使えるのもファンボードの利点です。初心者だけにおすすめではないというのは、テクニックの練習でも大いに活用できる点です。

サーフボードの選び方

基本的なサーフボードの選び方

Photo bykenailuj

サーフボードの選び方を見ていきましょう。サーフボード選びに重要なのは、「自分の体にあったもの」を選ぶということです。体に合ったものというのは、体重・身長はもちろん、体力・年齢・サーフィンをどのように楽しみたいのかなどで変わります。

自分がサーフィンをする上で必要な性能も、サーフボードを選ぶ基準として知っているとよいでしょう。これは、自分に最適なサーフボードを選ぶのに必要な情報になります。

購入なら慎重に選ぼう

Photo byPatsasha

サーフボードは自分に合ったものを選ぶのが、上達への近道でもあります。身長や体重だけでなく、自分が乗りやすいボードが必ずあります。

サーフィンを始めたい方や、自分にあったものが何か分からない方・ボードの購入を検討している方は、自分に合ったボードを選ぶことは最も重要です。サーフボードショップなどは、丁寧に教えてくれますので、ぜひ利用しましょう。

レンタルも利用しよう

Photo byTanteTati

レンタルショップもあるので、ボードは必ず購入する必要はありません。初心者の方はサーフィンを続けて行くのか、十分考えてから購入しましょう。サーフィンをしていく上で、自分のボードが欲しくなったりしたら検討していけばOKです。

購入する時にはだいたい試乗はできません。しかし、メーカーやサーフショップによっては、試乗会などで体験できる場合もあります。どんなボードが自分に合っているのか、実際の購入前に検討するとよいでしょう。

サーフボードはファンボードで決まり!

Photo byStockSnap

初心者でも気軽に挑戦できるのが魅力のファンボードの特徴や利点などを紹介してきました。ファンボードは初心者だけが使うものではないので、中級者〜上級者まで利用ができる万能な「サーフィンボード」と言えるのではないでしょうか。

ボード選びの際に、ファンボードをうまく使ってサーフィンの上達や練習に大いに役立てるのもいいでしょう。誰でも気軽に始められるファンボードの魅力を知って、サーフィンをより楽しみましょう!

サーフィンなどのマリンスポーツが気になる方はこちらをチェック!

アクティビティが楽しい季節になってきました。今年はたくさんマリンアクティビティに挑戦したいと思っている方もいるのではないでしょうか。マリンアクティビティが、新しい趣味の発見や楽しみに繋がるかもしれません。

近年増えているさまざまなマリンアクティビティ。気になる方は、以下の記事もぜひ参考にしていてください。マリンアクティビティで、楽しい思い出をたくさん作ってくださいね。