検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

【2022最新情報】ドンキにシュノーケルセットは売ってる?販売状況や価格を調査!

激安ディスカウントストアで馴染みのあるドン・キホーテ(以下ドンキ)には、シュノーケリングに必要なシュノーケルやマスクのセットが取り使われています。どのようなシュノーケルセットがドンキで購入できるのか種類や価格などを合わせてご紹介いたします。
2022年8月23日
揚げ餅

ドン・キホーテとは

さまざまな商品が所狭しと並ぶ人気店

ドン・キホーテ(以下ドンキ)は、コスパの高い商品や少し珍しい商品が所狭しと並ぶディスカウントスーパー。高知を除く全国各地にあり低価格で食品から玩具、スポーツ用品やアウトドア用品までさまざまなものを取り扱っている商品数が多さが魅力です。

店舗にもよりますが、夏のレジャー用品としてマリンスポーツに関するアイテムも豊富に揃えており、カヤックも夏季には取り扱っています。


シュノーケリングとは

Photo byclicjeroen

シュノーケリングはダイビングのように深く潜るのではなく、海水浴感覚で水面を漂いながら水中観察をするアクティビティ。シュノーケリングをするにはマスクとシュノーケル、必要に応じフィンを使います。フィンを使わない場合もあるため、シュノーケルのスターターセットにフィンが含まれていない場合もあります。

シュノーケリングはダイビングのように深く潜るわけではないため、泳ぎがうまくない方でも気軽に楽しめるところが魅力です。

シュノーケルセットの販売の有無について

冬でもドンキの場合はシュノーケルセットが購入可能です。ただし店舗により品揃えが異なり沖縄県宮古島などの暖かい地域では、マリンスポーツ用品を長く販売している可能性が高く、寒い地方では秋には取り扱いがなくなる可能性もあります。


シュノーケルセットの選び方

マスクのサイズが大切

Photo byalexinfoclub

ドンキのシュノーケルセットやシュノーケルは種類が豊富。子供用から大人用のものまで揃っています。サイズに合わせて、子供には子供用のセット、大人は大人向けを選びましょう。

シュノーケリングのマスクはフィット感が大切です。マスクのサイズが小さいと長時間使用すると圧迫されて、痛く感じる場合があります。反対に大きいと遊泳中にずれて水がマスク内に入る可能性があるため注意しましょう。

サイズ表記を確認


ドンキで取り扱われているシュノーケルセットは製品により子供用や大人用、MやLなどのサイズ表記さまざまです。そのため、どのくらいの大きさかサイズ表記をきちんと確認して選んだほうが、体に合ったシュノーケルセットが購入できます。

セット内容を確認

Photo byPublicDomainPictures

シュノーケリングはフィンを使わなくてもある程度楽しめます。そのため、好みに応じてフィン付きの3点セット、フィンなしの2点セットを選ぶといいでしょう。ドンキではマスクとシュノーケルのセットだけではなくフィンを単体でも発売しています。

また、3点セットを購入する際にフィンの大きさを確認して足のサイズに合わないようなら、マスクとシュノーケルの2点セットを選び、合うフィンを単体で購入するといいでしょう。

ドンキのシュノーケルのセットの種類

AQAシュノーケルセット

Photo byPublicDomainPictures

※イメージ画像です

マリンショップに行かなくても、ドンキなら低価格でさまざまなシュノーケルセットが手に入ります。ドンキで取り扱われているAQAの製品は2点セットのものと、フィンがセットになってる3点セットのモデルもあります。

同じ商品ではありませんが、AQAのシュノーケルセットはAmazonや楽天などの通販でも取り扱われている人気のブランド。ドンキでの価格は1780円からとなり、3点セットのモデルは3580円安い点が魅力的です。

リーフツアラーシュノーケルセット

Photo byRaceFeri

※イメージ画像です

リーフツアラーもAmazonや楽天などの通販で人気のブランドです。ドンキで販売されているリーフツアラーのシュノーケルセットは2点セットのものが2880円、3点セットが5480円となります。

マリンショップで購入できるとシュノーケルセット比べるとやはりコスパが高いですが、人気ブランドのアイテムのためきちんと水中の中でも快適に使えると好評です。

tusaシュノーケルセット

人気ブランドのtusaのシュノーケルセットもドンキで取り扱われています。tusaは、救助資器材なども取り扱っているマリンショップでも定番のブランド。ドンキでは同社のシュノーケル3点セットが5480円で発売されています。

新型のシュノーケルもおすすめ

使いやすいフルフェイスモデル

シュノーケリングはマスク、そして息を吸うのためのシュノーケルを別々になっています。また、シュノーケルの根本はマウスピースになっており、常に咥える必要があります。そのため、慣れていない方は顎が疲れてくる可能性が高いです。

フルフェイスタイプはマスクとシュノーケルが一体になっており、バイクのフルフェイスヘルメットのように顔を全体を覆いつつシュノーケルを咥えなくても呼吸ができるため、非常に使いやすいモデルです。

ドンキで購入できるフルフェイスタイプの特徴

フルフェイスマスクは、広い視界が特徴となっており、前述したようにシュノーケルとマスクが一体になっているため楽な呼吸ができます。くもり防止構造でレンズが曇りにくく水中でもクリアな視界が確保できる快適さも魅力です。

さらに、アクションカメラが接続できる付属品を標準装備しており、海水浴だけではなく旅行でも活躍する本格的なモデル。サイズは子供用兼レディース、メンズの2種類になります。

フルフェイスモデルも安い

Photo bynattanan23

構造上フルフェイスタイプはシュノーケルとマスクの2点セットに相当します。そのため、マリンショップでは高価になりますが、ドンキで5500円で購入できます。コスパが非常に高く、旅行中でも気軽に購入できるところが魅力です。

ドンキのシュノーケルの評価

海水浴できちんと使えると好評

安いだけではないのがドンキのシュノーケルセットの魅力です。海水浴でもきちんと使えると高く評価されており、快適なシュノーケリングが楽しめます。またドンキはマリンショップのようにさまざまなタイプのシュノーケルがあるため選択肢が多いとろも魅力です。

余談ではありますが、ドンキにはシュノーケルだけではなくウェットスーツもあります。

フルフェイスタイプの口コミ

ドンキでも取り扱われているフルフェイスタイプの口コミです。セットではありませんが、構造上はマスクとシュノーケルセットとなっており、従来のシュノーケルよりも呼吸がしやすく、視界も広い点ので快適に使えると好評です。

シュノーケリングのマスクはサイズ感が重要。ドンキで販売されているフルフェイスタイプは子供用や女性用、男性用ときちんと揃っているため親子で使える点も高く評価されています。

安全で快適なシュノーケリングをするには

離岸流に注意

Photo by8268513

シュノーケリングは泳ぎが下手な方や体力が少ない方でも楽しめるマリンスポーツです。サーフィンやシーカヤックと比べると安全性が高いですが、離岸流に注意しましょう。離岸流とは、岸から沖合に向かって発生する激しい流れです。離岸流に乗ると短時間で沖合に流されるため巻き込まれたたら横に泳ぐようにして離脱しましょう。

シュノーケリングベストは用意した方がいい

シュノーケリングベストは、ライフジャケットよりも浮力がなく、シュノーケリングがしやすい浮遊体です。泳ぐときにじゃまにならず、なおかつ足がつるなどの水中でトラブルが起きたときには、体が沈まないように補助してくれるベストになります。

ドンキではライフジャケットも取り扱っており、シュノーケルベストも取り扱っている可能性がるため探してみるといいでしょう。シュノーケリングベストがないときは通販での購入もおすすめです。

安くて快適なシュノーケルが購入できる

Photo byPublicDomainPictures

ドンキで購入できるシュノーケルセットは有名ブランドの製品となっており、安いですが快適なシュノーケリング楽しめる本格的なモデルばかりです。今回紹介したシュノーケリングセットは一部の商品となっておりドンキにはさまざまなシュノーケルやフィン、マスクがあります。

取扱商品や時期は店舗によりますが、冬でも入手できることもあるため、気になる方はドンキを覗いて見るといいでしょう。

マリンスポーツが気になる方はこちらもチェック!

マリンスポーツにはシュノーケリングのように簡単できるものからカヤックやサーフィンなど道具を整えたり練習しないとできないものもあります。当サイトにはさまざまなマリンスポーツに関する記事があるのでよかったらチェックしてくださいね。