検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

冬の車中泊で使える6つの結露対策をご紹介!効果的に結露を防止し、車内を快適に!

車中泊をする場合、結露対策が重要です。今回は冬の車中泊でおすすめな、結露対策をまとめてみました!結露対策をすることによって、車中泊を快適に過ごすことができます。是非、自分に合った結露対策を見つけて、より快適な車中泊を楽しんでみてください。
2022年1月20日
mamma32

目次

車中泊は人気のアウトドア

車中泊はどんな季節でも気軽にキャンプができる

Photo by MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

車中泊は、どんなシーズンでも気軽にアウトドアを楽しめるのが魅力です。例えば冬は寒さ対策が必要なので、キャンプを避けてしまう人が多いでしょう。しかし車中泊であれば、テントの中よりも暖かく快適な空間で眠ることが可能です。

また、車中泊はテントの設営が必要なく、初心者でも気軽に眠れます。車内なので外の影響を受けにくく、比較的快適な寝心地を実感できるのも特徴的です。そのため、ぜひ一度車中泊に挑戦してみてください。


車中泊は結露対策をしよう

Photo by MIKI Yoshihito. (#mikiyoshihito)

車中泊は最近注目されているキャンプスタイルですが、結露対策を必要とします。車内は室内に比べて結露が狭く、空気の量も少ないです。そのため結露が発生する原因にあふれており、外と車内の温度が少しでも異なれば結露が発生してしまいます。

結露が車内で発生するとカビの原因になるので、車中泊では対策を講じましょう。今回の記事では、車中泊での結露対策に必要なアイテムや対策をまとめています。車中泊を実行する前に、是非チェックしてみてください。

車の結露は秋から冬にかけて発生しやすい

車中泊での結露は、主に秋から冬にかけてが最も発生しやすいです。そもそも結露は外と室内(車内)の温度差が原因で発生します。そのため寒さの厳しい秋や冬では、結露が発生しやすくなるのです。いくら車中泊と言えど、寒さ対策としてヒーターなどを使う人も多いでしょう。

そうすることによって車内と外の温度差がアップし、その結果結露が発生します。そのため秋や冬に車中泊をしたい場合は、結露対策もしっかりしておくのがおすすめです。


車中泊での結露対策の選び方

①防止か除去かで選ぶ

Photo by iskws

車中泊での結露対策は、防止するか除去するかで選びましょう。結露対策と言っても、大きく分けて2タイプに分類されます。1つは結露が発生しないように、その原因に対して対策をする防止パターンです。もう1つは、発生してしまった結露どう除去するかの対策になります。

そのため、どちらのタイプで車中泊の結露を対策していくか考えましょう。ただし、冬だと防止していても微量に結露が発生する可能性があります。そのため、併用するのもおすすめです。

②手軽さで選ぶ


Photo byMemoryCatcher

車中泊の結露対策は、手軽さを重視して選ぶのがおすすめです。例えば換気扇をつけるだけや、何かを置くだけの結露対策であれば誰でも気軽に行えます。一方何かアイテムを使って発生した結露を除去したりする場合は、手間がその分掛かるでしょう。

そのため、自分のスタイルやニーズに合わせた結露対策を行ってみてください。特に一人で車中泊をする場合は、行わなければならないことが多いので結露対策の手間は重要なポイントとなるでしょう。

③価格で選ぶ

Photo bypooch_eire

車中泊での結露対策は、価格で選ぶのがおすすめです。例えば空気中の水分を除去する除湿剤や、発生した結露を拭ってくれるアイテムにはお金が掛かります。そのため、あまりお金を掛けずに結露対策したい場合は、アイテムを必要としない方法がおすすめです。

今回の記事では、お金を掛けずに結露を除去できる方法をまとめています。また、結露防止グッズでも、安価なものが多いので安心して購入できるでしょう。

車中泊での結露予防3選

①除湿剤を置いておく

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

車中泊で結露対策に効果的なのが、除湿剤です。結露が車内に発生する原因は、車外との温度差で空気中の水分が多くなることにあります。そのため、除湿剤で車内の湿度を下げるように意識しましょう。湿度を下げれば、空気中の水分が減って結露が発生しにくくなります。

置いておくだけで簡単に湿度を下げてくれるので、手軽さを求めたい方にも向いているでしょう。除湿剤だけで効果があるのか不安を感じる方もいますが、車内は室内ほど広くないのでしっかり効果を発揮してくれます。

冬の車中泊におすすめな結露対策

除湿剤の設置は、冬の車中泊での結露対策にも効果があります。冬は寒いので窓を開けたりエアコンをつけたりして換気しにくいです。そのため空気の入れ替えができず、結露の原因が起こりやすくなります。除湿剤であれば窓を開ける必要もないので、寒さの厳しい冬の車中泊に最適です。

ホームセンターやスーパーなど、さまざまな場所で購入できるのも除湿剤の魅力でしょう。是非、除湿剤を使って車内の湿度を低下させてみてください。

②サンシェードを貼る

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

車中泊をする場合、サンシェードを利用するのがおすすめです。サンシェードは夏の強い日差しを避けるために活用しますが、結露対策にも効果があります。断熱効果のあるサンシェードを窓に貼ることで、車内の暖かい空気をキープできるのです。

そのため結露の原因となる車内と外の温度変化が起こりにくくなり、その結果結露の発生を予防する効果があります。日差しよけ、目隠し、防寒などさまざまな機能があるため、快適な車中泊に最適です。

結露防止テープも併用するのがおすすめ

サンシェードを使って車中泊の結露を防止する場合、結露防止テープも併用しましょう。いくらサンシェードといっても、窓全体をカバーすることはできません。そのため、隙間から結露が発生しやすくなってしまいます。

そのため、サンシェードでカバーしきれなかった隙間には、結露防止テープを貼ってください。これは100均やホームセンターでも帰るアイテムで、車中泊だけでなく室内にも使えます。1つ持っておくと便利なのでチェックしてみてください。

③除湿機を使う

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

効果的に車中泊の結露を防止したい場合は、除湿機がおすすめです。除湿機があれば車内の余分な湿度を下げて、結露の原因を抑えてくれます。わざわざ車中泊のために除湿機を使うのは大げさだと思われるかもしれませんが、雨や冬の日は1日でかなりの量を除湿しているのです。

キャンピングカーやボックスカーのような車であっても、1日でかなりの量の湿度が発生しているとおぼえておきましょう。除湿機であればそれらを効率よく除去できるので、結露の発生を抑えられます。

コンパクトタイプがおすすめ

車中泊の結露対策として除湿機を使う場合、コンパクトタイプを選びましょう。家庭に置くようなタイプだと、車中泊には大きすぎます。最近ではアウトドア用に持ち運び用の除湿機が販売されているので、それらをチェックしてみてください。

ただし除湿機を稼働させるには電源が必要となるので、ポータブルバッテリーや車の電源を活用しましょう。キャンピングカーなどの本格的なアウトドア車であれば、電源も比較的簡単にとれます。

車中泊での結露除去3選

①エアコンをつける

Photo bykaboompics

発生してしまった車中泊での結露は、エアコンを付けて解決しましょう。結露が発生するということは、車内の湿度が高まった状態にあるということです。そのため、エアコンを付けて除湿しましょう。また、エアコンをつければ車内の温度がアップするため、結露の発生予防にも効果的です。

車中泊での結露は、空気中に含まれている水分をどれだけ少なくできるかが重要なポイントとなります。そのため、湿度管理に重点を置くと快適な車中泊が楽しめるでしょう。

エアコンは予防にも効果的

車中泊でエアコンを使うと、結露を除去できるだけでなく予防にも効果があります。特に就寝前にエアコンで車内をしっかり除湿しておくことで、朝起きたときに結露が軽減されているでしょう。エアコンをかしこく利用して、結露の予防と除去を行ってみてください。

②結露取りワイパーを使う

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

車中泊で結露が発生したら、結露取りワイパーを使いましょう。結露取りワイパーにはゴムがついており、窓にしっかりと密着して結露を拭き取れます。タオルや雑巾ではなかなか綺麗に結露を拭き取れませんが、専用のワイパーであればしっかり除去することが可能です。

また、結露取りワイパーには持ち手がついています。そのため手でしっかりと持って的確に結露を除去することができるでしょう。どの結露取りワイパーも安価な値段で買えるので、是非チェックしてみてください。

③換気をする

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

発生してしまった結露を除去したい時は、換気をしましょう。車内の空気を入れ替えることによって湿度が低下し、窓に付着していた結露も蒸発していきます。もともと車に換気扇がついている場合は、利用して結露対策をしてみてください。

もしも換気扇が車に付いていない場合は、窓を少し開けましょう。空気の入れ替えにもなり、朝の眠たさもすっきりするはずです。ただし寒い時や雨が降っている時は、少し隙間を開ける程度にしておくのがおすすめです。

ポータブル換気扇もおすすめ

車に換気扇がついていない場合は、ポータブルタイプを活用してみましょう。最近では車中泊向けに、持ち運び可能な換気扇が販売されています。比較的安価な値段で購入できるので、気になる方はチェックしてみてください。

車中泊を楽しんでみよう

Photo byMemoryCatcher

車中泊は、夏でも冬でも気軽にアウトドアを楽しめると人気のスタイルです。最近ではキャンピングカーの需要も高まっており、ますます注目されています。そんな車中泊を冬にする場合、結露対策が重要です。結露の発生を予防し、できてしまった結露を除去することでより快適に過ごせるでしょう。

今回の記事では、車中泊におすすめな結露対策をまとめてみました。キャンピングカーやボックスカーで車中泊をする場合は、是非試してみてください。

車中泊を快適にするアイテムが気になる方はこちらをチェック

今回は結露に焦点を当ててご紹介しましたが、車中泊を快適にするアイテムにはさまざまなものがあります。以下の記事では、車中泊をより快適にするためのおすすめアイテムを掲載しているのでチェックしてみてください。

特に初めて車中泊に挑戦する方は、どんなアイテムがあると快適に過ごせるのか知っておきましょう。知った上で、自分のスタイルに必要かどうかを見極めてみてください。以下の記事も参考にして、車中泊マスターになってみましょう。