検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

ユニクロの靴下は登山にもOK!?おすすめアイテムやチェックポイントを解説!

機能的な靴下をお得に購入できるユニクロ。長時間使える登山の靴下を安く購入したい場合、ユニクロの靴下が登山で使えるのか、それとも使えないのかを解説していきます。おすすめアイテムやチェックポイントを参考に、快適な靴下選びをしてください。
2022年1月18日
さとひろろ

目次

お得な靴下が手に入るユニクロ

UNIQLO(ユニクロ)は、全国に展開している有名アパレルです。靴下売り場は、機能的で耐久性のある靴下が数多く販売されていされています。

登山やトレッキング専門店で販売されている靴下よりも、ユニクロの靴下はお手頃価格です。登山やハイキング用の靴下を身近な店舗で購入したい人も多いでしょう。(※当記事は2022年1月15日時点の情報をもとに作成されております。)

登山用の靴下はユニクロにない

Photo byauntmasako

登山やトレッキング専用の靴下は、専門店以外では販売していません。専用の機能的な靴下が欲しいという方は、トレッキングやハイキンググッズなどを専門に扱っているお店で探してください。

ただ登山に適した素材や機能のある靴下は、ユニクロで取り扱っています。ユニクロの靴下でも大きな問題なく、快適に登山やハイキングなどが楽しめるでしょう。普段使いできる靴下が多く、登山グッズ専門店よりも安く靴下が手に入るのでとてもお得です。

登山に使えるおすすめのユニクロの靴下

登山用やトレッキング用と明記されている靴下がないものの、素材によって登山に使っても問題ない靴下もユニクロで販売されています。それでは実際に、登山やハイキングで使えるユニクロの靴下をチェックしていきましょう。

一般的なユニクロの店舗でも取り扱っていることが多い靴下ですので、気になった方は実際の店舗やオンラインショップで購入してみてください。

パイルソックス


男性で登山用の靴下をユニクロで探している方に、人気のパイルソックス。パイルソックスはヒートテックやハーフサイズのタイプが販売されています。

パイルソックスの値段は600円前後。まとめ買いするとお得に購入できる場合もあって、さらにお得になることもあるでしょう。部分的に色が付いているタイプも人気で、見た目もおしゃれです。ですが、主に男性向けに販売されているので、注意してください。

特徴

ユニクロのパイルソックスは足底部分にパイル素材が入っていて、それがクッションの役割を果たします。長時間履いていても、疲れにくく、耐久性のある靴下です。

またコットン素材がほとんど含まれない種類もあるので、そちらは速乾性も期待できます。適度な厚みがあるので、登山中に足の冷えを心配する必要もありません。

ヒートテックハイソックス


ヒートテックハイソックスは、主に女性向けに販売されているユニクロの靴下です。ひざ下部分までの長さがあるので、長時間の登山でも足のひざ下の部分全体を冷えから守ってくれます。

価格は2足で990円。専門店と比較すると、安い価格で販売されています。色は黒や白系が多く、どんな色のシューズにも合わせやすいところも人気の理由でしょう。

特徴

発熱効果はもちろんのこと、消臭や保湿機能あるユニクロの靴下です。長時間激しい山道で履いていても、快適そのもの。さらにフィット感がある靴下なので、激しく動いてもずれにくいです。

また素材にコットンが使われていないので、シューズの中で靴下が冷える心配もありません。肌当たりが柔らかい靴下なので、敏感肌の方も利用しやすいです。

登山用靴下のチェックポイント

普段使い用の靴下とは違うチェックポイントが、登山用にはあります。ポイントを知っておけば、ユニクロで新商品の靴下が出た時、登山で使えるか判断できるようになるでしょう。

チェックポイントは、大きく2つです。それぞれを見ていきましょう。

素材

Photo byPublicCo

使えそうな靴下を見つけた場合は、まず素材のチェックしてください。靴下はコットンやアクリル、ナイロンなどで作られています。素材にはそれぞれ特徴があって、特徴を覚えておくと便利です。

購入を検討している靴下が、登山向けかどうか簡単に判断できます。メリノウールや化繊といった速乾性のあるものが快適でおすすめです。
 

コットンの多い靴下は適さない

またコットン素材が多い靴下は、登山ではおすすめできません。コットンは速乾性のない素材で、汗を吸収しにくいです。登山で足元の汗が引かず、足先の冷えを感じるケースが少なくありません。

足の冷えは、足元の感覚がなくなって上手く歩けない状態になる原因の一つです。また強い不快感も生じます。本格的な山で使うための靴下を選ぶ場合は、コットン素材は半分以下のタイプを選んでください。

厚み

Photo bystevepb

厚みは、選ぶポイントの二つ目です。ペラペラ生地の靴下は、長時間の運動におすすめしません。実際に選ぶ際は、お持ちの登山用のシューズが履ける厚さかどうかも確認してください。

登山初心者は、先に登山用シューズを購入しておくとスムーズです。また厚みだけでなく、長さにも注意してください。すね辺りまで長さのある靴下を選べば、万が一転倒した時に安心できます。

中厚手以上が理想

ユニクロでは生地が薄い靴下の取り扱いが多いので、注意してください。暑い季節も寒い季節も、しっかりと厚いタイプを選ぶといいでしょう。

売り場にいい素材の厚手がないなら、中厚手と覚えておいてください。商品の実物の手触りやタグから判断するといいでしょう。ちょうどいい厚さの靴下を見かけた時は、まとめ買いしておくことをおすすめします。

ユニクロで登山の靴下は買える!

Photo byauntmasako

登山に特化した商品は、ユニクロでは取り扱っていません。ただし素材によっては、登山で問題なく使える靴下もあります。

素材や厚さをチェックすれば、自分の用途にぴったりな靴下がお財布に優しく手に入るでしょう。ユニクロでは新商品が続々販売されているので、使える靴下がないかこまめにチェックしてください。

ユニクロの靴下が気になる方はこちらもチェック

服装の全てをユニクロで揃えたいという方は、こちらの記事も参考にしてみてください。コスパよく登山の準備ができます。

低価格でも高品質な服装が手に入るので、今から登山を始めたい初心者は一度目を通しておくといいでしょう。