Twitter
Facebook
LINE

【レディース・メンズ別】ワークマンの登山用グローブ5選!夏でも快適な人気商品も!

eiji0601

【レディース・メンズ別】ワークマンの登山用グローブ5選!夏でも快適な人気商品も!

eiji0601

作業服のイメージが強いワークマンですが、実は登山用やアウトドアで使いやすいおしゃれなグローブがたくさんあり、しかもコスパ最高と話題沸騰中です。ワークマンの登山用グローブの特徴や選び方のポイント、おすすめの商品を男女別で5選して紹介します。



ワークマンとは

作業服の国内シェアNo.1の人気メーカー

ワークマンは作業服の分野で国内シェアNo.1を誇る人気メーカーです。群馬県の伊勢崎市に本社があり、主に現場作業や工場作業用の作業服関連用品の専門店として、関東地方を中心に北海道から九州にかけて全国展開しています。

実はワークマンは作業服だけでなく、作業服で培ったノウハウを生かした機能性のある登山やアウトドア商品を驚きの低価格で販売し、しかもおしゃれと今話題を集めているのです。

ワークマンは登山やアウトドア商品も多彩

作業服のイメージが強いワークマンですが、登山やアウトドア商品を扱う「ワークマンプラス」とレディース商品を扱う「ワークマン女子」の登場で、女性も入りやすくなりさらにワークマンの人気が高まっています。

この2つの店舗の登場は画期的で、これまでのワークマンのイメージを一転させたのです。ワークマンはニーズに答えるため東北から関東、関西とさまざまなエリアに出店し、店舗数も急上昇しています。

ワークマンプラス&ワークマン女子

出典:pixabay.com

ワークマンプラスは「高機能×低価格のサプライズをすべての人へ」をコンセプトにワークマン独自ブランドを中心に展開しています。ワークマン女子はレディースアイテム中心に展開する店舗で、インスタなどで若い女性に話題沸騰の人気店です。

今回はワークマンの登山用グローブに焦点を合わせ、登山必須アイテムのグローブの特徴や季節別の選び方のポイント、おすすめの登山用グローブを男女別で5選して紹介しましょう。



登山用グローブ4種類の特徴

①オーバーグローブ

出典:unsplash.com

グローブを重ねて使う場合一番外側にする手袋です。防水性や耐久性に優れた素材を使い、内部への水の侵入を防ぎ登山やアウトドアで快適な機能を発揮します。冬など寒い時期にはインナーグローブに重ねることで保温性を向上させ防寒性を高める登山用グローブです。もちろん単独の使用も可能。最も登山グローブらしいアイテムといえます。

②インナーグローブ



軽量で薄手の伸縮性がある生地を使用したグローブで、グローブを外さないでもスマホ操作など細かな作業ができます。夏には涼しく、春や秋には体温調節にも対応し、冬にはオーバーグローブと併用することで防寒機能を高めるなど、幅広く活躍する登山用グローブです。もちろん登山だけでなく薄手なので街使いにも手軽に応用できます。

③フィンガーレスグローブ

出典:unsplash.com

指先が露出するタイプでスマホやカメラの操作、靴紐の結び直しなど指先を使う細かい作業をするときに便利なグローブです。登山の際には手のひらを岩などから守ることができますが、指先を痛める可能性があるので注意が必要になります。

指先部分があいているので通気性があり、夏には涼しくてよいのですが冬の防寒には向きません。暑い夏に活躍する登山グローブと言えます。

④5本指タイプとミトンタイプ

出典:pixabay.com

グローブの形状には上記3種類のような5本指タイプと、親指のみが分離しているミトンタイプがあります。5本指タイプは物をつかんだり持つなど道具を扱うのに便利で、手の怪我を防止する役割を持つグローブです。

ミトンタイプは保温性・防寒性は高いのですが、親指以外の指を自由に動かせません。登山用グローブは種類により特性と機能がまちまちなのでシーンによって使い分けましょう。

登山用グローブを選ぶ際のポイント

①季節に合わせて選ぶのがポイント

出典:pixabay.com

ワークマンの登山用グローブは、季節を考慮して選ぶのがポイントです。日本の四季は気温や湿度の差がはっきりしています。厚手の防寒性の高いグローブは寒い冬には暖かく適していますが、夏には暑苦しくなるので、メッシュ素材や薄手で通気性があるものを選びましょう。春や秋にはその中間のものという風に、季節を考慮することが大切です。

登山スタイル

ワークマンの登山用グローブにはさまざまなアイテムがあります。季節や登る山などスタイルに合ったグローブを選ぶことが最も重要です。これから登山するターゲットの山を、いかに知っていても季節や標高、気象条件によりフィールドの状況は経験した山と思えないほど変化します。その状況を想定してワークマンのグローブを選びましょう。

メンズ・ワークマン登山用グローブ3選

ワークマンの登山用グローブはメンズ・レディース共通で使えるモデルが数多くあるのが特徴です。そんな中から防水防寒の機能が高く使いやすい、ファッション性も高い男性向きのワークマン登山用グローブを3点紹介します。

①THE MAX THERMO 防寒PU合成皮革手袋

防寒機能と滑り止めに優れているので登山やキャンプなどで活躍するグローブです。手首部分にはベルトが付いていて防寒と合わせて着脱が楽にできます。寒さに強い二重構造のニトリルタイプで防水や油や薬品にも強く、突き刺しへの強度と耐久性は抜群です。

高機能がありながらワークマンでワンコインで購入できる高コスパ、登山だけでなく通勤や通学など普段使いにもメンズ・レディースともに気軽に活躍するグローブと言えます。

冬に欠かせないグローブ

ワークマンの「THE MAX THERMO」は手首についているファスナーでフィットさせ、ベルトで冷気や雨の侵入をしっかりと防ぐので冬には欠かせない防寒グローブです。また登山やアウトドアのほか通勤や通学時にも使え、デザインもファッショナブルなのでさまざまなシーンで活躍するオールマイティーなグローブと言えます。

商品スペック

サイズ M・L・LL
素材 繊維部分:ポリエステル・アクリル(ニトリルゴムコーティング)
カラー ブラウン、ブラック
その他 詳細は公式サイトで確認(https://workman.jp/shop/g/g2300069721013/)

②防水シェルグローブ

この商品はワークマンの防寒・防水グローブの中で最も高価なアイテムですが、その機能の高さを知れば納得する商品です。絶対的な防水機能を持っていながらしかも軽量、裏地にはメッシュインナーが付けられ汗をかいても湿気がこもらず快適な着け心地が実感できます。

着脱がスムーズで、手の平側はラバー素材で滑り止めの安全性も保証済みです。カラーは黒1色とシンプルですが、高級感あふれるワークマン登山用グローブです

夜間の安全を守る反射プリント

手の甲部分には再帰性反射プリントがついていて、夜間の安全性を確保しています。再帰性反射プリントは、あらゆる角度から当たる光を漏れなく反射する高機能の反射素材です。ワークマンの防水シェルグローブは、防水性・防寒性・通気性・安全性の機能すべてを兼ね備えた高級感がある最強の登山用グローブと言えるのではないでしょうか。

商品スペック

サイズ M・L・LL
素材 ポリエステル・ポリウレタン・人工皮革
カラー ブラック
その他 詳細は公式サイトで確認(https://workman.jp/shop/g/g2300065658016/)

③牛床革オイル内縫い内綿付き手袋

グローブの指先を立体仕上げで湾曲させ、使い始めから指の稼働を助け握りやすいワークマンの登山用グローブです。牛革を使用しているので使い込むほどに手に馴染みフィットしてきます。

さらにオイル加工してあるので洗っても硬くならずソフト感が長持ちするのが特徴です。登山グローブは機能重視のあまりゴワゴワ感が多い中、ワークマンのこの商品はそのストレスをまったく感じさせません。人気のメンズ登山用グローブです。

商品スペック

サイズ M・L
素材

牛床革(内綿付き)

カラー ブラウン
その他 詳細は公式サイトで確認(https://workman.jp/shop/g/g2300063435022/)

レディース・ワークマン登山用グローブ2選

ワークマンプラスやワークマン女子には、女性向きの登山用グローブがたくさん並んでいます。見ているだけで楽しくなりますが、種類が多いので迷う方が多いのも事実です。数ある中からあえて2点紹介しますので、選ぶ際の参考にしてください。

①FREECE GLOVE

ワークマンのプライベートブランド「WORKMAN BEST(ワークマンベスト」の商品で、プロも認める高品質の防寒性を備えているのに、驚きの低価格で購入できるグローブです。

薄くて軽いフリース素材に加え、中綿に「シンサレート」という高機能の断熱素材を使用することで、軽量性を維持しながら高い保温性を実現しています。また指先樹脂コーティングされているのでグローブをはめたままスマホの操作が可能です。

おじゃれなポップカラー

カラーはグレーやブラックの落ち着いた定番カラーの他に、ポップでかわいいデザインのアイボリー、ブラウン、ターコイズなど5色が展開されています。登山だけでなくタウンユースも楽しめる、まさにおしゃれレディースにぴったりのグローブです。またサイズもSからあるので、手が小さくてフィットする手袋が見つからない方におすすめできます。

商品スペック

サイズ

S・M 

素材 表地:ポリエステル100% 、手のひら部分:ポリエステル100%(塩化ビニル樹脂コーティング) 、親指と人差し指先:ポリエステル100%(ポリウレタンコーティング) 裏地:ポリエステル100% 
カラー グレー、ブラック、ブラウン、いぬ、パンダ
その他 詳細は公式サイトで確認(https://workman.jp/shop/g/g2300069683021/)

②防水レザーグローブ

柔らかく手に馴染みやすいヤギ革仕様で、ソフトタイプなので女性にぴったりのグローブです。絶対的な防水機能を備えたワークマンオリジナルブランド「AEGIS(イージス)」の製品なので、不意の雨や雪にも対応します。

レザーグローブなのにモコモコ感が無く、グーもにぎれる柔らかさで登山だけで無く普段でもおしゃれに使えるワークマンのグローブです。

商品スペック

サイズ M・L・LL
素材 本体皮革部分:やぎ革 、パイピング部分:合成皮革 、中わた:ポリエステル100%
カラー ブラウン、ブラック 
その他 詳細は公式サイトで確認(https://workman.jp/shop/g/g2300069718013/)

ワークマンの登山用グローブは大手通販では買えない!

ワークマンのグローブは紹介した以外にもたくさんの種類の商品があります。これら登山用グローブはワークマン店舗のみの販売なので大手通販サイトでは購入することができません。ワークマンプラスやワークマン女子は商品を見るだけでも楽しいので、ぜひお近くの店舗に出かけてみてください。きっと新しい発見があるかもしれませんよ?

ワークマンのグローブで快適な登山!

ワークマン登山用グローブのまとめ

ワークマンは作業服の国内シェアNo.1の人気メーカーです。そのイメージが強いのですが、アウトドア専門やレディース中心のショップもあり、登山用グローブも格安の価格で高機能の商品が手に入ると今話題沸騰しています。

ワークマンの登山用グローブの特徴や選ぶポイント、おすすめの商品を男女別で紹介してきました。これらを参考にして自分のスタイルにぴったりくるグローブを見つけて、快適な登山を楽しみましょう。

ワークマンのグローブ以外のギアが気になる方はこちらをチェック!

当サイトではワークマンの商品に関する記事をたくさん掲載しております。グローブ以外の登山やキャンプ、アウトドア商品に興味がある方はぜひ参考にしてください。

Movie動画記事

1週間毎日メスティン飯生活をやってみたら飯スキル爆上げした

1週間毎日、キャンプギアの一つであるメスティンを使ってキャンプ飯を作っては食べてみました。メスティンはダイソーでも500円で販売されていますので、興味がある方はぜひ参考に作ってみて下さい!おすすめは豚...

噂のレンズ撥水加工スプレー「レインホッパー」を実証実験したんだけど・・・

撮影協力:三宅島 民宿いけ吉 ★ロックショア実釣動画シリーズはコチラから★ https://youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK6GY_YaM64meCCcP...

予算1万円設定でキャンプ道具揃えてキャンプやってみたらヤバかった

キャンプ道具と言えば1つ1万円を超えるものも沢山ありますが、今回はキャンプ道具全部合わせて1万円以内というルールでキャンプしてみました! 結論としては、不可能ではないのですが、やはり不足感はあるといっ...

賃貸・借家でもOKのキャンプギア収納壁を作ってみた

憧れのキャンプギア棚を作るべく、ラブリコとディアウォールで柱を立てて、有孔ボードのギア壁を作りました!水性塗料を塗るところから設置するところまで撮影していますので、参考になれば幸いです! ラブリコの...

新型ジムニーで1週間車中泊生活してみたら想像以上に辛かった…

1日だけなら車中泊は楽勝ですが、もしも7日間連続で車中泊をするとどうなるのか?2ヵ月前に届いた新型ジムニーでやってみました! 結果、超辛かったのでもうやりません…。 【初心者から始める毎日キャンプ生...