検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

千葉で手ぶらキャンプが楽しめるスポット6選!1日1組限定の人気コテージも!

千葉には都心に近く、手ぶらで利用できるキャンプ場が多くあります。テント設営のレクチャーがあるスポットや、メルヘンチックな家に泊まれるところ、隣にアウトレットや観覧車があるスポットなど多彩です。そんな魅力的な千葉の手ぶらOKのキャンプ場を、厳選してご紹介します。
2021年12月28日
haekon

手ぶらでキャンプができる場所が満載!

都心からのアクセスもよい千葉県は海や山などの自然に恵まれています。広大な敷地を利用して東京ディズニーランドやマザー牧場などのレジャースポットや、ゴルフ場が多いのが特徴です。

そんな千葉にはキャンプ場も多く、最近では手ぶらで来ても楽しめる施設が新設されています。食材までお任せできる施設もありますが、周辺のスーパーなどで千葉の新鮮や魚介類などを調達できるのも魅力です。

千葉の手ぶらキャンプ場は種類も豊富!

千葉には設備が整った快適なキャンプ施設が目白押しです。初心者向けのテント設営などのレクチャーをしてくれる、手ぶらサイトがあるキャンプ場も人気があります。また、1日1組限定のおとぎ話の家のようなスポットや、隣にアウトレットや遊園地がある施設など種類も豊富です。

そんな魅力的な千葉の手ぶらOKのキャンプ場を、エリア別でご紹介します。本記事は2021年12月23日の情報をもとにしました。お出かけの際は公式サイトで最新情報をご確認ください。

千葉の手ぶらOKのキャンプ場【北東部】2選

最初は、千葉北東部の手ぶらで利用できるキャンプ場です。九十九里浜を含む地域で、サーフィンなどのマリンスポーツでもにぎわいます。千葉北東部は新鮮な魚介類が食べられることでも有名で、スーパーなどで美味しそうな食材を探すのもキャンプの醍醐味です。

1.ザ・フォレストガーデン・キミノモリ

千葉県東金市にある手ぶらで楽しめる施設で、千葉東金道路の山田ICから2分ほどの所要時間です。今年(2021年)の6月にオープンしたばかりで、テラス付きのグランピングテントが6部屋のコンパクトな施設になります。

各テントは「お姫様」や「平和」などテーマごとに趣向が凝らされ、おしゃれにキャンプができると女性からも人気です。手ぶらBBQと朝食付きで1泊10000円ほど、日帰りBBQプランは7000円ほどと安い価格帯になります。

ザ・フォレストガーデン・キミノモリの口コミなどはこちら

手ぶらでアクティビティやBBQを満喫!

この手ぶらOKの千葉のキャンプ場では多彩なアクティビティが楽しめます。宿泊プランとセットの専用釜でのピザ焼き体験も人気です。また、ダーツマシーンやテーブルフットボールなどのゲーム類もレンタルもあり、充実した時間が過ごせます。

ほかにも、平日なら愛犬と宿泊できるのもこのキャンプ場の特徴で、犬用のメニューも提供中です。周辺にはゴルフコースもある自然豊かな立地で、外房の海水浴場やサーフィンスポットにも車で30分ほどでアクセスできます。

基本情報

ザ・フォレストガーデン・キミノモリ

  • 住所
    〒283-0822
    千葉県東金市季美の森東1-590-5 B1
  • 公式サイトURL
    http://the-forest-garden.com/
  • 電話番号
    0475-78-3838
  • アクセス
    千葉東金道路・山田ICから車で約2分

2.ザファーム(THE・FARM)

千葉県香取市にあり、東関東道の大栄ICから約20分の手ぶらキャンプ施設です。通年営業のコテージや区画・フリーサイトのほか、3月から12月にはグランピング場もオープンします。

コテージは女性も安心して宿泊できる2階建てのグランデタイプと、デッキ付きでおしゃれなグランピングタイプの2種類です。また、冬の季節は、2ルームテントやホットカーペット、BBQセットなどのレンタル品がそろった手ぶらプランもあり、初心者も気軽にキャンプができます。

ザファームの口コミなどはこちら

アクティビティやイベントが多彩!

この千葉の手ぶらOKのキャンプ場は、名前の通り農園を利用した施設で、併設のカフェでは新鮮野菜のランチや、おしゃれなデザートを提供します。収穫体験やレザークラフト作り、ミニ動物園など季節ごとのイベントがあり、冬期はコテージでのプライベート焚火が人気です。

また、ジップラインやカヌー、乗馬などアクティビティも豊富で、ファミリーでも楽しめます。「かりんの湯」なる日帰り施設が敷地内にあるのも便利で、お肌つるつるになるアルカリ性のお湯が好評です。

基本情報

ザファーム

  • 住所
    〒287-0103
    千葉県香取市西田部1309-29
  • 公式サイトURL
    https://www.thefarm.jp/
  • 電話番号
    0478-79-0666
  • アクセス
    東関東道・大栄ICから車で約20分

千葉の手ぶらOKのキャンプ場【北西部】1選

ここからは千葉北西部の、手ぶらでも楽しめるキャンプ場です。千葉市を中心とする地域で都心からもアクセスしやすく、たくさんのキャンプ場があります。ここでピックアップするのは、木の上で過ごせる秘密基地のような施設です。

1.キャンピンググリーン

千葉県千葉市にある手ぶらキャンプができる場所で、東関東道の四街道ICから車で20分ほどの所要時間です。20ほどの区画サイトのほか、木の上に設置された非日常感満点のテントサイトもあります。

このツリーテントには、テーブルやソファー、BBQスペースなどがあり、一つずつ高さや構造が違うのも魅力です。公式サイトに詳細な説明があるのでお気に入りを探してみてください。各サイトは静かな森の中にあり、野生のウサギやリスたちと出会えるのも貴重な体験です。

キャンピンググリーンの口コミなどはこちら

サバゲ―もできる手ぶらキャンプ施設!

この千葉のキャンプ場のツリーテントサイトでは、調理器具や食器などの設備が常備なので、手ぶらで来ても大丈夫です。食材は持ち込みも可ですが、施設が提携する焼肉店のBBQセットを扱っていて、地元グルメも満喫できます。

キャンプ場横には農園があり、季節ごとの収穫体験も人気です。また、隣接して千葉でも有名なサバイバルゲーム場があるのも特徴になります。道具のレンタルもあり手ぶらでもOKなので、挑戦してみてはいかがでしょうか。

基本情報

キャンピンググリーン

  • 住所
    〒264-0007
    千葉県千葉市若葉区小倉町1487
  • 公式サイトURL
    https://www.campinggreen.jp/
  • 電話番号
    090-5345-5550
  • アクセス
    東関東道・四街道ICから車で約20分

千葉の手ぶらOKのキャンプ場【南部】3選

最後は千葉南部にある手ぶらOKのキャンプ施設になります。他の千葉のスポットと比べると都心から少し離れますが、海や山の自然の中でゆったりと過ごせるのがメリットです。海岸で夕日を眺めたり、一組限定の敷地内で手ぶらBBQを満喫したりとさまざまな過ごし方ができます。

1.ワイルドビーチ(WILDBEACH)

千葉県木更津市にある手ぶらでキャンプができる施設で、東京湾アクアラインの金田ICから車で約10分、都心からも30分ほどでアクセスできます。敷地には白い砂浜が広がり、ヤシの木が点在する南国リゾートのようなムードです。

2016年にオープンした比較的新しい施設で、透明なデザインがインスタ映えのドームテントや、三角屋根がかわいいロッジ、トレーラーハウスなどの個性的な設備があります。他にもホテルやコテージなどもあり過ごし方もさまざまです。

ワイルドビーチの口コミなどはこちら

海岸リゾートを手ぶらで楽しめる!

この千葉のキャンプ施設ではワイルドな手ぶらBBQが人気です。ハーブチキンやシュラスコがメインのアメリカンBBQ(2700円ほど)や、サーロインステーキを含むデラックスBBQ(5500円ほど)といった贅沢なものもあります。

冬の季節は屋外の円形焚き火台の周りで温まりながら、満天の星空を眺めるのがおすすめです。また、三井アウトレットパーク木更津も徒歩すぐで、大観覧車やジェットコースターなどのアトラクションも楽しめます。

基本情報

ワイルドビーチ

  • 住所
    〒292-0009
    千葉県木更津市金田東2-10-1
  • 公式サイトURL
    https://wildbeach.jp/kisarazu/zone/wild-kingdom/
  • 電話番号
    070-3669-8480
  • アクセス
    東京湾アクアライン・金田ICから車で約10分。

2.いすみガーデンリトリート

千葉県いすみ市にある手ぶらで楽しめるキャンプ場で、圏央道・市原鶴舞ICから車で約60分、東京都心からも90分ほどです。また、いすみ鉄道国吉駅から徒歩15分と公共交通でも便利な立地にあります。

1日1組限定の人気施設で、インスタ映えの「トーテムの家」を中心に、英国式庭園やプール、ジャグジー、BBQテラスなどの設備も整い、優雅に過ごせると評判です。料金は一人11000円ほどと安いのも魅力で、女性のみのグループ限定の割引サービスもあります。

いすみガーデンリトリートの口コミなどはこちら

メルヘンな建物で非日常を満喫!

この千葉のキャンプ場は、童話に出てきそうなトーテムの家で鳥のさえずりを聴いたり、ガーデンを散策したりしてゆったりと過ごすスタイルです。家の天井や側面にはユニークな形の窓があり、気持ちのよい朝を迎えられます。

鍋やフライパンなどの調理道具も完備で、食材のみ準備が必要です。徒歩10分以内にコンビニやスーパー、ホームセンターなどがあり、手ぶらも利用できます。車で約10分には露天風呂やサウナ完備のむつざわ温泉があるので、あわせてご利用ください。

基本情報

いすみガーデンリトリート

  • 住所
    〒298-0124
    千葉県いすみ市弥正636-1
  • 公式サイトURL
    https://hanjoedagaya.wixsite.com/isumigardenretreat
  • 電話番号
    080-5171-7465
  • アクセス
    いすみ鉄道・国吉駅から徒歩で約15分

3.ブリーズ・ファミリーキャンプ

千葉県館山市にある手ぶらで利用できる施設で、今年(2021年)の4月にオープンしたばかりです。館山道の富浦ICから車で5分ほどの場所にあり、管理棟にはシャワーやキッズルームなどの設備がそろっています。

初心者をターゲットにした新タイプのキャンプ場で、手ぶらで楽しめる設備が満載です。メインの手ぶらサイトはテントが常設で、テーブル・イスなども備えています。ほかにも、ドーム型のプレハブハウス、フリーサイトなどがあり比較的安い価格帯です。

ブリーズ・ファミリーキャンプの口コミなどはこちら

子供も楽しめるファミリーに人気のスポット!

この千葉の手ぶらOKの施設では、インストラクターのテント設営教室も開催され、これからキャンプを始める方にもぴったりです。ジューシーなトマホークステーキの豪華や夕食や、クロワッサンとコーヒーのおしゃれな朝食などを満喫できます。

また、キックボードやバランススクーター、幼児用自転車、水鉄砲などのレンタルもあり、遊び道具についても手ぶらで大丈夫です。目の前の海はリゾート感も満点で、海水浴やビーチコーミングなど季節ごとに違う楽しみ方があります。

基本情報

ブリーズファミリーキャンプ

  • 住所
    千葉県館山市那古1672
  • 電話番号
    070-8305-6382

手軽に贅沢なキャンプを満喫!

千葉で手ぶらでも楽しめる人気のキャンプ場をピックアップしました。今年オープンの「ブリーズ・ファミリーキャンプ」では設営済みのテントや手ぶらBBQがあり、初めてでも手軽に楽しめます。

また、一組限定の「いすみガーデンリトリート」は、静かに非日常を味わいたい方にもおすすめで、ワイルドビーチは海や大観覧車に隣接する千葉屈指のリゾート施設でした。千葉方面にご旅行の際は、このような魅力的な手ぶらキャンプ場にも立ち寄ってみてはいかがでしょうか。

千葉のキャンプが気になる方はこちらもチェック!

千葉には手ぶらでもOKの施設が満載でした。千葉には他にもさまざまなジャンルのキャンプ場があります。下には千葉の初心者向けやコテージが人気の施設、無料でテントを張れる場所などの特集をリンクしました。千葉でのキャンプのご参考にしていただければ幸いです。