Twitter
Facebook
LINE

荷物を少なくしてファミリーキャンプを快適に!減らすコツや必要最低限のギアを紹介!

佐藤3

荷物を少なくしてファミリーキャンプを快適に!減らすコツや必要最低限のギアを紹介!

佐藤3

荷物が多くなりがちなファミリーキャンプはできるだけ少なくするともっと余裕を持って準備できます。ファミリーキャンプで簡単に荷物を少なくするために必要最低限の道具の準備とキャンプギアの厳選をしましょう!不要な道具を減らし荷物を少なくするコツをご紹介します。



ファミリーキャンプの荷物を少なくしたい

キャンプの荷物を少なくするにはコツが必要

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

ファミリーキャンプの荷物は初心者の方ほど少なくするのが難しいもの。どうしてもファミリーということで人数分用意しなくてはいけない荷物もでてきて、少なくするように心がけないと大変なことになります。

ファミリーキャンプを楽しく過ごすにはコンパクト軽量化は必須

荷物が多いとキャンプの楽しさよりも準備や荷物の移動で疲れてしまって、一度そんな体験をすると次のキャンプにいくのに気持ちが重いということになってしまうでしょう。ファミリーキャンプを充実させるためにも、荷物を少なくすることは必要です。

多くなりがちなファミリーキャンプの荷物を厳選する方法

ファミリーキャンプは荷物を少なくしづらいといわれていますが、コツがわかればソロキャンプと同様に簡単に持ち物を厳選することができるでしょう。

ファミリーでみんなが楽しめるために、荷物持ちとなるお父さん・お母さんは特に荷物を少なくする方法を参考にしてみてくださいね!ファミリーキャンプに必須な必要最低限のキャンプギアからご紹介していきます。

ファミリーキャンプの必要最低限のギアは?



どうしても外せない準備というものがファミリーキャンプにも存在します。しかしやみくもに道具を詰めていては荷物は少なくならないでしょう。

ここでは準備する道具を厳選するために必須なキャンプギアを解説します。初心者の方は記事後半にチェックリストをご用意しましたので、こちらは軽く目を通して、そういうものなのかと読みすすめるだけでもOKです!

ファミリーキャンプに外せない荷物1.

寝袋・シェラフ類

ファミリーキャンプに限らず少なくできない荷物としてキャンプ用寝具があげられます。日帰りのデイキャンプでない限り、ファミリーキャンプには人数分のシェラフをご用意ください。

ちなみにシェラフをこれから買うという方は、化繊よりもダウンの詰め物をしたものの方が同じ大きさなら軽くてコンパクトになりますので覚えておくとよいでしょう。



ファミリーキャンプに外せない荷物2.

料理関係(水・材料・食器・コンロ類)

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

ファミリーキャンプの楽しみのひとつに野外で食べる食事もあるという方も多いです。これはどうしても荷物を少なくすることはできず特にファミリーの人数分の食器類は必ずご用意ください。

水や食材は現地に向かう途中のスーパーやコンビニで買うこともできますがペットボトルの水は荷物を少なくするのにはおすすめできません。

コンロ類に関しては少なくできる方法もありますので次章をご参考に、ファミリーに合ったものを考えてみましょう。

ファミリーキャンプに外せない荷物3.

拠点関係(テント・タープ・ハンモックなど)

ファミリーキャンプでは、どうしても荷物を少なくできない必需品にテント類があります。ファミリーなら初心者の方はコテージ泊にしてしまうという方法も選べますが、それではキャンプ感が物足りないという方もいるでしょう。

荷物になるのを覚悟しつつ、できるだけコンパクトになるファミリーテントを選んで持参するのがおすすめの方法です。

ファミリーキャンプに外せない荷物4.

夜間の明かり・ランタン

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

これがないと真っ暗な中で焚き火の明かりだけで食事をしたり夜の時間を過ごさないといけなくなります。必需品なので忘れずに持参するようにしてください。

近年はランタンもLEDライトで簡単に操作でき、軽くて長時間持つタイプが人気があります。オイルランタンもかっこいいですが、重かったりガラスや燃料類という点取り扱いに気を使う荷物になりますので注意が必要です。

キャンプの荷物を少なくするコツ5選

ファミリーキャンプには荷物を少なくできるキャンプギアもあります。簡単にコンパクトにおさめるには、工夫すべきポイントがあります。

準備に工夫をして必要な道具類を選ぶことで、ファミリーキャンプの荷物は劇的に少なくなるでしょう。

荷物を少なくするコツ1.サイズを小さいもので厳選

キャプテンスタッグ M6400

同じものを持っていくにも、同じアウトドア用の道具でもバーベキュー用とキャンプ用ではサイズが変わってきます。特にコンロ類など調理用品はコンロと燃料・使用するカップをクッカーの中にまとめて収納できたりする商品もあります。

ソロキャンプ用の道具ですがお茶用のお湯を沸かすためファミリーキャンプでも便利です。キャンプギア選びの参考にしてください。

荷物を少なくするコツ2.コンパクトになるギアを選ぶ

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

ファミリーキャンプには必要であるけれど、どうしても場所を取ってしまうものにローチェアや食料品用のクーラーボックス・ウォータータンクなどの大きなギアがあります。バーベキュー用の立派なものもありますが、キャンプ専用のものはコンパクトに収納できるようになっています。

ファミリーキャンプギアにおすすめの専用道具

たとえばローチェアは折りたたみではなくバラバラにできると、荷物がぐんと少なくなるでしょう。折りたたみは意外と置き場所を取り収容荷物のコンパクトさでは組み立て式よりも劣ります。

クーラーボックスやウォータータンクもそうで、そのままだと大きくてどうしても荷物が少なくなりません。使わなくなったらぺちゃんこにして隙間に収納できるものにすると、持っていける数に対して荷物が圧倒的に少なくなります。

荷物を少なくするコツ3.調味料を別容器に詰めて持参

クリックするとAmazon商品ページへ飛びます

家族に美味しいキャンプ料理を作ってあげようと、がんばっていろいろな調味料を持参するのは悪いことではありません。でもファミリーキャンプで意外と荷物が少なくならないのは、このような調味料の瓶などがスペースを取ってしまうこともあるのです。

必要な調味料はあらかじめ計量して、小さなジップロックなどの密封袋に分けて持参すると荷物が少なくなっておすすめ!その分空いたスペースに別の必要なものを詰め込めますよ。

荷物を少なくするコツ4.野外調理場・営火場のある施設

出典:https://photo-ac.com/

調理関係は鍋・フライパンやダッチオーブンなどどうしても荷物が少なくできない原因となっています。こちらの改良点としてキャンプ場に調理場がある場所を選ぶことで、コンロを持参する必要がなくなって荷物を少なくできるでしょう。

テント前で調理できない反面快適に食事できることも

ファミリーでテントの前で調理しながら食べるという楽しみが減ってしまうことにはなりますが、そういった場所だと近くにテーブルと椅子が用意されていることもあり、場所さえ確保できればアウトドアでも快適な食事ができたりします。

また営火場のあるキャンプ場ではその場所が屋根付きであることも多く、急に雨が降ってきた場合にも便利に快適に調理・食事を取ることができるため、ものは考えようというわけです。

荷物を少なくするコツ5.兼用できるキャンプギアの選択

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

例えばこまごまとした物をまとめて持ち運びしやすいようにキャリーやコンテナなどを使うことは、ファミリーキャンプに限らずアウトドアにはよくあることです。これらに収納してまとめることで一度に運べる量が増えて、駐車場とキャンプサイトが別にあるキャンプ場では重宝しますね。

ファミリー用のテーブルは特に兼用できないか模索しよう!

これらの箱類はひっくり返すと簡易テーブルのように使えるものもあります。そのままでは使えないものでも板を渡すことでその上で食事をしたりキャンプギアを収納する棚として活躍してくれるでしょう。

テーブルをひとつ荷物から減らし板を一枚持っていくだけでも、大きなテーブルが必要になるファミリーキャンプでは、かなり荷物を少なくできるでしょう。

ファミリーキャンプの荷物チェックリスト

最後にここまでの荷物を少なくするための必須なキャンプギアと、少なくできる余地がある荷物をリスト形式でご覧いただきましょう。初心者の方のファミリーキャンプチェックリストとしてもご活用ください。

ファミリーキャンプで必須の持ち物リスト

Photo byTumisu

寝袋やテント類
食料や水
ファミリーの人数分の食器
ランタンなど照明となるもの
コット・チェア・ソファなど座ってくつろぐ場所

どうしても減らせないキャンプ道具はより小さくなるものを選ぶ

キャンプで数日過ごすために持参しなくてはいけない必需品リストです。必要最低限なので、これだけではキャンプが厳しいものとなってしまう場合もあります。

できるだけミニマムに荷物を少なくする意識をしつつ、後述のコンパクトにできるものと組み合わせて、娯楽のためのキャンプギアも持参するようにしましょう。

ファミリーキャンプで荷物を少なくできるギアリスト

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

コンロ(営火場を利用)
ウォータータンク・クーラーボックス・ローチェア
(折りたたみや組み立て式を使用)
調味料類(小分けして持参)
テーブルは荷物入れコンテナ類に板を乗せて収納と兼用
薪は現地で調達

施設のものを利用したり現地で購入したりするのもあり!

上でもご紹介したもののほかに、例えば炭や薪は現地で買うと少し割高なので持参したいという方もいらっしゃいます。ただこれらは少なくすることが難しいので荷物を減らすという観点からいうと、薪は現地で買った方がよいものといえるでしょう。

まとめ

ファミリーキャンプは荷物を少なくする工夫を

出典:https://photo-ac.com/     

キャンプには必須の道具類も、工夫することで兼用させたりよりコンパクトなものを選んだりと荷物を少なくできる余地が十分あります。どうしても持ち物が多くなりがちなファミリーキャンプでは、特に荷物を減らす工夫が必要です。

よりコンパクトな荷物で、子供たちだけでなくお父さん・お母さんにも負担の少ない、楽しいファミリーキャンプをお過ごしください!

キャンプの荷物が気になる方はこちらもチェック

今回はファミリーキャンプの荷物を少なくするための工夫をご紹介しましたが、このほかにもキャンプギアの厳選に便利な大きなキャンプギア(テーブルやチェア類)の商品紹介記事もお役に立つでしょう!こちらも合わせて御覧くださいね。

Movie動画記事

ライトショアジギングからガチンコ青物まで!万能ロッドはコレだ!

提供:株式会社アピア 撮影協力:民宿いけ吉 今回の動画はAPIAから発売中のグランデージアトラス98Mについて解説します。以前発売直前にインプレッション動画を公開して以降、カンパチとのやりとりを数多く...

ライトショアジギングからガチンコ青物まで!万能ロッドはコレだ!

提供:株式会社アピア 撮影協力:民宿いけ吉 今回の動画はAPIAから発売中のグランデージアトラス98Mについて解説します。以前発売直前にインプレッション動画を公開して以降、カンパチとのやりとりを数多く...

初心者から始める「毎日キャンプ生活」29~35日目!

酷いありさまだったキャンプ初心者も、毎日キャンプ生活一ヶ月を迎え、ギアも揃い始め、ついに立派なキャンプ場でのキャンプもできた29~35日目。でもまだまだ体験してないことばかりで、毎日新しい経験をしてい...

お客様をガイドしたら天才だった件【島日記10】

撮影協力:民宿いけ吉 ★ロックショア実釣動画シリーズはコチラから★ https://youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK6GY_YaM64meCCcPvZcL...

お客様をガイドしたら天才だった件【島日記10】

撮影協力:民宿いけ吉 ★ロックショア実釣動画シリーズはコチラから★ https://youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK6GY_YaM64meCCcPvZcL...