検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

視界良好、電熱ゴーグルおすすめ6選!操作性がアップするメガネ対応モデルも!

電熱ゴーグルを知っていますか。スキーなどのウインタースポーツ時に装着するゴーグルは、どうしても環境によって曇ってしまい前が見えなくなります。電熱ゴーグルならこうしたストレスから開放されるでしょう。おすすめのモデルについても解説しますので、チェックしてください。
更新: 2022年10月24日
ユウキ

電熱ゴーグルは必須アイテム

スキーやスノボで大活躍

スキーやスノボでの必須アイテムと言えば、ゴーグルでしょう。快適にスキーなどを楽しむためには、ゴーグルはなくてはならないアイテムのはずです。しかし、ゴーグルを装着していると困ったことも起こります。

それはゴーグルの内部の曇りです。しかし、電熱ゴーグルを選ぶことで、曇り知らずの本当に快適な状態になります。レビューでの評価も高く、多くのスキープレイヤーに使って欲しい電熱ゴーグルを紹介しますので、ぜひチェックしてください。

電熱ゴーグルの必要性

視界が常に確保できて安全

電熱ゴーグルを使うことで、常に視界が確保できます。内部の曇り問題は、スキー好きなら誰もが経験をしているでしょう。しかし、電熱ゴーグルならこうした問題も解消されますので、視界が良好になり安全性が確保できるのです。

ゴーグルが曇って前が見え辛く、危険に感じた経験は多くのスキープレイヤーが実感しています。電熱ゴーグルならこうした危険も未然に防ぐことができますので、上手に活用して危険のリスクを防ぎましょう。

快適に景色を楽しめる

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

電熱ゴーグルによって視界が良好になれば、スキー中に景色を堪能できるようになります。ゴーグルが曇ってしまい、何となく見える景色で滑っている人も多いのではないでしょうか。視界が確保できれば、景色を楽しむ余裕も出てきます。

もちろん、スキーをしているときだけではなく、常に電熱ゴーグルによって視界が確保できますので、スキー以外の楽しみも増えるでしょう。電熱ゴーグルを上手に活用して、最高の景色を楽しんでください。

熱気も抑えてくれ快適なスキーになる

ゴーグルをつけてスキーをするとわかりますが、意外にゴーグルの中は熱気が溜まってしまいます。気がついたらゴーグルの中が暖かくなっていたということもあるでしょう。この熱気が結果的に曇りにも繋がるのです。

こうした熱気も電熱ゴーグルを使えば解消できます。電熱ゴーグルの中にはバッテリー内臓でファン付きのモデルもあるのです。こうした電熱ゴーグルを使えば、熱気も感じにくくなりますので、ぜひ活用してみてください。

おすすめモデル4選

1:Smith I/OX Turbo Fan

電熱ゴーグルとしては有名なこのモデルは、丈夫にファンが内蔵されているモデルになります。ファンが付いていると、どうしても大きくなってしまうイメージがありますが、このモデルは見た目がかなりスッキリとしていることがレビューでの評価の高さに繋がっているのです。

一般的なゴーグルとほどんど見た目は変わりませんので、違和感なく電熱ゴーグルとして使用することができるでしょう。バッテリーではなく乾電池タイプなので、すぐに交換ができるのも嬉しいポイントです。

2:Oakley inferno

出典:rakuten.co.jp

このモデルは、レンズに電熱線が入っており、レンズを温めることで曇りなどが解消されるタイプになります。バッテリー駆動のため、乾電池を持ち歩かなくてもいいため便利です。バッテリーのボタンを付けるだけで起動します。

レンズをまんべんなく3分間温め水分が除去できたら、自動的にオフになるのです。連続して使わないためバッテリー切れの心配も少ないと言えるでしょう。レビューでの評価も高い、おすすめの電熱ゴーグルです。

3:509 Aviator 2.0 Ignite S1 ゴーグル

このゴーグルは、電熱線とファンの両方を利用してレンズの曇り防止するゴーグルです。バッテリーは外付けタイプのため、独立させて充電ができます。ベルトに取り付けるのタイプで、充電時には防水ケースからバッテリーを取り出してマイクロUSB充電ポートにて充電します。

また、レンズは最新のマグネット式で装着されているうえに、自動運転とマニュアル運転の切り替えもできる、最強の電熱ゴーグルといえる逸品です。

4:Abom Heet ゴーグル

電熱ゴーグルではありますが、このゴーグルは温熱伝導フィルムをレンズに内蔵したモデルになります。そのため効率良くレンズを曇りから開放できるため、スイッチを入れればすばやくレンズの曇りを除去できるのです。

また、かなり省電力設計になっていますので、長時間スキーなどを楽しむ場合にもこの電熱ゴーグルなら安心でしょう。また、バッテリーはフレームに入っていますので、見た目的にもかなりスッキリとした電熱ゴーグルに感じます。

メガネ対応おすすめモデル2選

1:SWANS RACAN-XED

SWANS スワンズ スノー ゴーグル RACAN-XED

出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon
出典:Amazon

こちらの電熱ゴーグルは、レンズ本体が発熱します。充電式のリチウムポリマーバッテリーを搭載しており、どのようなシチュエーションでも視界を良好に保ちます。また、ダブルレンズで視界を鮮明にしているだけでなく、軽量に作られているのがポイント。

また、レンズの歪みを防止する機能もあります。グローブをしたままでも脱着できるバックルを採用しており、どんな角度からでも留めることが可能です。

2:SWANS HELI-MPDTBS

スワンズ スノー ゴーグル HELI-MPDTBS

出典:楽天
出典:楽天
出典:楽天

こちらの電熱ゴーグルの内部には、マイクロターボファンを搭載。湿度センサーが取り付けられており、オートでファンが動きます。また、サイド部分には電気スイッチがあり、グローブを装着したままでも操作しやすいのがポイント。

反対側には、電池を入れるボックスがあります。紫外線によってレンズの明るさが変わる技術を採用しているモデルなので、気になる方はぜひこの機会に購入してみてください。

電熱ゴーグルを選ぶ際の注意ポイント

総重量を確認して選ぶ

ゴーグルは基本的にはどのモデルも軽い素材を使用して作られています。しかし、電熱ゴーグルはバッテリーや電池などを使用するため、一般的なゴーグルに比べてどうしても重たくなってしまうのです。

電熱ゴーグルを選ぶときには、必ず総重量をチェックするようにしましょう。曇りが解消されて視界が良好になっても、重量が増して快適に使えなくなれば意味がありません。総重量をチェックしてた電熱ゴーグルを選べば、失敗を防ぐことができます。

連続使用時間もチェックしておく

電熱ゴーグルは連続して電源をオンにしておく必要がないと思っている人もいるでしょう。必要なときだけ電源をオンにしておけば、バッテリーも十分持つと考えて選んでいる人も多いはずです。

しかし、環境によっては、常時電源をオンにしておくべきこともあります。そのため電熱ゴーグルは必ず連続使用時間をチェックしておくようにしましょう。スキーなどをしていると充電ができる環境にありませんので、連続して何時間持つかは確認をしておくべきです。

電熱ゴーグルで快適なウインタースポーツを

ウインタースポーツがもっと楽しくなる

電熱ゴーグルを利用すれば、今よりも遥かにウインタースポーツが楽しくなります。ゴーグルはどうしても環境によって曇ってしまいうのです。その都度、ゴーグルを外してレンズを拭くのはかなり面倒になってきます。

電熱ゴーグルを利用すれば、こうした煩わしさから開放されるでしょう。また、メガネをつけたまま利用できるゴーグルを選べば、メガネをつけている人も快適にウインタースポーツを楽しめます。電熱ゴーグルでさらに冬を楽しみましょう。

スキーウェアの選び方が気になる方はこちらをチェック!

スキーウェアはどういったタイプを選ぶべきか迷っていませんか。おすすめのスキーウェアの選び方について詳しく解説されていますので、ぜひチェックしてください。