Twitter
Facebook
LINE

手頃な値段が口コミで好評!ノースフェイスのライトジャケットをレビュー!

こしあん12

手頃な値段が口コミで好評!ノースフェイスのライトジャケットをレビュー!

こしあん12

ノースフェイスのライトジャケットについてご紹介しています。購入者レビューや、ノースフェイスのジャケットを活用したコーディネート例もご紹介していますので、チェックしてみて下さい。ノースフェイスのライトジャケットは、手頃な値段と使い回しやすさが人気のアイテムです。



ノースフェイスとは

ノースフェイス(THE NORTH FACE:ザ・ノース・フェイス)とは、1968年に設立されたアウトドアブランドです。アメリカ合衆国のカリフォルニア州に本社を持ち、アウトドア用品やアパレル用品、登山用具の制作や販売を行っています。

ノースフェイスのライトジャケットをチェック

今回はそんなノースフェイスから販売されているライトジャケットについて、詳しくご紹介します。ノースフェイスのライトジャケットは手ごろな値段で手に入れることができ、デザインもかっこいいと人気があります。

口コミや購入者レビューも合わせてご紹介しますので、ノースフェイスのライトジャケットが気になっている方はぜひチェックしてみて下さい。今回ご紹介する内容は2021年10月時点の情報です。値段や在庫は更新されている場合がありますので、ご注意下さい。

ノースフェイスのメンズライトジャケット

マウンテンライトジャケット

まず最初にご紹介する、ノースフェイスのおすすめメンズライトジャケットは「マウンテンライトジャケット」です。カラーはブラック、メリディアンブルーなどの19色から選ぶことができ、値段は23,523円~39,600円(税込)と販売している店舗によって異なります。



マウンテンライトジャケット

出典: 楽天
出典: Amazon
サイズS~XL

街コーデにも使いやすい

ノースフェイスの「マウンテンライトジャケット」は、ノースフェイス定番の肩の切り替え部分が入ったデザインとなっています。カラーバリエーションも豊富で、18色の中から自分の好きな色を選ぶことができるので、シンプルなカラーを選ぶと街コーデにも使いやすいと人気です。

防寒性が高い



Photo bygeralt

ノースフェイスの「マウンテンライトジャケット」には、GORE-TEX2層構造が採用されています。GORE-TEX2層構造とは表生地と防水透湿性フィルム、裏生地を分けた2層構造のことです。

防水透湿性フィルムと裏生地を離すことで隙間が作られ、外に熱を逃がしにくい構造となっています。また、ノースフェイスの「マウンテンライトジャケット」の表生地には70デニールのナイロンを採用し、少し長めの着丈にすることで更に保温性を高めているのです。

ジップインジップ対応

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

ノースフェイスの「マウンテンライトジャケット」は、ジップインジップ対応のライトジャケットです。ジップインジップとは、アウターウェアとミドルウェアをジッパーでつなげ、1枚の服のように一体化させることを言います。

他のノースフェイス製品で、ジップインジップ対応のウェアは「マウンテンライトジャケット」に連結させることが可能です。2枚の服を一体化させることができるので、脱ぎ着が楽になるといった便利な仕様になっています。

アストロライトジャケット

続いてご紹介する、スノーフェイスのおすすめメンズライトジャケットは「アストロライトジャケット」です。カラーはブラック、ニュートープ、マラードブルーの3色から選ぶことができ、値段は28,000円~33,000円(税込)と販売している店舗によって異なります。

アストロライトジャケット

出典: 楽天
出典: Amazon
サイズS~XL

高品質のダウン

Photo bySponchia

ノースフェイスの「アストロライトジャケット」は、高品質の軽量ダウンジャケットです。ダウンの品質はフィルパワーという単位で表示され、このフィルパワーが高ければ高いほど、ダウンの品質が高いということになります。

一般的に良質なダウンとされるのは、600~700フィルパワーのダウンです。これに比べて、ノースフェイスの「アストロライトジャケット」のダウンは900フィルパワーという高さ。薄手なのにしっかりと暖かさがある、高品質のダウンと言えます。

コンパクトに収納可能

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

ノースフェイスの「アストロライトジャケット」は、ジャケット本体を収納することができるスタッフサック付き。少し気温が暖かいときは、「アストロライトジャケット」を脱いでスタッフサックに収納することでコンパクトにまとまります。

ダウンと聞くとかさばるイメージを持つ方も多いかもしれませんが、ノースフェイスの「アストロライトジャケット」はスタッフサックに入れることで、小さく収納ができます。

ホワイトライトジャケット

続いてご紹介する、ノースフェイスのメンズおすすめライトジャケットは「ホワイトライトジャケット」です。こちらのライトジャケットは、手頃な価格で手に入れることができるノースフェイスの人気アイテムとなっています。

カラーはブルーやブラックなどの5色から選ぶことができ、値段は9,900円~20,900円(税込)と販売している店舗によって異なりますので、注意してください。

ホワイトライトジャケット

出典: 楽天
出典: Amazon
サイズS~XL

保温性が高い

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

ノースフェイスの「ホワイトライトジャケット」のフロントコア部分には、NASAが開発した高い断熱性能があるエアロゲル繊維を融合した、プリマロフトゴールドインサレーションを封入しています。

さらに、ノースフェイスの「ホワイトライトジャケット」の袖には、ストレッチニットを使用することで伸縮性と保温性を確保。通気性がありながらも、体の熱を逃さない仕様になっています。

軽量で強度が高い

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

ノースフェイスの「ホワイトライトジャケット」は、表生地にパーテックスカンタムを採用しています。パーテックスカンタムとは、極細糸を高密度に織り上げている素材のことで、とても軽く強度が高いのが特徴です。

アウトドアウェアは長時間着用することが多いため、ノースフェイスの「ホワイトライトジャケット」は軽量で長時間着ていても疲れにくいのが、嬉しいポイントとなっています。

ノースフェイスのレディースライトジャケット

マウンテンライトジャケット

まず最初にご紹介する、ノースフェイスのレディースおすすめライトジャケットは「マウンテンライトジャケット」です。先にご紹介したメンズの「マウンテンライトジャケット」のレディース版で、カラーはブラック、ワイルドアスターピンクなどの15色から選ぶことができます。

値段は、31,350円~39,600円(税込)と販売している店舗によって異なります。

マウンテンライトジャケット

出典: Amazon
出典: 楽天

着心地がいい

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

ノースフェイスの「マウンテンライトジャケット」は、襟の内側にトリコット生地を使用しています。トリコット生地を使用することで、通気性があり肌ざわりがよい着心地となっているので、長時間着用していてもムレたりすることがありません。

またノースフェイスの「マウンテンライトジャケット」は、裾部分には風によるバタつきを抑えるアジャスタードローコード、袖口にはフィット感を調整するベルクロが付いているので、自分のサイズにジャケットを調整することができます。

カラーバリエーションが豊富

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

ノースフェイスの「マウンテンライトジャケット」はカラーバリエーションが豊富なので、いろいろな種類から自分の好きなカラーを選べるのも嬉しいポイント。暗めのカラーを選んでクールな印象にしたり、明るめな色を選んでポップな印象にしたりと、カラー次第でがらっと印象が変わります。

ノースフェイスの「マウンテンライトジャケット」はメンズサイズとレディースサイズがあるので、カップルや夫婦でお揃いで着用するのも人気です。

クライムライトジャケット

続いてご紹介する、ノースフェイスのおすすめレディースライトジャケットは「クライムライトジャケット」です。カラーはブラック、ミネラルパープルなどの9色から選ぶことができ、値段は26,412円~33,000円(税込)と販売している店舗によって異なります。

クライムライトジャケット

出典: 楽天
出典: Amazon
サイズS~XL

防水性が高い

Photo by Kazuhiro Keino

ノースフェイスの「クライムライトジャケット」は、軽い防水のレインジャケットです。「クライムライトジャケット」にはゴアテックスのマイクログリットバッカーが採用されています。ゴアテックスには防水透湿機能があり、さらに表地は撥水加工が施されているので、雨に濡れても中まで浸透することがありません。

ノースフェイスの「クライムライトジャケット」は透湿機能もある素材を使用しているので、汗をかいても蒸れにくいのも嬉しいポイントです。

視界の確保もばっちり

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

ノースフェイスの「クライムライトジャケット」のフードの後ろには、アジャスターコードが付いています。レインウェアをフードまでかぶった時に、フード部分が大きくて視界が狭くなってしまうのが心配…という方も、いるのではないでしょうか。

ノースフェイスの「クライムライトジャケット」は、フード後部にあるアジャスターコードを使ってフード部分を絞ることで、視界を確保することができます。これで、雨の日でも安心してフードまでかぶることができそうです。
 

スタッフサック付き

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

ノースフェイスの「クライムライトジャケット」は、収納に便利なスタッフサック付き。スタッフサックに「クライムライトジャケット」を収納すると、女性が片手で持つことのできるサイズになるので、使わないときはリュックに入れておいても場所を取りません。

アウトドアでの急な雨の際に活躍してくれるのはもちろん、普段使いとして梅雨の時期にノースフェイスの「クライムライトジャケット」をかばんに入れておくのも、おすすめです。

ノースフェイスのライトジャケット活用コーデ

マウンテンライトジャケット使用の街コーデ

こちらのコーディネートは、ノースフェイスの「マウンテンライトジャケット」を使用しています。メンズSサイズの「マウンテンライトジャケット」のモントレーブルー×ストームブルーと、ロゴ入りの白パーカー、デニムのサロペットを組み合わせた爽やかな印象のコーディネートです。

ノースフェイスの「マウンテンライトジャケット」は裾を絞ることができるので、だぼっとしたデニムでもメリハリのあるシルエットになっています。街中に出ても違和感のないコーディネートです。

アストロライトジャケット使用のメリハリコーデ

こちらは、ノースフェイスの「アストロライトジャケット」を使用したコーディネートです。インナーにギンガムチェック柄のシャツを合わせ、前のジッパーを開けて着ることでチェック柄をチラ見せし、おしゃれな雰囲気になっています。

ノースフェイスの「アストロライトジャケット」はシンプルなデザインなので、柄物とも合わせやすいのが嬉しいポイント。ボトムは定番のデニムでも合いますが、チノパンツを合わせるとカジュアルになりすぎないのでおすすめです。

クライムライトジャケット使用のシャツコーデ

こちらは、ノースフェイスの「クライムライトジャケット」を使用したコーディネートです。インナーは薄いブルーの襟付きのシャツを合わせ、さわやかな印象になっています。パンツもノースフェイスのウェアですが、トップスに襟付きのシャツを合わせることで、アウトドア色がそれほど強くないコーディネート。

ノースフェイスの「クライムライトジャケット」をシンプルなカラーを選択することで、タウンユースと使用しても違和感がありません。

ノースフェイスのライトジャケットのレビュー

購入者レビュー・口コミ「ヘビーローテーションしそう」

生地は3レイヤー?のゴアテックスで、裏地も有りますが、ゴワゴワ、パリパリする感じは無く、しなやかで着心地は良いです。
ロンTやシャツ1枚に羽織れば、秋口から春先まで着れますし、関西程度の寒さなら真冬日以外はインナーダウンやインナーフリースで殆ど対応できる感じです。

こちらはのレビューの投稿者は50代の男性で、ノースフェイスの「マウンテンライトジャケット」を購入した方です。着心地もよく、中に着るものを変えれば春・夏・秋の3シーズン活躍してくれることに高評価を得ている口コミになっています。

購入者レビュー・口コミ「軽くて暖かい」

とにかく軽くて暖かいです。前を閉めてしまえば風が強い寒い日でも全然平気です。
デザインも独特で気に入っています。

こちらは、ノースフェイスの「アストロライトジャケット」を購入した方のレビューです。900フィルパワーという高品質なダウンを使用しているので、実際に着用しても軽くて暖かいと高評価を得ています。

またノースフェイスの「アストロライトジャケット」は、キルティングのような珍しいデザインなので、他のメーカーのダウンと比べてもデザインが被りにくいのも特徴です。

購入者レビュー・口コミ「デザインがかっこいい」

撥水性もさすがGore Texで雨の中の登山でも、不快に感じませんでした。フードの中にに紐が付いているので、絞ることができ、風が強くても脱げません。
デザイン性があり、めちゃくちゃかっこいいです。色も、タウンユースできるくらい落ち着いた色なので気に入っています。

こちらは、ノースフェイスの「クライムライトジャケット」を購入した方のレビューです。実際に雨の中の登山で使用しても、快適にアウトドアを楽しむことができたとのこと。アウトドアウェアなのに、街中でも着られるくらいおしゃれなデザインなことも高評価を得ているレビューです。

購入者レビュー・口コミ「持っていて損はない」

クリックすると楽天商品ページへ飛びます

表面素材がパーテックス、中綿の化繊がプリマボールと保温については、なかなかです。保温機能が高いゆえに薄手のにできます。そのため、アウターだけでなく、インナーとしていけます。都会有れば、この上に軽めのアウター(ゴアテックス等のジャケット)だけで、冬もいけます。

機能的で、中々のスタイリングで、一着は持っていて、損はないウェアーだと思います。

こちらは、ノースフェイスの「ホワイトライトジャケット」を購入した方のレビューです。保温機能が高いのに薄手なので、アウターとしてだけでなくインナーとしても活用できそうとのこと。ノースフェイスの「ホワイトライトジャケット」は高い保温性を持つ素材を使用したライトジャケットなので、いろいろなシーンで活躍が期待できます。

ノースフェイスのライトジャケットまとめ

今回はノースフェイスから販売されている人気のライトジャケットについて、詳しくご紹介しました。ノースフェイスのライトジャケットは、機能的なのに手頃な価格で、タウンユースでも使いやすいと人気のあるウェアです。

他のノースフェイス製品が気になる方はこちらもチェック

ノースフェイスでは、今回ご紹介したライトジャケット以外にもさまざまなアウトドアウェアを販売しています。キャンプや登山などのアウトドアに役立つ、いろいろな種類のウェアが盛りだくさんです。ノースフェイスの他のアウトドアウェアに興味がある方は、以下の記事も合わせてチェックしてみて下さい。

SNS SHARE

Twitter
Facebook
LINE

Movie動画記事

実は中身がコピー用紙!ハロウィンのリースを安く簡単に作る方法・手順を紹介🎃✨

今回はかわいいハロウィンリースを作る過程をご紹介しました! 100均ダイソーで購入した「ハロウィン柄のリボンテープ」やオレンジ色の毛糸を使って、コピー用紙で作った棒にくっつけていくだけ! 用意するも...

釣りのラジオ釣りラじ「第51回俺カラー登場!!」

★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK57JSkYSvMVUpxHyrD2nswN ▼釣りラジをSpo...

このやり方で可愛くボリュームが出ます✨ハロウィンリボンカチューシャのおすすめの作り方解説🎀

今回は100均ダイソーで購入した「ハロウィン柄のリボンテープ」を使って、かわいいリボンカチューシャを作る過程をご紹介しました! 用意するものは下記です。 【材料】 リボン(約1m10cm使用・ワイ...

根がかりしても、それでもメタルジグを投げるワケ

★実釣動画シリーズはコチラから★ https://www.youtube.com/playlist?list=PLjuuV-pBjkK57JSkYSvMVUpxHyrD2nswN ★チャンネル登録よ...

手作りハロウィンプレゼントにおすすめ!こうもりガラスドームキーホルダー🦇

今回は100均セリアで購入した「蝙蝠の羽根のガラスドーム」を使って、かわいいキーホルダーを作る過程をご紹介しました。 ちなみにセリアには他にもカボチャ等、いろいろなタイプのものがありました! 用意す...