検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

自転車用の防寒対策に必須!ワークマンのグローブをレビュー&魅力を大解剖!

ワークマンには秋冬の寒さ対策に使える小物も充実しています。たくさん種類がありますが、今回はHPに記載があるアイテムの中から自転車で使いやすいワークマンのグローブを紹介しますね。ワークマンの自転車向きグローブも機能性が高く、低価格でおすすめです。
2021年11月24日
揚げ餅

自転車の防寒にワークマングローブが便利

ワークマンは防寒グッズもおすすめ

近年ワークマンの注目アイテムと言えば機能性の高いウェアやパンツが多いですが、グローブ(手袋)やマフラーや帽子などの防寒グッズや小物もおすすめです。機能性が高く使いやすいアイテムが多数あります。バイクや自転車などでも使いやすいアイテムが、多数あり評価が高いです。

防水透湿性素材のジャケット、フルコットンのパーカーなどと比べると小物類の品数は少なめになりますが、ワークマンらしい価格帯でグローブが手にはいります。


オンラインストアで表示されないものも

ワークマンは自社ECサイトからほとんどのアイテムが購入できますが、すべてのアイテムが購入できるというわけではありません。ワークマンには、店頭だけでしか取り扱っていないものも多いです。

今回紹介する冬の自転車やバイクに向くグローブは、店頭でしか取り扱っていないものが多めになります。自転車に向くグローブに限らず、ワークマンの小物類は店舗によって取扱状況が大きく異なるため店舗に問い合わせて足を運ぶといいでしょう。

ワークマンのブランドを紹介

ワークマンには自社ブランドが複数あり、それぞれ冬の自転車やバイクに向くグローブを発売しています。各オリジナルブランドはコンセプトが異なり、フィールドコアはアウトドアに向くアイテムが多く、自転車向きのグローブも人気です。
 


イージス

ワークマンのオリジナルブランドの一種で防水性の高いウェア人気です。展開しているグローブも防水性の高いものになっていて、水が染み込まないということは風も吹き抜けにくいため暖かいです。革を使った本格的なグローブなどもあり、デザイン性の高いアイテムが魅力になります。

wmb(ワークマンベスト)

wmb(ワークマンベスト)はワークマンの初のプライベートブランドとなり低価格でロングセラーの使いやすいアイテムが揃ったブランドです。今回紹介するグローブをはじめ作業着、作業用品の定番のアイテム、ワークマンの人気のロングセラーアイテムを取り扱っています。

ワークマンの魅力


選択肢が豊富

ワークマンは前述したフィールドコアなどの自社オリジナルブランドだけではなく、一般のメーカー品も販売していてさまざまなアイテムが揃います。そのため、選択肢が豊富なところも大きな魅力です。自社のロングセラーモデルはワークマンベストから発売し、アウトドアはフィールドコアという形になります。

前述したようにオンラインストアがありますが、小物類は実際に店頭に足を運ばないとわからないため店頭での確認が早いです。

高コスパアイテムが充実

Photo byPexels

ワークマンのアイテムは機能性が高く、低価格帯のアイテムが多いコスパが高いです。洗い替えや予備を購入しても他社の同額程度になることから、家族分買い揃えたい方にもおすすめのブランドになります。

また、単に安いだけではなく性能が高いところもポイントです。防水性の高いグローブやフリース素材で保温性が増していたり、自転車やバイクのハンドルがきちんと握れるグリップ力の高いグローブなど性能が高いアイテムが揃っています。

はじめに

今回紹介するワークマンの自転車でも使いやすいグローブは、2021年11月時点でワークマンのHPに商品ページがあるものを紹介しています。また、値段などの情報も2021年11月時点のものです。

1:自転車に向くフリースグローブ

1:FLEECE GLOVE

2021年のカタログにも登場しているシンプルなフリースの手袋です。保温性のあるフリースを使用し通気性と保温性を両立したポリエステル素材となっています。全体がフリースだと滑りやすいですが、手のひら部分がポリ塩化ビニル樹脂コーティングが施された特殊な生地になっていて滑りにくいように加工が施されていてグリップ力が高いです。

発売元はワークマンベストとなっていて、シンプルなグローブということで非常に低価格になっています。

さまざまなシーンで使いやすい

本品はさまざまなシーンで使いやすいシンプルなフリースです。そのまま自転車での通勤通学、ツーリングに使うとフリースのため風の影響を受けやすいためインナーグローブとしての使用もおすすめになります。また、フリースのため街の中や散歩などさまざまなシーンで使いやすいです。

値段はコスパに優れているワークマンベストからの発売ということで、499円と非常に安くなっていて購入しやすいアイテムになっています。

使い勝手とデザイン性

Photo bydjedj

シンプルなフリースのグローブですが、人差し指はタッチパネル機能があり、グローブをしたままスマホやパッドの操作もできます。自転車ツーリングの際にスマホでナビを見るとき、目的情報をなどを調べるときにグローブを外さなくても操作できるため便利です。自転車だけではなく普段使いときにも便利な機能となっています。

また、本品には犬とパンダのかわいい柄もあり子どもにもおすすめグローブです。家族全員分をワークマンで揃えられます。

フリース手袋の評価

ワークマン2021年のカタログに記載されているシンプルなフリースです。きちんとした暖かさがあり保温性もあるため、秋冬の自転車でも使いやすいです。子どもむけのかわいい柄付きモデルからシンプルなブラックやグレーなどのラインナップが豊富にあり年齢、性別問わずおすすめできます。

薄手のためインナーグローブとしても使えて、応用しやすいところも魅力です。フリース素材のため手入れもしやすく扱いやすいアイテムになります。

やっとネットにて購入した 使用感は温かい。この冬を乗り越えます

2:シンプルな自転車のグローブ

2:STANDARD GLOVE

スタンダードグローブはワークマン2021年のカタログに記載のあるシンプルなデザインのグローブです。材質は、ポリエステルとなりワンコインで購入できるコスパの高いアイテムになります。

厚みが少ないため指が動かしやすく通勤通学などさまざまなシーンで使いやすく、自転車でも使いやすいグローブです。シンプルなデザインですが、人差し指はタッチパネルに対応しているためスマホやタブレットがそのまま使えます。

握りやすい

ワークマンのシンプルなグローブですが、手のひらの面は全体に滑り止め加工がありグリップが効きやすいグローブになっています。そのため自転車に乗っているときでも使いやすい設計です。グローブは、全体に滑り止めがあるタイプと手のひらだけしかないものもあるので、滑り止めの面積は選び方のポイントになります。

また、防風性の高い厚手のものと比べるとインナーグローブとしても使いやすいモデルです。

ワークマンらしい値段

ワークマンのスタンダードグローブは低価格で購入しやすいところもポイントです。値段は499円となり自転車、徒歩でも使いやすく、寒さが強いときはインナーグローブとしても使えます。値段と使い勝手のバランスがいい自転車でも使いやすいグローブです。

本品の発売はワークマンベストとなり、ワークマンの他のオリジナルブランドと比べると値段が安くコスパの高さも魅力といえます。シンプルなデザインで使う場所を選びません。

STANDARD GLOVEの評価

シンプルで使いやすいグローブとして評価されていて人気です。単体でも寒い場合は、インナーグローブ追加するという考え方もあります。本品は手のひら全体が滑り止め加工になっていて使いやすく、シンプルで自転車でも使えるグローブになります。

ワークマンのスタンダードなグローブということで、ずば抜けて保温性があるというわけではないため自転車に乗るときに風を感じる場合は、防風性能の高い別のグローブと合わせて使いましょう。

 

素材も滑り止めの感じも希望通りでしたので使わせて頂きます。

3:自転車のグローブ(指先カットタイプ)

1:カット モイスト グリップ

Photo byHOerwin56

※イメージ画像です

フィット感を重視しつつ秋冬の自転車ツーリングで使いやすいワークマンのグローブが、フィールドコアから発売されている本品です。ポリエステルとウレタンを使い手に吸い付くようなつけ心地になっていてフィットしやすいです。

部位ごとに材質が異なり、自転車ツーリング中に衝撃が伝わりやすい手のひら部分は強度のある合皮が使われています。手首の部分はマジックテープで調整でき自転車ツーリング中にズレることがなく扱いやすいです。

指を動かしやすいモデル

本品は操作性の高いモデルとなっていて、各指の第2関節よりも先は生地がない指出しタイプのグローブとなります。指先は生地に覆われていなためブレーキレバーを握りやすく、ベルを操作しやすいなど指先を動かしやすくなってます。スマホやタブレットも使えるため便利です。

手の平部分は革の衝撃を吸収するクッションにもなっていて、紹介してきたワークマンのグローブ中では特に自転車やバイクなどに向いているモデルになります。

汗を拭いやすい

Photo byAlexas_Fotos

親指の付け根部分にはタオル地が使われているため、高速走行などで汗ばんだときに手袋で汗を拭うことも可能です。また、タオル地は通気性がいいため蒸れを軽減する効果が期待できます。

デザインは迷彩とブラックの二種類あり、フィールドコアはワークマンの中でアウトドアに向いたブランドのため他の手袋とはデザインや機能が少し異なりおしゃれで使いやすいです。

カット モイスト グリップの評価

自転車で使いやすいワークマンのグローブとしておすすめの理由が、フィットしやすく指先の可動域に制限をかけず動かしやすい形状になっている点です。口コミでも握りやすいと評価されているワークマンのグローブとなります。

また、タオル地が使われて汗を拭える機能や手のひら部分にクッションがあるため自転車、バイクなどさまざまなシーンで活躍できるグローブです。指先が出ていない通常モデルのモイストグリップグローブもあります。

手袋の内側が手に吸い付く感じでグリップ力高まります

4:自転車のグローブ(防水)

防水シェルグローブ

本品はワークマンオリジナルブランドのイージスの防水性の高いグローブです。防風性もある程度あり、寒い時期でも使いやすいですが、防水シェル手袋自体には保温性がないため、インナーグローブを使用して保温性を足すと秋冬でも使いやすいグローブになります。

アウターとして使う場合は、少し大きめのサイズを選びましょう。また、分厚い手袋のアウターとしては使えないため注意してください。フリースの手袋がインナーグローブとしておすすめです。

イージスのシンプルなグローブ

Photo bypuotek

ワークマンオリジナルブランドのイージスから発売されているシンプルな防水手袋となり、防水以外の機能はありません。保温、防風性能は記載されていませんが、後述する評価ではアウターとして人気です。

細かな機能としては、手のひら部分に滑り止めがありグリップしやすく、反射プリントにより夜の視認性を高めてくれます。暗くなるのが早い冬におすすめ機能です。裏はメッシュインナーのため自転車ツーリングでは保温対策をしたほうがいいでしょう。

防水シェルグローブの評価

ワークマンのイージスの防水グローブは値段が安く、アウターとして自転車やバイクで使いやすいと好評です。自転車やバイクで使うときは、防水性を活かしインナーグローブと合わせて使うことで使いやすいと評価されています。

防水シェルグローブ単体でも防水性があり、ある程度風を防いでくれるため、アウトドアやガーデニングなどさまざまなシーンで使いやすいです。

革グローブの上に着用しています。
雨水の侵入もなく快適です。

5:自転車のグローブ(革手袋)

防水レザーグローブ

Photo byleo2014

※イメージ画像です

ワークマンのオリジナルブランドのイージスが発売する革製の防水性のある手袋です。秋冬用のアイテムとなっていて、革製のため防風性にも優れ、バイクでも自転車でも使いやすくなっています。

材質は軟らかいヤギ革と一部分だけ合皮となって手に馴染みやすくハンドル操作がしやすいです。水に濡れてもヤギ革は硬くなりにくく、防水仕様のため秋冬の自転車やバイク、徒歩などさまざまなシーンで使いやすい人気作になります。

防風・保温性がある

Photo byCouleur

ワークマンの防水性の高いブランドのイージスということで雨に強いですが、本品は秋冬用のアイテムになっていて中綿入りの保温性が高いモデルです。また、革は風を通さない素材のため風を受けやすい自転車でも冷たく感じにくいグローブとなります。

また、合皮ではなく天然ヤギ革のためポリエステルなどの化繊と比べると耐久性も期待でき自転車に向く仕様です。バイクでも使いやすいアイテムとなっていて値段はワークマンらしい3900円となります。

M3シンサレートのタグ付き

ワークマンのレザーグローブにはM3素材を使っている証のタグがついています。M3シンサレートとは高機能中綿素材となり保温性を高める素材として開発された繊維構造のことです。ただの化繊と比べ信頼性の高い素材になります。そのため秋冬の徒歩や自転車、バイクなどさまざまなシーンで活躍しやすいです。

防寒防風性能がありますが、自転車に乗っていて寒いと感じる場合は、インナーグローブを使うといいでしょう。

デザイン性が高い

革グローブということでデザイン性の高さもポイントです。バイクや自転車でも使えるワークマンの本格的な革グローブということでブラックとブラウンの定番の2色があります。ブラウンカラーは裏面と手首の部分、手の甲で色が異なる仕様です。

ワークマンのグローブのまとめ

自転車のグローブもレイヤリングが大切

Photo byrenategranade0

ワークマンにはフィールドコアやイージス、ワークマンベストなどさまざまなブランドがあり、ブランドごとに自転車でも使いやすいグローブが発売されています。自転車でも使えるように防寒防風性が高いグローブもありますが、風を切って進む自転車だと冷たく感じることもあるので、インナーグローブで工夫するといいでしょう。

ワークマンのオンラインストアでは自転車でも使えるグローブは購入できないため店舗で確認してくださいね。

自転車用品が気になる方はこちらもチェック!

スポーツタイプの自転車には必要なるアイテムが多いです。くらし~のにはスポーツタイプの自転車にあると便利なものに関する記事があるのでよかったらチェックしてくださいね。