検索アイコン
Twitter
Facebook
LINE

1日単位で加入できる、ゴルファー保険おすすめ3選!帰宅するまで安心の補償内容も!

ゴルフ保険というと、ホールインワン保険が有名ですがゴルフ保険はそれだけではありません。用品損害補償や傷害補償、賠償責任補償のどもあります。1日でも加入できる保険もあり補償内容は保険会社によりさまざまです。1日でも加入できるゴルフ保険はどんなものでしょうか。
2021年8月12日
iwama

目次

1日単位で加入できるおすすめのゴルフ保険

ゴルフはジュニアからご年配の方まで誰でも楽しめるスポーツです。ですが、ゴルフは屋外でプレーをするのでけがをしたり、ゴルフ用具を破損する場合もあります。

また、ホールインワンの時は出費が大変です。そんな時はゴルフ保険に加入すれば補償や出費を抑えられます。ここではそれらを補償する1日ゴルフ保険について詳しく解説します。(この記事の情報は2021年8月11日現在のものです。)

1.ゴルフ保険の補償内容とは


ゴルフ保険が補償する内容は大きく分けて、ご自身のけがなどの傷害補償、ゴルフ用具の破損の用品損害補償、他人にけがをさせた時の賠償責任補償そしてホールインワンなどです。

このような補償内容の保険ができた背景は、ゴルフ場は複数の方がプレーするので他人のボールに当たりけがをすることや、他人にけがをさせる可能性があります。また、ゴルフ用具の破損や、ホールインワンを達成した時の出費の補填をするためにできました。

2.通年型ゴルフ保険のメリット

通年型ゴルフ保険のメリットは、1日ゴルフ保険のようにゴルフに行くたびに申し込む必要がなく、1年間保険の補償が受けられることです。ゴルフをプレーする機会の多い方は、1日ゴルフ保険と同じ補償内容でも保険料が安くなることがあります。

さらに、保険者会社により1日ゴルフ保険より補償内容が充実していることも通年型ゴルフ保険のメリットです。一度契約すれば年間を通して補償を受けられるので、1日保険のように保険の申し込み忘れる心配もありません。

3.1日ゴルフ保険のメリット


ゴルフ保険の契約期間の多くは1年契約になります。この契約期間の場合は、頻繁にゴルフに出かける方なら問題はありませんが、1年に数回しかゴルフをしない方は、1年契約にすると保険料が高額です。そのような時にメリットがあるのが1日単位で加入ゴルフ保険になります。

1日ゴルフ保険の補償期間が1日や1泊2日などです。この期間なら、ゴルフに行くたびに申し込めるので保険料が無駄になりません。保険会社によってはゴルフ場の受付で加入することもできます。

4.おすすめのゴルフ保険の選び方

通年型と1日ゴルフ保険の補償内容は、ご自身がけがとした時の補償と他人にけがをさせた時の賠償保障、ゴルフ用品破損の損害補償、ホールインワンのお祝い金です。補償金額は保険料を高くすることで増えます

補償金額は保険会社のプランごとでセットになっているので、ホールインワンのお祝い金の金額を厚くしたいのであれば、ご希望に見合う保険の契約が必要です。保険会社により異なるので、契約の前にどの補償を厚くするか検討することをおすすめします。

通年型と1日のゴルフ保険プランの比較


ゴルフ保険に加入する時には、1年契約か1日だけにするかを比較することをおすすめします。ゴルフの回数と保険料や補償内容を比較すると、どの保険会社の保険が適しているのか分かるのではないでしょうか。

通年型または1日保険に決めたら、保険料や補償内容のプランもいろいろあるので詳しく比較してみましょう。通年型と1日ゴルフ保険にはそれぞれメリットとデメリットがあるので、ご自身のゴルフスタイルに合ったゴルフ保険の加入がおすすめです。
 

POINT

  • 1日ゴルフ保険は保険料が安い
  • ゴルフの回数の多い方は通年型の保険が有利
  • 通年型と1日ゴルフ保険の保険料を比較しよう

1.1日ゴルフ保険のプラン内容

1日ゴルフ保険のプランは保険会社により、1日だけの補償や1泊2日の補償があります。1泊2日の補償期間の場合はゴルフのプレー中のみでなく、ご自宅を出発してから帰宅するまでの補償となるので、旅行中にゴルフをプレーする時には最適です。

1日ゴルフ保険が補償する内容は、ゴルフのプレー中のけがや傷害事故の補償以外にもホールインワンのお祝いの出費にも対応しています。また、1年契約のゴルフ保険と比べると1日だけの保険料なので金額が安いのも特徴です。

2.通年型のゴルフ保険プラン

通年型のゴルフ保険は、1日ゴルフ保険と比べて補償内容が同様の場合には保険料が10倍ほどになります。年間10回以上ゴルフをプレーする方は、通年型のゴルフ保険の方が安い保険料になるのでお得です。

また、1日ゴルフ保険より通年型のゴルフ保険の方が扱う保険会社も多いので、保険会社を選ぶ範囲が広がります。もう一つのメリットは1年契約のゴルフ保険に加入すれば急なゴルフや、ゴルフへ行くごとに申し込む煩雑さがありません。

3.ゴルフ保険の比較方法

通年型のゴルフ保険または1日ゴルフ保険を選ぶ時には、保険料と補償内容の比較が重要になります。通年型のゴルフ保険の保険料が8,000円で、1日ゴルフ保険が400円の場合は1年間に20回ゴルフをすれば保険料は同じです。

補償内容は保険会社によって通年型のゴルフ保険と1日ゴルフ保険では異なる場合があります。さらに1日ゴルフ保険の場合は補償期間も加味しなければなりません。1日ゴルフ保険でも、翌日までの補償期間もあるので泊りがけの時には便利です。

1日でも加入できるゴルフ保険の補償内容

1日でも加入できるゴルフ保険で重要なのは保険の内容を知ることです。ご自身のけがや他人にけが負わせた時は、どのように適用されるのかなどは事前に知らないと事故に遭った時に困りますね。

これらは契約前に確認していれば、事故に遭った時に慌てることがありません。また、補償内容を知ることで保険会社と契約する時に比較をすることが可能です。ここでは、1日でも加入できるゴルフ保険の基本的な補償内容をご説明しますので、契約時のご参考にしてください。

POINT

  • 補償内容を比較しよう
  • 他人にけがをさせると賠償責任補償が高額
  • 上級者はホールインワンのお祝い金の高い保険がおすすめ

1.ゴルフ用品の盗難や破損のための用品損害補償

用具損害補償とは、ゴルフ場の敷地内でご自身のゴルフクラブ破損またはゴルフ用品の盗難などに遭った場合に適用される補償になります。ゴルフ用品は高額なので、盗難に遭った場合は保険に加入していないと新たに購入するのも大変です。

保険会社のプランにより補償金額は10万円から30万円くらいになります。仮に盗難に遭った場合にはゴルフ用品のフルセットですと30万円以上の場合が多いので、どのプランに加入するかは慎重に選びましょう。

2.プレーや練習中のけがのための傷害補償

傷害補償とは、ご自身がゴルフのプレー中または保険適用の期間内に傷害を受けた時に適用される補償です。補償内容は、けがによる入院保障では入院1日に対する補償や、死亡・後遺障害、通院保険金などがあります。

保険会社により補償の項目ごとに金額が異なるので確認が必要です。また、対象になる補償期間は保険会社により、1日のみか翌日まで適用される場合が申し込む場合には慎重に確認しましょう。

3.他人のけがの対する賠償責任補償

1日ゴルフ保険の補償でも補償金額が大きいのが賠償責任補償です。賠償責任補償とは、ゴルフのプレー中に誤って他人にボールを当ててけがをさせた時の治療費や、入院費用の補償が対象になります。

賠償責任補償が高額な理由は、ご自身がけがをした時は通常は治療や通院費用の一部補償です。他人にけがをさせた場合には、相手の方に瑕疵がなければ治療費や入院費の全額負担になり、万が一死亡された場合には高額になります。この理由から賠償責任補償の補償額は高額です。

4.ホールインワン・アルバトロスの費用負担の保険

ゴルフをプレーする方なら一度は出してみたいのが、ホールインワンやアルバとロスでゴルファーの夢です。しかし、ゴルフの慣例でホールインワンなどを達成すると、パーティーの開催や記念品やゴルフ場の植樹などの費用がかかります。

特にコンペなど大人数の時には費用も高額です。このような場合に費用を補填するのがホールインワン・アドバトロスの保険金になります。この保険を使用する場合は、不正防止のためにキャディ帯同などの条件があるので事前に確認しましょう。

1日ゴルフ保険の比較

1日でも加入できるゴルフ保険の選び方としては、補償内容と保険金額の比較が重要です。補償内容としてはご自身がけがをした時の傷害補償や他人にけがをさせた時の賠償責任補償、ご自身のゴルフ用品が破損した時の用品損害補償とホールインワンのお祝い金などになります。

これらは保険会社やプランによって異なるので契約前に確認が必要です。また、保険料も保険会社により異なるので、補償内容とあわせて確認しましょう。

POINT

  • 保険会社ごとに補償金額が異なる
  • 保険料を比較しよう

1.1日ゴルフ保険の補償内容

1日だけでも加入できるゴルフ保険の補償内容は、保険会社ごと異なります。最も安い保険金は傷害保険の保険金は死亡・後遺障害保険金は100万円で入院は1日3,000円、通院は1日1,000円です。

賠償責任補償は5,000万円からになり、ゴルフ用品が破損の場合10万円からになります。また、ホールインワンのお祝い金は10万円からです。この保険金は保険会社の最低保険金で、保険料の高い契約プランの場合は保険金も増えます

 

2.1日ゴルフ保険の補償期間の比較

1日ゴルフ保険の補償期間は保険会社によりさまざまです。1日ゴルフ保険と言っても1泊2日の契約になる保険会社もあります。この場合は、旅行に出かけて途中でゴルフのプレーする場合に、プレーする日が確定していない場合にはおすすめです。

また、ご自宅を出発してから帰宅するまでの期間を補償する保険会社もあります。このように保険会社により1日ゴルフ保険の補償期間は異なるので、申し込みの時に慎重に確認しましょう。

3.1日ゴルフ保険の保険料の比較

1日ゴルフ保険の保険料は、各保険会社には3段階の補償プランがあります。保険会社の最も安いプランで300円から428円です。中間の保険料のプランは500円から500円から693円になります。最も高額なプランでは740円から1,051円です。

どの保険会社も高額なプランにすると補償金額も増えますが、補償内容の金額が異なるのでどの補償を厚くするかを確認しましょう。また、補償期間がいつまで有効なのかも申し込みの時に確認するのがおすすめです。

4.1日ゴルフ保険の示談サービスの確認

ゴルフのプレー中に他人にけがをさせたり、他人のゴルフ用品などを損傷させた時に損害補償額を決める話し合いをする必要があります。この話し合いが示談で、示談をする際には法律や保険の知識が必要です。

その中でも、他人にけがをさせた場合は完治してからの話し合いになり時間がかかる場合があります。このような場合には、話し合いの代行をしてくれるサービスがあれば示談交渉もスムーズです。このサービスは、保険会社により付いてない場合があるので確認しましょう。

1日ゴルフ保険のおすすめの保険会社

1日でも加入できる保険は「ドコモゴルファー保険」や「au損保ゴルフの保険」、「ソフトバンクゴルファー保険」などです。保険会社によりゴルフ保険の保険料や補償内容、補償期間などは異なります。

1日単位で申し込みができるメリットを活かせば、日帰りや旅行などでご自身の状況に合わせたゴルフ保険を選ぶことが可能です。ここでは1日ゴルフ保険を扱うおすすめの保険会社をご紹介します。

POINT

  • ドコモの保険は補償内容のバランスがよい
  • ホールインワンのお祝い金ならソフトバンクの保険

1.1日ゴルフ保険「ドコモゴルファー保険」のプラン内容

ドコモ1日ゴルフ保険は保険料がおてがる330円とおすすめプラン540円、しっかりプラン740円です。傷害補償は死亡・後遺症保険金が300万円から1,000万円、入院保険金が1日4,000円から10,000円、通院保険金は1日4,000円から5,000円です。

賠償責任補償は1億円から5億円で、用品損害補償は10万円から30万円、ホールインワンが20万円から50万円になります。保険期間は1泊2日です。傷害補償に厚い保険といえます。
 

2.1日ゴルフ保険au損保「ゴルフの保険」のプラン内容

au1日ゴルフ保険の保険料はブロンズ428円、シルバー693円、ゴールド1,051円です。傷害補償は死亡・後遺障害が100万円から500万円、入院保険金が1日5000円、手術保険金が25,000円から50,000円、通院保険金が1日500円から3,000円になります。

賠償責任補償は5,000万円から1億円、用品損害補償は10万円から30万円、ホールインワンが10万円から30万円です。補償期間は1泊2日になります。手術補償金があるのが特徴です。

3.1日ソフトバンク「ゴルファー保険」のプラン内容

ソフトバンク1日ゴルフ保険の保険料は「ちょこっと」300円、「あんしん」500円、「しっかり」700円です。傷害補償はけがの補償として120万円から550万円になります。賠償責任補償は5,000万円から1億円、用品損害補償は10万円から30万円、ホールインワンが30万円から70万円です。

補償期間は1泊2日になります。ソフトバンクゴルフ保険の補償の特徴は、ホールインワンのお祝い金額が他の保険会社と比較して厚いところです。

4.1日ゴルフ保険のプランの比較

1日ゴルフ保険の3社の補償内容を比較しますと、「ドコモゴルファー保険」の保険料が安く補償内容優れています。一方損保の「ゴルフ保険」は傷害補償の中で入院補償金がどのプランでも同じ金額で、手術補償金があるのが特徴です。

ソフトバンクの「ゴルファー保険」は、3社の中で保険料は最も安く設定されていますが、賠償責任補償の保険金額が他の保険会社より少なくなります。また、ホールインワンのお祝い金が多いので、上級者にはおすすめの1日ゴルフ保険です。

まとめ

1日でも加入できるゴルフ保険をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。ゴルフは広いエリアの中で複数の方がプレーをするスポーツです。上級者といえどもミスショットが他人に当たり傷つける場合があります。また、プレー中ゴルフ用品が破損したらクラブは高額です。

さらに、ホールインワンが出た時にはお祝いで出費がかさみます。このような時には1日ゴルフ保険が大きな味方です。今回ご紹介しました1日ゴルフ保険の内容を確認して加入すれば安心してプレーができます。

ゴルフの他の記事をあわせて読みたい方はこちらをチェック

ゴルフ上達するには練習が重要です。練習場と言ってもたくさんあるのでどの練習場がよいか迷いますね。そんな方のために、練習場を紹介する記事があります。この記事をご参考に、最適な練習場を探してレベルアップを目指してください。